topspin(トップスピン)の北海道の政治経済行政・芸能やアイドルの日記・独り言

長年グローバル投資、バリュー株投資を行っている投資家です。投資家目線からの北海道の政治経済行政教育マスコミやアイドル、ドラマ、女優などの芸能ニュースなどの雑談や感想を書きます。  北海道に関しては独特の切り口で最悪欠陥システムを分析検証します。芸能関係(特にアイドル)が大好きでその話もたくさん書きます。  なお芸能分析には投資や経済、ITや経営、セールスやマーケティングなどビジネス書読者として独特の観点で書きたいです  現在好きなアイドルはももいろクローバーZと私立恵比寿中学です

山下智久が専門誌を購入して練習!! ゴルフ熱の背景に″冷戦状態″だったあの人の存在が

『6月の神奈川公演から始まり、8月末まで全国を駆け回っている山下智久。そんな彼の近況について、知人が説明する。

「現在ツアー中の山Pですが、周囲にしきりに漏らしているそうです。“ゴルフをやりたい”って。これまでやったことがないのに、“いきなりどうした?”って、みんなビックリしてます」(山下の知人)

 ゴルフ好きという話は初耳だが、

「多忙な状況でも情熱がウズウズさせるのか、“まずは形から”とばかりにゴルフ雑誌を何冊も買い込んで隅から隅まで読み込んでいますよ」(レコード会社関係者)

 早くもやる気満々なのだ。これはいったいどういうことなのかというと─。

「亀梨(和也)クンがしきりに誘っているみたいですね。“やったことがないなら教えてあげるよ”って」(前出・レコード会社関係者)

 野球好きのイメージが強い亀梨だが、じつはなかなかのゴルフ通。20代前半からゴルフを始め、木村拓哉とも一緒にラウンドしたことがある。

「お兄さんが住んでいる関係でよく沖縄に行っているんですが、現地でも頻繁にゴルフ場を訪れているみたいですよ」(芸能プロ関係者)

 ただ、亀梨も現在は来春公開の映画『PとJK』の撮影で、函館と東京を行ったり来たり。山下もツアーに加えて中国での映画撮影のため、日中間を往復する日々だ。

「ひと区切りついたら、一緒にゴルフ道具を買いに行こうという話になっているとか。将来的にはラウンドしようということなんでしょう」(前出・レコード会社関係者)

 来たるべき日に備え、山下は今からゴルフ雑誌で勉強中というわけだ。しかし、この2人は長らく“冷戦状態”と言われてきた。かつてはドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)で生まれたユニット・修二と彰で『青春アミーゴ』を大ヒットさせたりしたが、

「似た者同士というのが災いしたのと、山下クンが赤西仁クンと仲がよかったことが亀梨クンは気に入らなかった」(前出・芸能プロ関係者)

 そんな2人の関係を変えたのは、山下が昨年に味わった挫折。事務所を退社した赤西と内緒でCDを出そうとしたことで、活動をしばらく制限されてしまった。

「山下クンは友達付き合いから変えていくことを決意。合わないと思っていた亀梨クンとも向き合う気になったようです。新しくゴルフを始めようと思ったのも、そういった心境の変化かもしれません」(前出・山下の知人)』

これはいい流れですね。赤西軍団卒業ですかね

SMAPの次はキスマイ?飯島派が”ジャニーズ撤退”の可能性

『ジャニーズ帝国に亀裂が走り始めている。8月18日に、Kis-My-Ft2の玉森裕太(26)と元マネージャーの飯島三智氏(59)が接触した可能性が『フライデー』(講談社)に報じられた。SMAPの次はキスマイ騒動が起きるのではないかとファンをザワつかせている。
■玉森裕太が飯島氏と接触……ファン心配
 藤ヶ谷太輔(29)や玉森ら7名で構成されるキスマイ。デビュー5周年を迎え、今年7月からスタートした「Kis-My-Ft2 CONCERT TOUR 2016 I SCREAM」の公演で、ジャニーズ史上最速で観客動員数200万人突破を記録した。

 そんなキスマイのファンをザワつかせているのは、『フライデー』が報じた飯島氏の動きだ。某大手広告会社とつながりのあるキャスティング会社の関係者とコンタクトを取っている他、都内ホテルの高級中華料理店から出てきた際には、ツーショットではないにせよ、玉森がほぼ同時刻に同じホテルから出てきたというのだ。ジャニーズから「接触するな」と命令が出ている飯島氏と接触した可能性が高く、ファンの間で「大丈夫なのか」という声が蔓延している。

「SMAPが解散を正式発表しただけに、もう何が起きても不思議じゃない状況。飯島氏が本当に芸能界に復帰するなら、SMAPのメンバーだけじゃなくキスマイも引き抜く可能性は考えられます」(報道関係者)


■飯島派のキスマイは干され気味
 SMAPとともに飯島派として知られているキスマイは、今回のSMAP騒動の余波を強く受けているグループ。ツアーが成功したとはいえ、1月の騒動で飯島氏がジャニーズを退社して以来、徐々に仕事が減少してやや干され気味だ。

「メリー喜多川副社長(89)や娘の藤島ジュリー景子副社長(50)が権力を行使している今は、SMAPの弟分と見られていたキスマイへの風当たりも厳しいです。SMAPが解散した来年以降は、なおさら同幹部らの怒りのほこ先になるかもしれません。そんなジャニーズで明るい未来を描くのは難しいのでは」(前出・関係者)

 またマスコミの動きも慌ただしい。某ウェブメディアがジャニーズお抱えの紙媒体各社を出し抜く形でSMAP解散を報道して以来、各社が競うようにしてSMAPネタの報道合戦を繰り広げている。同事務所のマスコミ統制がやや崩れている様子だ。

「各ジャニーズタレントのコメントを聞くかぎり、事務所内でも衝撃が走っている様子がうかがえます。キスマイに限らず、幹部陣への信頼感を失った他タレントが流出する可能性も捨て切れません」(前同)

 お家騒動がまだ収拾する気配のないジャニーズ。キスマイがSMAPの次の衝撃となって帝国の地盤に揺さぶりをかけるのか。』

まあ派閥争いに負けたグループはピンチですね。どうなりますか

NEWS手越祐也“イチャイチャ”に持論「そっちの方が興奮する」

『【手越祐也/モデルプレス=8月3日】NEWSの手越祐也が2日深夜放送のNEWS小山慶一郎がパーソナリティを務めるラジオ「KちゃんNEWS」(文化放送/毎週火曜24:00〜24:30)に登場。恋人とのスキンシップについて持論を展開した。

V6森田剛、“ザ・アイドル”NEWS手越祐也が「羨ましい」

「彼氏と手をつなぐとき、なんて言われたら嬉しいですか?どうやってつなぎたいですか?」というリスナーの質問に対し手越は「言葉はいるのかね?俺、言葉なしでもいいよ」と回答。さらに「一緒に歩いてて、ちょっと手がコツンってあたって『およよ』って思いながら最終的には握ってこられるのがいいかな」と初めて手をつなぐ際の理想のシチュエーションも明かした。さらに手のつなぎ方に対しては「(指を)絡める型ですね。(指)全部をクロスする方が好き。(相手の)体温感じてね」と好みを語った。


◆人前でのキスは…?

