トップコーチングスタジアム 末松大幸のブログ

中小企業に特化したコーチングを実践しているコーチ末松の奮闘記

2010年08月

第1回コーチ型親父塾 「事業承継」話合いの集い 

2010年8月20日(オヤジの日)


トップコーチングスタジアム主催


 
1回 コーチ型親父塾

「事業承継」話し合いの集いを開催いたしました。
 


DSCN0015


日 時  平成22820日(金) 
        午前11時〜午後2時 

場 所  太閤園 エメラルドルーム
       
内 容  「事業承継」セミナー&ワークショップ
        「事業承継」先進事例の発表会
       
◆参加者:19

      現在、事業承継を進めておられる方
      これから事業承継をやっていこうと
      思われる方に
集まっていただきました。

 

 詳細は以下の通り

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【第1部】

コーチ型親父塾≪細川塾≫
細川塾頭の挨拶のあと、
「事業承継」話し合いの集いの活動
(3月から8月までの)をたたえ、
第1期生6名の修了証書の贈呈式がおこなわれた。

DSCN0035


つぎに修了者5名のみなさんによる
事例の発表があった。

かいつまんで言えば,下記のことがテーマでした。

 
親と子のコミュニケーションに悩む。

「任せた」と言っておきながら口をはさんでしまう。

先代からの相続問題で困っている。

古参社員との対応について苦しんだ。

常に会社を優先して家族の約束をおろそかにしてきた。

そのときの不信感が事業承継に災いをおよぼす。


【第2部】

カタリスト研究所 近藤三城様の乾杯のご発声につづき、

DSCN0076



DSCN0078

















太閤園の和弁当を堪能いたしました。


つづいて

コーチ型親父塾の動機や目的、サービスの紹介を

コーチ末松大幸がおこなった。



コーチ型親父塾

◆動機:かつて18歳のとき体験した

    「つらい事業承継」を誰にもさせたくない       


◆目的:事業承継を成功に導くお手伝いをすること。


◆サービス紹介:サービス内容は下記のとおりです。

   大きく3つにわかれる。


1、人生を楽しむサロン


  「事業承継」話し合いの集い


  コーチ型親父俱楽部


2、セミナー部門

.魁璽船鵐哀札潺福

  対象:親父経営者・後継者・家族・中間管理職

  内容:コミュニケーションスキル

△修梁哨札潺福

  対象:親父経営者・後継者・
  
  内容:スピーチ力・相続・遺産・婚活

3、個別コーチングセッション

 

最後に

U氏による閉会のあいさつが行われた。

 

【みなさまからのフィードバック】

(Y社長より)

数多くの事業承継対策のセミナーに参加してきた。

講師から一方的にティーチングされる

セミナーばかりで何のメリットもないと感じてきた。

気の知れた仲間同士が集い、差し支えない程度に

ざっくばらんにシェアしあう。

こんな場があればと思っていた。

自分自身でひとり悩んでいることでも

話をすれば、自分だけでないことがわかった。



(T社長より)

世の中には事業承継で失敗して

衰退していく会社が大変多い。

後継者が自殺をした話も聞いたことがある。

末松さんのかかげる事業承継ビジネスは、

計り知れない社会貢献ではないかと

参加させていただき強く感じました。

 

 

【みなさまへお願い】

事業承継に悩んでいるのは、あなただけではありません。

つらい気持ちを共有し、肩の荷をおろしましょう。

明るい気持ちで、人生を共に楽しみましょう。

事業承継をつうじて、いっしょに学んでいきませんか?

 

 

 

 

 ≪本音で、ずばずばフィードバックコーチング≫
社長は孤独です。
誉めてくれる人はいない。叱ってくれる人もいない。
中小企業経営者しか、その思いは理解できない
中小企業経営者出身のエグゼクティブコーチだからこそ
ざっくばらんで面白いビジネスコーチングができる。

月3回、40分電話による
セッションを継続して行っています。
あなたも会社のこと、家族のこと、
社会のこと、将来のこと、自分のことを
コーチにお話してみませんか?
新しい気づきを数多く得ることができるでしょう。
この体感は、やみつきになるはずです。
  http://top-coach.jp/











★☆★☆ コーチ末松が事業承継した会社の情報 ★☆★☆
【後継社長・末松仁彦のブログ】
*ブラシ会社社長のブログ・マティの気まぐれブログ
http://ameblo.jp/suematsu0527/

 父親の会社を継ぐ2代目社長を援しています。

 【バーテック社員が好き勝手に語るブログ】
*ムッシュBlog
http://www.burrtec.co.jp/blog/

父親の会社を継ぐ2代目社長を応援しています。
 

中小企業の生産性を格段に上げる方法は、ひとつ。 これだあ!



