トップコーチングスタジアム 末松大幸のブログ

中小企業に特化したコーチングを実践しているコーチ末松の奮闘記

第7回 『事業承継話し合いの集い』 のご報告 

7回『事業承継』話し合いの集い



820日(土)10時から太閤園(大阪市都島区)で

7回『事業承継』話し合いの集いを開催いたしました。


◆今年のテーマは、
「事業承継という駅伝競走を勝つために強いファミリ―ビジネスをつくる」でした!


◆主催者挨拶として、株式会社トップコーチングスタジアムの代表の末松大幸が、強
いファミリービジネスをつくるために、何が必要なのかをのべさせていただきました。
詳しくは以下のとおりです。



ファミリービジネスは、3代目でつぶれるという。

倒産・廃業していく原因は主に5

1、ファミリーによる会社の私物化(規律なgき身内の関与)

2、ガバナンスの欠如(ワンマン社長の横暴をとめられない)

3、理念なき経営、創業精神の忘却

4、短期利益の追求

5、変化対応力の欠如

つまり、主にファミリーマネジメント力が弱くなると倒産・廃業になるということです。

であれば具体的に、創業一族は上記対策として、どんな手を打てばよいのでしょうか?



私は、解決策の一つとして「家系図」に注目いたしました。

創業一族で、家系図をつくり、読み解き方を知り、その関係性を考えることで、ファミリーマネジメント力を強くすることになるのではないかと考えました。


zatsudan_kaiwa_roujin_kodomo[1]



















家系図を実際つくってみて次の
3
つのことに私は気づきました。

1、ファミリーに共通する気質や精神や価値観がわかる。

ルーツをさぐっていくと、先祖が同じ職業や同じ仕事についていたことがわかりました。クライアントの数多くの事例からも「カエルの子はカエル」といったように、一族に共通するミッションに気づくことが理解できました。私の場合は、新しいことに挑戦していく「チャレンジ精神」でした。私が壁にぶちあたったとき、お祖父さんやお祖母さんからの「あきらめるな!おまえはやればできる!」といった不思議なメッセージがとどき、めげない力を与えてもらっているように思いました。

2、       ファミリーの団結力が高まる!

たとえば今、結構な生活ができるのは、誰のおかげなのかなどを考えていくと感謝の気持ちでいっぱいになります。家系図をつくり関係性を丁寧に読み解いていくと、愛情と一族共通の価値観に気づきました。このような気持ちを現家族で共有化していくと家族団結力が生まれてくると思いました。

1、       絆が深まる。

たとえば、名前ひとり一人を調べていくだけでも、親から子へ託した思い、気持や愛情が伝わってきます。親から子へ、こんなような子になってほしいという願いが込められていることに気づかされました。




第1部では、講師に、「家族の歴史を読み解いて、未来をつくる」をテーマに、株
式会社家系研究所の小川敬先生をお迎えし、ご講演いただきました。

IMG_0355













2部では、高橋紀子コーチにワークショップを担当していただきました。実際に家系図をつくり、家系図の読み解き方を学ぶ。参加者のみなさんには、じっくりそれぞれの関係性を考える体験をしていただきました。


3
部は、感想とフィードバックタイム・まとめとして、実際に参加者のひとりからシェアをしていただき小川先生による家系図を読み解きながらカウンセリングライブを行いました。



お暑い中をご出席くださいました出席者のみなさま、講師の小川敬先生、高橋紀子コーチ、

司会の坂本美鈴様に御礼申し上げます。有難うございました。



記入くださったアンケート用紙について、後日のブログでご紹介させていただきます。


私も家系図を記入しながら、名前や家紋に興味を持つようになりました。


これからも家系図の可能性や魅力を最大限に発信していきたいと考えております。


どうぞ、ご支援賜りますように、よろしくお願いいたします。



FullSizeRender (3)
















 


 


 


 


 


 


 








≪事業承継≫ 世代を超えてうまくバトンを渡していくために、強いファミリーをつくる

 

今日は、ファミリービジネス(同族企業)のお話をします。

MP900387426
















世界的にファミリービジネスは、
3代目で88%の会社がつぶれるとうデータがあります。

日本国内では、中小企業白書によると
2009年のときの420万社から2012年には370万社に減ったということ。
これはつまり働く場所がなくなったということです。
地方に根を生やした中小企業が多く、
地域社会経済に与える影響が大きいと考えるので、
今日はファミリービジネスについてお話をいたします。

 

それでは、なぜファミリービジネスが
3代目でたくさんの会社が倒産・廃業に陥ってしまうのでしょうか?

