トップページ » テレビ・てれび
テレビ・てれび

DWTS Season29


あーハイハイ、自分用のメモですから

正直、DWTSへの熱も冷めてきて、もうブログ書かなくてもいいかなーなんて思っていたけど、やっぱりこれは書かねば!

デレク、最高や〜

Covid-19のせいでアメリカに来れないレンの代りにジャッジをしているデレクが踊ってくれた
もうねマジ鳥肌立った
他のプロと何が違うんだろう?

とにかく魅せる!魅せてくれる!
私がもともとパソが好きっていうのもあるけど、このパソは最高だった
でもってパートナーのヘイリー足長すぎw美しすぎw

このダンス何回見ても飽きないわ





さてさて
今回のプロダンサーは久しぶりにシャーナが帰ってきた
今までのトレードマークの赤毛ではなく、ブロンドにしていたので初め誰だか分からなかったわ
赤毛の方が素敵だったな
リンジーとホイットニーは二人とも妊娠中でお休み
本当に仲良しねこの二人

スターのほうは、正直あまりよく知らない人ばかり

もともと知っていたのは、女優のアン・ヘッシュ(パートナー・ケオ)とフィギアスケーターのジョニー・ウィアー(パートナー・ブリット)と、BSBのAJ(パートナー・シェリル)くらい

アンはケオとのケミストリーもばっちりでなかなか良いダンスしていたけれど、早々に落ちてしまった

ジョニーはまだ残っていて、エンターテイナーとしては良いけど、ダンスはなあ…ちょっとねお尻のラインが気になるのよ
最後まで残るのは難しいかなあ

AJはなかなか良いところまで残ると思う
でも平均のダンスをするけど、パッと光るものがまだ見えない
AJのコンテンポラリーが見てみたいな

あとは、プロダンサーのサーシャに頑張って欲しいのよ〜
パートナーのスターは女優のJustina Machado
彼女はちょっとチャビーだけど、身体はしなやかだしいつも笑顔で応援したくなっちゃう

今シーズンは誰が優勝するか、全然見当がつかないわ



とっぴいtoppy510  at 21:33コメント(0) この記事をクリップ! 

DWTS Season28 ファイナル

ダンシング・ウィズ・ザ・スターズが終わってしまった。
でも正直、DWTSに対する自分の熱が、少し冷めてきていることに気が付いている。

今回は、DWTSの放映時間を忘れて違うことをしていて、初めの30分ほど見逃してしまったことが2回あった。
(いつもだったら、月曜の夜8時に合わせて、夕食もお風呂も済ませることが多かったのに、すっかり忘れてyoutube見てたり、ポケモンGOのボックスの整理をしていたなんて、自分が信じられないよ)

先週のセミファイナルで、私が一番応援していたJames Van Der Beekが落ちてしまったので、ファイナルもいまいちリキが入らず見ていた。

先週のジェームスはね、なんか輝きが足りないなーと思って見ていたのよ。
そしたら、奥さんが6人目の赤ちゃんを流産して入院中って話し出して、見ているこっちもつらかったわ。
そんな状態で踊り続けるのもなんなので、先週落ちてかえって良かったのかなーとも思う。

さて、今回のファイナルですが、やっぱ番組全体の人気も落ちているんだろうな〜。
いつもだったら野外に豪華なセットを作っているのに、今回はいつものスタジオセットだけ。
twitterもいつもの爆発的な勢いもなく、穏やか。
次回の春のシーズンもなさそうだなあ、次は一年後かなあ。。。

えにうぇい、ファイナルに残った4組はこちら

Lauren Alaina (Country music singer)& グレブ
Ally BrookeFifth Harmony singer) & サーシャ
Kel MitchellNickelodeon Actor & comedian) & ホイットニー
Hannah BrownThe Bachelorette star) & アラン

あ、この並び、4位→優勝だわ。

この4組の中なら、ダンスの実力も人気もアリーが優勝?と思っていたので、彼女が3位で名前を呼ばれたのは意外。

その後、ケルとハナなら、たくさん黒人が投票して、ケルが優勝かもと思ったので、優勝のハナにはほんとびっくり!
ダンスもそれほどピカイチではないのに、投票がたくさんあったなんて、どこの層に人気があったんだ!?

