いま、話題の「ケトン体(たい)」とは?

keton



「ケトン体」とは、私たちの体の中でつくられるもの。
誰もが持っているのに活用されていない、「頭や体を働かせる、もう一つのエネルギー源」です。
糖質を減らすと働きだす「ケトン体」によって、あなたはもっと健康になれます。

と書かれた内容です。


★「体が生まれ変わる食事」って、何をすればいい?

◎「過剰な糖質」「グルテン(小麦)」をやめる
◎「油のバランス」を考え、「海の油」を積極的に食べる
◎1日大さじ2杯のココナッツオイルをとる

……など、どれも簡単で、今日から実践できることばかり。

それと


★続けると、こんな効果が!

◎健康的にやせて、若々しく健康に。「ポッコリお腹」も解消!
◎メタボや糖尿病、心臓病、がんなどの病気にならない
◎うつなどのメンタル改善。認知症予防の効果

この他にも、うれしい変化が続々……。


など、、、、


[もくじ]は

いま、話題の「ケトン体」のことが簡単にわかる本

【1章】
頭の冴えも強い体も「ケトン体」がつくる
──これまで使われてこなかった「もう一つのエネルギー」

【2章】
●糖尿病、メタボ、肝臓病、認知症、うつ……
「ケトン体質」がもたらす効果
──これで数値がよくなる、薬がやめられる

【3章】
頭と体の老化を加速させる「3つの悪い食事」
──_畩蠅陛質、▲哀襯謄鵝幣麦)、Lのバランス

【4章】
知らずに体を痛めつけていないか
──肥満、アレルギー、コレステロール……常識は変わり始めた

【5章】
100歳まで元気で若々しい体をつくる食べ方
──おいしく食べて、体の中から「ケトン体」がわき出る!

『体が生まれ変わるケトン体食事法』です。

もし、著者がこれを実践し毎日を過ごしていたら
ストレスでうつ病になっているのではないでしょうか?


結論から言うと私は耐えられません!


まずケトン体食事法とは何かを説明します。

私たちの脳は、エネルギーを使って思考や記憶を行っています。

そのエネルギー源となる物質は、
体内には2つ存在すると言われています。

1つめが糖質。

もう1つがケトン体と呼ばれる物質です。

以前は、いろんな健康や栄養の本で、

「脳のエネルギー源は糖質だけなので、
糖質を摂らないと脳が正常に機能しなくなる」

と言われていました。

が、 『体が生まれ変わるケトン体食事法』によると、
最近の研究ではケトン体も脳のエネルギーとして
使われる、という事が分かってきたそうです。

そして、糖質は摂り過ぎると体脂肪が増える、
食後眠くなるなどの悪影響が出てきます。

でも、ケトン体には体脂肪が増える、食後眠くなる、血糖値が上がるなど、
糖質特有のデメリットがありません。

なので、ケトン体をエネルギー源とした方が良い、という内容でした。

どうすればケトン体をエネルギーに
出来るのかと言うと、食事で糖質を制限すると、
体は脳のエネルギー源としてケトン体を作り始めます。

つまり、糖質を制限すればケトン体を脳のエネルギーに出来る。

では、糖質を制限した食事をするには、
何を食べて、何を避ければ良いのか?

それを解説してくれるのが、
『体が生まれ変わるケトン体食事法』
でした。

で、

実際にこの本を読んでみた感想としては、
理屈は理路整然としていて、凄く筋が通っています。

が、この本のアプローチは、

「糖質制限ダイエット」
「炭水化物抜きダイエット」

などと、あまり違いがありません。

糖質を制限しなければならないので、
ご飯、パン、そば、うどん、チョコレート、
ケーキ、アイスクリーム、一部の果物などは
NGという事になります。

keton1

これらががまんするリスト

このように、

「何かを禁止する」
「何かを我慢する」

という考え方は危険です。


私も糖尿病ですが


食べたい物を我慢して無理やり食欲を押さえ込むと、
精神的なストレスになります。

するとストレスホルモンや活性酸素などの
有害物質が生まれ、結局健康を害してしまいます。

栄養的に理想な食事をしても、
その生活によって精神的ストレスが発生したら、
その害の方が大きいです。

『 ドカ食いの原因にもなります 』

そのため、健康法において、
何かを無理やり我慢するのは本末転倒です。

私も何かと「悪い物を我慢する」という
思考に陥りがちですが、やはり数日で
続かなくなる事が多いです。

私の健康プログラム
今すぐ以下をクリック!