さらにトークが「人前でキスできるか」という話題になり、「日本のカップルはもっと情熱的にイチャイチャしたほうが良い」と持論を語った手越は、電車内でのキスに関し「全然できるよ」と即答。小山が「人がいっぱいいて、注目浴びちゃうところでもできるんだ」と感心すると、手越は「逆にそっちの方が興奮する」と続け「みんなに見られてると『俺らのラブラブどう』みたいな」と説明した。

一方、小山は人前でのスキンシップは出来ないそう。「外とかだったら、あんまりイチャイチャすんの苦手な人なのかなって思われがちで、2人になったらいきます、みたいな」と外ではそっけなくしがちであることを明かし「(外でのスキンシップは)無理だよ、お前(手越)のメンタルないもん」と笑いながらコメントした。

このほか2人はリオ五輪で注目する選手や、花火大会、友達の作り方などに関し、トークを繰り広げた。


◆ファンから反響「手越くん大胆!」

番組終了後、ネット上では「手越くん大胆!」「聞いてるだけでドキドキした(笑)」「さすが王子」「手越くんとならイチャイチャしたいです!!」といったファンからのコメントが数多く上がった。』

まあファンが喜びそうな話ですね。さすがです

SMAPの後釜にキンキが急浮上?嵐じゃなかったウラ事情  まあ後釜は嵐でしょう

『SMAPの突然の解散発表で大揺れになっている芸能界。今年の12月いっぱいで解散と公表されているが、ファンが最後の望みとして期待しているNHK『紅白歌合戦』出場は絶望的と言われ、さらに長年続いていた冠番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の終了も確実となっている。そんな中、SMAPの“後釜”として後輩のKinKi Kidsが急浮上する事態が起きている。その背景には、ジャニーズ事務所内の複雑なパワーバランスが絡んでいるという。

■紅白、スマスマの後継にKinKi Kidsが最有力
 今年3月以降、SMAPは一切の歌番組出演やコンサート活動をしておらず、ファンにとっては5人揃ってのライブが最後の願い。その舞台として期待されているのが通算23回の出場を果たしている『紅白歌合戦』だ。

『スポーツニッポン』によると、ジャニーズ事務所は「最後に出場できればとは思う」との意向を示しているが、現状では「100%ない」と同紙は断言。それほどグループ内の亀裂は根深く、さらに『紅白』に出場するくらいならファンのために25周年記念コンサートをするべきとの意見もあり、出場は絶望的のようだ。

「NHKサイドは大トリを6度も務めたSMAPの出場枠を空けており、最後の舞台をつくろうと出演を説得するようです。ですが、どうしても出場できないと判断すれば代わりに別のジャニーズグループを入れることになる。その最有力候補として浮上したのがKinKi Kidsです。KinKi Kidsはシングル36作連続オリコンチャート1位というギネス記録を更新し、今年からデビュー20周年イヤーに突入。昨年8月にNHKの音楽特番『いのちのうた』の総合司会を務めるなど“貢献度”も申し分ない」(芸能関係者)

 さらにグループ解散とともに終了するとみられる『SMAP×SMAP』の後継番組を、KinKi Kidsが担当するとの情報も噴出している。

「今年初めのSMAP分裂騒動の当初から『スマスマ』の打ち切り案が浮上し、後継番組を担当するグループとして嵐や関ジャニ∞などの名前が挙がっていました。しかし、解散によって番組終了が不可避となった現在はKinKi Kidsに一本化されつつあるようです。本来なら『スマスマ』の後番組はゴタゴタのイメージが残るので貧乏クジのようなもの。嫌がるグループの方が多い。しかし、KinKi Kidsは過去に『LOVE LOVEあいしてる』『堂本兄弟』(共にフジテレビ系)などに出演し、フジテレビや番組スタッフとの関係が強固。さらにデビュー当初からSMAPに可愛がってもらっていた縁もあり、SMAP解散で空いた穴を埋めるのに嫌とは言わないでしょう」(前同)


■ジュリー派の「独占」を防ぐための苦肉の策?
 KinKi Kidsなら人気も実力も十分。だが、本来であれば分裂騒動によって退職した元チーフマネジャーI女史が“SMAPの弟分”として売り出していたKis-My-Ft2が妥当との声もある。また、SMAPほどの巨大グループの穴を埋めるなら事務所のエース格である嵐や関ジャニ∞でなければ難しいという意見も根強い。なぜ、いずれの番組の後継もKinKi Kidsの名が浮上しているのか。

「ジャニーズ事務所内にSMAPらを育てたI女史の派閥と、嵐や関ジャニ∞などを手掛ける藤島ジュリー景子副社長(50)の派閥があったのは公然の秘密でしたが、それとは別にジャニー喜多川社長(84)のお気に入りで構成された中間派があります。I女史の退職以降、SMAPの問題はジャニ―喜多川社長が直々に担当し、現在のSMAPは“ジャニーさん預かり”のような状況です。そのジャニー派の筆頭といえるのがKinKi Kids。ジャニー社長は自分と同じマンションに堂本剛(37)を住まわていたほどKinKi Kidsに信頼を置いていますから、SMAPの後継枠という難しい状況も二人ならこなしてくれると考えたのでしょう」(前出・関係者)

 また、これは事務所内のパワーバランスを調整することにもつながるという。

「もしジュリー派がSMAPの後継枠を独占してしまえば、木村拓哉(43)を除く独立組だった4人のSMAPメンバーは解散後に事務所内の居場所を失い、いずれ離脱してしまうでしょう。それを防ぐためにもジャニー派が後継を担当し、権力が一極集中しないようにしなければならない。SMAPメンバーの離脱だけは避けたいジャニー社長の苦肉の策といえるでしょう」(前同)

 ひとまず後継の最有力候補は決まったようだが、まだまだ問題が続発しそうな気配。SMAP解散の激震は今後もジャニーズ事務所を揺るがすことになりそうだ。

文・佐藤勇馬※個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にライターとしてスカウトされて以来、ネットや携帯電話の問題を中心に芸能、事件、サブカル、マンガ、プロレス、カルト宗教など幅広い分野で記事を執筆中。著書に「ケータイ廃人」(データハウス)「新潟あるある」(TOブックス)など多数。 』

まあジュリー一派の独占がSMAPつぶしの理由ですから後釜は嵐でしょう。理屈ではないと思います

SMAP、解散を発表<所属事務所コメント全文> ジャニーズの事務所が悪いと思います

『【SMAP/モデルプレス=8月14日】SMAPが、今年の12月31日をもって解散することが、明らかになった。所属事務所が公式サイトにて発表した。

【さらに写真を見る】SMAP、解散を発表

「デビューより25年間アーティストとしてグループ活動をして参りましたSMAPは2016年12月31日をもちまして解散させていただくことになりました」と発表。

今年1月、グループの解散が報じられて以降、メンバーと所属事務所との協議が進められたというが「議論を続ける中で『今の5人の状況ではグループ活動をすることは難しい』というメンバー数名からの要望を受け、7月の音楽番組を辞退させて頂いた経緯がございました」と説明。

