ミシシッピニオイガメの『ミッピー』ちゃんの甲羅についてである。最初に飼い始める前に大人と子供のミシシッピニオイガメの画像を見て「大人になるとずいぶん甲羅の模様が変わるものだなぁ」と思っていた。甲羅の綺麗な模様がなくなり、凹凸もなくなってしまう。ミシシッピアカミミガメほどの変化ではないものの、模様ぐらいは残らないかなぁなんて漠然と思っていた。

ミシシッピニオイガメの『ミッピー』ちゃんは大分大きくなったのだが、凹凸は子供時分よりなくなったものの、模様はまだ残っている。下の画像のような状態はかなり先の話であろうか?下の画像は全体的な色も違うのだが、これは飼育環境下か?個体差なのかはっきりとしない。サイトや本、資料で調べてたが情報に辿りつけないのでエサか?ストレスのない環境か?個体差か?年齢か?は何とも言えない。

何とか、このままの状態が維持できないものであろうか。


大人になるとこんな感じになると思っていた(別のカメ)。
Kinosternon_odoratum_2

『ミッピー』ちゃん。甲羅の模様は残っている。
IMG_4069

凹凸は子供の頃よりなくなったが、少し残っていてコケがつきやすい。
IMG_4070

後ろからも模様がわかる。
IMG_4071

横から見ると平べったいか?
IMG_4078

甲羅の模様がはっきり判る。
IMG_4079



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。