原因は、主につぎの5つ。

1、ファミリーによる会社の私物化(規律なき身内の関与)

2、ガバナンスの欠如(ワンマン社長の横暴をとめられない)

3、理念なき経営、創業精神の忘却

4、短期利益の追求

5、変化対応力の欠如

 

であれば、
それらの問題を解決するためにどうすれば、
よいのでしょうか?

ファミリーに私は、
次の
2つのことを提案したいと思います。

提案 1

ファミリーのチーム力をつける

チームワークが大切だ!

unnamed[1] (24)








家族をひとつのチームとして考えてみるとよくわかります。
うまくいっていないチームは
メンバーがバラバラで一体感がなく
糸が切れた凧のように、どこに行くかわからない。


O6XM490















良いチームは
リーダーに求心力があり
全員が一つの方向にベクトルが向いて、
チームならではの相乗効果をあげて成長をとげ目標達成を可能にしていく。

提案 2

ファミリーミーティングや家族儀礼を
きっちり行うことを習慣化することを私は提案したい!

ファミリービジネスでよく見られることは、
親族内の対立です。

具体的にいうと
親子の対立、
夫婦の対立、
嫁と姑の対立、
兄弟姉妹、
あるいは兄弟の嫁同士の対立やけんかなどを指しますが、
これらをどう解決していくか。
事態が表に出てから解決するのは至難の業なので、
ここでは予防する方法を考えてみます。


できるだけ問題は、小さいうちに解決するか、
あるいは原因をつくらないことが肝要です。

そのためには、親族内でのコミュニケーション力を高めることが必要です。

そして家族力を強くする。
つまり家族の問題は自分たちで解決していく仕組みをつくることです。

あるいは問題が出てきたとき、
家族ですぐに集まって、問題が小さい間に解決してしまうことを
習慣にすることです。


そのためには、まず、お互いの関係を良好にしていくための
コミュニケーションの時間をとることが重要です。
つまりファミリーミーティングの機会を多くすることです。例えば

食後の家族団らんもファミリーミーティングの一つといえます。

IMG_0315

 



















更に、家族儀礼を家族できっちり行うことを習慣化することです。
そうすれば、家族で集まる機会が増えます。
家族儀礼のなかで親族のコミュニケーションが良くなり、
お互いの心や気持ちがオープンになります。
親族で良好な関係をつくれるようになっていくのです。

家族儀礼とは、簡単にいうと家族の誕生日や夫婦の結婚記念日もそうですし、仏事に関わることもあります。 

結論です!

ファミリーミーティングや家族儀礼を行うことを、きっちり習慣化する!


全員集まらなくてもよいのです。
まず、集まれるものだけで始めることです。


実行して、なんぼ! 
夫婦で、親子で、兄弟で、機会ある毎に集まって、
マを決めて話し合う習慣をつけることをおすすめします。

 

 

 以上のことを、より深く掘り下げるセミナーを、8月20日(金)に行います。



/////////////////////////////////////////////////////////////

7回『事業承継』話合いの集い

◆日時

2016820日(土)10:00受付
10:00〜10:25 プレ講座

10:3012:00 第一部 基調講演

12:0012:30 ランチタイム 

12:3014:00 第二部ワークショップ    

14:1015:00 第三部フィードバックタイム

(詳細は、この記事の後半をご覧ください)

◆会場

太閤園 2階 オーキッドテラス 

大阪市都島区網島町9-10  TEL:06-6356-1117

http://www.taiko-en.com/bridal/access/

JR東西線大阪城北詰駅(3号出入口)より徒歩1

京阪京橋駅(片町口)より徒歩7

地下鉄長堀鶴見緑地線京橋駅(2番出口)より徒歩5


◆参加費 10,000円(会議資料・昼食代 込み)

 当日、受付でお支払いください。


◆持参いただくもの ものさしと筆記用具

◆参加申込について

下記メールアドレスに、

お名前・会社名・携帯番号・メールアドレスをお知らせください。

Email: hiroyukisuematsu56@gmail.com


◆主催者

株式会社トップコーチングスタジアム

TEL:06-6352-9741 FAX06-6352-6853 

末松大幸(すえまつひろゆき)携帯09097149443

/////////////////////////////////////////////////////////////
















「第7回『事業承継』話合いの集い」のご案内


7
月に入って今日から三連休ですね。

京都は華やかな祇園祭でにぎわっております。

蒸し暑い日が続いておりますが、
いかがお過ごしでしょうか?

