気ままにどこまでも「くねくねつるつる」

ZRX1200Rファイアクラッカーレッドと「くねくねつるつる」の記録

三連休の中日、首都圏で最も渋滞が少ないであろう常磐道を北上しました。

しかし、さすがに春休みの晴れ予報の三連休だけあって、外環道も常磐道も車は多め。
最近、わナンバーが増えたような気がします。
都会暮らしでたまにしかドライブに出かけないのならレンタカーは賢い選択ですが、交通ルールを忘れたレンタカーのドライバーが多いようでちょっと怖い。

自宅を出て谷原交差点の出光で給油し、ノンストップで北茨城市まで来ました。
CIMG8028

日立市を過ぎたあたりから気温がぐっと下がり風も強くなり、冬装備で来たことを心の中で小さくガッツポーズ!
それでも寒さで鼻水がダラダラと出ていましたけど(笑)

いわき湯本ICで常磐道をアウトして、R6から磐城街道へ入りました。
市街地を離れると視界を遮る建物が無くなって、一気に空が広がります。
CIMG8031

この風景の先に食事処があるとは想像できず、手作りおにぎりを販売するローソンで緊急ピットイン。

ホットのお茶で冷えた指先を温めて、美味しいお米の手作りおにぎりを頂いて小腹を満たしました。

150円の手作りおにぎりは人気商品のようで、ローソンブランドの100円おにぎりよりも売れている模様です。
なんと言っても、福島のお米と日本酒は本当に美味しいですから!
CIMG8030

磐城街道は夏井川と磐越東線と併走する快走路。

たまに踏切があって一旦停止を強いられますが、気持ちいいワインディングが続き、何台かのバイクとすれ違いました。
CIMG8036

夏井川渓谷もあって、走っていて景色も楽しめます。

しかし、きれいな渓谷なのにゴミが浮いていて残念。
観光客のマナーの悪さに問題がありますが、渓谷はあまり観光整備がされていないようです。

岩の表面がつるつるしているので、滝の上から覗き込むときはちょっとビビりました。
CIMG8033 のコピー

そう言えば、磐越東線を走る列車を見ることはありませんでした。
交通手段は鉄道から車へ。そして過疎で列車の本数も減ってしまったのでしょう。
CIMG8037 のコピー

K41磐城街道からK359に逸れて細いワインディングに入りました。

いわきの里「鬼ヶ城」の看板と手打ちそば「きじや」の看板につられて右折したのですが、鬼ヶ城というのは市の合宿所のような施設で、この時期は誰もおらず、当然食堂も空いておらず。
「きじや」も3月いっぱいは冬季休業とのこと。

途中にあったローソンで手作りおにぎりを食べておいて正解でした。

おにぎりを食べていなければ、この雪の積もった峠で野垂れ死んでいたかも(大げさではなく)
CIMG8042 のコピー

K359からK36経由でK19に出て、神俣近くで食事処「和風レストラン白友」を見つけました。

時刻は1時。駐車場には車がたくさん停まっていました。
ちょうどランチタイムということもあるですけど、このエリアに食事処が少ないせいもあって混んでいました。

バイクのジャケットを着ていたからでしょうか。店員さんがストーブの近くのテーブル席を案内してくれました。
そんな人の気持ちの温かさが福島のいいところ。
CIMG8043

ミニ天丼付きのざるそばを頂きました。

そばはつるつるし過ぎていて好みに合いませんでしたが、天丼は良かった〜
特にご飯が美味しくて、シャキシャキした野菜に変に主張しないまろやかなタレが絶妙なのです。
CIMG8045