「メンバー数名より『休むより解散したい』という希望が出たことを受け、苦渋の選択ではございますが、これまで一生懸命に走り続けた彼らの功績を尊重し、全員一致の意見ではないものの解散したいと考えるメンバーがいる状況でのグループ活動は難しいと判断し、本日の御報告となりました」としている。(modelpress編集部)


■コメント全文

弊社所属アーティスト「SMAP」今後のグループ活動につきまして

いつもSMAPをご支援頂き、有難うございます。これまで皆様に大変ご心配をお掛けしておりましたSMAPの今後の活動につきましてメンバーと協議を重ねた結果をご報告させて頂きます。またメンバーの意思を尊重し、書面でのお知らせとなりましたことをお許しください。

デビューより25年間アーティストとしてグループ活動をして参りましたSMAPは2016年12月31日を持ちまして解散させていただくことになりました。本年1月にSMAPメンバーより事務所に残りグループ活動を存続させたいという意向を受け、事務所一丸となってSMAPをサポートするべく各部署で様々な準備を進め、2月より8月10日までの半年以上の時間をかけて個々のメンバー並びに全員と面談を重ね、例年通りの音楽番組への出演、ファンへの感謝をこめたコンサートの開催、更には冠番組の20周年とCDデビュー25周年を記念したイベントの企画等を提案し、協議を進めて参りました。しかしながら議論を続ける中で「今の5人の状況ではグループ活動をすることは難しい」というメンバー数名からの要望を受け、7月の音楽番組を辞退させて頂いた経緯がございました。8月に入り、待っていて下さる方々の為にも、落ち着いて考える時間を持ち、前向きな状況が整うまでグループ活動を暫く休むことを提案致しましたが、メンバー数名より「休むより解散したい」という希望が出たことを受け、苦渋の選択ではございますが、これまで一生懸命に走り続けた彼らの功績を尊重し、全員一致の意見ではないものの解散したいと考えるメンバーがいる状況でのグループ活動は難しいと判断し、本日の御報告となりました。

25周年のコンサートやイベントを待ち望み応援してくださっているファンの皆さま、そして彼らを今日まで支えてくださった関係者の皆さまのご期待に応えることが出来ず本当に心苦しく、私共の力不足をお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。

本年を持ちまして、SMAPは解散させていただくことになりますが5人それぞれの所属が変わることはなく、より一層個人活動につきましては精進して参ります。彼らの活動を、これまで同様温かく見守っていただけましたら幸いです。今後ともご支援とご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社ジャニーズ事務所 』


なんか事務所は責任逃れの書面を送りましたが、1月の謝罪番組で終わっていました。

後継者争いの巻き添えで解散したようなものですね

℃−ute解散 来年6月にさいたまSA公演で 個々の目標を目指す これはびっくりしました

『女性アイドル5人組グループ、℃−uteが、来年6月に行う予定のさいたまスーパーアリーナ(SA)公演(日時未定)で解散することが19日、分かった。ハロー!プロジェクトからも卒業する。

 リーダーの矢島舞美(24)らメンバーがデイリースポーツなどの取材に応じ「全員が成人になり将来を考える中で、個々の目標を目指したい思いが強くなった」と理由を説明。19日に東京・中野サンプラザで行われるハロー!プロジェクトの公演で、メンバーがファンに報告する予定だ。

 「解散」の2文字がメンバー間で最初に浮上したのが今年2月。最年少の萩原舞が20歳になり、今年2月に5人で将来について話し合った際という。同6月にさいたまSAでの公演が決定し「大きな夢がかなうことで区切りをつけたい」とスタッフを含め改めて相談。同期のBerryz工房と同じように「無期限活動休止」とする案もあったが「いつ戻るか分からない中途半端な状況はファンに申し訳ない」と、今月に入って、最終決断をした。

 さいたまSAでの公演は5人の悲願だった。05年にハロプロエッグのメンバーからBerryz工房メンバーに選ばれなかった7人で結成したのが℃−uteだった。グループ結成もCDデビューも常に一歩リードしてきたBerryzが07年に単独コンサートを行った会場がさいたまだった。

 岡井千聖(22)は当時の気持ちを「もうあんな大きな会場でやるんだ、同期なのにこんなに差が開いたなと、すごい悔しさとうらやましさを感じた」と振り返る。それ以来、5人は「いつかさいたまでやろう」と心に誓い合い奮闘。アイドル界屈指の歌唱力とダンススキルを磨き、13年の日本武道館、昨年は横浜アリーナと単独公演のキャパを拡大し、ついに夢舞台にたどりついたことで大きな達成感を覚え、グループ活動に区切りをつける選択をした。

 岡井は「武道館、横アリ、さいたまと来て、次の夢となると途方もない。(グループの勢いが)落ちてきて終わるのは嫌だよね、と話してきた。私たちもアイドルを始めて15年。輝いたまま終わりたい。次の夢に切り替わって、未練はない」と正直に告白した。矢島は「グループではできない、個々の目標があり、どこのタイミングでそういう活動をし出すかと考えたときに、全員が20歳になったときがいいかなと思った」と説明。メンバー間の不仲?と聞かれると5人は即座に否定。「これからも毎年、9月10日の℃−uteの日には集まりたい」と声をそろえた。

 解散後はまだ未定としながら、それぞれ夢を描いている。

 矢島は「私は演技が好きなので、女優の仕事をしたい」。

 鈴木愛理(22)「もともと好奇心が旺盛なので、アイドル活動でやってきたいろんなことを一人でもやっていきたい。演技やモデル、大学に行ったことを活かせるようにキャスターもやりたい。桐谷美玲さんと西内まりやさんを足して2で割ったような活動が目標」。

 岡井は「私はバラエティーをやりたい。そう簡単に生きているところじゃない。全力で生き残れるように頑張りたい」。

 中島早貴(22)は「演技も写真を撮られるのもロケに行くのも好き。好きなことをお仕事にできるように頑張りたい。一番の目標は旅番組を持つこと。自然に触れ合って紹介するとか」。

 萩原は「私は洋服が好きなので、アパレルに関われたらいい。洋服について学びたい」。

 今後は、9月5、10日に「℃−uteの日」の単独公演を日本武道館で開催。冬のハロプロ公演には参加しない。鈴木は来年6月までの過ごし方について「5人で、アイドルとしての15年間の集大成を見せる。ファンの方と触れ合える機会をたくさんつくりたい」と“ファン孝行”にささげる思いを言葉にした。 』

このタイミングでの解散発表は驚きました。解散自体は状況的に予想できました。日本武道館公演のチケットが売れていないからでしょうね

ハロプロもどんどん追い込まれていきますね

SMAPが歌番組を辞退 ファン「理由が納得できない」

『スポニチアネックスが7月15日に報じた記事「SMAP TBS『音楽の日』&フジ『FNSうたの夏まつり』辞退」が話題だ。記事によれば、16日、18日に放送される2つの大型音楽番組に、SMAPは新曲のリリースがないことを理由に出演を辞退したという。ファンたちからは悲しみとともに、困惑の声が漏れている。

