桜も咲き終わりつつあり、ようやく暖かさが増してきましたね。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

とんぼりワッショイは、開始に向けて着々と進んでおります。

今回は、ライヴペイントブースについて。

ライヴペイントというものをみなさんはご存知ですか?

ライヴペイントは、ペイント(絵を描く)というものを、ライブする(実況する)というものです。

よくある絵というものは、室内や野外に飾っていたりします。

それは、別の言い方をすると、完成した絵といえます。

ライブペイントは、そういう「完成した絵」じゃなくて、まだ「未完成の絵」
いや「完成に向けて描きあげる工程」を見せる芸術です。

ライブペイントは、描く工程を見ながら、お客様も完成を期待しながら、作家と一緒に楽しむことができる芸術なのです。

ですので、ライブペイントは、「じっくり絵を眺めなくてはならない」とか、「絵の意味を理解しなくてはならない」というものはありません。

片手にドリンクやフードを持ちながら、気軽に見ていただける芸術。

それがライブペイントなのです。

第8回とんぼりワッショイでは、毎日何人かのペインターの方が、パフォーマンスしていただけますが、「完成した絵」を見なくても良いので、描く工程を気軽にご覧いただければ幸いです。

当日どんな絵ができあがるのか、実行委員もよく知りませんし、ひょっとするならば作家さんも知らないかもしれません。

どんな絵の完成になるのか、絵を見る全員がワクワクしますね。

今年のとんぼりワッショイも、ライブペイントの成果にご期待下さい!



とんぼりワッショイ実行委員長
山田 哲史