登山

2011年02月06日

”難所ヶ滝”この冬最後か?

110205n1

ここ数日の暖かさで随分溶けた様だが、
それでも数年ぶりの立派な氷柱だ。

おそらく1月31日あたりは、素晴らしい出来だっただろう。続きを読む

tonkotsu_mania at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年01月25日

”雪の久住”すばらしい雪質。

110124k1

先日、へのさんsatoyanで登った久住。

雪の久住は久々で、すんばらしい光景だった。


しかし、サングラスが無いと目を開けてられない照り返しに、携帯カメラは露光オーバー。

ほとんど使える写真は残らず、思い出だけが残った。

続きを読む

tonkotsu_mania at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年01月08日

”難所ヶ滝”近年稀に見る。

110108n1

今年もやってまいりました。
難所ヶ滝定点観測。

駐車場から路面凍結。登り始めてすぐにこんな光景だ。
なので、恒例であるスニーカーにダウンジャケットといった
にわか登山者は入り口でシャットアウト。
登山者数の割に渋滞は無かった。


110108n2

難所ヶ滝手前にある小滝はこのような状態。
てことは・・・
続きを読む

tonkotsu_mania at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月09日

ドカ雪背振登山

080309s1.jpg

月曜日の夜、身をもって大雪を体験してきた。
週末には程よく溶けて登山のためのアプローチも可能だろと、
タイヤチェーンの準備や登山靴の防水処理をしていた。


すると直前にtake4氏より背振縦走の誘いあり。
おっしゃ!
シャベルやノコギリなど雪道スタック対策装備も携えて同行しましょう。

続きを読む

tonkotsu_mania at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年01月20日

由布岳登山&別荘宴会。

080121y1.jpg
てん子撮影)

へのさん主催、冬季恒例雪の由布岳登山。
雪は絶望的だと思われたが、山頂付近は別世界だった。
さらに奇跡的な無風の好天で、山頂でもダウンジャケット不要の昼食が出来た。

山荘では鴨&すっぽん鍋三昧。
精力付き過ぎたのか、翌日は筋肉痛で疲れているのに眠れない現象。


関係者の皆様、色々ありがとうございました。
お疲れさんです。また遊びましょう!

tonkotsu_mania at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年09月01日

”坊がつるキャンプ”2007夏、林間学校。

070902b1.jpg

8/25−8/26。
北九のくまさん企画で久住の坊がつるでキャンプを決行。

今回はTyu&くま親子が参戦とあって、いつものヲヤジ飲みキャンプと違い
随分とにぎやかなキャンプとなる。


satoyanも張り切り、朝昼晩ともに山奥に居ることを忘れてしまう豪勢な給食が提供された。
晩にはなんと、本格的な海鮮パエリャまで登場した。

まさに2007年の夏の締めくくりにふさわしい外遊びだった。
参加された皆様、楽しい時間を感謝であります。



次回はワタクシがダッジオーブンや中華鍋を担ぎ上げて全部調理をしろと言われたが・・・
それだと、普通に朝昼飯抜きになるぞい?
しかもビール乾杯は、全ての準備が整まで禁止!

070902b2.jpg

tonkotsu_mania at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年05月14日

”福智山 山麺会”たぬき水は麺の水。

製麺のプロyamamenさんが福智山登山した際、
山頂付近にある湧き水「たぬき水」に触れてインスピレーションを受けた。
この水でうどんをしめれば最高だそうだ。


そのうどん、食べたいじゃなーい!
福智山の山麺会へGO!

070514f1.jpg
(これはたぬき水ではありません)
続きを読む

tonkotsu_mania at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年05月04日

”大崩山”恐ろしくてキツイ、そして楽しい。

070504o3.jpg

雄大な自然の前では、一人の人間の存在など皆無に等しい。
そんな当然のことを実感できた山行だった。

続きを読む

tonkotsu_mania at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年11月03日

”みんずラーメン本店””平尾台貫山登山”生涯現役。

061103h1.jpg
とりゃ!
今回のツーリングメインイベント平尾台じゃ。


千仏鍾乳洞方面の枝道に入って貫山登山に行くでー。
で、ちょっと寄り道。
ケパサさん提案で「広谷湿原」の自然観察。
湿原の生物を観察したり、滝に打たれて修行したり。
061103h2.jpg


さ、貫山に登りまっす。
本来なら登山道近くまでダートを走る予定だったけど、
ちょっと無理そうなので舗装路から徒歩でアプローチです。

これはこれで、良い準備体操になった。
最後の急登でバテるところだったかも。
061103h3.jpg


あー、食後の良い運動になった。
次なるターゲットは・・・
やはりコレといった新規店が見つからなかった飯塚はキャンセルして門司方面に向おう。
というか、べーやんさんがタイムリミットらしい。
で、実はべーやんさんが知り合いだという一竜軒関係の新店「圭順」へ向うも痛恨の準備中。

ならば前回営業終了だった「みんず本店」へと向う。
ちなみに「みんず」の「みん」という漢字は・・・
65535回くらい説明を見ていると思うので省略。
061103m_ent1.jpg
続きを読む

tonkotsu_mania at 23:00|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

2006年08月30日

”香港一”特級料理人在中。

大船下山後は暑さと昨日の深酒のおかげでグッタリ。
法華院温泉で体力回復を考えたが、そんな時間は無いようだ。

昼近くまで昨日の残り物などを食べてまったりと過ごす。
残り物といえど、そんじょそこらのキャンプでは食えない代物だ。

しかし、無情にも時は過ぎ行くもので、
いつまでものんびりしていられない。
さらに雲行きも怪しくなり脳内水銀柱は急降下。
おそらく昨日のようなスコールが来るだろう。

今から十数kgもある荷物を背負って下山など考えられず、
「もう一泊したい!」
という誘惑を断ち切り何とか下山にこぎつける。
しかし二泊するとなれば、
ワインを何リッター担ぎ上げればいいのだろう?


無事下山出来たが、どこの温泉に行っても営業時間等で門前払い。
さらにスコールにも降られて温泉ジプシー状態だ。
探しに探して、ようやく某温泉旅館が受け入れてくれた。
先客もおらず300円で貸しきり状態。気持ちいいー!!


通常ならこの後は朝倉の「味仙」で台湾料理三昧なのだが、
こんなチャンスはめったに無い。というか、この日を狙っていた。
以前より気になっていた大刀洗の「香港一」を何気なくプレゼンしてみる。
特級料理人がいて、刀削麺もあるようだ・・・
あれよあれよと言う間に行き先は「香港一」へと決定!!

060830hon_ent.jpg
続きを読む

tonkotsu_mania at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!