本日はビオトープの3つの容器の春の水替えを行なった。

もうちょっと前に行いたかったが、土日は都合があってなかなか水替えできずにいた。その間に生き物たちは人間様の都合などお構いなしで、水生植物は繁茂し始め、水棲生物は活発に動きまわり始めた。

特に冬の枯れた水生生物の葉や茎、昨年1年間の成長の痕である根を取り除いて植えなおしてあげないと流石に可哀想であり、早く水棲生物の泳ぐ場所を確保してあげないといけないとせっかく冬を越えたのにタイミングを逃すと春に死んでしまうことも多いのでハラハラドキドキしていたがようやく着手することができた。

まず水替えを行なうのは、水深が深くて昨年失敗したハスの容器である。用土は水生植物用の土を使用しており、スジエビ、ドジョウ、タニシが住んでいる。また、やわらかいとろろ状のアオミドロが発生しており、タニシはこの環境が合っているのか1匹も死んでいない。スジエビは抱卵しているものも観察できている。

水替えするのが少々ためらうような環境となっているが、今年はスイレンを植える鉢として使用する。

逆にスイレンの鉢で育てているヒメダカ、ミナミヌマエビ、ヒメタニシ、コリドラスパレアタス(青コリ)を育てることにする。青コリは5匹中3匹が越冬できていた。逆にヒメダカは1匹しかいない(涙)。悲しい。冬までは沢山元気で泳いでいたのに真冬の期間に死んでしまったのだ。気を取り直して、姫スイレンを植えてから水棲生物を引っ越しを行なった。



失敗したハスの鉢。今年はスイレンの鉢として使用。
IMG_4595

水生植物はウォーターバコパだけ。
IMG_4596

姫スイレンの鉢として生まれ変わった。
IMG_4608



※最後に
ご覧になられている記事は、内容の見直し、文章の誤り(誤字や不適切な表現)による修正で内容が更新されることがあります。