気ままに「くねくねつるつる」

ZRX1200Rファイアクラッカーレッドと試行錯誤の記録

渋滞情報と天気予報を見て迷っている間に時は刻々と進み、出発は9時半となってしまいました。
バイクに乗る気は満々なのですけど、お盆渋滞と雨は避けたいですからね。

それでも、ギラギラした日射しの無い夏の休日は貴重。
下道で奥多摩へ行ってきました。
b_CIMG0247

今日のツーの目的は、先週交換したばかりのブリヂストンS21の皮むき。
奥多摩周遊に着く前の檜原街道、渋滞が無かったのでいい感じに慣らすことが出来ました。

S21はコンロトール性が良く、思ったラインにスッと入れる心地よさが最高! 
それでいて安定感があるので余裕を持ってバイクを旋回させることができます。
完成度、高いです!
b_CIMG0248

しかし奥多摩周遊は霧の中。
がっつりと走れませんでしたが、S21のおかげでウェット路面でも安心してバイクを走らせることが出来ました。

小菅の道の駅で給水休憩。道の駅は、いつもよりバイクは少なめでしたけれど、家族連れの車で駐車場は満車でした。
b_CIMG0251

家族を置き去りにしてバイク遊びする私を咎める人はいませんけれど、良心の呵責もあってお土産にチャーちゃんまんじゅうを購入(笑)

家族としたら、まんじゅうよりも温泉に連れてほしいところでしょうけどねえ。

上野原ICに向かう途中、K18沿いの「花の里」でランチ休憩をとりました。
駐車場が混んでいたらパスしようと思っていましたが、小菅の道の駅の混雑ぶりとは打って変わって静かな雰囲気。

他にお客さんのいない座敷でひとり、大盛りのざる蕎麦を頂きました。
b_CIMG0253

コシの強い田舎風の蕎麦でありながら、噛まずに啜れる絶妙な感じがいいのです!

もっとお客さんに来てほしいと思いつつも、座敷が埋まるくらいのお客さんが来たら花の里のおばあさん達はてんてこ舞いで大変になってしまうのではとの心配もありますけどね(苦笑)





大満足の蕎麦を頂いて花の里の駐車場へ降りると、たくさんのトンボが飛んでいました。
暦の上ではもう秋なのですね。

タイヤの皮むきは十分出来たので、ランチの後の帰路はのんびりマイペース。

夏に走れなかった分、秋は走りたいなー!
てか、その前に家族サービスもしないとね(笑)







■ 今日の走行距離 181km
■ オドメーター 20,120km








このうだるような熱風の中でもバイクに乗っているライダー、結構いますね〜

暑いと注意力が散漫になるので、くれぐれも事故しないよう気をつけて。
熱中症や脱水にも気をつけて。



〜〜〜〜



タイヤがヤバいことになっているので、今日はタイヤ交換することにしました。

speed☆starさんが開店する間に、チェーンの洗浄&注油とボディの汚れをきれいにしておきます。
汚れたバイクだと恥ずかしいですからね。
b_CIMG0235

1年3か月前にS21を装着した時の日記はこちら
前回のタイヤ交換から、11,000km走りました。

さすがブリジストンS21、期待通りのロングライフです!(嬉)

フロントタイヤの表面は、前回のツーの高速ワインディング走行でボロボロになりました。
b_CIMG0230

リアタイヤもスリップサインが出ていますね。

灼熱の高速道路走行のせいで、青焼けしています。
b_CIMG0232


ブリジストンS21の良いところは、ドライはもちろんのこと、ウェットでもしっかりグリップしてくれて、挙動が安定しているところ。
いきなり滑り出すとか、急に倒れ込むというようなクセが無いので安心してコーナリングが楽しめるのです。

強いて良くないところを挙げるなら、転がりの軽快さでしょうか。
しかし、挙動に鈍くさいところはなく、ロードノイズも少なくて疲れないタイヤと言えます。

それでいて、10,000km以上のロングライフ。
距離を走ってタイヤが削れていっても、そこそこ安定性は保たれていて、文句なく星5つです!

