今日は風が冷たい。屋外のビオトープはあと1ヶ月ちょっとで再びシーズンが始まるが、容器を観察すると、とにかく何もいない。水底でじっと長い冬が明けるのをまっているのであろうか。

冬でも常緑のミニシペルスとモスだけ。メダカ、ドジョウはおろかエビすら見えない。
IMG_4082

モスは勢力を拡げている。
IMG_4083

ウォーターバコパの水中葉は元気。水上葉は枯れている。
IMG_4084

アサザの葉がまだ残っている。完全に枯れない。
IMG_4086

アナカリスは元気。チョウセンブナの姿は見えない。
IMG_4087

せがれのビオは完全に死の海と化している。モスだけ生きている。
IMG_4088

ちびザリガニ達は元気で冬を越しているだろうか?
IMG_4090

姫スイレンの葉は枯れている。こちらもメダカはおろかエビすら見えない。
IMG_4091

小さい容器なのでヒメダカが一匹泳いでいるのが見える。
IMG_4093

もしかして、これ一匹だけ?
IMG_4094

金魚の容器。姿は見えない。
IMG_4095

キンブナの容器。こちらも見えない。
IMG_4096

シロバナサクラタデの水中葉は寒さに負けずに元気。
IMG_4097

セイタカアシは冬でも元気。
IMG_4098



※最後に

ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。