2007年06月

カスタム☆バード



たまに、どの鳥になりたいかしら?と考える事がある。

あれもかわいいし、こっちは別嬪さんだし、
これはちょっと変わっててくすぐられるし、
この子は鳴き声がいいしな〜〜〜♪
と、目移りしてしまい決められません。

う〜〜〜〜〜ん・・・・

あ☆それならば、だ!

自分が素敵!と思う子の部位を寄せ集めるって
のはどうかしらんらん♪

あらま、楽しそう☆

え〜〜え〜〜!
じゃぁまずは鳴き声ね!

基本的にはしゃべってるみたいなのんがいい!
サンちゃんの月日星ホイホイホイ〜〜〜にしよう。
え〜でも、自分で飽きるかな?
モズみたいにいろいろ他の鳥の鳴きまねできる事にしとく?

ほんで、嘴はポッテリ長いアカショウビン型がいい。
だけど、昆虫やカエルは食べない。
果実を食べて暮らしたい。

さてお楽しみの羽はどうしましょう。
これは重要!
鳥が鳥たる所以の羽!
派手ならいいってわけではございません。

例えばカケスの風切のチラリと見える水色・黒・白のシマシマ!
それにキレンジャクの黄色い尾っぽっぽ!
アカゲラの赤い帽子!
他が地味だからあそこが効いてる!的な感じがいい!

あ、でも全部採用してったらヤイロチョウみたいになるな。
それはそれでいいけど・・・・・
う〜ん、これは難しい。
センスが問われるぞ、どうしようどうしよう・・・

ああ、そして冠羽は絶対欲しい。
普段は閉じてるけど、ここぞの時におりゃッと開く
ヤツガシラ風にしようか・・・・
それともさりげになびくキレンジャク風か・・・

そしてアイリングは絶対いる。
かならずいる。

飛び方のスタイルとしては、ワシタカ類のように帆翔と
ホバリングがしたい。

地上ではホッピングとウォーキング両方いけるカラス系。

足の形は長さは色は・・・・・
眼の大きさは瞳の色は・・・・
配色は・・・・大きさは・・・・
と、永遠に迷うな、こりゃ。


そのくせ、自分が図鑑でもお目にかかった事のないような
鳥のイラストや立体物に街中、テレビで出くわすと、
日本にはいないやつだな・・・と興味のないふりをしたり、
さては新種かしら?とドキドキしたり、
まさかシロウトが適当に作ったのか!生物学的ルールを無視している!
わかってない!と憤慨したりします。

ああ、すごい厄介。

でも、まぁ結局はだ!
欲張りすぎた私のカスタムバードはかわいくないんだろうな。

実際いる鳥達こそが、それぞれ時間と自然のヤスリにかけられて
それぞれ美しいんだと思います。

ああ、かなわんかなわん。

もじもじ君

0df88db3.jpgく〜〜!!!

苦しみの   く〜〜〜〜!
悔やむの   く〜〜〜〜!
くたびれたの く〜〜〜〜!
クズの    く〜〜〜〜!

あ、やべぇ、6月病だわ★

腐るの    く〜〜〜〜!
臭いの    く〜〜〜〜!
暗いの    く〜〜〜〜!
朽ちるの   く〜〜〜〜!
狂うの    く〜〜〜〜!
口裏あわせの く〜〜〜〜!
糞の     く〜〜〜〜!

くぅ〜〜〜嫌になっちゃうよなぁ〜の く〜〜〜〜!

ああ、止まらない・・・・・

くどいの く〜〜〜〜〜!

なんかのたまご

485a5ca7.jpgなんかのたまごの殻が落ちてた。
ウズラのくらいの大きさ。
蟻がたかってる。
残汁、残薄皮狙い??

においを嗅いでみる。

・・・やや生臭い。

こうみえても

e69d5cf7.jpgあたち、結構、におうらしい。

赤んぼは乳くさいもんだと思ってたけど、
どうやらのんたんにはのんたん臭があるらしい。

母親は毛穴や口から漂う香りに病みつきらしい。

何度もわかっていつつ、
やっぱ、におう

みたいな。

私も職業柄(?)、嗅ぎ好きなので、
ウズウズもどかしい思いをしております。


「香水」て小説で、主人公が赤ん坊の頃に捨てられる場面があります。
この子は、体臭がないから気持ち悪いってって。


体臭て大事だわ。
好きな人の体臭が好きだと幸せだけど、
嫌いだとどんなに頑張っても無理だろうな。

理性ではいかんともしがたい。
あたりまえだけど、人間も動物なのねと思います。

あ、あとね、こないだNHKの番組で「においの不思議に迫る」ってやっててすごい面白かった。


嗅覚のメカニズムは最近になってわかったことも多いらしい。

A+B+C+D=ABCD臭  ではなくて
A+B+C+D=AD臭   みたいな感じ?!

においは奥深い・・・・

ヒツジグサ


久しぶりのデジスコ☆

またおっかなびっくりな頃に引き戻されたような気分なので、
とりあえずじっとしててくれるヒツジグサをば。

自然の造形は美しいねぇ・・・・
というか、人間が美しいと思うように、自然がそうなっているのがすごい。

だから、地獄の鬼が地獄の風景をみて「うへへへへ〜
て嬉しそうなのは、残酷とかそういんではなく、正解なのではないかと思う。

や、そもそも美しいとはなんなのだ!


よし!、とりあえずオシドリ親子を狙って河川敷に出よう!

て、こないいだまではラクラク河川敷に出られたのですが
着実に季節は夏に向かってます。

まずは薮こぎでした。
はぁ、またこの季節がきたのね・・・・

草の香りに包まれつつ進め!進め!(結構好き)
おりゃおりゃ〜〜〜〜!!突撃!

と苦労した割に、狙ってた獲物はいませんでした

でも河川敷の風は気持ちいい♪
しばらくボ〜〜〜〜っと過ごしました。


よし!次の狙いはハヤブサだ!
そろそろ奴等があそこに営巣している頃だ!

と、河川敷の絶壁ポイントへ。

ふっふっふ・・・・いるではないですか!
絶壁に穿った穴に!!!

餌を頻繁に運んでる様子ではないので、まだ卵かもしんない。
ドラえモ〜ン!タケコプタ貸して!と真剣に思いました。

また来よう。
Recent Comments
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