先日、我が家の外壁と屋根の塗装工事をしました。

新築から10年。
同じ時期に建てられた隣り近所のお宅は既に塗装工事を済ませており、この一画で壁が汚れているのは我が家だけに(汗)

ちょうど塗り替えの時期だったこともあって、増税前に工事を済ませたのです。

無事に工事が済んで、とてもきれいになりました!
CIMG2132

塗装工事で一番大変だったことは業者選び。
寒い中、傾斜のきつい屋根に上がって作業するほうがはるかに大変と思いますが、初めてのことなので頼むほうも大変でした(苦笑)

塗装工事前、この家を建てたハウスメーカーにお願いすることは始めから考えておらず、近所で長く商売している塗装店さんか工務店さんにお願いしようと決めていました。
この近所で長くやっている塗装店さんなら、何かあったらすぐに寄って見てくれるだろうと思ったので。

訪問セールスしてくる工務店もありましたが、自分で主導権を持って選びたかったので訪問セールスはパス。
下請け業者へ丸投げしてマージンを取る大手やホームセンターもパス。

インターネットで探した数軒の近所の塗装店さんと工務店さんに現地調査と見積もり依頼をしました。
結果、きちんとコミュニケーションがとれ、よい提案をしてくれた佐藤塗装店さんにお願いすることにしました。



++++



大雪の影響で数日ほど工事日程を遅らせてスタート。
初日は足場を組みました。

それにしても、あの二週連続の大雪や台風並みの強風の時に工事中じゃなくてよかった。



作業の流れを佐藤塗装店さんから送って頂いた画像を並べて振り返ってみます。

まずは高圧洗浄機で汚れを落とします。
屋根には苔がつき、ハゲもありました。
遠くから見てもよく分かりませんが、こうして近くから見ると汚れているのがよく分かります。
IMG_1960

外壁も洗浄。

我が家の外壁はジョリパットの連波という模様で塗ってあるのですが、波模様の凸凹に貼り付いた埃汚れも落ちて、きれいになりました。
IMG_1974

佐藤塗装店さんは、作業した日は必ず画像付きの作業報告のメールを送ってくれて、状況を説明してくれました。

このようなことをしてくれる塗装店さん・工務店さんは少ないのではないでしょうか。
一番最初に作業報告メールを受け取った時、佐藤塗装店にお願いして間違いなかった!と思いました。



我が家の外壁は新築後すぐにひび割れが出たので、ハウスメーカーに見てもらって補修してもらったことがありました。
補修といっても、塗料をひび割れ部分に刷毛で塗るだけでしたが。

今回、ひび割れの詳細状況を見てもらうと、中にはヤバいレベルのひび割れも(汗)
IMG_2016

雨水が染み込んでもおかしくないレベルだそうです(大汗)
IMG_2020

我が家の場合、ひび割れ(クラック)発生は、建材の伸縮、建物の構造、外壁下地と外壁塗装の厚み不足、それに地震が原因として考えられます。

新築早々にひび割れが出たのは、建材の伸縮と塗装の厚み不足が要因かもしれません。
大きなひび割れは地震の影響でしょうか。
素人の推測なので、あまり当てにはなりませんけど。



補修剤を塗り込んでひびを埋めます。
IMG_2039

満身創痍(汗)
IMG_2048

全体のひび割れ補修が済んだところで下塗りします。

下塗りの塗料の色は白なので、オレンジに白がうっすらと乗った変わった色になりました。
右から左に向かって塗装しています。
IMG_2090

下塗りの次は中塗り。

もともとの風合いが残せるジョリパットフレッシュで塗装します。
こちらも右から左に向かって塗装しています。
IMG_2123

IMG_2152

中塗りの次は上塗り。

あれだけのひび割れがあったので、新築の時にこうしてしっかり3度塗りをしていたのか少し疑問です。
IMG_2159

壁だけではなく、ベランダ床面、霜よけ、水切り、換気扇フード、樋、シャッターケースも塗装しました。
IMG_2194

普段、全く見えない勝手口のひさしの上も。
勝手口屋根

屋根も下塗り、中塗り、上塗りしました。

雨水漏れを起こさないよう、タスペーサーで縁切り処理をしています。
これ、重要です。
IMG_2250

屋根のひび割れも補修しました。
屋根割れ補修2

あたかも私が工事したような書き方ですが、この成り代わりの技が使えるのは佐藤塗装店さんが写真付き報告をしてくれたおかげです。

補修用の塗料と刷毛まで頂きました!
ありがとうございました!
タッチアップ材料



それでは、塗装工事の仕上がり具合をメーカーサンプルと比較してみましょう。

もともとの連波が薄めですが全く同じ仕上がりです。
CIMG2137

遠くて分からない?(爆)
CIMG2140

ひび割れ補修部分は近づいてみると分かりますが、遠くからだとそれほど目立ちません。

ジョリパットフレッシュはローラーで塗るため、もともとのコテでの手塗り感がやや薄らいでしまいましたが、風合いは残っています。
塗装前に比べて色が明るくなった印象ですが、これは今まで埃汚れでくすんで見えていたせいでしょう。

佐藤塗装店さんには丁寧なお仕事をして頂き、塗装の仕上がりには満足です!



インターネット上で、数ある塗装業者の中から一軒だけ選ぶのは大変でしたが、今回よい塗装店を選ぶことが出来たと思います。

選択するにあたってホームページだけでは情報が足りません。
そんな中で佐藤塗装店さんのブログは分かりやすく、アップされていた記事や事例が選考の際に参考になりました。

あと、大切なことは人柄です。
自分の人柄を棚に上げて言っていますが、10年ものの大きな施工をお願いするわけですから、信用出来る人柄の業者さんじゃないといけません。
会ってみて、話してみて、提案を聞いてみて、時間をかけていい業者を選ぶことが大切ですね。
バイク屋さん選びも同じです(笑)



++++



10年前、まだ新築だった頃はCB1300SFに乗っていました。

子供たちもまだ小さかったなー
DSCN1455

それがこの10年の間にZRX1200Rに代わり、子供たちは大きくなって親に近寄らなくなり、私はますますガンコ親父になり(苦笑)
IMG_8950


さて、10年後はどうなることやら。
ガンコ親父はまだバイクに乗っているだろうか?(笑)






追記: プロの解説はこちら。
     塗装を考えるブログ「クラックの事。