「中小企業は、社長の器で決まる」


昔からよく言われてきた言葉です。




a0960_000613  魚


会社のコミュニケーション力は、
社長のコミュニケーション能力で決まる。




私は最近、このように感じることが多い。

 


なぜか?その理由はひとつ


「コミュニケーションはキャッチボール」だから。



社長と中間管理職


中間管理職と営業社員


営業社員とお客様



お客様が一番みているところは、
コミュニケーションのキャッチボールが
できるかどうかなのだ。



会社において日常的に、
いろいろな問合せやクレーム対応、
リクエストが飛び交っている。


これらのキャッチボールが、
きちんとやりとりできているかが今問われている。



社内コミュニケーションは、
社長から社員まで鎖でつながっている。


だから社長のコミュニケーション能力が、
会社のコミュニケーション力を決めると
私は考えている。

 



セミナー講師をやっている
友人コーチが不満をこぼす。



せっかく新入社員研修をしても、
職場に配属された先で、

先輩社員が挨拶してくれない職場が多いという。



さらに、中間管理職研修をやっても
社長が否定的な言葉をなげかけて
職場のモチベーションをさげてしまう。


 

「末松コーチ、なんとかなりませんか?」



「セミナーを受講してもらっても、
 あれでは効果がでないんです。
 経費の無駄使いですよ
!



原因は社長にあると言わんばかり。


 

私の39年間の社長人生で、

うまくいかないときほど、
社員のせいにしてきた。



今になって考えると、
社員ができていないのは、
社長の私に原因があることが多かった。

 



私は3年前、
社長職を長男に事業継承し、
経営者コーチになった。



セミナー講師も、やってきた。

 


そして、この3年間の体験から学んだことはこれ。

 


閉そく感いっぱいの現状を打破し、

中小企業の生産性を格段に上げる方法は、ひとつ。

社長のコミュニケーション能力を上げることである。



――コーチング研修を受けてもらうべきは、社長!――


トップコーチングスタジアムは、
「コーチング研修を受けていただく一番バッターは、
社長や後継者から」に、こだわっている。



 

社長のコミュニケーション能力がアップすると



会社の業績が確実にアップします。



みなさんは、いかが思われますか?

 




a0800_000455  ジャングル写真














★☆★  がんばれ大阪の中小企業の社長さん  ☆★☆
トップコーチングスタジアムは、
事業承継をチャンスととらえ
後継者育成や組織づくりを通じて
中小企業の社長さんを応援しています!
 http://top-coach.jp/
















≪ 事 業 承 継 対 策 ≫
★後継者育成(世代交代)をお考えなら★
 株式会社トップコーチングスタジアム
 中小企業経営者コーチ  末松大幸
  事業承継相談サポートチーム
  大阪市都島区中野町1−4−12
   tel:06-6352-9741  fax:06-6352-6853
  http://top-coach.jp/

父親の会社を継ぐ2代目社長を応援しています。











★☆★☆ コーチ末松が事業承継した会社の情報 ★☆★☆


【後継社長・末松仁彦のブログ】

ブラシ会社社長のブログ・マティの気まぐれブログ

http://ameblo.jp/suematsu0527/


 

【バーテック社員が好き勝手に語るブログ】

ムッシュBlog

http://www.burrtec.co.jp/blog/











≪本音で、ずばずばフィードバックコーチング≫
社長は孤独です。
誉めてくれる人はいない。叱ってくれる人もいない。
中小企業経営者しか、その思いは理解できない
中小企業の経営者出身のエグゼクティブコーチだからこそ
ざっくばらんで面白いビジネスコーチングができるわけ。

月3回、40分電話によるセッションを継続して行っています。
あなたも、会社のこと、家族のこと、社会のこと、
将来のこと、自分のことをコーチにお話してみませんか?
新しい気づきを数多く得ることができるでしょう。
この体感は、やみつきになるはずです。
  http://top-coach.jp/













【末松大幸】 コーチとしての5つの約束

コーチとしての5つの約束

 

 

私は中小企業の経営者コーチです。




 

P1011036


 

今日は、中小企業経営者だった私が、

プロのコーチとしてスタートしたころ

自分自身に誓った
「コーチとしての5つの約束」に
ついて
お話いたします。


 


1、誘導質問はしない。


 私は39年間の社長人生において、

社員を型にはめようとして誘導ばかりしてきた。

「社長が描く理想の社員像に自分自身を合わせて

いくのがつらかった」と言って

会社を辞めていった社員がいた。

この失敗だけは避けたい。


 

 

2、自分の土俵に引きずり込まない。


相手は自由に話せない。

相手は本音で話ができない。

会話は盛り上がるはずもなく、続かない。

           だから、自分に軸足を置くことを強く戒めたい。

 

 

