2007年07月13日

“戦犯”阿部が汚名返上を誓った!

NEW ITEM!!adidas/アディダス サッカー日本代表 メッセージTシャツ07/マリン
 アジア杯3連覇を目指すサッカー日本代表は10日、ベトナム・ハノイで1次リーグ第2戦アラブ首長国連邦(UAE)戦に向けて練習を行った。初戦のカタール戦で相手の同点FK弾につながる痛恨のファウルを犯したMF阿部勇樹(25)は、UAE戦での汚名返上をイビチャ・オシム監督(66)やチームメートに誓い、自身のミスに対するリベンジに燃えた。
 このままでは終われない。夜間練習後、阿部は「個人的にはやるしかない」と初戦の借りを返すべく、悲壮な決意。「みんなに迷惑をかけたと思っている。チャンスがあるなら、それを返したい」とUAE戦での“リベンジ”を誓った。
 前夜のカタール戦。
◆最新日本代表情報は・・・日本代表ランキング
1-0で迎えた後半43分、阿部は最終ライン裏に出たスルーパスを追い、相手FWセバスティアンを倒した。与えたFKは無情にも悪夢の同点弾に。DF中沢らは「Jリーグでは取られないファウル」と弁護したが、オシム監督は阿部を名指しで痛罵。「アマチュアじゃないか」とまで言われた。阿部は「何も言い訳できない。自分の責任」と批判を受け入れた。
 屈辱は忘れない。これまでも自分のミスを繰り返し思い出し、心に刻むことで成長につなげてきた。「ものすごく気にするんです。その場面を何回も思い出して、ああすればよかった、こうすればよかったと考える。そうしてやってきた」。
 この日は日課だった午前の散歩も中止し、部屋にこもった。だが親友のDF坪井は「あいつなら大丈夫」とキッパリ...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)






◆日本代表関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆日本代表関連の無料のレポート情報

「Google のフィルターを外す方法」貴方の情報は制限されている

所要時間3分ほどでグーグルのフィルターをはずし、貴方の情報を倍以上にする方法です。

無料レポートで大暴露。アフィリエイトの勘違いを正す必須情報

アフィリエイターの大半がしている間違いとは? 貴方のアフィリエイトに正しい道を。



誰に託す6年:’07参院選えひめ/6 焦点の課題/4 雇用 /愛媛

自動車・航空・鉄道の仕事につくには(2006年度版)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070711-00000295-mailo-l38
 ◇広がる若者の賃金格差
 松山市六軒家町の「ハローワーク松山」前。ほおにひげを浮かべた小柄な青年は「1週間前に鉄工所を辞め、これから本格的に職探しです」と語った。
 同市在住の30歳。大学卒業後、建設資材販売会社で営業を4年経験したが不況で労働条件が悪化し、リストラ同然に退職。知人の紹介で鉄工所に入り、営業をしたいと願ったが、与えられるのは単純作業ばかり。3年で見切りを付けた。新たな就職にやや不安はあるが「自分のやりたいことは見えているし、松山は比較的求人が多い。まだ30歳、3カ月を目標に勝負します」と、自分に言い聞かせるように笑みを浮かべた。
◆最新求人情報情報は・・・求人情報ランキング

 若者の就職難は深刻だ。愛媛労働局によると5月の県内有効求人倍率は0・90。02年前後の「超氷河期」の0・6台よりやや持ち直したが、同時期に正社員になれなかった人の多くは今も非正規雇用のまま。県内に約1万500人(02年推計)のフリーターと正社員の生涯賃金の差は約1億5000万円。企業のコスト減と引き替えに、大きな格差を負う若者が増えた。
 ハローワーク(職業安定所)と共に若者らが雇用先を求めて訪れているのが、松山市湊町3、銀天街のビル4階の県若年者就職支援センター「ジョブカフェ愛work」だ。3年前、県が国のモデル地区に指定され、開所した。求人情報提供や就職活動の手ほどきに加え、「かかりつけ相談員」が1回約1時間、相談を受ける。相談の登録者は3年で約8000人...

ニュースの続きを読む






◆求人情報関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆求人情報関連の無料のレポート情報

関連のレポートはありません

誰に託す6年:’07参院選えひめ/6 焦点の課題/4 雇用 /愛媛

自動車・航空・鉄道の仕事につくには(2006年度版)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070711-00000295-mailo-l38
 ◇広がる若者の賃金格差
 松山市六軒家町の「ハローワーク松山」前。ほおにひげを浮かべた小柄な青年は「1週間前に鉄工所を辞め、これから本格的に職探しです」と語った。
 同市在住の30歳。大学卒業後、建設資材販売会社で営業を4年経験したが不況で労働条件が悪化し、リストラ同然に退職。知人の紹介で鉄工所に入り、営業をしたいと願ったが、与えられるのは単純作業ばかり。3年で見切りを付けた。新たな就職にやや不安はあるが「自分のやりたいことは見えているし、松山は比較的求人が多い。まだ30歳、3カ月を目標に勝負します」と、自分に言い聞かせるように笑みを浮かべた。
◆最新求人情報情報は・・・求人情報ランキング

 若者の就職難は深刻だ。愛媛労働局によると5月の県内有効求人倍率は0・90。02年前後の「超氷河期」の0・6台よりやや持ち直したが、同時期に正社員になれなかった人の多くは今も非正規雇用のまま。県内に約1万500人(02年推計)のフリーターと正社員の生涯賃金の差は約1億5000万円。企業のコスト減と引き替えに、大きな格差を負う若者が増えた。
 ハローワーク(職業安定所)と共に若者らが雇用先を求めて訪れているのが、松山市湊町3、銀天街のビル4階の県若年者就職支援センター「ジョブカフェ愛work」だ。3年前、県が国のモデル地区に指定され、開所した。求人情報提供や就職活動の手ほどきに加え、「かかりつけ相談員」が1回約1時間、相談を受ける。相談の登録者は3年で約8000人...

ニュースの続きを読む






◆求人情報関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆求人情報関連の無料のレポート情報

関連のレポートはありません