2010年11月15日

”焼そば永楽”直方駅前の老舗復活。

直方駅前に永楽なる塩焼そばで有名な老舗があった。
しかし、数年前に惜しまれつつ閉店したという。
気になりつつも、結局食べる事ができなかった。

ところが、宮若市にある河童の里という物産館の片隅で復活していたのだ。

101115e1


101115e2

永楽焼そば600円。

想夫恋のようにラードでカリカリに焼かれた麺に、
味付けは塩コショウ鶏がらスープのみ。
一見シンプルなのだが深みがありバランスは良い。
これが老舗のノウハウなのだろうか。

直方時代の写真を調べてみると皿から鉄プレートに乗ったり、
ネギが白ネギに変わり卵が追加されたりと色々進化しているが、
歴史も感じる味だった。同じ味を伝える事だけが継承ではないから。


焼そば永楽
福岡県宮若市本城1698−9(河童の里内)
永楽焼そば600円


tonkotsu_mania at 23:31│Comments(4)TrackBack(0)clip!焼そば | 福岡県その他

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 鬼おやじ&鬼の女房   2010年11月17日 02:03
マニさん大変ご無沙汰しております。

かっぱの里に激しく反応!

わてらも、10月29日に行ってきました。
その前に行ったのですが営業時間ギリギリで・・
29日、リベンジでした。

麺の硬さなど色々と親切にして頂き・それはそれで
良い方々で本当にほっこりした気分で良かったの
ですが・・たまたまなのか女性スタッフの方に
指導され?ながら、男性の方が作ったそばを頂きました。

悲しいかな・・ほとんど塩味が無い一品に
ショックでした。唯一の救いはテーブルの酢醤油。

シンプルながら塩味の美味い1皿を目指して行った
もので・・悲しかったですよ。

どなたか行かれたら伺ってみようと思ってました。

たまたま、塩がたりなかったのでしょうネ。

麺はカリッとモチッと触感はとても良かったですヨ。




2. Posted by マニ   2010年11月17日 02:34
>鬼おやじ&鬼の女房さん
これはこれは、おひさしぶりです。
ココを知っていたとは、さすがです。

私が行った時は丁度良かったというか、
どちらかと言えば塩気の方が強くポン酢等は不要でした。
やはりシンプルな味付け故に調整が難しいのでしょう。
まぁ、このアバウトさも味のようで。

機会があれば、また挑戦してみてください。
隣の物産館が根モノ野菜が安かったので、
ゴボウとかツクネ芋とか買って帰りました。
3. Posted by ケパサ   2010年11月18日 21:43
このお店、一年前は、手打ち蕎麦のお店でした。
画像を見ると蕎麦を食べています。
しかし、レポートが残っていません(笑)
なかったことになっているようです(笑)
http://kepasa.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/treeimgbbs/file/1290083981.jpg

焼きそばが有名だったんですね。
画像をめくっていると、こんな証拠写真がものがありました♪
http://kepasa.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/treeimgbbs/file/1290083945.jpg

ただ、画像に残っているメニューには、焼きそばはないですね。



ちょっとお聞きしたいことが・・・・。
今は、蕎麦はあるのでしょうか?
4. Posted by マニ   2010年11月18日 23:30
>ケパサさん
そりは・・・、以前からここは永楽だったけれど、
土日限定で手打ち蕎麦屋になっていたようです。

今は焼きそば一本に絞ってる感じですが、確かな事は知りません。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