トップコーチングスタジアム 末松大幸のブログ

中小企業に特化したコーチングを実践しているコーチ末松の奮闘記

2010年07月

「自分の頭で考え行動出来る社員をつくる4つの法則-供


中小企業の経営者コーチの末松大幸です。

昨日からの上記のテーマで
お話をつづけてまいりました。

おさらいとして
再度 発信させていただきます。

Penguins

















◆「自分の頭で考え行動出来る社員をつくる
4つの法則」◆

 

1、【答は言わない】

社員に自分で考えさせるとなれば、

答えは言わない。

        ・・・について、どう思う?

相談があるのだが、どう思う?

いきなり、してくれ! ⇒ どう思う?

    答をいうのでなく問いかける。

 

2、【自 律】
    仕事のやり方を自分で決めさせる。

自分で決めると「よっしゃ、やったろうか」と
いう気持ちになる。

「本気でやる」やる気のスイッチが入る。

 

3、【自己責任】 
    他人のせいにしない。させない   

    今までは、社長の言うとおり
    やっていれば責任は問われなかった。

  
4、【主導権を渡す】

 「主導権を渡す」ということを社長が決断する。

    仕事の領域を決め、
    限定で主導権をわたしていくということ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
コーチと社長のコミュニケーション

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上、
4つの法則を、現実の行動とするとき、

社長には強い自己変容が求められます。

従来のやり方が徹底して身についているから

自らを変えることは、なかなか大変です。

 

コーチはこのような社長に
寄り添いサポートします。

答を与えるのでなく社長自らが
それを見出せるようにサポートするために。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

社長と社員のコミュニケーション

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は社長に、

コーチをモデルにするのが
一番早道ですよと提案しています。


社長は社員のコーチになるつもりで、

コーチングスキルを活用してくださいね。











◆みなさんもいかがですか?

コーチングをはじめてみませんか?


        中小企業の経営者コーチの末松大幸でした。








◆トップコーチングスタジアムでは
 
 コーチ型親父塾のなかで、
「親父経営者コース」「後継者コース」
「知って得する相続・失敗しない相続・遺言セミナー」など
 みなさまの悩みや問題を解決し、
「本音で役に立つわ〜」といわれる講座を
 開設してまいります。


★後継者教育のキーポイント
 後継者を育成する一番の早道は、親父経営者が
 頑固型リーダーからコーチ型リーダーに変わることである。



◆お願い◆

こんなテーマの講座を
開いてくれないかなど、リクエストがあれば
お声をお寄せください。

お待ちしております!


株式会社 トップコーチングスタジアム
 
WEBからは、こちらです。
http://top-coach.jp/inquiry/index.html









jpg  滝 1










事業承継した後の状況をウォッチング
↓     ↓      ↓

★☆★ がんばれ大阪の中小企業の社長さん!★☆★

トップコーチングスタジアムは、

事業承継をチャンスととらえ

後継者育成や組織づくりを通じて

中小企業の社長さんを応援しています!

http://top-coach.jp/

 









≪事業承継対策≫
★後継者育成(世代交代)をお考えなら★
 株式会社トップコーチングスタジアム
 中小企業経営者コーチ  末松大幸
  事業承継相談サポートチーム
  大阪市都島区中野町1−4−12
   tel: 06-6352-9741  06-6352-9741
   fax:06-6352-6853

 
http://top-coach.jp/


父親の会社を継ぐ2代目社長を応援しています!
   
   

  









≪本音で、ずばずばフィードバックコーチング≫
社長は孤独です。
誉めてくれる人はいない。叱ってくれる人もいない。
中小企業経営者しか、その思いは理解できない
中小企業の経営者出身のエグゼクティブコーチだからこそ
ざっくばらんで、面白いビジネスコーチングができるわけ。

月3回、 40分電話によるセッションを継続して行っています。
あなたも、会社のこと、家族のこと、社会のこと、将来のこと、
自分のことをコーチにお話してみませんか?
新しい気づきを数多く得ることができるでしょう。
この体感は、やみつきになるはずです。
  http://top-coach.jp/




★☆★☆ コーチ末松が事業承継した会社の情報 ★☆★☆

【後継社長・末松仁彦のブログ】

ブラシ会社社長のブログ・マティの気まぐれブログ

http://ameblo.jp/suematsu0527/

 