店の構えはひと昔前のドライブイン的な感じですが、地元の人にも愛され、観光客も満足させる素敵なお店でした。

ちなみにお店のお勧めはエゴマのつけダレで頂く「じゅうねんうどん」です。
饂飩より蕎麦が好きな私ですが、次回はじゅうねんうどんを食べてみたいと思います。

おなかいっぱいの後はお散歩です。
和風レストラン白友を出てすぐ、本日の目的地のあぶくま洞に着きました。
CIMG8047

駐車場に採石場跡があり、なんだか凄い。
CIMG8049

採石場跡に圧倒されながら、入場料を払ってあぶくま洞の中へ。
CIMG8051

洞の中は地底のおどろおどろしいイメージかと思いきや、宇宙をイメージするイルミネーションできれいに飾られていました。

鐘乳石にただ明かりを当てていても単調になりますが、宇宙をイメージする物語に仕立てるのも有りですね。
CIMG8058

同じ鐘乳石もライトの色を変えると神秘的。
CIMG8062

CIMG8063

CIMG8064

腰を屈めないと通れない道や急な階段も多く、それに距離もあるので年寄りにはちょっと厳しいかも。
実際に若いカップルとか家族連れの観光客が多かったです。
CIMG8071

狭い階段や通路を奥に進むと、突然開けた場所に出ました。

地下にこんな大きなスペースがあることに驚きです!
CIMG8085

素晴らしい!
その次の言葉が出ないほどの迫力のある素晴らしさです。

何万年もかけて造られたスペースなのでしょう。
CIMG8079

鐘乳石もライティングも圧巻で見所が満載。
CIMG8092

思っていたよりも見ごたえがあって、満足できました。

あぶくま洞は福島オススメスポットのひとつです。
次回は家族と訪れてみたいと思います。

洞を出て、帰る前に駐車場横にある神社へ参拝。
急な階段を登ります。
CIMG8096

曇っていたのが残念でしたが、岩山の上の神社から見た景色も素晴らしかった!
CIMG8097

大満足のあぶくま洞を後に、K19からR349を南下。
R349は交通量が少なくてワインディングが多く、私の好きなルートのひとつなのです。

ただ、大渋滞が予想される東北道を避けるため、古殿からK14でいわき方面へ出ました。
帰路も渋滞の少ない常磐道です。

K14沿いには、私のお気に入りのお店があります。

みそ焼きおにぎりの「うさぎや」さんです。
CIMG8100

連休の中日の日曜日午後4時にも関わらず、お店は営業中。
私ったら、ラッキーな男ですな(笑)

みそ焼きおにぎりを5個買って、そのうち1個を店頭で頂きました。

うん、激ウマ♪
福島のお米とうさぎやさんの店主に感謝!

残り4つは今夜の夕食の一品に。家族に教えてあげたい美味しさなのです。





++++





予想通り、帰りの常磐道は渋滞していました。
おそらく東北道のほうがひどい渋滞だったことでしょう。

常磐道にはタイヤがハの字に入った車がいたりして退屈しませんでしたが、渋滞には疲れました。
いわきでみそ焼きおにぎりを食べていたから、長い道のりを帰って来れたのかも(大げさではなく)

それにしても、今日一日楽しかったなあ(幸)
普通に飲んでも美味しい喜多方の「吉の川 純米酒」の旨さが100倍になりました!

福島のお米と日本酒、旨すぎて腹がヤバい(笑)









■ 今日の走行距離 596km
■ オドメーター 8,415km









アクセルを開いた時に高回転域まで軽く吹け上がらない原因は、エアフィルターの汚れ、スパークプラグの点火不良、ガソリンと空気の混合不良が考えられます。
私は素人なので、定期的に整備する必要があって簡単に出来るところから。

