2007年10月15日

社長と事務員、ラブホで打ち合わせ?

社長と事務員、ラブホで打ち合わせ?

ここは千葉の閑静なたたずまいの中に、ひっそりと?
皆様方に人とのふれあいの時間がいかに大切か、感じていただく場所を提供
している全部で10棟の離れ宿形式のラブホテル です。
PCで次のアドレスで案内しているよ。
  http://www.aru-aru.org/memowa-ru2.htm

木曜日、この日くらいは暇なんだ。10室しかないのに、ま、半分も入って
くれればいいんでねえかえ、と、云うところだ。

そんな折、朝の9時過ぎ頃だったかな。
ピンポ〜〜ン と、お客様、  ご来場の嬉しいチャイム音。

モニターには白いクラウン、そして降り立ったのは長身の、50歳前後位
で一見紳士風・・・そして、連れのご夫人はどう見ても30歳前の事務員風
の服装。そして一番奥の部屋、26号室へ入る。

こりゃ〜どう見ても、会社のお偉いさんが事務員を連れて・・・
こんなラブホで仕事の打ち合わせ?でもね〜〜よな。

掃除のおばさん曰く、「マスター、ありゃ〜不倫だよ」
マスター「そんなこと、お前さんに言われなくても俺だって鋭い勘が働くん
だから」と、つまらない意地の張り合い。

しかし、紳士風の殿方は足を引きずっていた。

お部屋のフォーメーションを伝えようと内線電話に手をかけた瞬間に、かかっ
てきた。

26号お客さん 女「お金はどうすればいいんですか?」
マスター「ハイ、これからお伺い致しますので、小窓のところでお願いします。

 ワッ、新規のお客さんだ、こりゃ又、不倫が続いてる間は・・いいぞ、いいぞ、
常連客が増えたぞ。と、内心ホクホクでした。

しかも、お客さんからかかってきたなんて律儀だね〜、と、云っていたら
またまた、掃除のおばさん「違うんだよ、最中に邪魔されたら困るから早く金払
ってユックリと、早くしたいだけなんだよ」
どんかんなマスター「アッ!そうか、早く払えば安心だもんな」

マスター急いで26号室の小窓へ直行、すると、そこにはすでに3500円が置
いてあった。なるほど急いでいるはずだ。
と、車のNOをチェック、ありゃ〜〜この車も身体障害者マークが貼ってありま
した。

しかし、《そんなの、関係ね〜〜》 でした。

11時過ぎにチェックアウトなさいました。
掃除のおばさん「あれで何気なく、会社へ帰って仕事すんだろ〜ね」
マスター「あ〜〜ぁ、だから女はわかんね〜よ な」
掃除のおばさん「あら、あたしは しね〜〜よ」
マスター「・・・・・・・」
小声でマスター「お前さんは女を終わっているじゃ」
掃除のおばさん「ん、マスター!なんか言ったかい」

そしてマスターは26号室の点検チェックに入ってビックリ。
ムッとするような、室温が高く、エアコンががんがんとかかったまま。

バスタオル お風呂も、ガウンも、何も使ってない、ベットだけが以上に乱れて
いました。

事務室に戻ったマスターはおばさんに「お前さんには上得意なお客さんだよ」と、

チョットの時間でもまめだね、まめでなきゃ〜女にはもてね〜よな。
と、ぶつぶつ独り言、そんなマスターが、まめなのは競馬のデータを集めるのは
まめでした。


ま ッ ! マスターには関係ないか!  一人もんだもんな。
《マスターは今年最愛の家内を亡くした独身者でした》

マスターの更新中のホームページ   http://www.aru-aru.org/
この中で あるるの宝物館を更新中  http://www.aru-aru.org/aruru.index.htm

またマスターが土、日に発行している競馬予想のメルマガ登録は
                  http://blog.mag2.com/m/log/0000153254/
追伸
あたるよ! マスターの予想、秋華賞は完全的中でした。
3連単 37630円  GETT しました。




tonydance at 05:38コメント(0) 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
楽天市場