2007年11月23日

フジ丸食品

10c4d0ef.JPGフジ丸食品
移動販売店先払い
香川県三豊市豊中町山本甲
三豊市役所(豊中支所)の駐車場
温かい ぶっかけうどん 350円

<お店データ>
 香川県三豊市豊中町本山乙739-1
 0875-62-5645
(定休日)日曜日
 通常は注文しての配達だが、
 三豊市役所(豊中支所)の駐車場で
 移動販売もしている。
(移動販売営業時間)12:00〜12:20
(移動販売定休日)土日祝
(移動販売メニュー)
 フジ丸弁当 330円
 レディース弁当 330円
 温かいぶっかけうどん 350円 ほか

「さぬきうどん全店制覇攻略本〜07年度版」未掲載の店

<お弁当にうどんって凄い>
三豊市役所の近所のカラオケスナックでお昼に釜揚げうどんを出す店が
あるので直撃したら、お昼の営業はやっていない「看板替えんとあかんなぁ」
だって。。。まあ、この程度のことは良くあることで。。

目当てのお弁当まで時間があるので市役所の食堂でもと思うと食堂が無い。
喫茶店も無い。そしてお昼前になると3台のお弁当の移動販売車がやってくる。
そのうち1台がフジ丸食品であり、目当ては「うどん」の弁当である。
さっそく「ぶっかけうどん」を注文する。ゴソゴソとトレーに商品を並べて
渡してくれる。そのまま少し広いところに移動してお食事タイム。
大きな保温容器にはあたたかいうどんが入っている。そして液体用容器にダシ、
小ぶりの容器に大根おろし、二つに区切られた容器には、ごはんと、
2種類の天ぷら(ゲソ・さつまいも)と薬味(ねぎ・しょうが)が入っている。
「ぶっかけうどん」と言っても実際は、「天ぷらうどん定食」なのである。
おお、なんという控えめな表現なんだろう。せめて「ゲソ天うどん弁当」程度
名乗ってもいいようなもんだが。バランスも良くて美味しい。
うどんのほうは、さすがにプリプリとまではいかながちゃんとコシが残っている。
出来立ての移動販売でしかも営業時間が20分というのが成せる技なんだろう。
1時間の営業で「日本一短い営業時間のうどん屋」が言われているが、
実際には、営業時間20分のうどんを食べさせるお店があるということだ。
食べ終わると容器は返却するリターナブルの弁当箱の使用も気持ちいい。

フジ丸2

フジ丸食品のページ

三豊市のページ

三豊市役所は豊中本庁舎ということですが
実際には市長さんも高瀬庁舎に引っ越して
いずれ豊中本庁者は豊中支所となるでしょう。



tonsan01 at 02:07│Comments(0)TrackBack(0)讃岐うどん巡礼 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