イチオシ!まとめNEWS!

旬のニュース(ジャンルに拘らず)を出来るだけ早く、まとめて届けていきたい!と 思ってます(*^▽^)/★*☆♪

    イチオシと思える旬のニュースを速く届けていきたいです( ☆∀☆)

    カテゴリ: 趣味


    【バカ親子】スマホゲームにハマり、親の金で130万課金した無職⇒ 新聞の一面で特集される



    (出典 www.haul-it.biz)


    お互いが甘過ぎだよ!人生なめてるな!!

    スマホゲームにハマり、親の金で130万課金した無職⇒ 新聞の一面で特集される
    バイレーツ

    スマホゲームにのめり込み、親の金を使って130万円を課金した無職男性が、新聞の一面で取り上げられたことが波紋を広げている。

    その記事を紹介したのは、Twitterユーザーのタケ(@serotape_take)さん。


    FGOにハマって親の金を130万課金した無職が1面で特集される pic.twitter.com/XK2kuMzSda

    — タケ (@serotape_take) 2017年8月17日

    問題となる記事が掲載されたのは、8月17日(木)付けの産経新聞。記事によると、宇野築(25)は大学卒業後に障害者支援施設でアルバイトを始めたが、4か月働いたあたりで突然体調を崩し、働けなくなったという。

    そして自宅療養に切り替えた時、気晴らしに始めたスマホのRPG『フェイト・グランドオーダー(FGO)』にハマってしまった。

    『FGO』にはゲームを有利に進めるためのアイテムを入手する有料くじ“ガチャ”があり、宇野氏はその獲得に夢中になった。

    気付けば父のカードの上限額50万円、母の80万円を全てつぎ込んでいたという。

    両親に怒られた宇野氏はカード上限額を10万円に下げられたが、カード利用明細書を両親より先に郵便受けから奪い、発見を遅らせるなどして、その後も没頭したのだという。

    『スマホゲーム“無間地獄”』と題された記事は、Twitter民の間でも様々な意見を呼んでいる。

    ■Twitterの反応

    スマホのゲームって時間使ってのめり込むほどに、やっていて一番得られる快感は「辞めたときの開放感」だったりする( ´∀`) https://t.co/M7OlBzfP4j

    — うに (@tachikawamasao) 2017年8月17日

    闇すぎるwwwwwwさすがにここまで落ちなかったな俺は(モンスト時代) https://t.co/Cd7OuxYRPi

    — トンガリ君@大洗27日予定 (@tongari5120) 2017年8月18日

    使ってる感覚が無いのは自分の金じゃねぇからだろうが! https://t.co/Dnligl50sy

    — RED-RUM@三日目東F-10b (@REDRUMjun) 2017年8月17日

    今も答えを探し続けているで草 https://t.co/ZCkx9v6ae3

    — たちかぜ (@s07l109) 2017年8月18日

    答え探す前に職探せ https://t.co/rv6ofHflEF

    — 戦国史に強い一般男性 (@YZS_sub_2) 2017年8月17日

    私も学生時代はRPGにはまって徹夜したり旅行を断ったり…でも就職したら仕事がゲームみたいに楽しくて、全く興味を無くしてしまった。
    短期間で、自分の成長を感じられる事…プログラムや語学、資格勉強オススメ。 https://t.co/7nUw9lEqhs

    — きなこ (@printlnhogehoge) 2017年8月18日

    ※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【バカ親子】スマホゲームにハマり、親の金で130万課金した無職⇒ 新聞の一面で特集される】の続きを読む


    【規制ばっか】パチンコ「出玉5万円規制」の影響とは?

    中途半端より、いっその事パチ屋無くせば?!

    NO.5688188
    パチンコ「出玉5万円規制」の影響とは?
    パチンコ「出玉5万円規制」の影響とは?
    警察庁は7月10日、ギャンブル依存症対策として、来年2月からパチンコの出玉を現行の3分の2程度に制限する方針を発表した。

    「現状、平均的な遊技時間である4時間で、最大約10万円分の出玉を獲得することができますが、大当たり出玉や確変継続率を下げることで、5万円以下にするというもの。勝ち額の上限を下げることで、大負けからの“一発逆転”を狙う遊技者を減らす狙いでしょう」(全国紙社会部記者)

    現在、パチンコは1回の大当たりで最大2400個(4円等価交換で9600円)なのが、1500個に抑制されることになる。

    このニュースを受け、ファンからは「勝てない」「もう止める!」といった声が続出。

    警察庁はあくまで方針とし、8月9日まで広く意見を募集するという「意見を募集するのは、建前でしょう。ゲーム性や射幸性に関する意見は一切、受けつけないのでは?」と語気を荒げるのは、パチンコ攻略誌ライター。

    「昨年12月に成立したカジノ法案による“カジノ解禁”で、ギャンブル依存症患者の増加が懸念されていて、政府内でも反対意見が出ています。今回の出玉制限は、反対勢力に対するパフォーマンスでしょう。これでパチンコがつまらないとなれば、カジノへの集客にもなりますから」(前同) と、パチンコ業界への圧力を疑うのだが、本誌で連載中の劇画『麻雀放浪記』で構成協力を務めるギャンブルライターの浜田正則氏の意見は、ちょっと違う。

    「ギャンブル依存症対策は建前でしょう。しかし、本当の狙いは規制後の新システム導入の費用を、ホール側に強いることにあるんです。新システムでは、釘調整ができない封入式パチンコ台になる。その費用は莫大なものですが、“出玉制限”の新ルールになれば、既存の台すべてを入れ替えざるをえない。その費用で小さいホールは倒産しかねない惨状です。また、新機種の検定を行うのは警察の天下り先といわれる保通協などの機関。こうした関連団体に入る金は相当なものになるとか」

    一方で、カジノ法案との関連性については、「この規制でカジノに客を移行させたい思惑はないと思います。カジノとパチンコは、まったく別のギャンブルですから」(前同)

    また、出玉制限がファンにとって、悪い規制ではない可能性も示唆する。

    「これまでの主流である爆裂機こそが、年に一度も味わえない“20万円勝ち”をぶら下げたハリボテ台でしたから。新規制で“週1〜2回のパチンコで月一度は5万円勝ち”のように、現実的な勝利ラインが見える台が増えるのでは」(同)

    ホールへの打撃は懸念されるも、ファンには朗報と言える規制になるか!?

    【日時】2017年08月01日 06:30
    【提供】日刊大衆


    【【規制ばっか】パチンコ「出玉5万円規制」の影響とは?】の続きを読む


    【競馬】『サマー』について


    ストロングタイタン重賞初制覇へ体調上昇/小倉記念
    降級戦をレコードで制し勢いに乗るストロングタイタン(牡4、池江)が、サマー2000シリーズ第3戦の小倉記念(G3、芝2000メートル、6日)で重賞初…
    (出典:競馬(日刊スポーツ))



    (出典 omuraizar.jp)


    競馬、ファン多いですよね(*´▽`*)

    【【競馬】『サマー』について】の続きを読む

    このページのトップヘ