ってことで、私的にはイマイチ盛り上がりに欠けたファイナルだったけど、唯一とっても良かったのが、Pitbullと Ne-Yoの歌。二人ともカッコよかったわ〜。




そうだ、一言。
ケルとホイットニーのストリートダンス風のフリースタイルはサイアクだった。
いくらフリースタイルとは言え、アレはない。
ホイットニーも何年もプロでこの番組出ているんだから、レンがあのダンスを気に入るわけないの分かるだろうに



とっぴいtoppy510  at 11:15コメント(0) この記事をクリップ! 

DWTS Season28

今年は、春のシーズンがなかったので、ほぼ1年ぶりになるダンシング・ウィズ・ザ・スターズ
ここ最近、tiffで忙しかったり、参加スターが発表された後も、自分の知っている大スターがいなかったので、あまり興味の湧かなかった新シーズンのスタート
惰性でテレビチャンネルを合わせたけど、音楽が流れてプロダンサー達が踊りだしたら、少し興奮してきた。私、やっぱりこの番組大好きだわっ

何が良いって、ジャッジの三人、レン・ブルーノ・キャリーが揃っているだけで嬉しい!
プロダンサーのチャキチャキした踊りと、豪華なセットや衣装が目の保養。

さて、第一回目の放送を見ての感想ですが…

今回はスターのパートナーのプロダンサーは、事前に発表されずに、ショーの中で発表されていた。
プロダンサーで、ピータが戻ってきたのとシェリルがまだいるのが嬉しい。
新しくプロに加わったParsha Pashkovもいい感じ。
スターに合わせて、自分を主張せずに、でも精一杯踊っているのが伝わってくる。
彼のパートナーのスターは、「The Office」に出ていたKate Flannery

スターで目を引いたのが、James Van Der Beek
めっちゃ見たことのある顔!「ドーソンズ・クリーク」は見ていなかったので、「CSI:Cyber」で見たのかな。
タンゴを踊って、役に成りきってて、Emmaとのケミストリーも感じたし、いいとこまで行くはずよ。
んで、EmmaのだんなのSashaのパートナーAlly Brookeもいいよ!
フィフスハーモニーのメンバーだって。
ファイナルで、夫婦対決になるかもね。

いつも良いところまでいく、フットボール選手だけど、今回はダメっぽそう。
パートナーはシェリルだけど、いくら彼女でも、彼にセンスがなさそうだったからなあ。

ホイットニーのパートナーのKel Mitchellは、私はいいと思ったけれど、ジャッジの点数は悪かった。

あとは、ヴャルのパートナーのChristie Brinkleyが練習中にケガをして、急遽出ることになった、彼女の娘のSailor Brinkley-Cook
3日の練習期間で、あそこまで踊れたら偉い!頑張ってほしいわ。

それと、元ホワイトハウス報道官のSean Spicer(パートナー・リンジー)
ダンスについては、ノーコメントだけど、楽しそうに踊っているのがいいな〜

ってことで、毎週月曜日が楽しみ♪
(あ、でも来週はちょうどモントリオールから帰ってくる飛行機の中にいるから見られないや)


とっぴいtoppy510  at 12:20コメント(0) この記事をクリップ! 

