8:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/08/25(木) 09:36:55.88 ID:J8e0+xUI0

ケツから考える


11:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 09:38:47.99 ID:EW4zDlal0

ケツから考えてプロットというか粗筋が出来ても
クソつまんねーって思うから書くのやめるの繰り返し


14:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/08/25(木) 09:39:26.01 ID:zKS1KBwu0

>>11
書き直せよ
それは一歩前進したってことじゃねえか


16:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/08/25(木) 09:41:44.52 ID:3VaHdpFw0

>>11
気持ちは分かるけど、クソッタレなプロットでもそれを貫いて最後まで書き上げないと、
何が原因でクソッタレになっているのか本質が突けないから結局進歩しない


12:名無しさん@涙目です。(九州):2011/08/25(木) 09:38:57.94 ID:X1FbC1YgO

逆に考えるんだ
それは途中で挫折なんかじゃない、そこがその小説のベストの終着点なんだ


19:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/08/25(木) 09:47:28.51 ID:5uP/haMB0

・特殊な能力を持った主人公
・無駄なハーレム設定
・露骨なエロ
・百合キャラ

この要素を入れる事で、あなたも立派なラノベ作家になれます!


20:名無しさん@涙目です。(熊本県):2011/08/25(木) 09:48:13.17 ID:e74QOlbl0

自分でおもしろいと思う設定の中から「他人に見せても面白いと思われる設定」
への昇華のハードルが異常に高い
それでいつも挫折する

おまえらもそうだろ


25:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/08/25(木) 09:55:15.68 ID:j3qCNw/z0

>>20そんなにエロカワイイ女の子たちがドジや失敗繰り返して、時には涙あり、時には笑いありのハートウォーミングな話にして
可愛い絵が描ける絵師(ここ重要)に挿絵と表紙の絵を描いてもらえば大丈夫だろ


32:名無しさん@涙目です。(熊本県):2011/08/25(木) 10:01:56.55 ID:e74QOlbl0

>>25
そんなん書いてると「別に俺が書かんでもええやん・・・」て気分になる
それで挫折する 他人のマネができない性格なんだお


22:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/08/25(木) 09:49:08.76 ID:myWGTz2l0

小説一本かくのにどれくらい時間かかるの


42:名無し募集中。。。(長屋):2011/08/25(木) 10:10:58.94 ID:BCV94MRV0

>>22
ハチャトゥリアンは一晩で剣の舞を作曲した。
そういうことだ。


344:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/08/25(木) 13:48:52.04 ID:lHo5y+/f0

>>22
死ぬ気なら一週間くらい


356:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/08/25(木) 13:57:25.17 ID:81q/IwQB0

>>22
人による


26:名無しさん@涙目です。(石川県):2011/08/25(木) 09:56:13.83 ID:a1HUqH7O0

面白い小説読んでると、どうしても自分もそれに影響された
ストーリー作りたくなってくるよね


27:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/08/25(木) 09:58:22.67 ID:HHb1pVpZ0

山田悠介「推敲するな勢いで書け」


370:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/08/25(木) 14:09:40.73 ID:81q/IwQB0

>>27
でもこれ結構大事


28:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/08/25(木) 09:59:22.90 ID:smPexOCz0

叙述トリックばかりになる


29:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/08/25(木) 09:59:47.07 ID:lIDjyPiE0

登場人物の心境が全く理解できない
なんでこう行動するの?と言われてもストーリーの展開上差し支えるからとしか

友達いなかった頃は書きたいことがたくさんあったが、
なんとか人並みに友達ができたらあんまり創作意欲がなくなってしまった


65:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/08/25(木) 10:23:45.97 ID:YrI1WUKq0

>>29
友達いた方が心境理解しやすいだろ


81:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/08/25(木) 10:30:50.47 ID:lIDjyPiE0

>>65
現実で人と触れ合うと小説で想像して四苦八苦する必要性を感じないんだよね
生身の人間は自動で動いてくれるから、小説みたいに全員分の考えを自分が決めなきゃいけないのが面倒くさすぎるというか


295:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/08/25(木) 13:19:36.90 ID:Ad9rvSvG0

>>29
逆に「ストーリーの展開」でキャラを動かせるのが羨ましい。

短編の原稿依頼で一応プロットを立てて「状況開始」と書き進めていたら
どんどんわき道に進んで、盛大にテーマさえ破綻させられたことがある。


310:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/08/25(木) 13:33:24.54 ID:lIDjyPiE0

>>295
何かしらテーマがあったら、それに沿って動かしていくだけで精一杯なんだよ
脱線しないと言うよりできない
話進めていくうちに登場人物が勝手に動いて脇にそれるとか、そういう面白みも深みもないw


320:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/08/25(木) 13:39:08.67 ID:Ad9rvSvG0

>>310
まずキャラを作って「走らせる」クセ作っておいた方がいいかも。

今は亡き和田慎二先生がアマリリスの中で描いてたけど
キャラは「それぞれ日常を送っていて、行動の根拠もすべて生まれ育ってきた中にある」と。

そのキャラが生まれてからその時までの経歴・家族・友人・恋人・子供を書き上げてみると
勝手に走る感覚がわかると思う。


342:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/08/25(木) 13:46:29.81 ID:lIDjyPiE0

>>320
なるほどなー 自分で作っといて何考えてるのかさっぱり分からんのは
大筋作る→話を動かすために必要な役割書き出す→役割ごとに人物作っておわり
って感じでキャラクターを作ってるせいかもしれん
しかし他人の人生って想像すんの難しいな…


31:名無しさん@涙目です。(京都府):2011/08/25(木) 10:00:33.50 ID:vn09sRb1P

恩田陸は結を考えないで書いてると思う


34:名無しさん@涙目です。(内モンゴル自治区):2011/08/25(木) 10:04:08.63 ID:MJOSwAI2O

ラノベっぽいもの書いたことあるんだが、すぐネタ尽きた上に
読み返してみると同じような言い回しばっかりで酷いものだった


37:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/08/25(木) 10:06:53.63 ID:PaQVycSa0

いきなり長いのを書こうとするから挫折するんじゃ?
星新一のショート・ショートくらいの短いサイズから慣らしてみては。


38:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 10:07:51.66 ID:teoN26fw0

乱読ならぬ乱筆こそが肝要とだけ言っておくお


43:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 10:11:37.43 ID:UYGKPZOb0

集中力だと悟った
それと適度なコミュニケーション相手を持つこと
2chに入り浸らないために


47:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/08/25(木) 10:14:59.89 ID:rvl/2xIo0

「読んで読んで読みまくれ。書いて書いて書きまくれ」


ディーン・R・クーンツ著『ベストセラー小説の書き方』より


48:ソルティー膝頭 ◆ZyXsDu/XbA (内モンゴル自治区):2011/08/25(木) 10:15:25.60 ID:9JAvMGfrO

綿矢りさは書き出しにすごくこだわるんだってね
文藝の特集に書いてあった
たしかにあれはすごい

本人がノリノリで書いてる部分がよくわかるよね
亜美ちゃんは美人 だと亜美の彼氏の初登場の場面とかね


49:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 10:16:35.26 ID:yw3R+v/b0

プロットだけなら20作分あるわ


58:名無しさん@涙目です。(熊本県):2011/08/25(木) 10:20:44.03 ID:e74QOlbl0

「巨人のかくれんぼ」

ていうタイトル思いついた なんか面白そうじゃね 誰かプロット考えろ


66:名無しさん@涙目です。(内モンゴル自治区):2011/08/25(木) 10:23:51.95 ID:MJOSwAI2O

>>58
他球団から選手集めたチームがいつのまにやら下位に沈んでるとかいうストーリー


91:名無しさん@涙目です。(秋田県):2011/08/25(木) 10:35:23.89 ID:ObS6a3rY0

>>58
ある日にんげんを捕食する巨人達が現れた
人類は高い壁を築きなんとか滅亡をまぬがれる
かりそめの平和な日々が数百年続くが、ある日突然超巨大巨人が現れ人類を守っていた壁をぶち抜いた


95:名無しさん@涙目です。(熊本県):2011/08/25(木) 10:36:29.82 ID:e74QOlbl0

>>91
たった4巻で何百万部も売れそうなプロットだ ありがとう


210:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/08/25(木) 11:58:09.98 ID:BPz/M3vx0

>>58
ラストまでずーっと巨人は恐ろしい生き物だって書いて、実は俺たち人類が巨人でしたみたいな話


416:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/08/25(木) 15:39:38.99 ID:UeFccb+p0

>>58
ガリバー旅行記の巨人編をリメイクして
如何にその世界の人間から逃げ切るか というかんじで


63:名無しさん@涙目です。(宮城県):2011/08/25(木) 10:22:48.46 ID:Be4+0jBs0

中島敦の文体を真似れば流行る

が、教養の量が圧倒的に違うから無理ゲー


64:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/08/25(木) 10:23:28.31 ID:sWsr9jJJ0