【バーテック社員が好き勝手に語るブログ】

ムッシュBlog

http://www.burrtec.co.jp/blog/

 










「自分の頭で考え行動できる社員をつくる4つの法則 −機


中小企業の経営者コーチの末松大幸です。

 


コーチングセッションで、
最近多いのが、

「自分の頭で考え行動できる社員をつくりたい」
というテーマです。



今日は

「自分の頭で考え行動できる社員をつくる4つの法則」に
ついて
お話いたします。

 


世の社長の方々が
「自分の頭で考え行動出来る社員がほしい」と

言っているということは、
現在の職場には自主的に動いてくれる社員がいないと
いうことになります。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


セッションの中で

私はコーチとして社長に

「そもそも、上記のような社員をつくったのは、誰ですか?」と

いった質問をしていきます。

 

そういうと、沈黙がつづいてしまいます。

 


社長は、社員が自分の意見を言わないのは

社員のせいだと思っているから、
だいたいにおいて、

この質問でびっくりされる。


まさか自分がその原因をつくっていたとは・・・。

 

セッションでは、さらに、

そういう社長と対話を続けていきます。

 

それで、どうしていけばよいのですか?

もっと、やれることないですか?

どんどん質問しながら聞いていきます。


Koala

















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コーチングセッションを、やっていくなかで、

大きくわけて4つの法則が
あることがわかってきました。

 

 

◆「自分の頭で考え行動出来る社員をつくる4つの法則◆

1、【答は言わない】


社員に自分で考えさせるとなれば、

答は言わない。

    ・・・について、どう思う?

相談があるのだが、どう思う?

いきなり、してくれ! ⇒ どう思う?

答をいうのでなく問いかける。

 

2、【自 律】
    仕事のやり方を自分で決めさせる。

自分で決めると「よっしゃ、やったろうか」と
いう気持ちになる。

 「本気でやる」やる気のスイッチが入る。

 
3、【自己責任】
   他人のせいにしない。させない

   今までは、社長の言うとおりやっていれば
   責任は問われなかった。

 

4、【主導権を渡す】

「主導権を渡す」ということを社長が決断する。

  仕事の領域を決め、限定で主導権をわたしていくということ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上です。


長くなりますので、

この続きは、明日のブログで発信していきます。






★☆★ がんばれ 中小企業の社長さん!★☆★

トップコーチングスタジアムは、

事業承継をチャンスととらえ

後継者育成や組織づくりを通じて

中小企業の社長さんを応援しています!

  http://top-coach.jp/

父親の会社を継ぐ2代目社長を応援しています!






★後継者教育のキーポイント
 後継者を育成する一番の早道は、親父経営者が
 頑固型リーダーからコーチ型リーダーに変わることである。
 http://top-coach.jp/











事業承継した後の状況をウォッチング
↓     ↓      ↓

★後継者育成(世代交代)をお考えなら★
 株式会社トップコーチングスタジアム
 中小企業経営者コンサル&コーチ  末松大幸
  事業承継相談サポートチーム
  大阪市都島区中野町1−4−12
   tel:06-6352-9741
   fax:06-6352-6853

 http://top-coach.jp/

父親の会社を継ぐ2代目社長を応援しています!

   
   




≪本音で、ずばずばフィードバックコーチング≫
社長は孤独です。
誉めてくれる人はいない。叱ってくれる人もいない。
中小企業経営者しか、その思いは理解できない
中小企業の経営者出身のエグゼクティブコーチだからこそ
ざっくばらんで、面白いビジネスコーチングができるわけ。

月3回、 40分電話によるセッションを継続して行っています。
あなたも、会社のこと、家族のこと、社会のこと、将来のこと、
自分のことをコーチにお話してみませんか?
新しい気づきを数多く得ることができるでしょう。
この体感は、やみつきになるはずです。
  http://top-coach.jp/




★☆★☆ コーチ末松が事業承継した会社の情報 ★☆★☆

【後継社長・末松仁彦のブログ】

ブラシ会社社長のブログ・マティの気まぐれブログ

http://ameblo.jp/suematsu0527/

 