IMG_0894















さて、今年も例年どおり820日(土)
「0820オヤジの日」に
太閤園で、
7回『事業承継』話し合いの集い」を

開催いたします。


IMG_3996













今年のテーマは

「ファミリービジネス(同族企業)*
―家族の歴史から未来を読み解く―」です

*
ファミリービジネスとは:
同族企業という意味で

以下ご説明いたします。

◆セミナーの目的
事業承継という「駅伝競走」に勝つために、
強いファミリービジネスをつくる

◆参加していただきたい対象者
事業承継に関係する方々は大歓迎です!
 ・具体的にどうすればよいのか悩む親父経営者の方々
 ・親父経営者・古参幹部社員との対応に悩む後継者の方々
 ・ファミリービジネスにかかわる幹部社員の方々
 ・ファミリービジネスにかかわるすべての家族のみなさま

日本の会社の97%は中小企業だといわれています。
その関係からいうと
すべての方々が対象といえます。

3
代目で88%の会社がつぶれるとよく言われています。
その原因は、創業一族の家族の関係性にあるということに、
私は最近気づきました。
私達の周りには大小さまざまな問題があるものです。
それは自分だけに起こっているのではなく、

よくよく調べていくと前の世代においても
同じようなトラブルを発見することが多いのです。
世代を超えて繰り返し、繰り返し同じ問題が出現しています。


IMG_0903















私たちは家族のトラブルに直面して始めて
「あ〜、あのときもっと話し合っておけばよかった」と
後悔することが多いものです。
親子の権力争い、兄弟げんか、嫁と姑・・・・
放っておけばいいのでしょうか?
放っておけば何とかなるのでしょうか?

はじめは小さい事柄でも年月を重ねていけば、
大きな問題になっていくのです。


/////////////////////////////////////////////////////////////

7回『事業承継』話合いの集い

◆日時

2016820日(土)10:00受付開始 

10:3012:00 第一部 基調講演

12:0012:30 ランチタイム 

12:3014:00 第二部ワークショップ    

14:1015:00 第三部フィードバックタイム

(詳細は、この記事の後半をご覧ください)

◆会場

太閤園 2階 オーキッドテラス 

大阪市都島区網島町9-10  TEL:06-6356-1117

http://www.taiko-en.com/bridal/access/

JR東西線大阪城北詰駅(3号出入口)より徒歩1

京阪京橋駅(片町口)より徒歩7

地下鉄長堀鶴見緑地線京橋駅(2番出口)より徒歩5

◆参加費 10,000円(会議資料・昼食代 込み)

 当日、受付でお支払いください。

◆参加申込について

下記メールアドレスに、

お名前・会社名・携帯番号・メールアドレスをお知らせください。

Email: hiroyukisuematsu56@gmail.com

◆主催者

株式会社トップコーチングスタジアム

TEL:06-6352-9741 FAX06-6352-6853 

末松大幸(すえまつひろゆき)携帯09097149443

/////////////////////////////////////////////////////////////

◆講師のご紹介

小川敬(おがわたかし)先生IMG_0145
























1970
102日生。家系譜の製作会社に勤務しながら、
家系と家族の関係に関心をもち、
家族史への理解と家族力の向上に繋がる方法を探これまで20年間、
系譜とアイデンティティの問題や家族の成長のための
マネジメントについて研究生活を積み重ねる。
家族療法家マレー・ボーエン氏の文献に触れ、
自らの研究に確信を得る。
以降、さまざまな文献の著者に触れ、

家族の再生への道を求めて現在も研究生活を続けている。
自身の家族力再生への経験を元に、
『家系学』の学術的体系の確立と
より多くの家族の幸せを構築することを目標に日々邁進している。


家系研究所:http//www.kakeigaku.com



◆セミナーの流れ
7回『事業承継』話合いの集いは、
  第一部は、家系研究所の小川敬(おがわたかし)先生を
      講師にお迎えし、
     「家族の歴史から未来を読み解く」をテーマに
      基調講演を行っていただきます。
 第二部は、参加者の皆様で
      自分自身の家系図をつくります。
      その後、家族の世代を超えて起きた
      苦労や喜び悲しみ悩みや問題について
      シェアしあうワークショップをやります。
      もちろんナーバスな事柄でもありますので、
      差し支えない範囲で結構です)

 第三部は、フィードバックタイムです。
      小川講師からの学びや参加者の発言から
      気づいたことなどを
      発表していただく時間です。

 この第7回『事業承継』話合いの集いで、
 強いファミリービジネスをつくる

 きっかけになればと強く願っております。

 それでは、820日(土)、太閤園です。
 「0820オヤジの日」に皆様と
 お会いできることを楽しみにしています!

 経営者の仲間、ご友人、ご家族の皆様を
 お誘いあわせの上、ご参加いただきますよう、
 よろしくお願いいたします。

 

写真 家族赤ちゃん

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



記事検索
トップコーチングスタジアム
Webサイトは、こちらをクリック。
トップコーチングスタジアムのWebサイト
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