イチオシ!まとめNEWS!

旬のニュース(ジャンルに拘らず)を出来るだけ早く、まとめて届けていきたい!と 思ってます(*^▽^)/★*☆♪

    イチオシと思える旬のニュースを速く届けていきたいです( ☆∀☆)

    カテゴリ: 政治・経済



    (出典 i.ytimg.com)


    本音、なのかね(´・ω・`)

    1 らむちゃん ★ :2017/09/24(日) 01:34:14.13

    朝日新聞2017年9月23日21時09分
    http://www.asahi.com/articles/ASK9R6DCPK9RUTFK00J.html

    麻生太郎副総理は23日、宇都宮市内での講演で、朝鮮半島から大量の難民が日本に押し寄せる可能性に触れたうえで、「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない」と語った。

     麻生氏はシリアやイラクの難民の事例を挙げ、「向こうから日本に難民が押し寄せてくる。動力のないボートだって潮流に乗って間違いなく漂着する。10万人単位をどこに収容するのか」と指摘。さらに「向こうは武装しているかもしれない」としたうえで「防衛出動」に言及した。

     防衛出動は、日本が直接攻撃を受けるか、その明白な危険が切迫している「武力攻撃事態」などの際に認められており、難民対応は想定していない。

     麻生氏は先月、「少なくとも(政治家になる)動機は問わない。結果が大事だ。何百万人も*ちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんだ」と発言し、撤回していた。

    1がたった日時:2017/09/23(土) 21:27:06.25
    前スレ:【朝鮮半島】麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 北朝鮮難民対策★7
    https://asahi./test/read.cgi/newsplus/1506181942/


    【【朝鮮半島】麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」 北朝鮮難民対策】の続きを読む


    大人しく、消えましょうよ……

    NO.5797434
    豊田議員 会見で本性隠しきれず?謎の笑顔と逆ギレで批判殺到
    豊田議員 会見で本性隠しきれず?謎の笑顔と逆ギレで批判殺到
    元政策秘書に対する「このハゲーっ」などの暴言・暴行疑惑によって自民党を離党した豊田真由子衆院議員(42)が、9月18日に自身の選挙区である埼玉県新座市で支援者向けの会合を開催し、その後に騒動後初の会見を開いた。

    だが、この会見内容がメディアで批判の的となっており、ネット上でも「謝罪の態度が違うだろー!」などと非難が集中。

    むしろ逆効果だったのではないかと思えるほどの窮地に立たされている。

    ■新潮記者に逆ギレ…「反省モード」でも隠し切れない本性?
    会見はいきなり「豊田議員のメイク待ち」で40分遅れとなる波乱のスタート。

    豊田議員は自身の進退に関して「楽な道であれば議員をやめてしまった方がいいと思いますが、孤独の中で、恥をさらしながら生きていくのが大事と考えた」と議員続行を表明し、10月にも行われる可能性がある次期衆院選についても「選挙に受からなければ議員は続けられない」と事実上の出馬宣言が飛び出した。

    精神不安定を理由に入院している豊田議員はこの日も病院から会場入りし、途中で「耳鳴りが……」と弱々しくうずくまる一幕もあった。

    だが、会見終盤に暴言テープの存在を最初にスクープした『週刊新潮』(新潮社)の女性記者からの質問で表情が一変。

    「お前の娘が通り魔に強姦されたらどうするんだ」と発言した事実を豊田議員が当初否定していたことを追及された途端、眉を吊り上げてキレ気味の口調で「『(脅迫する)趣旨で申しあげたのではありません』と返したのです」と反論し、それまでの反省モードが吹き飛びそうな状態になった。

    この会見を取り上げた19日放送の情報番組『バイキング』(フジテレビ系)では、司会の坂上忍(50)が「あれを見たら、みんな、コイツ、これからも変わらねえなと思っちゃう」と辛辣コメント。

    同日放送の情報番組『ビビット』(TBS系)でも、司会の真矢ミキ(53)が「人格が戻ってきている気がする」と指摘した。

    ■地元の支援は根強いが…次期衆院選は苦戦必至
    「豊田議員は暴言の原因が『秘書の度重なるミス』だったと釈明し、あれほどの状態になったのは初めてだったと明かしました。しかし、本当に初めてだったのなら元政策秘書がわざわざボイスレコーダーを用意していたのは不自然。また、元政策秘書の顔が腫れ上がるほど暴行したという報道については『私は非力な女で、格闘技を習っていたわけでもない。大けがさせたというのは違う』と釈明しましたが、これでは暴力行為への反省がまったく感じられない」(週刊誌記者)

