2021年04月12日

昨夜は前日に引き続き<塩糖水>の効果を
実感したくて、今回は鶏むね肉でやってみた!
番組でも鶏むね肉の紹介だったので
ワクワクしながら3時間漬けました
しっとりパサつかず焼けましたよ〜(*゚▽゚*)

タコ酢・アボカド塩昆布・厚揚げのチーズ焼き








<タコの酢の物>
タコときゅうり、ワカメとの酢の物

<アボカドと塩昆布>
塩昆布とごま油であえるだけ〜

厚あげのチーズ焼き(E・レシピ)
いつもそのまま焼くか煮るかの厚揚げ
このように切って焼くのがポイントかな
醤油の香ばしさとちょっと溶けたチーズが
最高です!

キャベツとグリル鶏のごまだれ






キャベツとグリル鶏のごまだれ(オレンジページ)
この鶏むね肉をまず<塩糖水>に3時間漬けてから
このサイトのレシピ手順でやりました
私はキャベツに大葉の千切りも混ぜました
あっさりしっとりのむね肉にごまだれのコクがマッチ!
美味しかったでーすv( ̄∇ ̄)v

で、食後に気になってたこのアイスを〜
トッピングの食感がサクサクしてて美味しかったですよ

ハーゲンダッツ

大峯麻友toppohouse at 10:46│コメント(0)料理 │

2021年04月11日

私の想い出話を楽しんで下さった方が
沢山いらっしゃったのでびっくりするやら
嬉しいやらの昨夜の晩ご飯は洋食!
朝に見たNHKの番組で、お肉や魚が
柔らかくなる<塩糖水>を早速試しました
今回はタラだったのでそこまで効果が
わからなかったから、今度はお肉で試してみよう!

<塩糖水>
水  100㎖
塩  小さじ 2/3
砂糖 大さじ 1/2
ポリ袋に入れて揉んで溶かす
熱いお肉だと一晩
薄い肉・魚は3時間
袋に入れて空気を抜き、冷蔵庫で寝かす

人参ラぺ・生ハム巻・ベーコンじゃが芋・サラダ











<サラダ>
ドレッシングはシーザー!
マヨネーズ・ヨーグルト・お酢・塩コショウ

<じゃが芋とベーコン炒め>
じゃが芋とベーコンを大体同じ大きさに
棒状にカット
ローズマリーとバーブソルトで炒めました

<人参ラぺ>
お酢と蜂蜜にカットした人参をつけておく
レーズンも一緒に

<生ハム巻>
いつものように缶詰の桃を使用

タラのムニエル







タラのムニエル(レシピブログ)
定番の焼き方にソースは変化球で!
パセリは常備してある乾燥パセリを使いました
冒頭に書いたように3時間ほど<塩糖水>に
漬けて焼きました
なので、焼く時の塩コショウは無しで・・・


大峯麻友toppohouse at 11:25│コメント(0)料理 │

2021年04月10日

午前中は料理ではなく、現役時代の想い出話
色々書いていたら長くなり、ランチタイムへ!
只今、お腹満腹で料理の事を書くと
もっとお腹一杯になりそう・・・
いや、ここは気持ちを変えて (*'-'*)
昨夜の晩ご飯は、居酒屋メニューです

メインのささみの照り焼き(つけ焼き)は
宝塚音楽学校の時によくランチで食べていた
サンビオラにあった「エルフ」の
ささみのつけ焼きの味を再現したくて
結構チャレンジしてるんですが
中々記憶通りにいかない(==;)
昨日はだいぶ、近づいたと思ってはいます
まずは前菜

なすとみょうが・南瓜・キャベツと厚揚げ煮









<なすとみょうがのごま和え>
なすとみょうがは細かく切って
塩水に漬けておく
練りごま・醤油・みりん・水少々で
溶いた物に絞ったなすとみょうがを混ぜる

<かぼちゃ煮>
だし汁・めんつゆ・みりん・砂糖少々
早目に炊いて柔らかくなったら火を止め
食べる前までそのままに味を含ませます

厚揚げとキャベツのサッと煮(つくおき)
厚揚げを焼くところが気に入りました
その後だしで煮ても香ばしさが残ります
だし昆布を使うのも食感の変化を
楽しめました v( ̄∇ ̄)v

ささみの照り焼き







<ささみの照り焼き>
通常の漬けダレだけでは、再現には程遠い
色々ちょい足ししてみました
通常の醤油・みりん・しょうが汁
  +
赤味噌少々・はちみつでコクをだし
めんつゆも少々でまぜまぜ・・・
一度焼いたらささみに染みていたタレの
水分が出てきたので、中に火が通ってから
一旦火を止め、フライパンの水分を拭き
ごま油少々でパリッといくよう焼く
そうするとタレも少し焦げていい感じ
外カリッ、中フワッとご飯が進む一品に
でも、もう一息かなぁ。。。

左上のコロッとしたのは、お惣菜で買った
唐揚げでーす(⌒-⌒)

大峯麻友toppohouse at 14:00│コメント(0)料理 │
プロフィール

大峯麻友

大 峯 麻 友
【おおみね まゆ】

兵庫県西宮市 出身
6月2日 生まれ

元、宝塚歌劇団
宙組初代組長

現在は舞台・ライブ・
講演などで活動中!

ご質問・お仕事のご依頼は
こちらへお願いします↓

大峯麻友 オフィシャルHP
ツイッター
Twitterボタン
記事検索
Archives