とんとん亭

F1とか競馬とかパチンコとか、色んな事が気になってる人のブログ。

気づけばもう最終戦、アブダビGP観ました。


結果はロズベルグが有終の3連勝。今季は残念でしたが、来年に向けては良い結果でシーズンを終えたのではないでしょうか。
でもやっぱ、この実力をチャンピオンシップを争っている最中に見せて欲しかったw

ハミルトンは何か中途半端な戦略でしたねぇ。2セット目を引っ張ったのなら、最終戦だしちょっとしたギャンブルに出ても良かったような。まぁチームがそれを許さなかったんでしょうけ^^;

ライコネンもニコ同様最後は格好を付けた感じw
今季はとにかく歯車の噛み合わなさが目立った1年でしたかね。

ベッテルは予選が予選だけに4位も仕方なし。上位が安定していただけに、SCも出ない展開ではこれが精一杯。
それでも今シーズンを楽しくしてくれた1人であることは間違いなし。来シーズンも期待。

マクラーレン・ホンダは復帰1年目って事を考えれば、仕方ない面もありますかね。
とにかくスピードの出ないエンジンに手を焼いたドライバー2人が、来季報われてくれたら。
2年目の前進は必須なだけに、プレシーズンテストの結果に注目しましょう。


メルセデスGPの独走に終わった今シーズン。来シーズンはポイント争いだけでなく、トップ争いも激しい争いになってくれたら良いですね!

最終戦を前に、一気に観ました(笑)


<ロシアGP>
マシントラブルはしょうがないんだけれども、ロズベルグがねぇ・・・
グロージャンのクラッシュは一瞬ビビった。パッと見、凄い壊れ方してるように見えたから^^;
終盤の表彰台争いは面白かったですね!
ペレスが折角3位を死守していたのにボッタスとライコネンに交わされて・・・そこで終了かと思いきや、その2人が接触して。
ペレスは終盤苦しかったですけどピットのタイミングが上手かったですし、あそこまでタイヤを引っ張ったから表彰台が転がり込んで来た訳ですし。


<アメリカGP>
アロンソ、もったいなかったですねー。せっかくスタート良かったのに、もらい事故って^^;
序盤の混戦で、あれが無かったらどういう展開になっていたのか気になります。
そしてリカルドのトップ奪取!
コース上のガチバトルでメルセデスを攻略できるとは。コンディションの妙があるとは言え、良いシーンでした。
ロズベルグは今度は自滅・・・^^;
レース終盤はアロンソがペレス以下を抑えてポイント争いが面白いものになりました。

ドライバーズチャンピオンシップはハミルトンで確定。おめでとう。


<メキシコGP>
久々の復活開催。ペレスへの声援が凄いね!
ボッタスとライコネンが接触、ライコネンがリタイヤ。んー、これに関してはライコネンがドアを閉じすぎって所かな^^;
ライコネンもそうですが、ベッテルもスタートでタイヤカットされてからの走りは精彩を欠いてましたね。フェラーリ勢はいいトコなしの週末。
ロズベルグはプレッシャーから解放された効果なのか(笑)、やっと勝てるレースをしてくれました。


<ブラジルGP>
ロズベルグ連勝。どうしてこの速さをチャンピオンシップ争っている時に発揮しないのかw
しかし改めてメルセデスGPの今季の強さを思い知らされたような。
フェラーリ勢が作戦を分けて何とか一矢報いようとしても、そんなの関係なかったですね^^;



さて、今季のF1もアブダビGPを残すのみ。
今年を象徴する結果になるのか、来年に期待が持てる結果になるのか。様子を見てみましょう^^

地元日本でのF1GP、見ました~。テレビでですがw


マクラーレンの2人はレースを通してずっと頑張っていて良い走りをしていたと思いますけどねぇ・・・ただ結果が付いて来ないだけで^^;

ドライバーが「まるでGP2エンジンのようだ」とレース中に本音を漏らしたのに「激励だと思ってます」とか訳の分からない解釈をしていた責任者がいる以上、今後も期待は薄いんでしょうかね。

アロンソが中盤でフェルスタッペンを上手く抑えていたように、終盤がエリクソンがペレスを上手いこと抑え続けてましたねー。
今回のレースはディフェンスの方で見応えがあった感じで、いつもと違った面白さがありました。

レース自体はハミルトンの圧勝。オープニングラップでロズベルグが沈んだ時点で勝負ありだったかな。
フェラーリも追撃するだけのペースは無かったですし。


気づけば今週はロシアGP。サプライズ要素はあるんでしょうかねー(笑)

↑このページのトップヘ