2006年大晦日の「K-1 Dynamite!!」で、桜庭和志と対戦した秋山成勲が禁止されていたクリームを全身に塗布していたとして、主催者側から「無期限出場停止」処分が新たに下された。K-1主催者FEGは、「ヌルヌル疑惑」について、当初は「2ちゃんねるが騒いでいるだけ」などとしていたが、後に秋山に失格処分にしたうえ、ファイトマネー没収とした。そして、試合から2週間以上経った1月17日に「無期限出場停止処分」。あまりに後手後手な対応にネット上ではいまだに不満がくすぶり続けている。
当初は「2ちゃんねるが騒いでるだけ」と軽視
秋山と対戦した桜庭は07年1月17日、谷川貞治FEG代表とともに記者会見に出席。ヌルヌルだった秋山について、「人に見られてやっている以上、そういう部分も頭に入れた方がいい」などとした。また、谷川代表は「無期限出場停止処分」を16日に自身が秋山に告げ、秋山が「どんな処分でも受け入れます」と答えたことなどを語った。また、ネット上でささやかれていた、秋山がグローブに異物を混入していたのではないかという疑惑については、「徹底検証したがそれはまったくない」と全面否定。秋山のタイトル剥奪については、「考えていない」とした。
FEGは当初、ネット上で「ヌルヌル疑惑」が指摘されていることについて、J-CASTニュースの取材に「2ちゃんねるが騒いでるだけ」などとし、「静観」する方針であることを明かしていた。しかし、1月11日に記者会見を開き、秋山が市販のスキンクリームを塗っていたとして、秋山を「失格」処分とし、ファイトマネーを全額没収することを発表。そして、今回の「無期限出場処分」と、なんだか不自然な対応に終始している。

 この秋山成勲対桜庭和志戦は試合を見ていた人なら何かがおかしいと思っていたはずです。私は桜庭和志選手のあれだけ怒って猛抗議をするのは初めて見たので試合の流れからして体に何か塗っていたのかと疑惑を持ちました。
 主催者側は最初は桜庭和志選手の抗議を握りつぶすことを考えていたような対応でした。ところが世間が騒ぎ出したので方向転換したように見えます。
 私もネット掲示板にはいろんな問題があり法整備は必要ですが今回のように不正を追及する部分は重要だと思います。右手グローブの疑惑は気がつかない人が多かったと思います。

 この試合の狙いは主催者側とTBSが秋山成勲選手を看板にするために実績を作らせる狙いがあったと思っています。衰えてきたとはいえ伝説の桜庭和志選手に圧勝したと言う実績があればステータスになります。
 だからあの桜庭和志選手の猛抗議をいったんは無視して沈静化しようとしたのだと思います。朝ズバでのみのもんたさんのすごい擁護と桜庭和志選手に釘をさす発言もありました。
 しかし視聴者や総合格闘技ファンはそういう不正を許さなかったのでしょう。それがネット掲示板の大騒動になり世間の注目を集めました。しかし日本のマスコミの印象操作はすごいです。
 格闘家は正々堂々と闘うのが基本で違反行為などもってのほかです。これは秋山成勲選手にとって致命傷になりました。復帰も難しいでしょう。
 本当にTBSの格闘技関係はこういう騒動が多すぎます。