DWTS Season27 ファイナル

いや〜、もうね、こんな衝撃的なシーズンは初めてよ! (シーズン27

視聴者の投票がいかに大事かということを、思い知らされました。
これって、選挙にもいえることだよね。
「きっとあの人が余裕で勝つだろうから、自分は投票しなくても大丈夫だろう」って、投票しないと、みんな同じようなことを考えて投票せず、大逆転が起きてしまう。

セミファイナルで、Juan Pablo Di Pace &シェリルが落ちた時も、衝撃的だったけれど、優勝がBobby Bones &シャーナって発表された時は、呆然としてしまったわ。
twitterみたら、WTFの嵐で笑っちゃった。

えにうぇい、今シーズンの事、まったく記録していなかったので、書いておかなきゃだわ。

ーー

とりあえず、今回のシーズンは、前から私が知っていたスターはなし。

見ていて、人気があるなあと感じたのは、バチュラーに出てたJoe Amabile &ジェナ。
彼はグロサリージョーと呼ばれて親しまれて応援されていたけれど、バチュラーを見ていなかったので、彼の人柄もよく分からず。
その人気のおかげでダンスもイマイチだったのに、結構最後の方まで残っていて、少し納得いかず。

あと、俳優&カントリーシンガーのJohn Schneider &エマがカッコよかった。
だんな曰、有名な人らしい。57歳とは思えないスタイルの良さと髪の毛で、背も高くて素敵だった。

セミファイナルで落ちてしまった、フラーハウスに出ている俳優のJuan Pablo Di Pace &シェリル
彼は、もうweek1のサルサから凄かった!
腰の動きがナチュラルすぎて、生れつきの才能のあるなしってやっぱりあるんだなーってしみじみ感じてしまった。
で、セミファイナル時のアルゼンチンタンゴは、もう素晴らしいの一言につきる。
あの雰囲気と、足の動きはセクシーすぎるわ。




このダンスの後に、落ちて、ファイナルに行けかなったので、ほんと投票は大事だなあと感じたよ。

ーー

ここからは、ファイナルに残った4人の紹介

第4位 Alexis Ren(Model & social media personality)&アレン

彼女は22歳で、インスタやツイッターで有名でモデルをしているらしい。
まあよく分からんが、かわいくて、偽乳っぽくて、でダンスパートナーのアレンと恋に落ちた。
回を重ねるごとに、上達して頑張っていた。
まあ、アレンといつまで続くことやら…

第3位 Evanna Lynch (Harry Potter actress & activist)&Keo

彼女も、初めのうちはイマイチだったけれど、いつだったけかなあ、ディズニーウィーク辺りで、花開いた。
自分をさらけ出して、一皮むけて、いきなりステップアップした感じ。

それと、ケオ、ファイナル出場おめでとう。
いままでパートナーに恵まれていなかったからね。
でも、フリースタイルだったかな、ケオのダンスちょっとと思った場面が…
偏見かもしれないけれど、他のプロダンサーと比べると、正直何かが足りない気がする。

第2位 Milo Manheim (Disney Channel star)&ホイットニー

セミファイナル辺りで知ったんだけど、彼の母親はテレビドラマ・ゴーストウィスパーに出ていたCamryn Manheim なんだって。
以前から、なんか見たことある顔が観客にいるなあとは思っていたんだけど、彼女がまさか女優で、マイロの母だということに、かなり後で気付いたのでした。

彼はまだたったの17歳で、背が高くてかわいくて、ダンスがうまくて、母親思い。
彼には、今後もっと開けるであろう輝かしい未来がまっている気がする。

トリオの時に、ライカーと踊ったサルサが印象に残っている。
去年のジョーダン&リンジーとめっちゃ被っていて、ちょいパクリっぽいけど、それでも上手!



ライカーもやっぱりうまくて、かわいいなあ。

優勝 Bobby Bones (Radio personality)& シャーナ

シャーナは、12シーズン目にして初めての優勝。
こういうの棚からぼた餅って言っていいんだよね?
今まで、ニック・カーター、ジェームス・ヒンチクリフ、アメフト選手のジョシュと、3回も2位どまりで、いつもぎりぎりのところでミラーボールを取れなかったのに、ボビーで優勝だからね。

ボビーの優勝って、やっぱりラジオの影響力?