3、相手の意見を最後まで聞く。


経営者は話をするのは大好きだが、
相手の話を最後まで聞く人は少ない。

私も相手の話の腰を折ったり、
別の話題を入れることがしばしばありました。

そうすると、
相手は自分が否定されたように感じる。

駄目出しされた印象をうける。

一人前扱いされていないと感じる。

それを続けていると、

   自己肯定感がなくなり

   自信のない社員ばかりができあがる。

    コーチはクライアントの話を引き出すのが仕事です。 


 

4、コーチは自分の意見を言わない。

  
  コーチはクライアントに
      答を与えることが仕事ではない。

  コーチはクライアントが
      自ら答を見つけられるように

      サポートするのが仕事である。

 


 

5、コーチはクライアントの悩みを聞いたからと
 いって
クライアントといっしょに悩むことはしない。

   
  新米コーチの頃の話です。

  クライアントの悩みをどんどん聞いていくと、

  クライアントといっしょに
  悩みを共有しなくてはと思い、

  いっしょに悩んでしまっている
  自分の姿がありました。

  その頃、私にはコーチが3人ついていました。

メンターコーチの1人から、
  上記の言葉をもらいました。


   コーチは、共感はするが大事なことは何かと、
   客観的な目をもって物事をみるのが仕事です。


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  上記の
5つの約束は、新人であろうとなかろうと

現在もコーチとしての行動基準にしています。

 


 

上記の文章を書き込んでいて、

上司と部下社員のコミュニケーション

親と子のコミュニケーションについて

より良くするヒントがあると思いました。

 


 

そこで、

私からみなさんへ提案です。

 


 

★会社において、

コーチを上司、クライアントを社員に、

変えて上記の文章を読んでみてください。

 


 

★家庭のなかで、

コーチを父親・母親に、クライアントを子供に

変えて上記文章を読んでみてください。

 

 

 


a0800_000293  うま 二匹


















≪ 事 業 承 継 対 策 ≫
★後継者育成(世代交代)をお考えなら★
 株式会社トップコーチングスタジアム
 中小企業経営者コンサル&コーチ  末松大幸
  事業承継相談サポートチーム
  大阪市都島区中野町1−4−12
   tel:06-6352-9741
   fax:06-6352-6853

 http://top-coach.jp/index.html

父親の会社を継ぐ2代目社長を応援しています!




   


≪本音で、ずばずばフィードバックコーチング≫
社長は孤独です。
誉めてくれる人はいない。叱ってくれる人もいない。
中小企業経営者しか、その思いは理解できない
中小企業の経営者出身のエグゼクティブコーチだからこそ
ざっくばらんで、面白いビジネスコーチングができるわけ。

月3回、 40分電話によるセッションを継続して行っています。
あなたも、会社のこと、家族のこと、社会のこと、将来のこと、
自分のことをコーチにお話してみませんか?
新しい気づきを数多く得ることができるでしょう。
この体感は、やみつきになるはずです。
  http://top-coach.jp/



「事業承継を考える」 後継者育成8つの法則




「事業承継」


(コーチから親父経営者へのメッセージ)



後継者育成8つの法則



事業承継が成功あるいは失敗したかは、


承継後の後継者が成し遂げた成果で決まる。



後継者に対する親父経営者の関わり方で、


後継者の成長速度と質的レベルは、


大きく変わってくる。




a0002_002774  うま写真  

 


後継者の育成方法について、

いろいろあるが、

私の体験からは下記の8つをあげてみる。


1、 親父経営者は
  子供のときから後継者が
  自立できるように育てる。
  幼少の時から大人扱いすることにつきる。


2、 親父経営者は、
  できるだけ早く
  コーチ型リーダーシップを身につける。


  コーチ型とは、

  ・双方向のコミュニケーション
  ・継続的フォロ―、
  ・個別対応している


3、 親父経営者は、
  存在感のないリーダーをめざせ。

   できるだけ権限委譲をはかり、
   後継者が自分で考え
主体的に
   行動出来るようにする。

   後継者は自ら行動することで
   成し遂げた達成感を
   自らのものとして味わえる
   組織づくりをめざしていく。

   そのためには、自分
より
   後継者が輝き、存在感を出せる
   職場風土や環境づく
りにつとめる。
   その意味から親父経営者は、
   俺が俺がと
前へ出るのでなく、
   後継者が活躍できるように
もっていく。


4、 後継者の強みをみつけ、
   さらに伸ばしていく。

   後継者が「親父経営者より優れている」
   分野を増やし、親父経営者と違う
   土俵で差別化をはかる。
   後継者が自信をつけることが大切である。


5、親父経営者からはサポートはしない。

   後継者の方から
   報告・連絡・相談を定期的に
   してくれるように提案する。

   要請があったときのみ
   親父経営者は行動する。


6、失敗から学ばせる。

   手出しはしない。
   ありのままで対応させる。

   社員の失敗や問題行動に対して、
   どのような対応して

   いくかを後継者自身が考えることが
   成長につながる。



7、後継者から親父経営者へ
   アウトプットさせる。
   中間報告でよいから、
   どんどんアウトプットさせる。
   人から教わるより教えるほうが、
   一般的に身に着くものである。



