テレビ朝日とフジテレビのガチンコの“金曜ナイトドラマ対決”は大方の予想通り、先発組のテレ朝に軍配が上がった。
 13日にスタートした23時台のテレ朝の「帰ってきた時効警察」とフジの「スリルな夜」。この時間帯はかつてテレビ局にとってはプライムタイム後の“捨て枠”的存在だった。
 ところが、テレ朝が3月まで放送した高橋克典主演の「特命係長 只野仁」シリーズや昨冬に放送した「時効警察」がヒットしたことで一気に注目のドラマ枠になっているのだ。
「時効警察」は前作同様オダギリジョーと麻生久美子のコンビがすでに時効になった事件を勝手に捜索する、異色の刑事ドラマ。オダギリがウイットのある落ち着いた語り口で、とぼけた警官の麻生と掛け合いを繰り返しながら、“犯人”を納得させていく。先週は代議士殺人事件にかかわったキャスターの麻木久仁子をとことん問い詰めてみせた。
 一方、新規参入組のフジの「スリルな夜」は東京・浅草が舞台のサスペンス&コメディー。原田泰造とゴリのダブル主演で、浅草の奇妙な趣味、性癖などがある変な住人を集めて、バラエティー仕立てのドラマにしている。
 その初回対決は「時効警察」の視聴率が12.8%、一方の「スリル」が9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。テレ朝の勝ちだ。
 では、酔っぱらって帰宅したサラリーマンにはどっちがオススメか。
「『スリル』の初回は浅草の住人の人物設定を説明するだけで終わってしまった印象です。2回目以降が注目ですね。それにしても、よくできているのが『時効警察』。飄々(ひようひょう)としたオダギリが人間の心理を理詰めに解き明かしていく姿には引き付けられます。大人が十分に楽しめる」(ドラマウオッチャー)
 今のところ、内容でも「時効警察」が上ということになるが……。

 私はテレ朝の金曜深夜枠のドラマは結構好きです。面白い作品をずっと放送していると思います。ある程度ブランドが出来上がって出演者も気合が入って演技をしていると思います。

 今放送している「帰ってきた時効警察」も面白いです。前作も好きで見ていましたがオダギリジョーのあの飄々とした刑事役は味があっていいです。三枚目キャラだけどかっこいいです。
  相手役の麻生久美子も実力派若手女優として数々の映画に出演していますがこれまでの綺麗な役とは違って少し抜けた婦警さんを演じていてとてもかわいいです。
  冷静に考えたらすごく強力なコンビでしかも演技力、存在感は抜群です。そして全体は独特のテンポでコメディタッチで描かれています。

 金曜日の夜はこういう雰囲気の作品がいいと思います。今日も放送されますがすごく楽しみです。