晴空の下、エアフィルターの洗浄と注油をすることにしました。

前回の洗浄注油は7月。さすがに汚れていますね。
CIMG8024

K&Nのエアフィルターは専用クリーナーで汚れを落とした後、自然乾燥させます。

完全に乾かさないとキャブレター内に水分が入ってしまうので、陽射しがそれほど強くなくて適度に風が吹いている日に作業するのがベスト。

しかし今日は、花粉の付着がちょっと心配です。
CIMG8026

エアフィルターを干している間、バッテリーを充電しました。
バッテリーは満充電状態でしたが念のために充電。

バッテリー充電時の指定アンペアは1.4Aなので、充電器のメンテナンスモードで優しく充電です。
CIMG8025

しかし、3年前のノンストップ地獄の経験から、そろそろバッテリー交換したほうがいいでしょう。

あとはいつものチェーン洗浄&注油にワックスがけ。

エアフィルターが乾くまでたっぷり時間があるので、のんびりゆっくりきれいに磨いてあげました。
CIMG8027

バイクに乗ってバイクを整備する。
そんな当たり前の日常に感謝。







また東北へ遊びに行きます。
そして、東北の美味しいものをたくさん食べます♪





月曜日と火曜日に頑張って働いたので、水曜日の昼間に予定していた仕事が無くなってしまいました。

夕方までどうやって時間を潰すかを考えていたところ、頭の中に浮かんだのがカワサキワールド。
生まれて初めての阪神電車で元町へ向かいました。

仕事で三ノ宮とか西神中央に来たことはありましたが、元町は生まれて初めて。
こんなタワーがあることも、この地にメリケン波止場があることも初めて知ったのです。
IMG_1397

そして船のような形をした白い骨組みの下にあるのが神戸海洋博物館&カワサキワールドの建物です。
IMG_1401

割引券を使って海洋博物館の中に入り、帆船の奥にあるカワサキワールドへ直行。
船もいいけど、私の目的はバイクなので(笑)
IMG_1402

まずは川崎重工が手がける製品とその歴史を学習します。
その昔は戦闘機や蒸気機関車、そして新幹線とかブルーインパルスの製造もしているのですよね。

パネルを見て歩くことで、川崎重工が日本経済成長を牽引してきた日本を代表する企業であることを改めて認識できました。
IMG_1405

製造業界の勉強をした後はバイクエリアへ。

まず最初に迎えてくれたのはスーパーチャージャーを装備するモンスターバイク、Ninja H2。
IMG_1443

その横には名車Z1。
IMG_1445

もしどっちかもらえるのなら、迷わずZ1を選びます。誰もくれないと思いますけど(笑)

先に進むとバイクが2段ベッドのような棚に展示されています。
スペースの都合でしょうけど、上のバイクも下のバイクも見づらいのです。

ローソンレプリカ、もっと間近で見たかった(残念)
IMG_1425

W6。渋くていいですよね〜。
IMG_1430

展示バイクはとても少なく、バイクエリアはあっという間に終わってしまいました。

バイク専用の博物館ではないので仕方ありませんが、族車定番のZ400FXとかKH250、映画トップガンで助演したNinja GPZ900R、日本のライダー達を虜にしたZ2やゼファー、世界最速バイクの名をほしいままにした歴代ZZRがあっても良かったと思います。

バイクエリアの先にはバイクシミュレーター。
バイクシミュレーター、それに跨ぐことの出来るZZR1400とNinja 250の実車も社会科見学の中学生に占拠されていました。
IMG_1433

左右5度に傾くシミュレーター、ゲームセンターのマシンとは違ってアクセルとブレーキ連動で画面が動くわけではないため、あまり興味が湧かず。

しかし、ZZR1400の実物には隙を見て跨ってみることに。

スーツ姿でZZR1400に跨ってハングオン姿勢とかやっていたら、たちまち中坊たちに囲まれました!(爆)

彼らに順番を譲る時、先頭にいた男子中学生が次に跨るのかと思ったら、横にいた女子がスカートを気にすることなくさっと跨り、別の女子がタンデムに。
ローティーンは女子のほうが積極的ですね(笑)

この後も中坊の間を縫って新幹線やヘリコプター、鉄道模型を見学。
IMG_1434

制服姿の女子中学生の後ろに並んで0系新幹線の運転台にも上がってみました。

彼女たちはスーツ姿のおっさんに優しいようで、どうぞと運転席を譲ってくれて、彼女たちは助手席の方へ。
IMG_1435

この写真は運転席から中腰で撮ったもの。

運転席の椅子に座ると窓の外のバイクや中学生の姿が全く見えませんでした。
横から飛び出しされたら見えずにそのまま時速250キロで轢きそう(爆)







