1.家族名義ですが贈与した覚えはないです。

oza1

「家族の名義にしていたが、
わたしの金だ。
贈与した認識はない」




2.知人から預かった。

oza2

「知人から預かった金」
「新札に交換したかったのだろう」





これで4億円ぐらいまで大丈夫だそうです。

----------------------------------------------------
  今回の聴取では、個人資金の流れについても聞かれたといい、家族名義にしていた4億円について小沢幹事長は「家族の名義にしていたが、わたしの金だ。贈与した認識はない」といった。

金銭感覚を国民が許容するか
   「これで、通りますか?」というみのに、若狭は、「これは一般的に相続税、贈与税を免れるために使う手口」。

   みのは、税務署がこの言い分を認めてくれるなら、早速われわれもやった方がいいが……と冗談めかす。さらに「これ脱税じゃないの? で、もうひとつ4億円があるんだって? 知人から預かって、新しいお札に換えるため、って、わからない」(笑い)と続けた。

   杉尾秀哉は、「だから、小沢さんがたとえ刑事責任は問われなくても、こういう金銭の扱いの感覚を、国民が許容するのかどうか」という。

J-cast
---------------------------------------------------

小沢一郎事務所、2000年衆院選でゼネコン各社から有権者名簿提供受け競わせる形で票集め 「天の声」裏づけか

民主党の小沢幹事長の事務所とゼネコンとの癒着が取りざたされる中、小沢事務所が2000年の衆議院選挙で、ゼネコン各社などから4万人を超える有権者名簿の提供を受け、お互いをあえて競わせる形で票を集めていた実態が、FNNが入手した内部資料でわかった。

資料によると、小沢事務所は、自由党が候補者を擁立した2000年の衆議院選挙で、ゼネコン各社などから、およそ4万6,000人分の有権者名簿の提出を受けていた。
小沢事務所は、名簿をもとに反応を探り、「A」(明らかに投票)、「B」(投票の可能性)、「C」(投票は不明)などとランクづけし、その結果から会社同士を競わせていたという。
FNN

民主・小沢幹事長の「家族名義口座に3億6000万円」って、贈与税「脱税」では?…一時的な名義借りなら、「個人資産隠し」の疑い

   配布文書では、土地購入の原資には、東京都内の自宅を売却し、新たに都内の別の自宅を購入したときに残った2億円も充てられたとしている。新聞各紙によると、小沢氏側は、家族名義分も含めて計5億6000万円が小沢氏の父親から相続した分、と説明したという。

   家族名義の個人資金は、印税や歳費なども含め7億円弱にも上り、約20の信託銀行口座に分散していたとも報じられている。名義は、小沢氏の妻と子ども4人になっていたが、現在までに解約したという。

   相続税法では、1年間で110万円を超える贈与は、家族が税金を払わなければならない。もし、家族名義資金が「生前贈与」だったなら、「脱税」の可能性が出てくることになる
J-cast

「小沢氏が虚偽記載了承」 石川容疑者が供述−04年報告書の提出前・陸山会事件

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、逮捕された衆院議員石川知裕容疑者(36)が東京地検特捜部の調べに対し、2004年分の政治資金収支報告書を提出する前に、土地代金に充てられた4億円の収入を記載しないことを小沢氏に報告し、了承を得ていたと供述していることが2日、関係者の話で分かった。
 特捜部は、拘置期限の4日に政治資金規正法違反罪で石川容疑者を起訴する方針で、小沢氏についても、石川容疑者らとの共謀があったかどうかについて慎重に捜査を進め、近く刑事処分を最終判断するとみられる。
 石川容疑者は、2004年10月に陸山会が東京都世田谷区の土地を購入する前に、同会の口座に入金した4億円について、同年分の収支報告書に収入として記載しなかったとして逮捕された。
 関係者によると、石川容疑者は逮捕後、故意に虚偽記載をしたことを認めたが、小沢氏の事件への関与は否定してきた。
 しかし、取り調べが進む中で、「収支報告書の提出前の時点で、貸し付けを受けた4億円の収入を記載しないことを小沢氏に報告し、了承を得ていた」などと供述したという。
時事

こんだけ真っ黒なのにまだミンス支持してる人って自民の何が悪かったの?自民よりヒドイ有様じゃん。
金権政治の権化だよ。