    さらにネット上でも批判が殺到。あまりにお粗末な会見に「謝罪の態度が違うだろー!」「新潮の記者にキレた時が本性でしょ」「いかにも『計算して謝罪してます』って感じがする」「国会が解散しそうだから出てきただけでは」「会見が本気だったらもはや二重人格」などと非難の嵐が巻き起こっている。

    この状況で次期衆院選に出馬するのは厳しそうだが……。

    「会見前に行われた支援者向けの会合では『がんばれ!』という声援が数多く飛び、激励ムードでした。世間の目は厳しくとも、地元の支援は根強いようです。しかし、世間の批判によって自民党が次期選挙で豊田議員の支援から手を引くのは確定的。厚労省出身の豊田議員は自民党とつながりの深い複数の医師団体などから支援を受けてきましたが、それも打ち切られる可能性がある。なにより、地元の有権者から『当選させたら地元の恥』と思われるような会見をしてしまったのが致命的です」(同・週刊誌記者)

    もはや会見せずに雲隠れしていた方が利口だったのではないかと思えるほどの惨状。

    火だるま状態になりながら次期衆院選を見据える豊田議員に復活逆転の目はあるのだろうか。
    【日時】2017年09月19日 19:19
    【ソース】デイリーニュースオンライン


    【【豊田議員】 会見で本性隠しきれず?謎の笑顔と逆ギレで批判殺到】の続きを読む


    違うだろ!貴女の言葉をそのまま返します(笑)

    NO.5795117
    豊田議員、ついに会見し議員継続へ意欲 ネットの厳しい声
    豊田議員、ついに会見し議員継続へ意欲 ネットの厳しい声
    政策秘書(当時)への暴言騒動などで自民党を離党した豊田真由子・衆院議員(42)は2017年9月18日夕、埼玉4区の地元・新座市で支援者らを集めて説明会を開いた。

    会合を終えた豊田議員は報道陣を集めて会見を開き、テレビカメラなどを前に「お詫びを申し上げます」「地域のため、国のための仕事をお許しがあれば、引き続きやらせて頂きたい」などと語った。

    豊田議員は、「文藝春秋」最新号(10月号)や9月17日放送の情報番組「Mr.サンデー」(フジテレビ)でインタビュー(収録)に答えるなどしていた。

    ■何度も頭を下げる
    豊田議員は、予定より約45分遅れた19時前ごろから会見を始めた。

    席に立つ前にも数回、深く頭を下げ、マイクの前に立った際にもまた頭を下げた。

    当初は、目元にはうっすらと笑みのような、余裕のありそうな表情を浮かべていた。

    冒頭は、会見が遅れたことへの報道陣へのお詫びだった。

    その後、自身の事でお騒がせをし、迷惑をかけたと「深くお詫びを申し上げます」と謝罪し、頭をさげた。

    頭をあげると、目をぎゅっとつぶっており、冒頭からは一転、涙目のようになった。

    その後、元秘書らへもお詫びをし、支援者や国民に対しても、不快な思いをさせてしまったと、その都度、深く頭を下げた。

    暴行疑惑については、捜査中のため、詳細な説明はできないとことわった上で、「事実と異なるところもありまして」と、元秘書の主張に異論を唱えた。

    直前まで開いていた会合では、「裏切られた思いだ」などと厳しい声も出たが、多くの人からは、豊田議員のこれまでの議員活動について「(あなたのように)馬力をもって(地域のために)仕事をする議員は見たことがなかった」などと評価する指摘もあり、「もう1度(議員として)頑張れ」という風に言ってもらったという。

    豊田議員は、1人で決めることが出来る問題ではない、としながらも、「議員を辞めた方が楽なのかもしれないが、楽に逃げるのではなく、恥をさらしながら猛省してもう1度...」「地域のため、国のための仕事をお許しがあれば、引き続きやらせて頂きたい」と議員を続けることに意欲を示した。

    また、17日から18日にかけては、「衆院解散・10月総選挙」報道が相次いだが、当日の会合は事前に予定していたものであり、「(総選挙を)見据えていたわけではない」と説明した。

    ツイッターでは、会見冒頭をテレビニュースで見た人や、ネット動画中継を見た人から「つぶやき」があり、「謝罪会見じゃなくて、言い訳会見だな」「会見フラッシュが爆音すぎる」「嘘くさいなー。謝罪会見するのも遅いし、世間の興味はなくなってるんだから、会見やらない方が正解だった気がする」といった指摘が出ていた。
    【日時】2017年09月18日
    【ソース】J-CASTニュース


    【【違うだろ!】豊田議員、ついに会見し議員継続へ意欲 ネットの厳しい声】の続きを読む



    (出典 ironna.jp)


    自由勝手な党だねぇ!
    悪さした議員は選ばれるな!