書きたくなって書く

挫折する

1年後ぐらいに思い出したかのように続きを書こうとする

以前書いた自分の文章を読む

なんだこれは・・・

黒歴史過ぎて恥ずかしくなって全部消す

書きなおす

挫折する


これの繰り返し。結局なにひとつまともに書き上げてないわ


67:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/08/25(木) 10:24:03.31 ID:Xx6E03y50

【厨主人公による日記のような一人称】
&【擬音で一行消費】&【三点リーダーの多用】

『銃声が響いた』
 ↓
『…ズキュュュューン…
 …何だ?…いまの音は?…俺は息を飲んだ』



【突然の視点変更】&【唐突な文体変化】

一体ここはどこなんだ?どうして俺はこんな場所にいるんだ?
さっきまであいつらとつるんで楽しく遊んでたのに…
見慣れた風景が一変し俺は途方に暮れた
…じっとしてても何も変わらない…
俺は前へ歩を進めた
同時刻天上界では凄惨な戦いが繰り広げられていた
お互い意識の裏側まで読み合いミスリードを誘う
第14戦団からはミリアが名乗りを上げた


68:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/08/25(木) 10:24:13.56 ID:PD7QxBSa0

小説にかぎった事ではないよ。
何でも完璧にやろうと思ったらいつまでも完成しないよ。
私はモノ作りだが。


82:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/08/25(木) 10:30:50.87 ID:YrI1WUKq0

>>68
いやね、糞下手な文から死に物狂いで書きまくって、同人でそこそこ儲けられるようになった人は沢山知ってるんだけど
そいつらやっぱり商業レベルにはなれない訳ね

で、商業の人達ってのは自称処女作で受賞とか言ってるのが多いわけよ

だから、最初に糞下手な文を書いちゃったら自分の伸びしろがそこで決定されてしまうような恐ろしさがあるわけよ
でなもんで、最近は来るべき執筆日和に向けて読書しまくってる


202:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/08/25(木) 11:51:27.34 ID:hI+XUugb0

>>82
処女作っつってもそれ以前に習作は相当量こなしてるんじゃないの?


72:名無しさん@涙目です。(栃木県):2011/08/25(木) 10:26:09.60 ID:thEfYBuJ0

      r ‐、
      | ○ |         r‐‐、
     _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  良い子の諸君! これがラノベのバトルだ!!!
    (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l   闇のトーナメント
    |ヽ   ~~⌒γ ⌒ ) r'⌒ `!´ `⌒) 剣>>>>>>>>>銃器
   │ ヽー―'^ー-'  ( ⌒γ ⌒~~ /    自由に使えない力はいざという時には一番都合良く使えるようになる
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' |   主人公と同じ姿、同じ能力なんてキャラが登場
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 |   飛び道具系の攻撃しかまともな攻撃方法が無いヒロイン
   |  irー-、 ー ,} |    /       序盤から登場、ニコニコ笑顔でメインキャラなのにあまり出番のない奴は真の黒幕
   | /   `X´ ヽ    /   入  |   初登場の敵は仲間内で二番目に強い奴を一瞬で戦闘不能にする
                    自分の能力を丁寧に説明した後、謎の見逃しをしてくれる強敵、仲間になると弱体化
                 そのまま戦わせたら勝てるヴィジョンが作者にも見えない→油断→そんな技で倒されるのかよ


74:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/08/25(木) 10:27:11.11 ID:FjHjDw+H0

>>72
そもそも、なんで戦うんだろ。


80:名無しさん@涙目です。:2011/08/25(木) 10:30:38.51 ID:URtUit8E0

>>74
基本的に失っているものなり何なりを手に入れるのが目的だから、
戦って勝って手に入れるという流れが一番わかりやすいんだろうな


93:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/08/25(木) 10:35:57.38 ID:FjHjDw+H0

>>80
利得行為の手段が戦うことなのか、現実で負けてる人の「勝利する」っていう潜在願望を満たしているのかな。


114:名無しさん@涙目です。:2011/08/25(木) 10:41:27.83 ID:URtUit8E0

>>93
別に話し合いで手に入れても、金で手に入れてもいいけど、
そういうのはけっこう考えないと盛り上がりや爽快感は出にくいだろ
単純に書きやすいからやってるんだと思う


96:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/08/25(木) 10:36:39.00 ID:rvl/2xIo0

>>72
これ少年漫画でもよくあるよね


73:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 10:26:17.25 ID:UYGKPZOb0

毎度頭に浮かぶ作品はこれすげえ!完璧!作家余裕じゃんwとか思うけど
俺が数カ月から数年かけて一作書いてる間に同人誌をジャンジャン出してる連中がいると思うと
やる気の違いに圧倒されて無気力状態になるよな


84:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/08/25(木) 10:32:24.43 ID:YrI1WUKq0

>>73
同人誌書いてる層は大成しない


87:名無しさん@涙目です。(栃木県):2011/08/25(木) 10:33:58.78 ID:thEfYBuJ0

>>84
二次創作でヒットした連中が一次創作をやると
イラストレーターが書いたストーリーマンガみたいになるからな


79:名無しさん@涙目です。(栃木県):2011/08/25(木) 10:30:18.81 ID:thEfYBuJ0

      | ○ |         r‐‐、良い子の諸君! これがラブコメだ!!!
     _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  朝出会い頭にぶつかった女の子は、何と転校生
    (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  突然空から降ってきた異世界からの美少女
    |ヽ   ~~⌒γ ⌒ ) r'⌒ `!´ `⌒)一つ屋根の下に住むことになり、風呂場で鉢合わせ
   │ ヽー―'^ー-'  ( ⌒γ ⌒~~ /   近くに住む幼馴染がやきもち
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' |  料理挑戦して大失敗の激マズ弁当なのに残さず食べる主人公
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 |  日曜日成り行きで一緒に外出、友人たちがこっそり尾行
   |  irー-、 ー ,} |    /     i  キャンプで道に迷い雨に濡れて山小屋で二人きりの夜
   | /   `X´ ヽ    /   入  |  肝だめしでペアになり、普段生意気なくせに実は怖がり
                       修学旅行の夜、先生に見つからぬよう女子の部屋へ集合
                       すれ違いと意地の張り合いで鬱展開、そして誤解が解けてハッピーエンド、作品完結へ


88:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/08/25(木) 10:34:32.58 ID:lIDjyPiE0

本当に他人の感情を想像して書くってことができないんだけどみんなスイスイ書けるの?
「寂しい」とか好意とかどうやって表現するべきなのか全く分からん
自分が誰とも喋らずに一週間過ごしても余裕な性格のせいなのか
話の展開上くっつかないと困るんで一目ぼれしてもらう、なんてのはクソみたいだと思うし


97:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/08/25(木) 10:36:42.52 ID:YrI1WUKq0

>>88
親友作れ彼女作れ
馬鹿でもいいから正直な奴を


110:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/08/25(木) 10:40:21.26 ID:lIDjyPiE0

>>97
いちおう親友っぽい奴はいるよ
二人でダラダラ喋ったり遊びに行ったりするのは楽しい
でもホントくっだんねーこと言い合ってるだけで、場の空気がないとその楽しさは再現できない気がする
で場の空気を文章で表現できないからオワコンなのかな


128:名無しさん@涙目です。(東日本):2011/08/25(木) 10:50:08.64 ID:NyWvcx8M0

>>88
本を読む量が足りないかジャンルが偏りすぎてるんじゃないの?
寂しいとか好意とかのない小説なんていくらでもある


139:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/08/25(木) 10:57:45.73 ID:lIDjyPiE0

>>128
寂しさやら人を好きになるよさやらを書いてみたいんだよ
でも自分に分からないことなんか書けるわけないよな
人生経験が足らないのか

登場人物がこう思いましたーっていうのを「寂しい」と表現することは簡単だけど
それを読んでいる人に実感してもらうためにどう工夫して書けばいいのかが今一分からないというか
二人組み作って~でぼっち化する人間の心情を書けば上手に伝わるのかな


150:名無しさん@涙目です。(東日本):2011/08/25(木) 11:04:23.70 ID:NyWvcx8M0

>>139
1、寂しさや人を好きになる良さの分からない人を主人公にして書く
2、寂しさや人を好きになる良さが分からない君が、それでもがんばって書く(かえってオリジナリティのあるものができるかも)

書かないと何もはじまらないから、無いものを無理に生み出そうとするよりこのどっちかでいけばいいんじゃないの?


100:名無しさん@涙目です。(福井県):2011/08/25(木) 10:37:29.04 ID:l9CehKkY0

好きな小説をテキストエディタに丸々書き写す作業をすればコツは掴める
お勧めは銀河英雄伝説


103:名無しさん@涙目です。(奈良県):2011/08/25(木) 10:37:54.35 ID:lY3HaTN/0

邪気眼コピペとかで作品を冷笑するクセが付いちゃうともう無理
自分の作品も冷静に見ちゃって照れて書けなくなる
中学はいりたてくらいのバカな時期にバカに任せて一気に書き上げるのがベスト


105:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/08/25(木) 10:38:57.32 ID:UCMrmTcQ0

