イチオシ!まとめNEWS!

旬のニュース(ジャンルに拘らず)を出来るだけ早く、まとめて届けていきたい!と 思ってます(*^▽^)/★*☆♪

    イチオシと思える旬のニュースを速く届けていきたいです( ☆∀☆)


    【元AKB】芸能活動休止の光宗薫 関係者からは死の危険があるとの声も

    お身体に気を付けて下さい( ・´ー・`)

    NO.5806376
    芸能活動休止の光宗薫 関係者からは死の危険があるとの声も
    芸能活動休止の光宗薫 関係者からは死の危険があるとの声も
    元AKB48でモデルの光宗薫が、摂食障害などの体調不良により、10月より芸能活動を休止すると発表した。

    以前も体調不良で休業していたことがあるだけに「このままでは死の危険もある」「引退したほうがいい」といった声が業界関係者から上っている。

    「私は10代の頃から摂食障害、強迫的な症状に悩んでおり、一時的に拘束してもらわなければ生活が儘ならない状態を繰り返しています」
    「近年は状態が落ち着かず、強い気持ちを持つ程バランスが取れなくなり好きな活動も徐々に辛いだけのものに変わっていました」 

    これは本人が公開した直筆のメッセージ一部だが、拘束が必要なほどという症状は、穏やかではない。

    過去、摂食障害を抱えながら活動していたモデルの担当だった芸能マネジャーが言う。

    「最初にそういうタレントの面倒を見たときは、単に太ることを気にしている子だとしか思っていなかったんですが、番組収録後にトイレで自殺未遂をされたことがあります。医師によると、摂食障害で栄養失調になると思考能力が下がって、不安感が高まり、うつ状態になるので、自殺願望も起こりやすいそうです。だから基本、タレント活動は復帰を前提にしないほうがいい。万が一、自殺や自殺未遂があった場合、仕事関係者も責任に問われるでしょうし、簡単に復帰させられるものではありません」

    実際、摂食障害の女性は一般女性に比べ、自殺衝動が200倍起こりやすいという研究データもある。

    光宗は2011年にAKB48に加入。

    「美人すぎる新人」として脚光を浴び、研究生ながらテレビドラマ出演を果たしたが、体調不良が相次ぎ、翌年にグループを脱退。

    その後はモデルを本業として活動していたが、アイドルライターは「生真面目すぎる性格が、アイドルには不向きだった」だという。

    「アイドルは自分を偽って可憐なキャラを演出するのも仕事ですが、光宗さんは『自分を曲げてまで人に好かれたくない』という人。アーティストならわかりますが、アイドルではストレスがたまりますよ。AKB時代、運営側が猛プッシュしたのに、選抜総選挙では圏外。握手会や舞台挨拶などにも出られないほど落ち込んだんです。それだけならまだいいんですが、一方で見返したいという思いが強く、体重が100グラム増えることも許さないほどスタイルを過剰に気にしたり、何時間も絵を描き続けたり、努力しすぎてしまうところが危なかったんです」(同)

    過去、激ヤセした姿にはファンからも「摂食障害では」という声が飛んでいたが、その臆測が的中した形だ。

    「メロンパンで胸を隠した奇怪なセミヌードを出したり、アート志向が強いので、なおメンタルが病んでいるように見えちゃうところもあるんですけどね。それで周囲が腫れ物に触るように扱うので、より彼女の本音が見えにくいんです。正直、引退したほうがいいと思います」(同)

    いずれにせよ、光宗の身が心配でならない。

    【日時】2017年09月24日 09:00
    【提供】日刊サイゾー


    【【元AKB】芸能活動休止の光宗薫 関係者からは死の危険があるとの声も】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    大変、お疲れ様でした(#^^#)

    1 豆次郎 ★@\(^o^)/ :2017/09/23(土) 18:09:27.31 ID:CAP_USER9.net

    9/23(土) 17:59配信

    スマステ最終回の香取を応援! 放送6時間前なのにテレ朝前にファン集結
     元SMAPの香取慎吾(40)が司会を務めるテレビ朝日系「SmaSTATION!」(土曜・後11時5分)最終回が放送される23日、東京・六本木の同局にSMAPファンが集結した。

     放送開始6時間前の午後5時。少し肌寒い中、100人以上のファンが香取を応援するためにスタンバイしている。

     香取は今月9日の生出演前、同局正面玄関前に集まったファンに向かって「SmaSTATION、今夜も頑張ります!」とあいさつ。22日には公式ファンサイト「新しい地図」をスタートさせたばかりだ。

     最終回の企画は「名物企画!秋の最新行列グルメ待ち時間ランキング」。ゲストは香取の親友である山本耕史(40)が登場し、16年の歴史に幕を閉じる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000151-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【SmaSTATION!】スマステ最終回の香取を応援! 放送6時間前なのにテレ朝前にファン集結】の続きを読む


    路線変更、成功?失敗?