というわけで、今回も迷わずブリヂストンS21を選択。
電話で在庫を確認してからspeed☆starさんへ。
b_CIMG0237

カフェで涼を取った後、ピットへ移動。
いつものように、目の前で手際の良い作業を見させてもらいました。

タイヤ交換の後、店員さんから「ブレーキのメンテナンスはご自分でやられているのですか」と聞かれました。
はい、と答えると「素晴らしい! ピストンとかきれいだし、しっかりブレーキ効いていますね」とお褒めの言葉を頂きました!(嬉)

プロの方に褒められると嬉しいですよね〜

しかも、今回はおまけまで頂いて感激です!
2年連続ブリヂストンのキャンペーンの抽選に漏れていたので嬉しさひとしお(笑)
b_CIMG0245

speed☆starさんを出て、ちょっと遠回りして一皮むいてから家に帰ろうかなと思ったのですけど、あまりの暑さに早々に家へ戻ってきました。 

路面の照り返しの熱もですけど、それにエンジンの熱も加わってまるでサウナ。
信号待ちや渋滞停止中にラジエーターのファンが回ると暑くてたまりません。



〜〜〜〜



新品ブリジストンS21。
パターンも騒がしくなくて、レーシーな印象。
b_CIMG0238

ワインディングで攻めてもしっかりグリップしてくれて、10,000km使える優れもの。
b_CIMG0242

タイヤの性能向上で、私のようなヘタクソもツーリングを楽しめるのです。
タイヤに助けられています(笑)





■ オドメーター 19,939km






同級生の焼鳥屋に誘われて、プロ野球の試合を観戦してきました。
プロ野球の試合を観るのは小学生の時以来。実に40年振りの神宮球場です。
IMG_2474

この日は同級生7人で観戦。
野球観戦が大好きな焼鳥屋、これまた野球観戦好きな床屋、脱サラ薪カフェ、データセンター管理職、元魚屋、大英帝国高級車の整備工、そして私。

元魚屋と私以外のメンバーは、よく神宮球場や東京ドームに観戦に出かけているのです。


++++


遡ること7時間前。私は福岡空港にいました。
IMG_2473

前夜からこの日の朝方まで北九州で仕事をしていたのです。

徹夜仕事のため、観光もお酒付きグルメを楽しむことも出来ず。
ここでの収穫はモノレールに描かれた松本零士の漫画くらい(苦笑)
IMG_2470

確実に野球観戦に行けるよう、かなり前から休暇申請していたのですけど、皮肉にも仕事が入ってしまったのです。


++++


寝不足とこのところの不摂生で疲れが溜まっていましたが、球場に着くとなぜか元気に。
焼鳥屋から緑色のスワローズのユフォームを借りて、ビールを飲みながら応援です。

しかし暑い。座っているだけで汗だく(苦笑)
IMG_2488

試合は前半ですでに10点差をつけられる展開。
スワローズファン、攻撃の時間が短くて元気がありません。
それに比べて、カープの応援団の多さと元気の良さに驚きました。

それにしても、外野からでもよく見えました。
ライトを守る鈴木誠也の背中、すぐそこにありましたから。

ファンサービスの花火。
IMG_2494

しかし、花火は我々の背中に。
反対側のカープ席のほうがよく見えるんじゃないかな(苦笑)
IMG_2499

花火でスワローズ選手が奮起したのか、7回裏ついに打線が爆発。
スワローズファンも東京音頭を歌い傘を振って喜びを爆発(笑)
IMG_2517

スワローズファンは昨年の10点差逆転の再来を願っていたのですけど、反撃もここまで。
試合終了まで席にはたくさんの人が残っていました。
IMG_2525

ヒーローインタビューは、ホームラン2本を放った鈴木誠也。
山田哲人にもう少し頑張ってほしかったなあ。



枝豆と乾き物でビール4杯くらい飲みました。
女の子がビールタンク背負って売っているのですけど、入場料よりもビール代の方が高くつきました(苦笑)

それでも、たまには同級生とこうして野球観戦するのもいいものですね。
その昔、小学校から帰るとグローブとバットを持って広場でクラス対抗の野球の試合をよくやっていました。みんな野球少年だったし、今でも野球オヤジ(笑)

次は涼しい日に松坂大輔が登板する試合を見てみたい! 







↑このページのトップヘ