漫画にしろ、小説にしろ、雑誌に応募してくる作品の大半はマトモに完成したものは無いそうだね
だから、それなりに形になってるものを応募すれば何らかの受賞は可能


111:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 10:40:34.41 ID:UYGKPZOb0

>>105
そうだといいよな~
電撃大賞だかは応募総数5000作?とかじゃなかったか
どんだけラノベに夢見てるんだよって感じ


108:名無しさん@涙目です。(京都府):2011/08/25(木) 10:39:32.83 ID:6IJ7+ccN0

童貞だから作家になるのは諦めました


112:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/08/25(木) 10:40:40.76 ID:Eid30KWS0

>>108
脱童貞を目指すストーリーでいいじゃん


109:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/08/25(木) 10:39:59.58 ID:J7i6LFJX0

オムニバス短編を暇なときに書きためてる
毎日通勤電車で会うおっさんの半生や悩みとかを勝手に想像して書いとる


118:名無しさん@涙目です。(秋田県):2011/08/25(木) 10:42:43.50 ID:ObS6a3rY0

僕の妹は漢字が読めないだっけか
あれに出てくる未来文法すご過ぎた


123:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 10:45:59.74 ID:Mmu/PO3t0

他人の心情が想像できないから、登場するキャラクターは全部自分の分身という設定にして書き始めた
自分の分身なら自分が思う行動をそのまんま当てはめてもOKだからな


124:名無しさん@涙目です。(京都府):2011/08/25(木) 10:48:01.35 ID:6IJ7+ccN0

他人の心情が想像できないっつっても、自分の創作物なんだから
どうとでもなるんじゃねえの


126:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/08/25(木) 10:48:53.73 ID:+WUK2nqt0

小説は向上する意識を持って書き続ければ、ある程度までは段々、上手くなると思う
種々の技法を知らなくても、書いてればこうしたらいいかな、と自然と思いつくものだしね
でも、その人が持っている小説を書く上での下地のようなものは幾ら書いても向上しない
物の見方や捉え方、人間の基本の部分が変わらないということで
これが初めからつまらない見方しかできない人の小説は、いくら修練を重ねても、つまらない


141:名無しさん@涙目です。(東日本):2011/08/25(木) 10:59:18.97 ID:NyWvcx8M0

>>126
電車移動のときにいつも本を読んでるせいか、
何人かの知り合いに書いた小説読んでくれと言われたんだけど、まさにそこなんだよな
完結させた小説を何本も書いて、公募にも送ってるような人たちなんで、普通に読めるんだよ
文章も読みやすくてすいすい読める
でも情景や心情をただ書いてるだけで、「小説」になってないんだよな
その説明や感想の言い方が難しい
いやみったらしくなりそうだし


127:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 10:49:13.30 ID:UYGKPZOb0

ニートで小説家目指してる奴いる?
滝本竜彦になれれば御の字だよな~


129:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 10:52:04.24 ID:Mmu/PO3t0

滝本はニートはニートでも友達とバンド組んだり女の子と遊んだり
よくいる対人恐怖持ちの引きこもりって訳では無かったんだよなあ
今もアッサリ結婚して専門学校の講師なんかやっちゃってるし


137:名無しさん@涙目です。(香川県):2011/08/25(木) 10:57:07.08 ID:+MOMgz+v0

書いてる途中で恥ずかしくなって全部消すよね


145:名無しさん@涙目です。(宮城県):2011/08/25(木) 11:00:50.27 ID:Be4+0jBs0

風景描写って実は難しいよね
司馬遼あたりからパクるか


148:名無しさん@涙目です。(石川県):2011/08/25(木) 11:01:42.27 ID:LjsT7kZe0

例えば、村岡事件なら

「ご開帳」→事実に即したエロ風味
「M事件」→第3者の視点でドキュメンタリータッチ
「慟哭」→本人の視点から描いた事件の全容とその後
「堕ちた女」→群像劇で事件を多角的に描く
「エロ・ネットワーク」→流出を面白がるネット民を主人公にする
「消えた女」→あの事件から15年後、ある女性が自殺した…という未来もの

その他にも色んなアプローチがある。どれを選ぶかはそいつ次第。


151:名無しさん@涙目です。:2011/08/25(木) 11:06:41.86 ID:URtUit8E0

>>148
「(`・д・´) コラ、ヤメタマエ」→事件で傷ついた女を友人が救済する感動もの
                と見せかけて犯人は友人

色々考えられるもんだなあ


169:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/08/25(木) 11:21:56.36 ID:CaPtMkQT0

>>148
なるほど


149:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 11:01:47.95 ID:00Ff77BY0

