トップコーチングスタジアム 末松大幸のブログ

中小企業に特化したコーチングを実践しているコーチ末松の奮闘記

私の本棚

♪ 新年あけましておめでとうございます ♪

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

みなさん、お正月はどのようにお過ごしでしょうか?


私は読書が好きで、

いろいろなジャンルの本を読んでいます。

一年の計は元旦にあり!という諺もあります。

元旦に読んだピカイチの本を紹介します ♪


CAC5E1D0-2F50-40CF-B785-8113A22016E7





























ドロシー・ロー・ノルト著、PHP研究所発行

『いちばん大切なこと』というタイトルの本です。


全部で
94ページ、薄くて可愛いイラストがいっぱいで

読みやすかったですよ。    


これは、お父さんお母さんの「子育て」の本です。


世の中を生きる上で、雑事に流され大切なことを私たちは忘れがちです。

読んでいて私が全くそのとおりだと考えたことは、次の一言でした。


「何をもっているか」よりも、「どんなふうに生きているか」
 

私はいま事業承継コーチとして活動していて

親として社会人として経営者としてコーチとして、

「生き方を示す」

これが最も大事なことだと考えています。


私の若いときは、こんなことを考えていました。

自社ビルを建てたい。

工場をつくりたい。

高級車を乗りまわしたい

自宅を建てたい


私はおよそ40年間、がむしゃらに働き、

57歳のとき事業を長男に社長職を譲りました。

ここで、考えたことは、「残りの人生をどう生きるか?」でした。

これは大きな問題でした。


そんなとき、ピッタリの言葉を見つけました。


『あたりまえだけどなかなかできない社長引退のルール』

天野隆著 明日香出版社発行


財産残すは銅メダル、

思い出残すは銀メダル

生き方残すは金メダル



今までどちらかと言うと

私は自分の利益や自分の会社をよくしたい、

こんなことばかりを考えていたことに気づいたのでした。


これからは、少しでも社会のお役にたつ仕事がしたいと考えました。

さらに先人から受けた恩を返したいと思いました。

しかしあるとき、先輩から言われたことがありました。

「末松くん、ワシはよい。次の世代を育ててくれ」と。

若い人を育てることは好きでしたので、

大きな人生目標をもらったようでした。


経営者のコーチを天職としようと決めた瞬間でした。

4年ほど前からですが、ロータリクラブに入会し奉仕活動をしています。


写真 (12)












(松本城 見学)
このクラブのなかで、私は下記の活動をサポートしています。

それは、ローターアクトクラブといいます。


★国際ロータリー
2660地区ローターアクトクラブ

↓ ↓ こちらをご覧ください

http://2660rac.org/blog/


18
歳〜30歳までの青年たちの奉仕団体です。

明日の社会のリーダーを育てるというのが目的で
ロータリークラブが提唱した団体です。

写真 (15)













コーチは人が生まれながらにして持っている可能性を
引き出していくのが仕事です。

私は、ローターアクトクラブに集う若者たちの才能を最大限に引き出し、
数多くのリーダーを育てていきたいと考えております。


どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。


★中小企業の経営者のみなさまへ★、

30歳までの後継者や次世代幹部社員の育成機関としては

このローターアクトクラブは、トップクラスの場だと私は考えております。

★ローターアクトクラブにご興味がある方がおられましたら、

下記までご連絡ください。


株式会社トップコーチングスタジアム

担当 末松大幸

Email:hiroyukisuematsu56@gmail.com

大阪淀川ロータリークラブ



★写真は大阪淀川ローターアクトクラブの例会場の大阪中央公会堂です。

例会は、毎月 第一第三水曜日19:30から開催しています。

大阪中央公会堂:http://osaka-chuokokaido.jp/access/

写真 (17)

















♪  『伝え方が9割 』  ♪


電車の広告を見て

本を買ってみた。



0[1] (47)

























『伝え方が9

佐々木圭一著  ダイヤモンド社

ステップ 1
自分の頭の中をそのままコトバにしない。
ステップ 2
相手の頭の中を想像する。
ステップ 3
相手のメリットと一致するお願いをつくる。

全く同感である!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以下は、

経営者コーチ末松の体験事例のお話です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝礼や会議、理事会・・・
いろいろな人が集まるところで、
最後にスピーチを述べる場合がある。

そのようなスピーチで、どう伝えるかで、
その場にいる参加者のモチベーションが
アップするかダウンするかが決まる。

次にその会議が
有意義で価値があったかなかったかが決まる。

さらに、組織の行く末まで、決めてしまうのである。

私自身のことを言えば社長時代の40年間、
モチベーションブレイカー、
つまり、やる気破壊型トップリーダーをやってきた。
どれだけ部下社員のモチベーションを下げてきたことか。
今思い出しても恐ろしい!