【バーテック社員が好き勝手に語るブログ】

ムッシュBlog

http://www.burrtec.co.jp/blog/

 




【事業承継を考える 100728】

 【事業承継チーム】

 


今日は、「事業承継チーム」についてお話いたします。

 

 


私は事業承継チームを

「親父経営者」と「後継者」と「7人の侍たち」と

ネーミングをつけて表現しております。


 

7人の侍たち】

    経営者の奥様

    後継者の奥様

    経営者の兄弟姉妹

    後継者の兄弟姉妹

    古参社員

    次世代幹部社員

    株主・取引先・仕入先

 


下記の図で説明していきましょう。

 

 

20100820 事業承継チーム 

 

          (載、複写することを禁じます)


親父経営者と後継者と事業承継コーチ

卵型のかたい透明のからに入っています。


 

親父経営者と後継者は、
コミュニケーションがうまくいかず

はじめ対立していることが多い。


また
7人の侍たちとの関係においても

それぞれの動きがてんでバラバラで

全体を見ずに、部分最適な動きをしがちです。



親父経営者と後継者に、事業承継コーチをつけ

継続的にコーチングセッションを行うことにより、

承認や報告・連絡・相談が密になり、

ふたりは、やがて対立から協調の関係になっていきます。

 


 


【事業承継コーチの役割】

1、事業承継コーチがファシリテーター役(*)を演じ

7人の侍に対してグループコーチングを

実践していきます。

   PDCAのマネジメントサイクルを回しながら

  最終のゴールに向かってすすみます。


2、事業承継コーチの役割として、

  親父経営者と後継者とでコーチ型リーダーシップを

  身につけてもらえるようにしていきます。

 


  

  事業承継コーチのスタンスは、

  親父経営者と後継者の二人が
  そもそも持っている答を

  出せるようにサポートしていくことです。

 

 

*ファシリテーター役

会議やワークショップなどの司会進行役(促進役)


 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


 

みなさまへ

いかがですか?


事業承継チームと事業承継コーチの関係・・・・

ご理解いただけましたでしょうか?

ご質問などあれば下記までご連絡をお願いいたします。




 



≪ 事 業 承 継 対 策 ≫
★後継者育成(世代交代)をお考えなら★
 株式会社トップコーチングスタジアム
 中小企業経営者コンサル&コーチ  末松大幸
  事業承継相談サポートチーム
  大阪市都島区中野町1−4−12
   tel:06-6352-9741
   fax:06-6352-6853

 http://top-coach.jp/

父親の会社を継ぐ2代目社長を応援しています!













≪本音で、ずばずばフィードバックコーチング≫
社長は孤独です。
誉めてくれる人はいない。叱ってくれる人もいない。
中小企業経営者しか、その思いは理解できない
中小企業の経営者出身のエグゼクティブコーチだからこそ
ざっくばらんで、面白いビジネスコーチングができるわけ。

月3回、 40分電話によるセッションを継続して行っています。
あなたも、会社のこと、家族のこと、社会のこと、将来のこと、
自分のことをコーチにお話してみませんか?
新しい気づきを数多く得ることができるでしょう。
この体感は、やみつきになるはずです。
  http://top-coach.jp/







   
   

画像 033






【事業承継を考える  100724】

―事業承継コーチと外部専門家の違い―

 


経営者の方々から、事業承継について

「末松さん、あんた事業承継コーチというけれど、

ようわからんわ。
ほかの専門家と、どう違うの?」と

昨日も、上記のような質問を受けました。

 


画像 044



  ***********************


今日は、
「事業承継コーチとほかの外部専門家との違い」について
のべてみます。

 

 

  外部専門家というと、下記の先生方を言います。


      税理士さん    税務に詳しい

公認会計士    経理・会計に強い

弁護士      法務に強い

中小企業診断士  診断・分析に強い

金融機関     金融に強い



 さて次に、
  事業承継コーチとの違いはいくつかあるのですが、

 特に2つに絞って、お話したいと思います。


  1、外部専門家は、
   それぞれの専門分野に特化されているので、
   どうしても部分最適になってしまう。


 コーチは全体最適の視点から話し合って、
 最終ゴールを決めます。




 事業承継コーチの役割は、
 最終ゴールと現在地のギャップを明確にして
 そのギャップを埋めるために、
 最適な外部専門家をクライアントとともに
 見極めます。




2、外部専門家は理論をあつかう。
  コーチは感情をあつかう。
  

  いくら理論で説き伏せても、
  感情や気持ちの部分でおさまらない
  ことも多いのです。
  親族や家族の絆を失ってしまっては
誰も
  事業承継が成功したとは言わないでしょう。


