昨年9月に民主党・細野豪志議員との京都への不倫旅行を報じられ、TBS系「筑紫哲也のニュース23」を5日間で降板したフリーアナの山本モナ(30)が8日、都内で開かれた米映画「ジャッカス ナンバー2」(13日公開)のイベントに登場。降板以来初めて公の場に登場した。
 同作は、アナコンダと対決など過激な挑戦をするドキュメンタリー。「過激な生き方をしている」という理由で「ジャッカス日本支部長」に任命された山本は「まさかあんなことはしないだろうというチャレンジ精神がすごい」と興奮気味。会場から「一緒に京都行こう」と声がかかると「そうですねー」と苦笑いした。
 新成人には「酒でもたばこでも思いついたことは何でもやって」とメッセージ。観客からは「何でもってことは不倫もいいの?反省がない」という声が上がっていた。
「ジャッカス」の日本支部長に任命された山本モナ

 この会場の観客達もいじわるですね(笑)。まあ山本モナの発言も上げ足を取りやすかったのは確かでしょう。あの民主党の細野豪志議員との不倫騒動でTBSの「NWES23」のキャスターを降板させられ厳しい状況に陥りました。
 ビートたけしの応援で年始年末はお笑いバラエティに出演していたみたいですがもうこの分野で勝負するくらいしか道は残されれていないでしょう。不倫の代償は高くつきました。
 夜のニュース番組のキャスターからお笑いバラエティの女子アナというものすごい変遷を経験して山本モナは今何を考えているのでしょうか。

 しかし男性側の細野豪志議員のほうは一気に何も話題がなくなりました。雲隠れをしているのでしょうか?おそらくこの騒動を世間が忘れるまで待っているのでしょう。何か男らしくないような気がしますが政治家なのでしかたがないということでしょう。
 民主党も細野豪志議員は報道関係者との不倫騒動だったのでもっと厳しい対応をしたほうがよかったと思います。
 報道関係者とすぐに関係をもつような政治家は情報が漏れるかどうか心配でなりません。政治家として信用できないと思います。
 山本モナも過去のことは忘れてこれから頑張って欲しいです。自慢の巨乳をどんどんテレビで披露して男性ファンを楽しませてほしいです。