世の中には、
私のようなモチベーションブレイカーが、いかに多いか
社長職を息子に譲った今、気づくことが多い。

組織に与える影響が
とてつもなく大きい割に、
リーダーは無頓着で、

場を読むことができないでいる。


それでは、

モチベーションブレイカーに

変わってもらうには、どうしたら良いかを
いろいろな会社・組織で聞いてみた。
不可能だという方がほとんどであった。

モチベーションブレイカーの

そんなやり方を変えることは、本当に難しい。

しかし最近は、経営者コーチとして
リーダーに対して

つぎのような働きかけをしている。

モチベーションアップを、

リーダーとメンバーの共通のゴールとして、

考え行動をしてもらうことだ。
こうすることで成果がでてきた。

私自身も、
プロの経営者コーチになって、
伝え方を工夫することで
会社を変え、業界の組合を変えることができた。

こういうことも

経営者コーチの仕事のひとつである。


私の体験が、何かのお役にたてば、

コーチとして、うれしい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


加工後







 

『マネジメント』

こんにちは
ご無沙汰しておりましたが・・・事務局の野村です!


最近、話題になっている本を、友人から紹介され読んでみたところ、
おもしろかったので、ここで紹介させていただきます

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
という本で、内容は、ドラッカーの『マネジメント』に、野球部のマネージャーに役立つことが書いてあると勘違いして読み始めた女子高生が、
『マネジメント』をバイブルに、野球部という組織を改革し、甲子園に導く!というものです。
(表紙のイラストに抵抗があるかもしれませんが、ほとんど挿絵は出てこないので大丈夫です!)

『マネジメント』に書かれていることを、実際にあてはめて使っていく過程が描かれているので、すごくわかりやすくおもしろかったです。


今は、P.F.ドラッカーの本家
『マネジメント・基本と原則〔エッセンシャル版〕』を読んでいるところです☆

私自身、この5月より、マネジメントをしていく立場になったこともあり、これを参考に、価値ある組織の創造をしていきたいです!


組織をうまく機能させるということは、成果を生み出すことにとって、
遠回りのようで、必要な近道のプロセスなのかもしれません。

「マーケティング」というと、今まで短絡的に「市場調査」のようなものだと思っていましたが、その認識が変わりました。


「必要」とされているものを提供する=売れる
という当たり前の原則を、あらためて意識させられました。


事務所のスタッフとの、お客さんとの、普段の会話を貴重なマーケティングの機会だと意識し、「何が必要とされているのか」ということに常にアンテナを張ることによって、よりよい組織づくりの近道になるのでは、と感じました☆

実践あるのみ!







★☆★ がんばれ大阪の中小企業の社長さん!★☆★

トップコーチングスタジアムは、

事業承継をチャンスととらえ

後継者育成や組織づくりを通じて

中小企業の社長さんを応援しています!

http://top-coach.jp/
 





≪事業承継対策≫
★後継者育成(世代交代)をお考えなら★
 株式会社トップコーチングスタジアム
 中小企業経営者コンサル&コーチ  末松大幸
  事業承継相談サポートチーム
  大阪市都島区中野町1−4−12
   tel:06-6352-9741
   fax:06-6352-6853

  http://top-coach.jp/

父親の会社を継ぐ2代目社長を応援しています!










 ≪本音で、ずばずばフィードバックコーチング≫
社長は孤独です。
誉めてくれる人はいない。叱ってくれる人もいない。
中小企業経営者しか、その思いは理解できない
中小企業の経営者出身のエグゼクティブコーチだからこそ
ざっくばらんで、面白いビジネスコーチングができるわけ。

月3回、 40分電話によるセッションを継続して行っています。
あなたも、会社のこと、家族のこと、社会のこと、将来のこと、
自分のことをコーチにお話してみませんか?
新しい気づきを数多く得ることができるでしょう。
この体感は、やみつきになるはずです。
  http://top-coach.jp/



記事検索
トップコーチングスタジアム
Webサイトは、こちらをクリック。
トップコーチングスタジアムのWebサイト
livedoor プロフィール

top_coach

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