【事業承継チームと外部専門家】
 事業承継の関係者を集めると次のような図になります。


20100820 事業承継チーム

         (載、複写することを禁じます)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  あるクライアントのフィードバックから
  私は気づいたことがありました。

  それは次のようなことです。

   事業承継の場合、上記に加えて
   事業承継コーチであっても外部専門家であっても、
   実体験があるかどうかということでした。  
   

  
  バトンを渡す気持ちがわかってくれるか?


    

  さみしさ、つらさ  
 社長の座は、一度権力を握ると死ぬまで離したくない。
  これがバトンを渡す側の本音の気持ちである。


   体験したものでないとわからないことが多い。


  
   さらに
   できれば
   なしとげた実績を見たいと。


   

      
**************************







トップコーチングスタジアムでは、

  1、「コーチ型親父のすすめ」

   親父経営者のみなさんに
    コーチ型リーダシップを
    身につけていただくことをご
提案しています。

 


  2、「コーチ型親父塾」  

    親父経営者と後継者のみなさん対象の
    講座を開講しております。



、コーチングセッション
中小企業の社長さんを応援しています!
中小企業のことを知りつくした経営コーチが、
経営者のみなさんの自己認識力を高めるために
本音で、ずばずばフィードバックしています。




☆★  お 知 ら せ  ★☆★

「事業承継」話し合いの集い

・内容:
 「事業承継」ワークショップ
 「事業承継」の先進事例の発表会を開催いたします。
 お食事・ご歓談

・対象:「事業承継」に興味のある方
     これから「事業承継」を考えておられる方
     まだまだ先だけれど・・・という方

・日時:2010年8月20日(金曜日)
     午前11時から午後2時     
     午前10時30分受付開始

・場所:大阪 太閤園 エメラルドルーム
     大阪市都島区網島町9−10
     TEL:
06−6356−1110
     JR東西線大阪城北詰駅
        (3号出入口より1分)

・参加費:8000円
     (当日、受付にてお受けいたします。)

・参加申込
   こちらから、お願いいたします。
 
http://top-coach.jp/inquiry/index.html
    
・お問い合わせ
    株式会社 トップコーチングスタジアム
    ・担当 末松大幸(すえまつひろゆき) 
    ・電話番号 06−6352−9741       





画像 031










事業承継した後の状況をウォッチング
↓     ↓      ↓

★☆★☆ コーチ末松が事業承継した会社の情報 ★☆★☆

【後継社長・末松仁彦のブログ】

ブラシ会社社長のブログ・マティの気まぐれブログ

http://ameblo.jp/suematsu0527/

 

【バーテック社員が好き勝手に語るブログ】

ムッシュBlog

http://www.burrtec.co.jp/blog/

 


★☆★ がんばれ大阪の中小企業の社長さん!★☆★

トップコーチングスタジアムは、

事業承継をチャンスととらえ

後継者育成や組織づくりを通じて

中小企業の社長さんを応援しています!

http://top-coach.jp/









 ≪本音で、ずばずばフィードバックコーチング≫
社長は孤独です。
誉めてくれる人はいない。叱ってくれる人もいない。
中小企業経営者しか、その思いは理解できない
中小企業の経営者出身のエグゼクティブコーチだからこそ
ざっくばらんで、面白いビジネスコーチングができるわけ。

月3回、 40分電話によるセッションを継続して行っています。
あなたも、会社のこと、家族のこと、社会のこと、将来のこと、
自分のことをコーチにお話してみませんか?
新しい気づきを数多く得ることができるでしょう。
この体感は、やみつきになるはずです。
  http://top-coach.jp/







≪事業承継対策≫
★後継者育成(世代交代)をお考えなら★
 株式会社トップコーチングスタジアム
 中小企業経営者コンサル&コーチ  末松大幸
  事業承継相談サポートチーム
  大阪市都島区中野町1−4−12
   tel:06-6352-9741
   fax:06-6352-6853

 http://top-coach.jp/


父親の会社を継ぐ2代目社長を応援しています!
   