    NO.5804946
    小嶋陽菜がインスタで大胆ショット連発
    小嶋陽菜がインスタで大胆ショット連発
    元AKB48でタレントの小嶋陽菜(29)が19日のInstagramにセクシーで刺激的な画像を投稿した。

    「チェリーパイきゃあ」「すごい! マシュマロみたい!」と大きな反響を呼んでいる。

    今月2日に放送されたフジテレビ系『有吉の夏休み2017密着77時間inハワイ 過去最多!芸能人15人で海、風、グルメを大満喫したら笑顔がこぼれすぎちゃったSP』で、大胆な水着を披露していた小嶋陽菜。

    同番組に出演していた田中卓志(アンガールズ)は、8月30日放送のラジオ番組『アッパレやってまーす!』で「こじはるの水着、オッパイ7割くらい出てた」と興奮気味に報告していた。

    小嶋は今年4月にAKB48を卒業してから、より大胆な露出が増えてきているようだ。

    今回の『Haruna Kojima nyanchan22 Instagram』で披露したのは鼻から下、胸の部分が大写しになった写真だ。

    真っ白な肌が眩しい胸の谷間にはさくらんぼが一つあり、キャミソールがベージュピンクと肌に近い色のためか妙に艶かしい。

    フォロワーもこの写真には驚いたようで「悩殺されました!」「女が見てもうっとりします」「えろいきれいかわいいよ」「美しすぎてLINEの背景にしました」などのコメントが殺到している。

    その一方で「こんなことあまりしないでほしいな」「ん〜、なんか違う」と小嶋陽菜のセクシー路線に抵抗を示す声も見受けられた。

    ネットの反応
    ・ここまでやるならチェリーじゃなくてバナナにしてくれ 剥いたやつ
    ・ふわふわおっぱい
    ・オリエント工業w
    ・この子実はレズだったりして
    ・何この出したい見せたい感じ
     >脱ぎたがりだよな
    ・気づけば30手前か
    ・小木のカキタレのイメージがついちゃったな
    ・チェリーボーイのチンコを私の胸で挟んでいかせてあげるわっていう意思表明
    ・MUTEKI史上最大のスカウトをお願いします
    ・脇マソコの方に目がいった

    【日時】2017年09月23日
    【提供】gossip!


    【【元AKB】小嶋陽菜がインスタで大胆ショット連発】の続きを読む


    随分な言い方だな(´・c_・`)

    NO.5805071
    【マクラーレン】ホンダとの3年間は「悲惨」だった
    【マクラーレン】ホンダとの3年間は「悲惨」だった
    マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエが、ホンダとの共同プロジェクトに取り組んでいた過去3年間はまさに悲惨な時期だったと語った。

    かつてはF1トップチームとして君臨していたマクラーレンだが、ドライバーズタイトルは2008年のルイス・ハミルトン(現メルセデスAMG)が最後であり、コンストラクターズタイトルに至っては、ミカ・ハッキネンを擁してダブルタイトルを獲得した1998年以来無冠状態が続いている。

    こうした状況を打破しようと2015年からホンダと手を組んだものの、3年目を迎える今季も現時点では10チーム中9番手に低迷している。

    そして先週末に今季第14戦が開催されたシンガポールにおいて、ついにマクラーレンとホンダが今季限りで関係を解消することが正式に発表された。

    ■この3年間でチームの信用度が損なわれた
    ブーリエは、ホンダとの関係解消や、2018年からマクラーレン・ルノーに生まれ変わることについてF1公式サイトのインタビューの中で次のように語っている。

    「過去3年間は、我々の評判や新スポンサーの獲得という観点からはまさに悲惨だった」

    「今後は長期的視点に立つことが必要だし、私は今後5年間でマクラーレンが本来位置すべきところへ返り咲くことができると確信しているよ」

    「そして、この巻き返しによって、我々は自分たちの信用度を取り戻すことができるだろうし、スポンサーも増やすことができるはずだ。それには2年か3年かかるかもしれないがね」

    ■ホンダとの決別によるリスクはない
    マクラーレンとホンダの関係解消には複雑な背景もあったと考えられている。

    そのひとつが資金面の問題だろう。

    ホンダがこのプロジェクトに多額の資金を提供していたことは知られているが、ホンダとの決別を決めたことにより、マクラーレンは来季以降無償エンジンの提供は受けられず、逆にルノーからエンジンを購入しなくてはならなくなる。

    しかし、ブーリエは資金的なことはそれほど大きな問題にはならないはずだと主張している。

    「我々は今選手権で9番手にいる。トップレベルのエンジンを積んでいたならば今ごろは4番手にはいられただろうと思っている。そうすればFOM(フォーミュラ・ワン・マネジメント/F1商業権管理組織)からの分配金でエンジン費用も工面できていただろう。だから(ホンダと決別しても)資金面で大きなリスクを抱えることにはならないよ」

    そう語ったブーリエは、次のように付け加えた。

    「勇気ある株主たちのおかげで公明正大な選択ができ、マクラーレンを傷つけないようにすることができる。彼らは“ホンダが目を覚ますまで待とう”と言うことだってできたわけだからね」

    【日時】2017年09月23日 18:05
    【ソース】TopNews


    【【マクラーレン】ホンダとの3年間は「悲惨」だった】の続きを読む

    このページのトップヘ