2006年10月

大江戸動物館

90c2bf45.jpg仙台市博物館へ。
岸駒の「猛虎図屏風」がかっちょよかった!

他の絵師の虎図はどこか猫っぽかったり、
たぶん虎の毛皮をみながら描いたから
だろうな・・・っていうような、
なんか変な骨格だったりするんだけど、
岸駒の虎図は今にも動き出しそうな本当の虎!

思わず屏風の前で、
タスキ掛けをして(気分)ロープを構えて
「さぁ!虎を出してください!」
って一休さんごっこしちゃったわ。
「一休にはしてやられたわいっ」
と和尚さん役はたかえぴょん。

あと気になったのは涅槃図。
たくさんの人や動物や虫や魚が集まって
お釈迦様の死を悲しんでいる場面です。

哺乳類までは表情やしぐさで、
悲しんでる感が伝わってくるんだけど、
私の好きな鳥をはじめとして、
爬虫類や虫や魚はみな無表情・・・・・。
鳥は爬虫類・虫・魚グループかぁ・・・って思った。
鳥の祖先は恐竜だもんね。
ちょっと鳥に距離を感じてしまった瞬間。

やぁん、でも鳥見してたら、
鳥が喜んでるのとか焦ってるのとかわかるもん。
やっぱり身近でかわいい。

奥の細道2006【山形編】

da99042a.jpg俳句づくりに行き詰まりを感じていた我々は、
最初はライバル視していた芭蕉の技を盗もうと、
プライドを捨て山寺芭蕉記念館に行きました。

芭蕉が旅した300年以上前とは、旅する気軽さや
便利さはだいぶ違うかもしれないけど、
ワクワク感や非日常感や昔に思いをはせる気持ちや
なんだかせつない感じは一緒じゃん☆ってことで、
このまま詠い続けることといたします!

方向性が決まった(?)ところで、
「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」
に負けないのをつくろうと息巻いて山寺に。

1000段の階段を登って、奥の院に着くと
秋の空がキレイ!気持ちよかった!

あ、結局、何も詠んでない。
そういう女なのだよ、私は。
(これは芭蕉の真似なの。キャッ☆)

d54d2de0.jpg
また1000段を降りて、一休みにラフランスソフトを
食べていると、その視線の先には、
「写経できます」の文字が・・・・・

うあぁぁ〜〜、御朱印を頂き歩きまわっている
我々としては外せませんな!ですな!

下り道でカクカク笑っている膝を抱えつつ
今度は正座で写経を始める。
いろんな邪念が頭の中をめぐりつつも、
なんとなく背すじが伸びて、落ち着くな。
ヨガやってるときの気分に似てる。
うんうん!いいぞ!よかったぞ!
また写経しようと思ふ。

*一緒に旅したイロドリハナコちゃんの臨場感ただようレポがすごい!
 是非ご覧くだされ!
 

奥の細道2006【気仙沼編】

2c2dafe3.jpg気仙沼へ!!!
日本一焼き魚が美味いと噂の店に。
噂どおり美味い!安い!新鮮!

囲炉裏に座ったので、他のお客さんや大将と
お話できたのが楽しかった!

車だったので、お酒は我慢しようと思ったけど
イカの腑味噌焼きがおいしくて・・・・
秋刀魚の刺身がおいしすぎて・・・・
すまん、たかえぴょん!一人お酒戴いてしまいました。
しかもちょっとにしようと思ったのに、
大将が「全部俺んとこの酒だからよぅ!」って
次々と注いでくださり、あははのは〜のご機嫌さんに☆
しっかしいろんな話が聞けておもしろかったぁ。
気がついたらほぼ開店から閉店までいたにゃ。

次の日は、5時半起きの早起きして
隣に座ってたおっちゃん達お勧めの気仙沼の魚市場に。
ウミネコやカラスがおこぼれを狙って飛び交う飛び交う!
双眼鏡持ってくれば良かった。

画像はモウカザメ達・・・
ううう、ちょっと地獄絵だけど気仙沼ならではの光景でした。

また行きたい、また食べたい、また逢いたい。


奥の細道2006【平泉編】

bed1e913.jpg神戸からたかえぴょんが
遊びに来てくれました!

歴史探訪の旅になると思いきや・・・
気がつけば 俳句三昧 みちのく路

厳美渓という渓流が美しいところへ。
渓谷の対岸の団子屋さんは、
ロープと籠を伝ってお団子を配達してくれます。
その珍しさと楽しさに大繁盛!
団子飛ぶ 我も跳ぶなり 美味いから

次は毛越寺(モウツウジ)へ。
ここは我々のライヴァル芭蕉がかの有名な
夏草や 兵どもが 夢の跡
を詠んだ地です。
また庭園の遣水に盃を浮かべ、流れに合わせて和歌を詠む、
平安時代の優雅な歌遊び「曲水の宴」も行われるところです。
ですからここでも是非一句詠まねばなりません!

渾身の一句。
ローマンや 光差し込む 北斗でお堂に

行きしの車内で、日食を計算して建造したあるピラミッドの
カッコよさについて盛り上がり、日本の神社仏閣にもそういう
ロマンが欲しいということになった。
そこで我々は、坊ずの方7名を北斗七星の形に配置し、
頭で太陽の光を反射、連結させ、最終的にお堂の仏様を
照らすという壮大な計画を打ち出しました。(ばちあたり)
こういうくだらない話、好き。

お次は中尊寺へ。
ここではいままでにないハイペースで
御朱印いただきました。
天女が舞う絵をみて
天女飛ぶ我らも飛ぶ飛ぶハイテンション
注)俳句制作上「飛ぶ飛ブーム」が到来。
 いろいろなモノが飛びました。

今日は日中汗ばむくらい暖かかったので、
東北の寒さに旅情をもとめていたたかえぴょんには
不服だったみたいだけど、夕方にはやっぱり秋らしく
冷えてきました。
ここで最後に一句。

昼日中 陽気な気配漂えども
 夕暮れに ふと我気づく 秋の訪れ


あれ?5・7・5(字あまり)・5・7・7
・・・ニューウエーブってことで。
上の句がなかなかできなくて、未完の名(迷)句として
ライフワーク的に取り組んでいこうかと思っていましたが
一応、無理やり収めました。(収まってないけど)
どう?たかえぴょん。

一日中、中途半端な俳句調の会話で過ごしました。
ひゃ〜〜〜☆楽ちかった!

こけしのねがい!!

af21e560.jpgあたしのねがい!!

毎日鳥見
新種発見
ウクレレ上達
食べたらごろ寝
お酒はシャンパン
加齢停止
家内安全
家族の健康
心に花を
世界の平和


Recent Comments
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