TBSの『音楽の日』(16日)、フジテレビの『FNSうたの夏まつり』(18日)はともに2011年から毎年夏に行われている大型歌番組。『音楽の日』は第1回から中居正広が、『FNSうたの夏まつり』は2012年から2014年まで草なぎ剛が司会を務めるなど、SMAPと縁が深く、さらに『音楽の日』の第1回を除き、SMAPはすべての回でパフォーマンスを行っていた。

記事によると、メンバー5人は事務所社長を交えて何度か協議したうえで、「今年は新曲のリリースをしておらず、十分なパフォーマンスができない」という結論に至ったというが、メインアーティストのひとつだったSMAPが両番組とも出演しなくなったという報道に、Twitterでは、

「Smap 会いたかったなぁ・・」
「音楽の日とFNSにSMAP兄さんたち出ないのけっこう衝撃だね」
「やっぱり出ないのね(T_T) SMAPが出ないなら録画も視聴もしないかもな…(´・ω・`)」
「音楽の日にもFNSにもSMAPが出ないことのショックが大きすぎて…もうSMAP以外のジャニーズが総出してもあたしの中ではSMAPの存在感には敵わないんだけど、、、」

とショックを受けるファンが続出。ただ、辞退理由に納得がいかないファンも多く、

「新曲披露するためだけの番組なんですかね?」
「新曲を披露する番組じゃないけど。。」
「百歩譲ってFNSはまだ分かる。でも音楽の日辞退はおかしいでしょうに。復興支援がテーマの番組に新曲がないからは違うだろ。ファンということを抜きにしてもSMAPを見たい人は相当いるはず」
「う〜ん、何かねじ曲げられてる感。 新曲出す時だけ音楽番組出るスタンスとは一番かけ離れてるグループだと思うんだが。 そもそも、音楽の日は被災地に向けての番組だし」

と、疑念を抱くコメントが続々と寄せられている。また、『音楽の日』は今年も中居正広が司会を務めるだけに、

「smap。音楽の日って中居さん司会じゃんよ。しかも復興支援立が趣旨なはず。マジか。こりゃおかしいわ」
「中居君がMCするのに音楽の日にもFNSにもSMAPでなくて残念(;_;)」

という声も。

今年の1月に解散騒動が噴出し、メンバー間のイザコザなど憶測が飛び交っているSMAP。今回の不参加を受けて、「年末『CDTV』がSMAP最後のライブだったんじゃないのか?あの半端ない意気込み」など、今後SMAPとしての活動が行われないのでは…と懸念する人もいるほどだ。国民的アイドルだけに、早くパフォーマンスが見たいファンは多いはず。5人揃ったSMAPの歌を聞けるのはいつになるだろうか…。』

これは実績を考えるとおかしいですね。ファンはSMAPを見たがっています

土屋太鳳「意識してきた」“俳優”亀梨和也への思いを明かす

『【土屋太鳳・亀梨和也/モデルプレス=7月9日】女優の土屋太鳳が8日、自身のブログを更新。2017年春公開予定の映画「PとJK」でKAT-TUNの亀梨和也と共演し、恋仲を演じることについて「本当に夢のようですし、ありがたい」とつづり、女優として「意識してきた」という亀梨の主演作への思いを明かした。

亀梨和也×土屋太鳳が“秘密の結婚” 警察官とJKの禁断ラブストーリー描く


◆土屋太鳳が「リスペクトして意識してきた」ドラマ

土屋は、高校の文化祭についてブログをつづる中で、「私にとって『文化祭』という行事が 強烈な憧れになったきっかけが ドラマ『野ブタ。をプロデュース』でした」と、亀梨と山下智久が主演し、堀北真希がヒロインを務め人気を博した学園ドラマ『野ブタ。をプロデュース』(2005年、日本テレビ系)を述懐。そこで描かれた文化祭のエピソードが「衝撃的でもあって、映像も素敵だったし お話も面白かったし 考えさせられた」と深く印象に残り、文化祭に憧れを抱くようになったという。

同作について「すごくいろいろなことを 教わったドラマだったんですよね。 個人的に記憶に残ったドラマ というだけじゃなく 女優の仕事をするようになってからは、学園物の作品を演じる時、リスペクトして意識してきた ドラマの一つでもあります」と女優として指標になっている作品であると明かした。


◆亀梨和也との共演は「夢のよう」

亀梨と初共演を果たす映画「PとJK」は、2013年から講談社「別冊フレンド」で連載されている三次マキ氏の同名人気コミックで、亀梨演じるイケメン警察官・功太の「P(=POLICE)」と、土屋演じる恋愛初心者の歌子「JK(=女子高生)」が秘密の結婚をするという禁断のラブストーリー。

土屋の“憧れ”の「野ブタ。―」の世界を作り上げた亀梨との共演に「今、高校生の役として 御一緒していることが 本当に夢のようですし、ありがたいことですし、この時間を噛みしめて 『PとJK』の世界に 心をこめていこうと思います」と思いをつづった』

これは映画が楽しみですね。期待しましょう

増田貴久「解散も考えた」NEWSが“4人で活動する意味”…グループ復活までの葛藤を赤裸々告白

『【増田貴久/モデルプレス=7月17日】NEWSの増田貴久が、17日放送の日本テレビ系「チカラウタ」(毎週日曜17:00)にゲスト出演。小学校6年生でジャニーズ事務所に入所後、およそ1ヶ月でKinKi Kidsのバックダンサーとして東京ドームのステージを踏んだ増田は「なんでこんなに人が集まるんだろう。この人たちは本当にすごい人たちなんだ」と感動したことを回顧。そんな東京ドームへの特別な想いがあったからこそ、NEWSが4人で復活を遂げる際に「東京ドームでできるまではライブをやらなくていい」と最後までこだわりを持ち続け、メンバーと対立したことなどを赤裸々に明かした。

NEWS手越祐也、挫折を初告白…小山慶一郎も「全然知らなかった」“陰の努力”が明らかに


◆NEWS崩壊の裏でテゴマスが活躍…小山慶一郎「引き止めなかったら後悔する」

2003年に華々しいデビューを飾ったNEWSだが、徐々にメンバーは減少し、大きい変化が訪れたのは2011年10月の山下智久、錦戸亮の脱退。「4人でやるかやらないかを考えるよりも先に、すごくショック過ぎて『なんでこんなことになっちゃったんだろう』ってすごく悔しかった。やりたいことのビジョンはみんな違ったので、初めは解散っていう選択肢も考えた」と境地に立たされていたことを告白。

しかし「4人でやって行った方がいい」と加藤シゲアキとともに話していたという、番組MCの小山慶一郎は「その時タイミングが悪かったのが、テゴマスがツアーをやっていた。もし自分がテゴマスだったら、テゴマスでやればいいんじゃないかって思うのが普通。でもこの人を引き止めなかったら自分も後悔するし、きっとまっすーも後悔すると思った」といい、電話で1時間ほど増田を説得したという。それでも増田は「(小山が)4人ですぐに活動して忘れさせないようにしよう、って言ってたんですけど、俺は違うんじゃないかと思った。4人になってしまった自分たちの責任もあるし、やるからにはちゃんとしたものができないんだったら、やる必要ないんじゃないか」と中途半端なままでは再始動できないと考えていたことを吐露した。