    1 孤高の旅人 ★ :2017/09/19(火) 01:16:04.70

    安倍首相は次期衆院選で、2019年10月の消費税率10%への引き上げに合わせ、増収分の使い道を「国の借金返済」から「社会保障の充実」に振り向けることを国民に訴える考えだ。

    12年の与野党合意に基づく社会保障・税一体改革では、消費税5%からの引き上げ分は全て社会保障に充てることになっている。

    しかし、10%への引き上げ時に、子育てや介護などを充実させるための財源に回るのは、このうち1%分(約2・8兆円)にとどまる。残る4%分(約11・2兆円)は、社会保障制度を安定化させるためとして、実際には国の借金返済などに充てられる。14年4月の8%への引き上げ後の政府予算もおおむねこの配分で組まれており、首相は「増えた税収の8割を借金返済に使われた」と周囲に不満を漏らしてきた。

    (ここまで337文字 / 残り423文字)

    消費税10%への引き上げ時の使い道と見直しのイメージ

    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    2017年09月18日 06時11分
    YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20170917-OYT1T50120.html

    ★1が立った時間 2017/09/18(月) 06:48:32.15
    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1505735678/


    【【衆院選】消費税増収分「社会保障の充実」に…安倍首相、次期衆院選で訴えへ】の続きを読む



    (出典 sayuflatmound.com)


    不祥事起こした連中全員
    頼むから落選して!!

    1 孤高の旅人 ★ :2017/09/17(日) 16:34:32.24

    臨時国会の冒頭 衆院解散の見通し
    9月17日 2時23分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170917/k10011142751000.html

    安倍総理大臣が公明党の山口代表に対し、今月28日に召集する方針の臨時国会の会期中に、衆議院の解散・総選挙に踏み切ることを排除しないという考えを伝えていたことが関係者への取材でわかりました。安倍総理大臣は、今後、政府・与党の幹部の意見も聞き最終的な判断を固める方針で、内閣支持率の回復で早期の解散・総選挙を求める意見が強まっていることも踏まえ臨時国会の冒頭にも解散する方向で調整が進められるものと見られます。

    政府・与党関係者によりますと、安倍総理大臣は、先に公明党の山口代表と会談し、今後の政権運営などについて協議する中で、今月28日に召集する方針の臨時国会の会期中に衆議院の解散・総選挙に踏み切ることを排除しないという考えを伝えたということです。

    政府・与党内では、衆議院議員の任期が残り1年余りとなる中で、国家戦略特区での獣医学部の新設をめぐる問題などで低下した内閣支持率が回復傾向にあることも踏まえ、早期の衆議院の解散・総選挙を求める意見が強まっています。

    一方、北朝鮮が弾道ミサイルの発射などを繰り返していることなどから、政治空白を作るのは好ましくないなどとして、早期の解散は慎重にすべきだという指摘も出ています。

    こうした中、安倍総理大臣は、北朝鮮への対応や規制改革、それに北方領土の返還交渉などを前進させるためには、改めて国民の信を得て政権基盤を安定させることが欠かせないとして、早期に衆議院の解散・総選挙に踏み切る必要があるという判断に傾いたものと見られます。

    この安倍総理大臣の判断には、野党第一党の民進党で前原代表の就任以降、離党届を提出する議員が相次いでいる状況や、東京都の小池知事と連携する政治団体「日本ファーストの会」の代表を務める若狭勝・衆議院議員が新党の結成を目指していることも影響を与えているものと見られます。

    安倍総理大臣は今後、公明党の山口代表のほか、自民党の二階幹事長らの意見も聞き最終的な判断を固める方針で、臨時国会の冒頭にも衆議院を解散する方向で調整が進められるものと見られます。

    ★1:2017/09/17(日) 02:46:36.98
    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1505629937/


    【【総選挙】臨時国会の冒頭 衆院解散の見通し[NHK][09/17]】の続きを読む

    このページのトップヘ