ダンスのうまい下手だけだったら、完全にセミファイナルの前で落ちていた。

いえ、私もボビーのキャラは好きなのよ。
ダンスが下手なのに、楽しんでいることが伝わってくるし、DTWSのあのステージに出れたことをとても喜んでいたのが見て取れていた。

でもねでもね、やっぱり一応ダンスコンペティションなのよ。
ダンスのうまさをもっと考慮しなきゃと思うのよ。
ということで、最後の最後でちょっと残念なシーズンでした。

ーー

そうそう、あといつもだったら、月曜日にフリースタイルで、火曜日がグランドフィナーレで今までのスターが全員出て、大賑わいのファイナルだったのに、今シーズンは月曜のみで終わってしまった。
それも物足りなかった原因かな…



とっぴいtoppy510  at 14:10コメント(0) この記事をクリップ! 

ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ Athletes

シーズン26は、 Dancing withe the Stars Athletes と称してアメリカで活躍する(した)スポーツ選手10人を集めて、4週間だけの特別なシーズンとなりました。

あっという間に、明日がファイナル。

ファイナルまで残った3カップルはこちら

トーニャ・ハーディング(Former Olympic figure skater)& Sasha Farber
アダム・リッポン (Olympic figure skater) & Jenna Johnson
Josh Norman (NFL cornerback & Sharna Burgess

優勝は、ジョッシュかアダムかな。
ジョッシュはweek1からピカイチでした。
フットボール選手って、毎回ダンスが上手で、ほんっとにびっくりするわ。体がしなやかだし、ステップも自然で、すぐダンスに馴染んで、自分のものにしている。
アダムは動きがチャキチャキで、もちろんダンスは上手だし、たまにユニークで見ていて面白い。
トーニャは、とても感情豊かに踊るので、応援したくなる。
そして、そんなトーニャを支えている、プロダンサーのサーシャがますます好きになりました。

先週落ちちゃったけれど、フィギアスケーターの長洲未来ちゃんも出ていました。
彼女もダンスは上手だったけれど、普通にうまくて面白みに欠けたかな?
アダム・リッポンと仲が良いみたいで、二人が一緒のところをみていると、とっても楽しそうでした。

やっぱり4週間だけでは、物足りない。
もっと感情移入しながら見たかったわー。

ーーーーー

<ファイナル 結果発表> 2018年5月23日加筆

優勝は、アダム・リッポンでしたー!

それにしても、あっさりしたファイナルだったわ。
月曜日に1時間だけで、最後も準優勝の発表もなく、時間に押されながらっぽく、さっさと優勝者をアナウンスして、あっという間に終わってしまった。
なんだか、不完全燃焼のシーズン

アダムの優勝もな〜。
ダンスはうまかったから、文句はあまり言いたくないんだけれど、最後のフリーダンスはひどかった。
まああれは、アダムじゃなくて、プロダンサーのジェナのせいよね。
コリオグラフはいいけれど、グループダンスみたいな構成がサイアク。
アダムのいいところがちっとも出ていなかった。
通常、フリーダンスは、ジャッジも文句なしの30点満点を出すことが多いけれど、これは9,9,10の28点。
やっぱりあのフリーダンスは誰が見ても、ちょっと残念よね?!

あの、イマイチフリーダンスの後の、優勝発表だったから、ちょっと私の感動も薄れた感じでした。

ーー
さっき、ジェナのwikiを見て、ヴァルと付き合っているのを知って、びっくり!



とっぴいtoppy510  at 20:35コメント(0) この記事をクリップ! 

平昌オリンピック カーリングノルウェー パンツコレクション

 SUI 7- NOR 5

IMG_0927

USA 5 - NOR 8

IMG_0894

NOR 10 - DEN 8

IMG_0897

GBR 10 - NOR 3

IMG_0906

NOR 4 - ITA 6

IMG_0916

SWE 2 - NOR 7

IMG_0922

ラウンドロビン9戦中4勝で、決勝には進めず、残念でした。
4年後も彼らにまた会えるかな?


とっぴいtoppy510  at 17:06コメント(0) この記事をクリップ! 

