9ffdae7a.JPG母子手帳、貰ってきました(画像:右)。
ぷーさんので、かわいい☆

やっと誕生日プレゼントにオットからもらった
母子手帳ケース(画像:中央)に入れることが
できる♪嬉しい♪

中にポッケがいくつも付いてるんだけど、
何を入れたらいいのかまだよくわからない・・・

とりあえずいただいたお守りも入れてみる。

ランドセルを買ってもらった3月の幼稚園生のような気分。
ウキウキワクワク、でも何入れたらいいのだ。


画像左の古めかしい手帳は、お義父さんが生まれるときの
妊産婦手帳!!
つまりオットのおばあちゃんの妊産婦手帳。
あたりまえだけど、お義父さんも赤ちゃんだったんだ〜(笑)!

今の母子手帳は子供が6歳になるまでの記録が
残せるようになってるけど(96ページ)、
この頃は生まれるまでの記録となってます。
12ページのあっさり仕様。

1ページ目には「妊産婦ノ心得」なるものが書かれています。

特に興味深い項目その
一、丈夫ナ子ハ丈夫ナ母カラ生レマス。
  妊娠中ノ養生ニ心ガケテ、立派ナ子ヲ産ミオ国ニツクシマセウ。


お義父さんが生まれたのは戦後まもない昭和21年。
第一に「立派ナ子ヲ産ミオ国ニツクシマセウ」とくるのが時代だなと思った。

興味深い項目その
九、オ産後ハ體(体)ヲ静カニシテ、徒ラニ迷信ニトラハレズ、
滋養ガ多クコナレヤスイモノヲ充分食ベルコトガ必要デス。


どんな迷信ナノダ?!
気になる。

他に時代を映すページとして、配給日、配給内容、印の欄がある
配給に関するページがあった。

物不足のこの時代、子供が生まれた家には米と石けん、砂糖が配られた模様。

私が生まれたときの母子手帳と今の母子手帳を比べても面白いかも!!
母子手帳コレクションなるページを発見。
私のはNo.5と同じデザイン。
なるほど同じ時代です。

ミッフィーのも可愛いけど、私のぷーさんのが一番かわいいわ♪