42d1b276.jpg予定を変更して管理人、TAKAとレッドシューズを夜回り。
沢山の口頭、電話、メールでの励ましの言葉の対応に追われ、うれしい悲鳴をあげた一日だった。
思えば3年前の年末に帰福した際、御用に飲みに行かなければ、トイレで坂本龍馬よかろうもんポーズのポスターさえ見なければ、仮に見ていてもクスッと笑う心の柔らかさがなかったならば今日はなかった。
芳根さんが安斉肇さんのイラストを使ったカレー屋に行こうと言ってくれなければレッドシューズのモンさんと出会うこともなかった。
豚骨ロックの話をしたとき、また番長が変なこと始めたばいと呆れながらも手伝ってくれた実行委員会の面々がいなければこんなにも続けてこれなかった。
・・・etc.
そんな人生のアミダクジに一本線が抜けていればここに居なかったと思うと、連夜の夜回りも止められないのである。
そして何よりも、かっ飛ばせ!ピストンズ。まだまだ始まったばかり。これからばい。
結びに祝御用35周年!