そんなメンバー間での対立を経て、NEWSは2012年7月に4人体制で初のシングル「チャンカパーナ」をリリース。増田は「時間が空いたのは、僕のせい」と自身の責任であるとした。


◆東京ドームへの強い想い「本当に嬉しかった」

さらに、リリース後には4人体制で初となるツアー「NEWS LIVE TOUR 2012 〜美しい恋にするよ〜」を開催。初日は東京・秩父宮ラグビー場で行われたが「4人での復活コンサートは東京ドームでやりたかった。スタッフさんに『東京ドームでできないですか?』って聞いたら『できない』と(言われた)。自分にとっては夢の場所でずっとお願いしてたんですけど、それは叶わなかった」「言い方は悪いですけど、『だったらドームでできるまでやらなくていい!』ってわがまま言っちゃうくらい…」と目を潤ませながら、焦ってパニックに陥っていたという当時の自分を振り返った。

それから約1年後の2013年9月、10周年記念ライブを東京ドームで開催したNEWS。念願の晴れ舞台となった増田は「本当に嬉しかったです。ステージのセットを組んでるところに行って、ステージが組まれてるのを見ながら泣いてました」と泣いて喜んだことを明かし、その際に4人で制作した楽曲「愛言葉」を“チカラウタ”として発表した。』

これはよくがんばりましたね。復活しました

嵐の二宮和也、秋元氏の企画映画で天才料理人!滝田洋二郎監督と日米アカデミー賞タッグ!

『嵐の二宮和也(33)が、作詞家・秋元康氏が企画した映画「ラストレシピ〜麒麟(きりん)の舌の記憶〜」(来秋公開)に主演することが17日、発表された。人気番組「料理の鉄人」を手がけた演出家・田中経一氏のデビュー小説を原作に、メガホンは09年に「おくりびと」で邦画史上初の米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎監督。豪華製作陣に支えられ、新たな作品を送り出す。

 演じるのは、一度食べた味を完全再現できる「麒麟の舌」と呼ばれる絶対味覚を持ち、戦争で失われた1930年代のレシピの解明に挑む天才料理人という役どころだ。スタッフだけでなく、共演にも実力派が勢ぞろい。西島秀俊(45)、宮崎あおい(30)、竹野内豊(45)ら。まもなく始まる約3か月間の撮影を前に、二宮は幸せをかみ締めながら「本当にうれしく感謝とともに現場に入れそう。とにかく死に物狂いで頑張る」と力を込めた。

 近年、俳優としての活躍はめざましい。昨年には山田洋次監督作「母と暮せば」で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。出世作となったクリント・イーストウッド監督作「硫黄島からの手紙」(06年)から10年が経過し、演技の世界で確固たる地位を築きつつある。滝田監督も「大きな芝居をしなくて存在感を出せる天性のものを持っている」と尽きない魅力を明かしながら、「天地明察」(12年)以来5年ぶりの“調理”を心待ちにした。

 二宮の料理人役は、07年に日テレ系ドラマ「拝啓、父上様」で板前役を演じて以来。現在は撮影を前に、約2か月ほど前から料理家・服部幸應氏らの指導の下、共演者とともに包丁研ぎなど基礎から猛特訓している。本来は左利きながら、右手で包丁を扱う練習を繰り返しているという。「切る音、焼く音、調理の香り。それが本当に心地よい」と二宮。“最高の食材”となって、新たな代表作に仕上げる。

 ◆絶対的な「舌」相次ぐドラマ

 〇…最近は絶対的な「舌」を持つ主人公のドラマが相次いでいる。向井理(34)はTBS系「神の舌を持つ男」(金曜・後10時)で空気中の成分さえも舌で認識できる主人公の大学院生を好演。22日スタートのテレビ朝日系「グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜」(金曜・後11時15分)で剛力彩芽(23)が演じるキャラクターも同様の能力を持つ。料理人をテーマにしたドラマでは佐藤健(27)が昨年主演したTBS系「天皇の料理番」が高視聴率を記録した。

 ◆「ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜」

 太平洋戦争直前に妻・千鶴(宮崎)と満州に渡った天皇の料理番・山形直太朗(西島)が究極の美味112品のフルコースを考案。戦争によってレシピは失われるが、その謎を追うのは、依頼人の「人生最後に食べたい料理」を再現して高額の報酬を得る現代の料理人・佐々木充(二宮)。1930年代と2000年代初頭の2つの時代を交錯させながら、絶対味覚を持った山形、佐々木の2人と、支え続けた周囲の人々の運命を描く。脚本は「永遠の0」で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した林民夫氏。』

これは楽しみですね。期待しましょう

キスマイ玉森裕太の全力疾走はダサい?中居「稲垣さんライン」

『Kis-My-Ft2玉森裕太(26)が、自身の走り方にコンプレックスを持っていることを明かした。SMAP中居正広(43)は、玉森の全力疾走を見て「この走り方、稲垣さん(SMAP稲垣吾郎)ラインですね」と評した。

 5日、テレビ朝日系『中居正広のミになる図書館』では新企画として「芸能人弱音川柳」を放送。テレビの前では普段出せない弱音を、川柳に掛けてゲストが告白した。その中で玉森は「なんでだろ ダサいんですよ 走り方」と詠み、自身の走り方がダサいことを明かした。

 番組MCの中居は「ジャニーズって結構走るじゃん。ライブだとか、(走り方は)カッコいいアイテムの1つだったりするよね。ダサい走り方って何?」と玉森のジャニーズらしからぬ告白に疑問を呈した。

 玉森は「僕も言われるまで全然気づかなかったんですけど、ドラマで走るシーンがあって監督に、ゴメン、カット割らせてもらっていいかな? と言われて」と撮影現場での経験を語った。

 中居は「ライブとかどうしてんの?」と尋ねると玉森は「ライブでも走るとお客さんが笑うんですよ。だから、全力では走らないようにしてます」とライブでの心がけを明かした。

 スタジオで試しに玉森が全力疾走を披露すると、カッコいいイメージとはかけ離れた走り方にスタジオからも笑いがこぼれた。これを見た中居は「この走り方、稲垣さんラインですね」とSMAPの中でも体育会系ではなく、文化系に属する稲垣吾郎の走り方と同類であると評した。

 視聴者からは、ツイッターなどで「めちゃカワイイですけどね」「玉森くんのダサかわ走り」など母性本能をくすぐるタイプの走り方に、好感を持つ意見も見られた。』

これは癖ですかね、ジャニーズも大変です

「芹那より数億倍マシ!」関ジャニ∞・大倉忠義&吉高由里子の熱愛報道をジャニヲタが祝福中

『女優の吉高由里子(27)が、関ジャニ∞・大倉忠義(31)の自宅に連日通う様子を、15日発売の「フライデー」(講談社)が報じている。

 同誌は、先月から今月にかけ、大倉のマンションと仕事場を往復する吉高の姿を何度もキャッチ。2人は3月頃から会員制バーに出入りする様子が頻繁に目撃されているほか、先月には大倉の実家がある大阪で、仲良く粉モノを頬張っている姿が目撃されているという。