幻冬舎の「ミステリーの書き方」って本は面白かった
人それぞれいろんなやり方があるもんだ


155:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/08/25(木) 11:09:16.34 ID:QyFG/IbU0

web小説でやりたい事やってそのまま終わる奴が多すぎる
エルフの嫁身請けして一晩過ごしたらそのまま更新終了とか満足してんじゃねーよ、と


160:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/08/25(木) 11:13:59.34 ID:1I6EmMYqi

作家、特にラノベの奴はどこかアタマ変な奴が多い気がする
まあアタマがオカしくなる位のテンションとモチベーションが無いと
一作書き切る事なんて出来無いんだろうけど


164:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/08/25(木) 11:16:19.17 ID:YrI1WUKq0

>>160
ラノベなんて腐るほど在るが最近アニメ化してるようなラノベの作者は凡人極まると思うが
twitter見ててもそう
てかtwitterやってる作家の作品は総じてつまらない
キノも昔は面白かったがtwitter始めてからつまらなくなった


170:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/08/25(木) 11:22:06.18 ID:WS3YVyd90

話し長くするとしたら会話だわ。
村上春樹なんて意味のない音楽と文学の薀蓄とかがどれだけあることか。


181:名無しさん@涙目です。(内モンゴル自治区):2011/08/25(木) 11:34:12.27 ID:5/vqDeI50

村上春樹の何がすごいって
面白そうで意味深な設定だけ考えて実は何も意味なんてないところだよ
雰囲気だけでごまかしきる才能がすごい


183:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/08/25(木) 11:36:32.85 ID:WS3YVyd90

>>181
読者を引き込む才能がすごいんだろうね。
薀蓄とか長すぎると読む気なくなるけど。


184:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/08/25(木) 11:37:24.03 ID:Q25Kmpfp0

>>181
まあ、小説の面白さは「文章力>ストーリー」だからな。


193:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/08/25(木) 11:44:11.93 ID:LsCXNiiVP

小説書いたらだいたい90~93枚ぐらいで終わるんだけど
応募要項が100枚以上とかだから詰む
増やそうにも増やす場所が無い 無理やり増やすと水増しっぽくなる


201:名無しさん@涙目です。(内モンゴル自治区):2011/08/25(木) 11:50:31.80 ID:MJOSwAI2O

>>193
そういう時は伝説の荒技「兵隊さん点呼」を使うんだ

「番号!」
「1」
「2」
「3」


212:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/08/25(木) 11:59:00.46 ID:LsCXNiiVP

>>201
1枚ぐらいなら清水義範の手法も使えるけど7枚も8枚もそれで増やすのは無理


195:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/08/25(木) 11:44:26.57 ID:mzSL9B1l0

芸術って何でもそうだよね
音楽も5曲程度なら素人でも作れるけれどそれ以上は難しいし
だいたい一曲だって最後までまとめるのは難しい
絵もどこで終わらせて良いのか難しいし


199:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/08/25(木) 11:48:03.83 ID:30euJMyvO

作家修行の手始めに村上春樹の丸写ししてるけど、風景描写の上手さが尋常じゃない
初期作品からヤバい


205:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/08/25(木) 11:55:07.80 ID:WS3YVyd90

>>199
三島と川端読んでから言ってくれ。


228:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/08/25(木) 12:09:02.56 ID:30euJMyvO

>>205
日本の伝統的な純文ももちろん素晴らしいとは思うんだけど、なぜだか真似したくはならないな


208:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/08/25(木) 11:56:45.84 ID:HUmw2HJn0

どんなにありきたりで平凡なプロットでも、人間観察()が完璧にできていさえすれば素晴らしい小説が書けることはジェーン・オースティンが証明している


214:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/08/25(木) 12:00:31.71 ID:1XakXuL60

短文から始めてみると良い。

今日、目が覚めたら、巨大なGになっていた。
次の日、目が覚めたら、ソーラーカーになっていて、
パナソニックのサーキット迄行って、太陽光発電の研究に一生を捧げました。
おしまい


220:名無しさん@涙目です。(三重県):2011/08/25(木) 12:03:29.32 ID:F5trGzdi0

はじめは短編から練習したほうがいいの
原稿用紙30P位とか


230:名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/08/25(木) 12:10:09.31 ID:gVMYY4590

難しく考えるなよ
大ヒットした山田ゆうすけのリアル鬼ごっことかそりゃ酷いもんだぞ

ストーリーとか以前にお前は中学生かって感じの文だ


234:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 12:14:11.32 ID:UYGKPZOb0