海洋博物館とカワサキワールドには、なんだかんだと2時間近く滞在。
バイクの展示が少なかったのは残念でしたが、楽しめました。

カワサキワールド一直線で予備知識が無いまま元町を訪れたので、中華街とか居留地などの観光スポットがあるなんて知らなかった(苦笑)
IMG_1451

神戸牛に心が躍るも予算の都合で中華なランチ。
IMG_1452

短い時間でしたが、たっぷり楽しめました。
またカワサキワールドへ行ってみたいと思います。それに、この周りをちゃんと観光してみたい。







次回、元町を訪れたら必ず神戸牛。
それまでにお小遣いを貯めておきます(笑)







今年も越生梅林へ行ってきました。
越生梅まつり観光は、ウチの奥様との毎年恒例の行事です。

天候も良く、花も見頃ということもあって越生町は大盛況。
朝早く着いたにも関わらず、今までにない混雑度でした。

第一入口で入園料300円を払って中に入ると福寿草と白梅の競演。
CIMG8009

白梅。
CIMG8012

蝋梅。
CIMG8013

見驚(けんきょう)。
CIMG8014

紅梅は見頃を少し過ぎていましたが、何色もの梅の花を楽しめました。
今年もいい時期に来れてラッキー♪

紅しだれは見事でした。
CIMG8015

CIMG8016

いつもの展望台の上からパチリ。
展望台がもう少し高いと見晴らしがもっといいかも。

それでも、きれいでした〜
CIMG8017

梅は花だけではなく、枝もナイス。

年輪を重ねるごとに幹はねじれて、枝は上や横や下に広がっていきます。
可憐な花と無骨な枝のコントラストも梅の魅力ですね。
CIMG8018

それにしても、今日は穏やかで気持ちいい天気となり、絶好の花見日和でした。
CIMG8019

越生梅林内の売店でべに梅の梅干しと梅ジュースを買って、ときがわ町へ移動。

久しぶりに「とき庵」へ。
11時半の時点でほぼ満席でしたが、運良くすぐに座敷席へ案内されました。

40分ほど待って運ばれてきた天ぷら蕎麦。
そばの殻も無駄なく使っているので、蕎麦は黒っぽいのです。
CIMG8020

ボリューム満点で美味しかった!
蕎麦とつゆの相性は抜群で、器とお店の人のもてなしが素敵。

待ち時間が長いのが難点ですが、ぜひまた訪れたい蕎麦屋です。




とき庵での大満足のランチの後、ときがわの農産物直販所を廻って野菜や卵やデザートを購入。

来年は梅まつり観光の後にときがわで温泉もいいねーなんて、ウチの奥様と話しながら帰路につきました。

さあ、明日から仕事だー








前夜、早起きしてバイクで出掛けるつもりで早寝したのに、朝になって目が覚めたのは8時過ぎ。
高く上がったお天道様と青空を見て出遅れを痛感し、開き直って溜まった洗濯物の山を片付けることにしました。

家で洗濯する私にウチの奥様が「あれっ、出掛けないの?」と声をかけてきたので、「いや、出掛けるよ」と不貞腐れな返答。
尻を叩かれてツーに出掛ける何ともダメなライダーに成り下がりました(爆)

掃除を済ませ、洗濯はウチの奥様に任せて、11時に家を出発。 1時に十国峠に着きました。

空が近い!
CIMG7919

昨日、西伊豆に来た時に伊豆スカイラインが2月末まで上限200円との看板を目にしていたので、迷わず伊豆スカイラインに入りました。

気温も上がっている午後なので凍結路面の心配はありませんでしたが、融雪剤を撒いたような跡があったので滑らないかどうか路面を確かめながら走る感じ。
ドライな路面では高速コーナーを攻めてみましたが、無理は禁物です。