 吉高といえば、ロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎と、大倉はタレントの芹那とそれぞれ熱愛が報じられていたが、記事によれば、2組とも昨年に破局していたという。

 この報道を受け、関ジャニ∞ファンがショックを受けているかと思いきや、ネット上は祝福ムード。Twitterでは「芹那よりは、数億倍マシ」「なんだろう、芹那の時みたいに嫌じゃない」「芹那は嫌やったけど、吉高なら許す」「芹那と別れて、いい人見つけたね」「一流女優とフライデーとか、でかした」「今日は祝杯やな\(^o^)/一流芸能人 」と盛り上がりを見せている。

 また、現在、芹那のSNSのコメント欄には、「大倉にフラれて、ざまー」「由里子ちゃんに取られちゃいましたね」といったコメントが相次いでいるが、芹那サイドが消去に追われている模様だ。

「2014年9月に大倉との熱愛が報じられた芹那ですが、もともとタレントとして嫌われていた上に、SNSに大倉とお揃いの私物の画像をいくつも投稿し、ファンを挑発。完全にジャニヲタから敵視されてしまった。それに比べ吉高は、一時は自由すぎる発言が『イタい』などと話題になったこともあるが、『花子とアン』(NHK)主演後は好感度が急上昇。女優としての格も上がり、大倉ファンも『吉高なら……』と温かい目で見ています」(芸能記者)

 さらに、ファンの間では4月に放送された『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)が話題に。大倉が出演した街ブラ企画で、生活雑貨店に立ち寄り、「料理はするけど、食器がない」という旨を語りながら、食器を次々と2つずつ購入。ファンからは、「2つずつ買っていたのは、そういうことだったのか」「料理する人なのに、食器が家に全然ないって、どう考えてもおかしいもんね」との声が相次いでいる。

 加えて、ジャニーズの携帯サイト上で5月、大倉は「稲庭うどんを食べました」と綴っていたが、6月に今度は吉高が「稲庭うどんが好きで」とツイート。偶然か否かは不明だが、食べ物の好みが一致していると話題になっている。

「この程度の匂わせ方なら、ファンも微笑ましく見ていられる。しかし、ジャニーズの彼女は、芹那のようにSNSであからさまな“匂わせ行動”に出て、その結果、ジャニヲタから嫌われるケースが目立つ。今月、嵐・二宮和也との熱愛が報じられたフリーアナの伊藤綾子も、ブログに『いち、にの、さんっ!!』と書いたり、自撮り写真に嵐のコンサートグッズを写りこませたりと、“匂わせ行動”を連発。ファンを激怒させてしまったため、事務所が別れさせる可能性も」(同)

 所属タレントの熱愛報道において、ファンの反応を重要視していると言われるジャニーズ。大倉が芹那から吉高に乗り換えたことで、事務所も安心しているに違いない。』

ジャニーズファンもいろいろありますね。大変です

SMAPが夏特番を立て続けに辞退…メンバー亀裂は修復不能か

『 SMAPの中居正広(43)が司会をつとめる7月16日放送の音楽番組『音楽の日』(TBS系)に、SMAPが出演しないことが発表されてファンの間で落胆の声が広がっている。

 同番組は2011年から始まったTBSの大型音楽特番で、今年は午後2時から12時間にわたり、同局のレギュラー音楽番組の『COUNT DOWN TV』とドッキングする形で放送される。毎年早い段階で出演アーティストが発表されていたが、今年は放送1週間前にしてようやく一部出演のアーティストの発表を行なった。しかし、ジャニーズのグループではKinKi Kids・NEWS・Sexy Zone・ジャニーズWESTといった6組の出演決定が発表されたものの、その中にSMAPの名前は入っていなかった。

 これまでは中居が司会ということもあり、SMAPは毎回出演していた。さらに従来SMAPの出演タイミングは、中居の司会就任の発表と同時に行われていたが、今回はそれさえもない。

「嵐・櫻井翔(34)が司会を務めた『THE MUSIC DAY 夏のはじまり。』(日本テレビ系)や、TOKIOの国分太一(41)が司会を担当した『テレ東音楽祭(3)』(テレビ東京)でもSMAPの登場はなかった。中居が司会の『音楽の日』こそは…と願ったファンも多かったようですが、それも叶わずでファンの間では絶望的な心情になっているようです」(芸能記者)


■メンバー間の亀裂は修復不可能か?
 さらにSMAPは、18日放送の『2016 FNSうたの夏まつり~海の日スペシャル~』(フジテレビ系)への出演も辞退が決定している。

 こうした背景には、やはりあの独立解散騒動が影響しているようだ。

「派閥争いが収束していないことが原因との声もありますが、ジャニーズ内においてSMAPと同じいわゆる“飯島派”の傘下にあったとされるSexy Zoneが出演していることをみると、派閥争いは関係ないといえるでしょう。それよりも、そもそものSMAPメンバーの亀裂が修復されていない可能性が非常に高い。今後も5人揃ったパフォーマンスはもう見れないかもしれないと予想する番組関係者もいるようです」(前出・記者)

 ジャニーズの会報誌で解散はないと公言したものの、メンバー間の亀裂は世間が想像する以上に深いのかもしれない。』

亀梨和也×土屋太鳳「PとJK」に高杉真宙、玉城ティナ、西畑大吾ら注目株結集!

『亀梨和也が主演し、土屋太鳳と初共演する恋愛映画「PとJK」のキャスト陣が、このほど明らかになった。高杉真宙、玉城ティナ、西畑大吾、大政絢という若手注目株と、村上淳、ともさかりえ、田口トモロヲという実力派が結集した。

 2013年から「別冊フレンド」(講談社刊)で連載されている三次マキ氏の同名コミックを、「ストロボ・エッジ」「オオカミ少女と黒王子」などで知られる廣木隆一監督のメガホンで実写化。超イケメン警察官と恋愛初心者の女子高生が織り成す、“秘密の年の差結婚”を描く。

 高校1年生のカコ(土屋)は、大学生のふりをして参加した合コンで警察官の功太(亀梨)と出会う。互いに惹かれあうが、カコが高校生だと知ると、功太の態度は急激に硬化する。そんなある日、2人はカコの同級生・大神が所属する不良グループの犯罪現場に遭遇。殴られて気を失ったカコが病院で目を覚ますと、そこには功太が寄り添っていた。「女子高生とは付き合えない」と自制していた功太だったが、ともに過ごす唯一の手段として「結婚しよう」とプロポーズする。

 「仮面ライダー鎧武(ガイム)」で注目を集めた高杉が、不良のレッテルを貼られている高校生・大神を演じる。モデル・女優として活躍目覚ましい玉城は合コンを開催したカコの親友・ミカド、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で人気を博した西畑はクラスメイトのジロウ、廣木監督とは3度目のタッグとなる大政が功太の同僚である警察官・小森に扮している。