>>230
要は書いてみることが大事だよね
世の中何が評価されるかわからんし
更に言えば今は簡単な文体の方が大衆に好まれるから
現代に三島が転生したとして売れっ子作家になるかと言えば疑問
まだラノベ上がりの連中のほうが金儲けは出来ると思う


233:名無しさん@涙目です。(熊本県):2011/08/25(木) 12:13:58.82 ID:e74QOlbl0

映画とかでロードムービーとかあるじゃん
イージーライダーとか。起承転結を全く無視したやつ。
ああいうの好きなんだがそういう物語を書くときのプロットはどうすればいいんだ


237:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 12:17:05.55 ID:UYGKPZOb0

>>233
物語には起承転結を重視したものとコンセプトを重視したものがある
例えばアニメの秒速5センチメートルや、トニー賞をとったアサシンズなんて典型だと思うが
その場合はどうやったら作品のコンセプトが読者に伝わりやすいか考えて
一貫性を持って書けばいいと思う。
ゴメン詳しくは知らんけどね


235:名無しさん@涙目です。(山陽):2011/08/25(木) 12:14:43.98 ID:7ZnUSsWvO

口述筆記にしてとりあえずストーリーを完成させる
後は煮詰めていけ
志茂田はそれであんなに大量生産してた


236:名無しさん@涙目です。(福島県):2011/08/25(木) 12:16:40.44 ID:0O9Bcqku0

小説は最後まで描ききる能力が大切らしいな
山田悠介とか宮部みゆき、東野圭吾なんかの
商業作家はこの辺がずば抜けてるらしい


242:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/08/25(木) 12:19:05.69 ID:0Qn1jskLI

完結してない小説は小説ではなく小言だ言ってた田中芳樹はなんでああなったんだ


243:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/08/25(木) 12:21:26.19 ID:+NQp6iLJ0

起結だけを考えて途中は基本その場のノリでやる
これが一番うまくいくし完結しやすいって気付いた
さすがに売るやつはもう少し考えるが


256:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 12:35:41.92 ID:UYGKPZOb0

>>243は商業でやってるひと?
どれぐらいのペースで書いてるの??


264:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/08/25(木) 12:44:11.50 ID:+NQp6iLJ0

>>256
実力もないのに商業でやれるわけねえだろしがない一般市民だよ
趣味の傍ら同人やってるだけだ


244:名無しさん@涙目です。(富山県):2011/08/25(木) 12:22:37.86 ID:/LB1jxt30

設定を決めると書けなくなる
例えば 「主人公の身長は175cm」 と決めただけで心が重くなる


245:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/08/25(木) 12:24:32.51 ID:c28Rx23+0

大概は最初に設定するハードルが高すぎる

物凄く低く設定してまずは書く
それがプロットより一段階詳しい粗筋になる
そこから推敲しまくって
時には一から書き直す

絵でも 構図→あたり→ラフ→ペン入れ って段階あるのに
最初から完成品を書こうとする人多いんだと思う


252:名無しさん@涙目です。(三重県):2011/08/25(木) 12:29:56.53 ID:GPEl7gPV0

小説というかラノベやAVGだがレベル上がりすぎて
まずその才能に挫折する


259:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/08/25(木) 12:38:04.48 ID:bbQOGbUZ0

プロット段階でいくつかに章立てして、
「連作短編小説を書いてるんだ」という気持ちで書くようにしたら
序章しか書けなかった僕でも、半分くらいまで書けるようになったよ!


265:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/08/25(木) 12:44:29.59 ID:Zkh6iyjH0

作家ほど人生経験が大切な職業はないのに、なぜか人生経験皆無のニートとかがなりたがる


267:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/08/25(木) 12:45:12.98 ID:yS/Sod9j0

アニメ漫画のifストーリーを書き溜めて早10年

うん、才能ないと文章なんてうまくならんよ


273:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/08/25(木) 12:47:57.34 ID:Ad9rvSvG0

>>267
おや、お仲間。こっちは13年。

昔は同人とかやってたけど、
年とって自分の頭がおかしいのか常識知らずなのかと疑い出したら
誰にも見せられなくなった。


281:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/08/25(木) 12:57:59.01 ID:I1Y7KI8a0

>>273
>年とって自分の頭がおかしいのか常識知らずなのかと疑い出したら
>誰にも見せられなくなった

どうしてですの


288:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/08/25(木) 13:07:38.84 ID:Ad9rvSvG0

>>281
職場のちょっとしたことで頑固とかちょっと違うとか言われてると
キャラの行動についても「これ頑固かな」「これ常識外れかな」「これ普通じゃないかな」と
色々考えるようになって。