カーリング ノルウェー パンツ

数日前に、爆発的にブログの訪問者が増えて、何事かと思ったら、平昌オリンピックのカーリングで日本と対戦した、ノルウェーチームの記事についてでした。

ここ数日、アクセスの多かった記事 ↓

2010年2月16日 発見!
2014年2月17日 ソチオリンピック カーリングノルウェー

ノルウェーチームの、今回初試合は対日本戦。
ちょうどバレンタインデーの対戦だったので、いつものド派手パンツがバレンタイン仕様でめっちゃキュート
そんな彼らを、私は2010年のバンクーバーオリンピックの時から、応援しているのよ!と声を大にして言いたいっ!

彼らのパンツを、そしてトーマスの雄姿をまた見ることができてうれしい。
トーマス、ほんとめちゃ好みだわ〜。
顔も胸板も腕の太さも、すごく素敵

でもでも、ノルウェーは今回、調子悪いねー。
日本には、4 vs 6 で負け

nor pants japa

カナダにも 4 vs 7 負け

IMG_0806

昨日、韓国に 7 vs 5 でやっと勝って、ほっとしたわ

nor pants kor

もっともっとパンツの柄が見たいので、頑張って決勝まで進んでほしいな♪


とっぴいtoppy510  at 15:09コメント(0) この記事をクリップ! 

DWTS Season 25 ファイナル

はあ・・・Dancing with the Starsが遂に終わってしまった。。。
次のシーズンは来年の春。
いつもの事ながら、DWTSが終わると、ヌケガラのようになってしまうの。

でもそんな私のヌケガラ状態を救ってくれそうなのが、ポケ森♪
ファイナルを見ながら、おい森以来の森生活を始めました

ーー

さてさて、前夜のファイナルのフリースタイルで良かったのは、リンジーとマーク。
マークって、たまに少し奇抜なことをするから、あまり私の好みでないことが多いんだけど、今回はリンジーらしさを全面に出すテーマとダンスがマッチしていて、見ていて楽しかった。



私が応援していたジョーダンのフリースタイルは、正直あまり記憶にない…
トリオの時のサルサが好きすぎて、他のダンスを見ても、うまいけれど、あまり心に残らなくなってしまってる。

そんなこんなで、第三位は、マルコム・イン・ザ・ミドルのフランキーとホイットニー。
二位は、リンジーとマーク。

優勝はジョーダンとリンジー。
リンジーは、6シーズン目にして初めての優勝!
ってか、リンジーがまだ23歳なのにびっくり。
若いのにしっかりしているわ。
えっ!?ジョーダンも23歳だった。

今回は、どのペアもスターとプロダンサーのパートナーの絆が深いのが垣間見れて、こっちまでつられて感動しちゃったよ。

ーー

ああ、ほんと、がんばって冬を乗り越さなきゃ。
落ち込みモードになりませんように・・・


とっぴいtoppy510  at 15:49コメント(0) この記事をクリップ! 

DWTS Season 25 Week 8

今週のDWTSは、久しぶりに興奮した!!

ジョーダンとリンジー+コービンのサルサ
今まで見てきたDWTSのダンスの中で、私の好きなダンスベストを作るとしたら、ベスト3以内にランクインするわ
ジョーダンとコービンのシンクロ具合がスゴイ
今まで、サルサをみてて素敵と思うことがなかったけれど、これは特別
見ててこっちも体を動かしたくなるように楽しく踊る姿、ほんとサイコーだよ



コービンって誰だよー思ったら、シーズン17のファイナリストなのね。
ふふ、自分のブログ、役に立つわ。
こういう時のために書いているのよ。

ジョーダンのパートナーのリンジーは、DWTSでまだ一度も優勝経験がないんだよね。
ジョーダンはダンス経験があるからっていう人もいるけれど、上手なのは確かだし、優勝してほしいなあ。
(フランキーもかなり上達したので、彼が優勝でもいいな♪)

ーーーーー

こんな記事 (Dancing with the Stars : 10 Best Seasons Ranked)を見つけて、自分のブログエントリーと照らし合わせながら記憶をたどり、youtubeでダンスやプロポーズシーンを見ながら、少し涙する自分。
DWTSが好きすぎて、キモイ


とっぴいtoppy510  at 23:00コメント(0) この記事をクリップ! 

ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ シーズン25 week7

はいはい、自分用のメモですよー。

9月18日からスタートした、Dancing with the Stars のシーズン25
7週が過ぎて、あと3週間でオワリです。

プロダンサーは、久しぶりに、マーク・バラスが戻ってきた。
あと、サーシャがプロパートナーではなく、troupe member だって。
逆にアレンが troupe memberからプロパートナーに昇格。
week2でサヨナラだったけど・・・
唯一の黒人プロのkeoのパートナーは、68歳の女性でweek1でサヨナラ。
keoは、パートナーに恵まれることが少なくて、かわいそう。

スターで話題だったのは、98DegreesのNick Lachey(パートナー Peta)と、奥さんのVanessa Lachey(パートナー Maksim)。
ニックが、奥さんや子供たちへの愛情の話をするたびに、昔、元妻ジェシカ・シンプソンとアホなリアリティ番組をしていたくせに・・・と思ってしまう私でした。。。
今奥さんのバネッサは、week3にマキシムの代わりにアレンと踊っていて、理由はマキシムの"personal issues"って発表されていたけれど、実は、バネッサとマキシムはケンカをよくしているらしい(ソース
二人とも我が強そうなので、納得。

今残っている6人のスターで、私が応援しているのは、Jordan Fisher Singer & actor (パートナーLindsay)
彼のダンスには人を引き付ける力がある!
彼はね、母が16歳の時の息子で、母が育てられないからと、祖父母の養子になって、祖父母にめっちゃ感謝している場面とか、感動モノだったわ。
でも、待って!今、wikiを読んだら、彼は器械体操やダンスの経験があるみたい。
そしたら、ダンス経験のない人を応援したいなあ・・・

week1からうまいなあと思ったのは、Lindsey Stirling Violinist & composer (パートナー・マーク)
America's got Talentにも出たことがあるけれど、Youtubeで有名になったんだって。
チャキチャキ踊ってて、かわいいなあとおもうけれど、よく泣くところがたまにキズ。

Victoria Arlen ESPN host & former paralympic swimmer (パートナーVal)も、うまくてかわいい。
彼女は11歳の時にかなり珍しい病気にかかって、しゃべることも動くこともできなくなって、でもずっと意識はある状態だったのが、4年後に徐々に体が動くようになってきたらしい。
車いす状態が続いて、パラリンピックの水泳選手として活躍したりして、夢は、「車いすでDancing with the Starsに出ること」だったのが、リハビリして自分で歩けるようになり、車いすなしで自分の足で踊れるようにまでなったのよ。
このストーリーだけでも感動モノで応援したくなるうえに、彼女、顔が若い頃のブリトニー・スピアーズに似ていてかわいいんだよね。がんばれー!

あと、すごく上達したなあと思うのは、Frankie Muniz Actor & race car driver (パートナーWhitny)と
Drew Scott Property Brothers co-host (パートナー・エマ)
フランキーは、初めのころは全く冴えなかったけど、今週のハロウィンナイトのコンテンポラリーは、自信がついて楽しんでいるのが目に見えて、ダンスも凄く良かった。
もとは俳優だけど、今はレースドライバーもしているから、運動神経はもともと良いのかしらね?
ドリューは、長い足が全く生かされずに、week1なんてひどいステップだったけれど、最近はちゃんと踊れるようになってきている。でもやっぱり他のスターと比べると、ちょっといまいちかも・・・

ってことで、動画はweek4の、ジョーダンとリンゼイの、コンテンポラリー



week7 フランキーと、ホイットニーのコンテンポラリー





とっぴいtoppy510  at 11:50コメント(0) この記事をクリップ!