 さらに、村上&ともさかがカコの両親役、田口が功太の過去を理解する上司・山本役を務めている。「PとJK」は、6月15日からオール北海道ロケを敢行し、7月中旬にクランクアップ予定。2017年春に全国公開される。』

これは楽しみな配役ですね。期待しましょう

NEWS 手越・小山・加藤・増田の4人が語る結婚観

『小山慶一郎(32)、加藤シゲアキ(29)、増田貴久(30)、手越祐也(29)――ジャニーズ事務所所属のグループ、NEWSが、朝日新聞出版発行の「週刊朝日」2016年7月29日号に登場することがわかった



2003年の結成当時は9人だったメンバーが、いまや半分以下の4人になったNEWS。

にもかかわらず、全国8か所で行われた今年のコンサートツアーでは27万1000人を動員、この夏は日本テレビ系「24時間テレビ39 愛は地球を救う」でメインパーソナリティーを務めるなど、いま、グループ史上最強のパワーを放っている。

部屋で4人がじゃれあっているかのようなプライベート感あふれる表紙に加え、メンバーが告白する&されたときの様子が妄想できちゃう!?カラーグラビア3ページ、インタビューを含む特集3ページと、堂々6ページを展開。

「いちごのないショートケーキ」とまで呼ばれた解散の危機を乗り越え、4人それぞれがまったく異なる、しかし強烈な光を放つグループへと成長したNEWSが、その絆や、アジアへの夢、そして結婚について語る!

NEWSの登場する週刊朝日は7月20日発売、定価380円。』

これはファンも気になるでしょう。注目ですね

2位前田敦子!歌手なのに…ぶっちゃけ歌が下手だと思う女性1位は

『かつての日本のCDの売上の15%を占めていたとも言われる平成の歌姫・浜崎あゆみが、いつからか恋人との2ショットを披露する“空港芸人”と化し、その一方でHKT48の新曲『74億分の1の君へ』が、宇多田ヒカルの新曲でNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌である『花束を君に』の3位を抜き、オリコンデイリーランキング1位にランクイン。

筆者を含め、「いま流行りの曲についていけない……!」なんて方も多いのではないだろうか?

そこで今回は、『VenusTap』が男女500名を対象に「正直、歌手だけど“歌下手だな〜”と思う女性アーティストは?」というアンケート調査を実施。気になる調査結果を参考に、大きな声では言えない偽歌姫を探っていこう。

■アレは放送事故でしょ……! 鉄メンタル“剛力彩芽”

<「歌手だけど、歌が下手だな〜と思う女性アーティスト」ランキング>

1位:剛力彩芽(13.0%)

2位:前田敦子(11.8%)

3位:AKB48(11.4%)

4位:板野友美(11.0%)

5位:きゃりーぱみゅぱみゅ(8.8%)

堂々の1位に輝いたのは、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)での生歌が酷すぎるあまり、放送事故レベルと話題を呼んだ、剛力彩芽。しかし、剛力彩芽がその後のブログで


<この間の金曜日は……なんといっても!!ミュージックステーション!!!!
いやぁ〜、緊張した!!んでも、すっごく楽しかったの☆(中略)>

と更新したことから、ネット上では更なる炎上に。

「Youtube見てみて! 下手過ぎるから」「さすが鉄のハートの持ち主」「ちょっとは落ち込んでほしい」といった声が飛び交った。

しかし、問題のYoutubeの動画はこの後すぐ削除され、剛力彩芽のパフォーマンスは永久にお蔵入りとなったようだ……。

■いつも風邪ひいているの? “前田敦子”

続いて2位にランクインしたのは、先月発売した1stアルバム『Selfish』(キングレコード)がオリコン初登場7位と、“まさかの大爆死”と報じられた前田敦子。

「『水曜歌謡祭』に出演したときの生歌に背筋が凍った」、「すごい鼻声。風邪ひいたままレコーディングしてるの?」といった意見が並んだ。

つい先日には、自身のインスタグラムにて金髪姿をアップしたばかり。歌声のみならず、まだまだ注目を集めそうだ

■1人くらいは歌ウマ希望!? 口パク芸にうんざり“AKB48”

前田敦子を一躍有名にした、AKB48がグループとして3位にランクイン。『2016 オリコン上半期ランキング』では、6年連続1・2位を独占し、圧倒的な人気を見せつけているが……。

「ソロの生歌は致命的だし、だからといって安定の口パクには飽き飽き」、「歌手だけれど、歌で勝負してないんだろうと思うことにした」、「1人くらいは、歌ウマ!なメンバーがいてもいいのに……」

先月行われた「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」で栄えある1位を獲得したのは、史上初の二連覇達成となる指原莉乃。ヘタれキャラを売りに、バラエティーでも活躍を見せる指原だが、今後は歌唱力アップにも力を注いでもらいたい。

■音痴という自覚がある私の方が上手いんですけど……チケット暴落“板野友美”



4位にランクインしたのは、同じく元AKB48・板野友美。8月6日には東京でアジアツアーのファイナルを迎える板野友美。しかし、某オークションサイトではチケットの値崩れが激しく、最安値は1,000円という噂……。

「音痴の私が歌った方が上手い!」「代表曲何でしたっけ?」「チケット1,000円でも高い。謝礼+交通費が出れば行きます」などと散々の言われよう。

さらには、夕刊フジのインタビューにて「当時の秋葉原はオタクのイメージが強くて辛かった」などとコメントし、AKBを全力で応援してきたファンから批判が殺到した。

■レディー・ガガに失礼? 蚊が鳴いたような声“きゃりーぱみゅぱみゅ”

最後にランクインしたのは、5月に初のベストアルバム『KPP BEST』(ワーナーミュージック・ジャパン)を発売したものの、3年前に発売された『なんだこれくしょん』(ワーナーミュージック・ジャパン)が約13万枚売れたのに対し、今回は約5万枚と、伸び悩み気味のきゃりーぱみゅぱみゅ。

世間はその歌声を「蚊が鳴いたような声」「日本のレディー・ガガって……歌唱力、皆無。ガガ様に失礼」「デジタルな声に上手いも下手も……」といった評価のようだ。

つい先日には、自身のTwitterで「恥ずかしがり屋だし基本的に興味ないし、この世界は自分に向いてないんじゃないかなぁと定期的に思ったりするんだけど」と、本音を覗かせたきゃりー。

しかし、ネット上では「そうかいそうかい、やめちまえ」「ずっとそんなこと言ってるよね」などと、厳しいコメントが相次ぐ事態に。

意外にもCDの売上枚数と歌の上手い下手は関係がないのが日本なのかもしれない。剛力彩芽を超える、超ド級パフォーマンスが見られる日は来るのだろうか。』

まあAKB48出身ですからね。仕方がないでしょう

確執20年の真相 櫻井翔「後ろめたかった」タッキー「みんなが敵」

『タッキー&翼の滝沢秀明(34)が14日放送のTBS「櫻井・有吉THE夜会」 (木曜後9・57)に出演。番組MCを務める嵐の櫻井翔(34)との20年にわたる“確執”が明らかになった。