http://gappos.info/is/xa


また、一時的には「禁止」に成功しても、
数年後にまた悪い習慣が戻ってきてしまう、
悪い物を食べてしまうという事は良くあります。

なので私は、長い目で考えた時、
禁止系のアプローチは上手くいかないと考えています。

あと『体が生まれ変わるケトン体食事法』には
グルテンフリーについても書かれています。

小麦系の食べ物、特にパンに含まれるグルテンという成分が体に悪いよ、
だからそれが含まれていない食品を食べましょうね、という健康法です。

しかし、結局この糖質制限とかグルテンフリーという健康法は、
一過性のブームです。

納豆健康法とか豆腐ダイエットとかと同じで、
一時的に流行っても、すぐ廃れていきます。

でも健康は一時的なブームではありません。

糖尿病なら尚更、網膜、腎臓、肝臓、神経症、
上げればきりがありませんが、、、

私たちの体は、一生大切にしなければいけないので、
健康法も一生続けられる事をやった方が良いと思います。


その点で、糖質を抜きましょう、グルテンを避けましょうという方法は、
長続きしないと思います。


生涯続けられる健康法
今すぐ以下をクリック!

http://gappos.info/is/xa


特に、サラリーマンの人には難しいんじゃないかと思います。

サラリーマンはどうしてもファミレス、ファーストフード、コンビニ食が
中心になってきます。

そうすると糖質やグルテンを抜くのは困難です。

奥さんがいる方は愛妻弁当を
作ってもらう事も出来ると思いますけど、
奥さんに健康への理解が無いと、お弁当に
注文を付けるのも難しいと思います。

そして、晩ご飯は、子供がいれば別メニューなんてことも
理解がある奥さんならいいのですが、、、

そんなことが原因で夫婦喧嘩になってストレスがたまったら
なおさら健康を阻害します。

『体が生まれ変わるケトン体食事法』

で紹介されている「避けた方が良い食材」は、
白米とかパンとかの他に、一部のフルーツや
根菜類まで含まれています。

それらを全部避けるのは難しいですし、奥さんにも要求しづらいです。

なので、現実的に考えてこの本のテクニックは、
一般の人には出来ないと思います。

以上を踏まえ、

『体が生まれ変わるケトン体食事法』

は実践面では非現実的だと思いました。

しかし、

私が今健康法を学んでいる
X-Power〜四次元肉体進化〜では、
食事で「これは禁止・ダメ・我慢」
というルールがほとんど無いです。


その代わり、

「何と何は組み合わせて良い」
「何と何は一緒に食べてはいけない」

という、食べ合わせのルールだけがあります。

食べ合わせとは、

「りんごとパンを同時に食べてはいけない」
「パンとジャガイモを同時に食べてはいけない」

とか、組み合わせの問題です。

すなわち、

「食べてはいけない物は無い」

という事なんです。

食べ合わせのルールさえ守れば、
何でも食べて良いというスタンスです。

白米もOKですし、チョコレートもOKですし、
ケーキとかアイスクリームとかフルーツもOKです。

ただ、悪い食べ合わせだけはしない。

基本的に我慢系の健康法ではないため、
ストレスを溜め込む心配がありません。

あまり健康に良くないラーメンとかパスタとかピザとかも、
「度を超えなければ食べて良い」と説明されています。

それくらい、X-Powerは精神的ストレスを
防ぐ事に重きを置いています。


その点で長続きしやすいと思います。

なので我慢せずに、禁止せずに、
好きな物を食べて健康になりたい人は、
X-Power〜四次元肉体進化〜を
受講してみて下さい。

とても深い健康的な食事法を
勉強する事が出来ます。


私も実践!我慢いらずの健康法
今すぐ以下をクリック!

http://gappos.info/is/xa


ありがとうございました。