8、親子でWIN-WIN関係を築く

   対立から協調に変える。

 



a0800_000736  写真 イルカ 2





 
















事業承継した後の状況をウォッチング
↓     ↓      ↓

★☆★ コーチ末松が事業承継した会社の情報 ★☆★

【後継社長・末松仁彦のブログ】

ブラシ会社社長のブログ・マティの気まぐれブログ

http://ameblo.jp/suematsu0527/

 

【バーテック社員が好き勝手に語るブログ】

ムッシュBlog

http://www.burrtec.co.jp/blog/

 

 

★☆★ がんばれ大阪の中小企業の社長さん!★☆★

トップコーチングスタジアムは、

事業承継をチャンスととらえ

後継者育成や組織づくりを通じて

中小企業の社長さんを応援しています!

 





≪事業承継対策≫
★後継者育成(世代交代)をお考えなら★
 株式会社トップコーチングスタジアム
 中小企業経営者コンサル&コーチ  末松大幸
  事業承継相談サポートチーム
  大阪市都島区中野町1−4−12
   tel:06-6352-9741
   fax:06-6352-6853

 http://top-coach.jp/

父親の会社を継ぐ2代目社長を応援しています。







≪本音で、ずばずばフィードバックコーチング≫
社長は孤独です。
誉めてくれる人はいない。叱ってくれる人もいない。
中小企業経営者しか、その思いは理解できない
中小企業の経営者出身のエグゼクティブコーチだからこそ
ざっくばらんで、面白いビジネスコーチングができるわけ。

月3回、40分電話による
セッションを継続して行っています。
あなたも会社のこと、家族のこと、
社会のこと、将来のこと、自分のことを
コーチにお話してみませんか?
新しい気づきを数多く得ることができるでしょう。
この体感は、やみつきになるはずです。
  http://top-coach.jp/




   
   

「問題の9割は人事」

こんにちは。
本当に暑い日が続きますね!


先日、法律事務所の仕事でお会いした2代目社長さんが
 「問題の9割は人事です。」
とおっしゃっていました。

この方、公認会計士の資格を取り、監査法人で5年ほど勤務した後、
2年前に会社を引継いだ(現在34歳)とのこと。

数字や契約の交渉事は、経験を積めばどんどん上達することと
思いますが、こと“人事”となると・・・

数字はテクニックで動かせても人の「心」は動かせない!


従業員や部下のヤル気のマネジメントというのは、本当に奥が深い
と感じる今日この頃です。


難しいからこそ、開拓のしようによっては、会社内がガラッと変わる
ことだと思います。


私自身も、試行錯誤・四苦八苦しながらも、やりがいを感じている
毎日です☆


とりとめのない文章でおじゃまいたしました☆

私ごとですが、最近、一人暮らしを始めまして、料理に凝っています♪
マイブログにアップしてみましたので、お暇があればのぞいてみて
ください〜♪




☆ 事務局 ☆



★☆★ がんばれ大阪の中小企業の社長さん!★☆★

トップコーチングスタジアムは、

事業承継をチャンスととらえ

後継者育成や組織づくりを通じて

中小企業の社長さんを応援しています!

  http://top-coach.jp/







≪事業承継対策≫
★後継者育成(世代交代)をお考えなら★
 株式会社トップコーチングスタジアム
 中小企業経営者コンサル&コーチ  末松大幸
  事業承継相談サポートチーム
  大阪市都島区中野町1−4−12
   tel:06-6352-9741
   fax:06-6352-6853

 
http://top-coach.jp/

父親の会社を継ぐ2代目社長を応援しています!

   









≪本音で、ずばずばフィードバックコーチング≫
社長は孤独です。
誉めてくれる人はいない。叱ってくれる人もいない。
中小企業経営者しか、その思いは理解できない
中小企業の経営者出身のエグゼクティブコーチだからこそ
ざっくばらんで、面白いビジネスコーチングができるわけ。

月3回、 40分電話によるセッションを継続して行っています。
あなたも、会社のこと、家族のこと、社会のこと、将来のこと、
自分のことをコーチにお話してみませんか?
新しい気づきを数多く得ることができるでしょう。
この体感は、やみつきになるはずです。
  http://top-coach.jp/

   

  

記事検索
トップコーチングスタジアム
Webサイトは、こちらをクリック。
トップコーチングスタジアムのWebサイト
livedoor プロフィール

top_coach

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