 同じジャニーズ事務所に所属し、同学年の滝沢と櫻井だが、滝沢が半年先輩。ほぼ同期メンバーながら約13年間、バラエティー番組共演がなく、いつしか一部のファン間で2人の“不仲説”がささやかれるようになった。

 不仲説を拭うため、東京・恵比寿で2人きりのサシ飲みロケを敢行。テレビはもちろん、プライベート含め、2人で飲みに行くのは今回が初。個室でスタッフなしの2人きりトークを繰り広げた。

 2人の1年後輩・生田斗真(31)の手紙が紹介され、ジャニーズJr.時代にリーダーとして集団を引っ張っていた滝沢に対し、へそピアスにカラコンをしてジャージ姿でレッスンに来るなど、櫻井は“部活の延長”感を最も出していたという。

 櫻井は「みんな同じような感じがつまんねえな〜みたいな。その時だよ、一番距離があって、ほとんどつながりがないのは。ファンの人が『仲悪いんじゃないか?』って思っていたの、オレはちょっと理解できるのね。オレはちょっとね、タッキーのことを斜めに見ていた。(自分から)離れていったと思う。反省というか、謝りたいと思っていて…」と告白。

 「30も中頃になって、20年くらい経つから、昔話として聞いてもらいたい」と前置きした櫻井は、ジャニーズJr.が総出演したゴールデン帯のバラエティー番組「8時だJ」(1998〜99年、テレビ朝日)でヒロミ(51)とMCを務めた滝沢に嫉妬。「ヒロミさんと肩を並べて番組進行する滝沢君。それで距離ができたんじゃないかな。戦っても…これって戦う意味、努力する意味あるのかな…みたいに思っちゃっていたの、当時。なるべく後ろの端っこの方にいて、何だかな〜って思いながら見ていたんだと思う。(MCの)大変さを知らないで。だからオレは正直ね、後ろめたさみたいのはやっぱりあったんだよね。大変さが大人になって分かるから」と打ち明けた。

 櫻井の本音を聞き、滝沢は「オレも勘付いていたかもしれない。あの時期はみんなが敵に見えていた。オレが行くところ、敵だらけみたいな。ほかのファンの方からすれば、おもしろくない。滝沢ばかりって。だから、しんどかったよ、当時はね。今考えれば、それも楽しい時間かな」と笑みを浮かべた。

 VTR明け、スタジオに戻ると、2人は「これからもよろしく」とハグ。不仲説を完全解消した。 』

色々ありますよね。ジャニーズも大変です

ももクロ有安、山里亮太の“心変わり”を責め立てる

『ももいろクローバーZの有安杏果(21)が、かつて“モノノフ”を公言していた南海キャンディーズ山里亮太(39)の心変わりを寂しがった。

 “アイドル寄生虫”と自虐するほど様々なアイドルを推している山里。その中でも、ももクロについては一時期、ライブやイベントで共演するほどの蜜月関係を築いていた。

 が、最近では2人組の女子大生アイドルユニット「生ハムと焼うどん」がお気に入り。6日深夜放送のラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」でも、そのユニットがいかに素晴らしいかを力説していた。

 なんとそこへ、有安がサプライズで登場。驚く山里に、有安は笑いながら「思いっきり別のアイドルの方の話をしてましたね……まあそういうことですよね。久々に会うと、もう私の色(メンバーカラー:緑)も忘れたくらい」と責め立てた。

 有安は自身初のソロコンサートを3日に横浜アリーナで行ったが、その晴れ姿をお世話になった山里にも観てもらいたく、テレビ局で会った際に「絶対来て下さい」とお願いしたという。そして当日のライブが終わって「赤いメガネの方、どこにいるかな?ってすごい捜したんですけど、いなかったんですよね……」と山里が来てくれなかったことを残念がった。

 有安は「昔はいっぱい私たちのライブに来てくれて、MCまでやってくれてたんですよ。その時に、私が喋れなかったりすると優しく話を振ってくれてた、あの山ちゃんはどこに行っちゃったんだろう……」と泣き真似をしながら嘆き、山里は動揺しきりだった。』

これは露骨でしたからね。ひどい話です

キスマイ千賀健永、電車で痴女被害の過去を明かす

『Kis−My−Ft2の千賀健永(25)が、ジャニーズJr.時代に電車内で痴女被害に遭っていたことを明かした。

 6日放送のラジオ番組「キスマイRadio」にメンバーの宮田俊哉とともに出演した千賀。番組後半にいきなりNEWSの手越祐也と小山慶一郎がサプライズで登場し、4人でトークを繰り広げた。

 Jr.時代、仕事終わりに一緒に帰ることが多かったという千賀と手越。千賀は2人で乗った電車内で「女性におしりを触られた」と痴女にあったという当時のエピソードを披露した。「『やべえ、やべえ』ってなって。手越くんに、『やばい、痴漢されてる』って助け求めたら、手越くんが次の駅でそいつ引っ張って一緒に降りて行って、すごい叱ってた」と手越に助けられたことを明かした。

 しかし、電車から降りて痴女を叱っている手越の姿を、千賀は車内から眺めていたため、走りだした電車の中からそのまま見送ったと明かすと、3人から「お前も降りろよ!」と総ツッコミを受けた。』

これは大変でしたね。いろんな人がいます

乃木坂46齋藤飛鳥の勢いが止まらない!「LARME」初表紙に抜擢

『【齋藤飛鳥/モデルプレス=7月16日】乃木坂46の齋藤飛鳥が、16日発売の「LARME 023」(徳間書店)で初表紙に抜擢。齋藤が同誌に初登場したのは「LARME 04」(2013年5月)で、当時15歳。現在17歳の彼女が初表紙に至るまでのヒステリーを語ったロングインタビューでは、「自分が初めて出演したファッション誌の表紙を飾れるって、すごいうれしいことだなって思いますね」と喜びを語っている。

【さらに写真を見る】“ゆめかわいい”齋藤飛鳥が可愛すぎる!単独ファッション特集誌面カット


◆齋藤飛鳥、モデルとしての成長

現在は数々のファッション誌で引っ張りだこの彼女だが、初出演時は「写真が苦手」で、誌面を見て落ち込むこともあったと告白。段々と撮影の感覚も少しずつ掴めてきたといい、「自信がついたわけではないけれど、自信がついたと自分に思い込ませることはできるようになったかな」と成長を明かしている。

そのほか、15thシングル「裸足でSummer」(7月27日発売)で初の単独センターに抜擢されたときの心境や意気込みなど、“いま”の齋藤飛鳥に迫っている。


◆単独ファッション特集も

また、齋藤の単独ファッション特集「Dreamy Sweet Color land」にも注目。ドリーミーな世界観で魅了している。(modelpress編集部)

情報提供:「LARME」(徳間書店) 』

これは美少女ですからね。当然の売り出しです
訪問者数

タグふれんず
livedoor プロフィール
訪問者数

訪問者数

livedoor プロフィール
OnGen邦楽シングルダウンロードチャート
livedoor 天気
楽天市場
楽天市場
Categories
Amazonライブリンク
moblog
livedoor×FLO:Q パック
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