冷川で伊豆スカイラインを出て、くねくねのK112からR135へ。
おなかが空いてきたので、城ケ崎海岸にあるお気に入りのおそば膳さんを目指しました。

時刻は既に2時でしたが、おそば膳さんの軒先に営業中の看板が!
何とか間に合いました。 良かった~
CIMG7920

すっかり店主にも顔(バイク姿?)を覚えられたようで、「まだ寒いのにようこそ」と声を掛けられて一番奥のテーブル席へ案内されました。

ひとり、店内で穏やかな温かい時間を過ごします。
CIMG7921

運ばれてきた十割せいろ。 今日はおなかが空いていたので特別に5割増しを注文しました。

ここの蕎麦は私の中で最高ランク。
蕎麦の歯応え、喉ごし、香り、温度は私を虜にし、そして蕎麦に負けないつゆ、わさび、ねぎも文句無し。
CIMG7922

美味しい蕎麦を頂く、なんとも幸せな時間。

ウチの奥様に「美味しい蕎麦を食べに連れて行ってあげるよ」なんて言っておきながら、もう何年経ったかな(汗)





++++





大満足の蕎麦の後、時刻は2時半をまわっていましたが、R135を更に南下することにしました。
明日は日曜日なので遅い帰着でもいいかなって思って(笑)

河津に到着。 河津桜が満開でした!
CIMG7926

人と車の交通の邪魔にならない公共スペースの脇にバイクを停めさせてもらい、川沿いを散策することに。
CIMG7925

鮮やかなピンク色の河津桜の花がきれい。

日本人のみならず、海外からの観光客もたくさんいました。
海外の人には、葉の無い木に大量の花がつく桜が珍しいのでしょう。
CIMG7932 のコピー

いい時に河津桜を見に来ることができました!

素晴らしい~
CIMG7930

CIMG7931

CIMG7943 のコピー

しばし河津で河津桜を満喫した後、R414に出て修善寺を目指します。

途中、河津の外れの道端で満開の桜の木を見つけたので、ファイアクラッカーレッドと桜をパチリ。
樹形と花の色から、河津桜とは違う種類の桜のようです。
CIMG7948

陽が西に傾き、冷え始めた天城と修善寺を抜けてK12で冷川から伊豆スカイラインへ入りました。
期間限定の上限200円ですから、今のうちに有効利用しないとね(笑)

そんな伊豆スカイラインでバイク事故に遭遇しました。
路面に縞々の入った大きなカーブにパトカーと救急車が停まっていて、その横にフロントが大破したバイクと右フェンダーに傷が入った自家用車。
おそらく、バイクが下り左コーナーで転倒、もしくは転倒しそうな状態で車線をはみ出し、上り右コーナーを走ってきた自家用車とぶつかったのでしょう。

勝手に想像した事故状況ですけど、バイクがスピードを抑えて下り右コーナーに入っていれば起こらなかった事故なのでは・・・





++++





落ちていく陽と大きな富士を左手に見ながら、熱海峠まで気を引き締めて走り倒しました。
コーナーの度にタイヤを潰すようにシートに体重を預けながらも、滑ったらすぐに抜重できるようにステップ上の足にも気を遣いながら。

その頭の片隅では、ちょっと薄着だったことと、吹け上がりのレスポンスの悪さとギアチェンジのシフトの重さが気になっていたりして(苦笑)

楽しみながら伊豆スカイラインを走り、夕日が完全に落ちる前に滝知山パーキングに到着。
CIMG7953

幻想的な富士と駿河湾の向こう側の山に沈んでいく夕日を見ることが出来ました。

昨日もこんな富士が見えていたら、両親はもっと喜んでくれただろうに。

それにしても素晴らしい景色でした!
CIMG7960

CIMG7958

今日は、寝坊しても東伊豆まで来て良かった~(笑)












■ 今日の走行距離 357km
■ オドメーター 7,819km













↑このページのトップヘ