   

【部下のやる気を高める5つの法則】

 ≪経営者 話し方教室≫

 

カタリスト研究所主催の早朝講座に参加してきました。

 

なんとも早い。

朝 7時開始で8時までの講座です。

  

私の場合、講座受講の目的は、

「聞き手が欲する情報を、簡潔明瞭に伝えるスキルを磨く」と
いうことにありました。

CIMG4243

 

 

















以下は先日行ったスピーチの内容です。

 
============================



私は中小企業の経営者コーチをしております
末松大幸と
申します。


 

最近は「コーチ型親父塾」という研究会を主宰し、

事業承継に特化したコーチングをおこなっております。


 

 


その中でも「どうも、部下のやる気がなくてねえ」と
悩む経営者が最近多くなりました。

今日は、部下のヤル気を高める5つの法則についてお話しいたします。

 

 

―部下のヤル気を高める5つの法則―


 

部下のやる気をアップさせるために、

「仕事の依頼の仕方にコツがある」のではないかと考えました。


 

私は経営者コーチとして数多くの経営者と接しています。

セッションの中でも経営者に質問していきますと

万民不変の法則のようなことがわかってきます。


 

そのなかでも、5つあげてみます。

1、      【目 的】

仕事の目的を明確に伝える。

あらかじめ、何の為に仕事をするのかを明確に説明する。

 

2、      【規 準】

仕事の仕上がりの基準を明確に伝える。

   ゴールイメージの仕上がり基準を明確にもつ。

 

3、【有 意 義】

  大切な仕事をしていることを、いつも伝えておく。

                    部下が受け持っている役割が、いかに重要であること

解させ                 説明しておくく。

 

4、【自 律】

      それぞれの仕事の領域の中で、仕事のやり方を部下が自分

自身で決めることができるようにする。

 

5、【フィードバック】

終わった後、例えばお客様からどう言われたか?
  評判などを
部下に伝える。

 

 


 

以上、部下のやる気をうまく高めている経営者が

日頃から心がけておられることを5つにまとめてみました。


 

中小企業の経営者コーチの末松大幸でした。

どうぞ よろしくお願いいたします。


 

=============================== 

 


 


聞き手が聞きたい話をする。

スピーチをするとき、これが一番のコツです。

 

 

俺の話を聞け!

これだけは、言っておきたい・・・と。

年配の経営者は、体験が豊富で、こだわりをいっぱいおもちです。

しかし、それは聞き手が聞きたい情報でしょうか?



この視点を話し手側が、もつことが大変重要だと感じました。

 

 

経営者のみなさんへ

あなたは朝礼で、会議で、

部下が聞きたいと思う話をしていますか?










≪ 事 業 承 継 対 策 ≫
★後継者育成(世代交代)をお考えなら★
 株式会社トップコーチングスタジアム
 中小企業経営者コンサル&コーチ  末松大幸
  事業承継相談サポートチーム
  大阪市都島区中野町1−4−12
   tel: 06-6352-9741  06-6352-9741
   fax:06-6352-6853

 http://top-coach.jp/

父親の会社を継ぐ2代目社長を応援しています!






≪本音で、ずばずばフィードバックコーチング≫
社長は孤独です。
誉めてくれる人はいない。叱ってくれる人もいない。
中小企業経営者しか、その思いは理解できない
中小企業の経営者出身のエグゼクティブコーチだからこそ
ざっくばらんで、面白いビジネスコーチングができるわけ。

月3回、 40分電話によるセッションを継続して行っています。
あなたも、会社のこと、家族のこと、社会のこと、将来のこと、
自分のことをコーチにお話してみませんか?
新しい気づきを数多く得ることができるでしょう。
この体感は、やみつきになるはずです。
  http://top-coach.jp/




   
   

記事検索
トップコーチングスタジアム
Webサイトは、こちらをクリック。
トップコーチングスタジアムのWebサイト
livedoor プロフィール

top_coach

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