キャラが頭の中で勝手に動いてくれるタイプなので
基本それを書き起こしてるだけなんだけどな。


276:名無しさん@涙目です。(不明なsoftbank):2011/08/25(木) 12:53:19.53 ID:2i7llJ7z0

文章書けないから俺のイメージまんま映像化して欲しい
絶対当たる自信がある


285:名無しさん@涙目です。(北海道):2011/08/25(木) 12:58:44.89 ID:G9/lE24B0

良く分かる。
以前賞獲った小説読んでこの程度で賞金貰えるのかと
応募してみる事を思いつき始めてみたが、設定資料作ってる段階で力尽きたw
でも年食って暇になったらまたやってみるかな。


289:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 13:09:34.88 ID:UYGKPZOb0

そういえばラノベの文学賞って募集締め切り春か秋に集中してるよな
やっぱ学生向けなのかね


290:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 13:10:05.00 ID:80D7xEsW0

ラノベの価値って挿絵で決まるよね


291:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/08/25(木) 13:12:24.46 ID:WS3YVyd90

純文学ばかり読んできた俺にはラノベの賞なんて運でしかないように見える。


293:名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/08/25(木) 13:13:46.77 ID:2lIwyCSr0

アマチュアの小説家志望に一番多いダメなパターンはとにかくテンポが悪いこと
無駄なシーンを書き過ぎ、無駄な描写、無駄な会話文が多過ぎ
書きだしから物語が始まるまで長過ぎ、設定の説明多過ぎ
こんなところだな
で、みんな日本語だけは御上手なんだよな
量だけは書き散らしてるからw

これは小説に限ったことじゃないけどね


309:名無しさん@涙目です。(奈良県):2011/08/25(木) 13:32:18.05 ID:lY3HaTN/0

>>293
わかるわかる
異世界ファンタジーモノだと「ルイーダの酒場で仲間集めてるシーン」とかから始めちゃう
学園モノだと「主人公の登校で一人ずつ順にキャラ紹介して全員揃ったら学校到着」みたいなね
オリジナル神話とかを冒頭に連ねるヤツは流石に減ったけどこういうのは未だに多い


294:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/08/25(木) 13:16:15.16 ID:LsCXNiiVP

結局面白さのポイントは読む人間との「すでに持っている知識の共有」だと思った
奇抜な展開やオリジナリティにあふれすぎた出来事では共感を得にくいから認められづらい
みんなが知っているものにこじつける力、一見結びつかなさそうなものを結び合わせる力
そういうのが評価される そういう意味ではお笑いに似ている


298:名無しさん@涙目です。(長屋):2011/08/25(木) 13:24:38.90 ID:BCV94MRV0

内容が酷い本を読んでいると
「俺でも書けそう」と思うんだけど、書けないんだよなあ。


301:名無しさん@涙目です。(内モンゴル自治区):2011/08/25(木) 13:28:08.28 ID:y2BLvivP0

せっかくの伏線をいつも放置してしまう


312:名無しさん@涙目です。(catv?):2011/08/25(木) 13:34:57.48 ID:Ad9rvSvG0

>>301
それは勿体無い。
張った伏線を拾い取れるかはタイミングだけどね。
いくつも張っておいて回収する機会も1度きりでなく何回か拾えるようにしておけば?


304:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/08/25(木) 13:30:22.20 ID:JqlDNtFs0

書いてみたけど最初のテーマしか書けなかったって奴多そうだ
友人とお互い締め切り日までに競い合って書いたらちゃんと書けた
友人は賞を取った


308:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/08/25(木) 13:32:03.27 ID:LsCXNiiVP

主人公・・・普通の人間 狂言回し
パートナー・・・すごい人だがアスペルガーで美形

鉄板パターン


323:名無しさん@涙目です。(長屋):2011/08/25(木) 13:39:54.03 ID:EOaUdMvC0

未完は駄作にも劣る

この言葉を胸に刻んでおります


330:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 13:43:02.67 ID:ayEPjYN80

三大、未完の傑作

ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」
ムージル「特性のない男」
夏目漱石「明暗」


335:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/08/25(木) 13:44:31.09 ID:Fbx8laZz0

>>330
ゴーゴリの死せる魂も入れてくれ


339:名無しさん@涙目です。(関西):2011/08/25(木) 13:45:28.39 ID:QBgsEtB4O

なんというか文学的描写ができないんだが鍛える方法はないのか


341:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/08/25(木) 13:46:16.79 ID:LsCXNiiVP

>>339
外国の小説の直訳とか読むと面白いよ
「闇が大地に口付けしているような夜だった」とか書いてあるから普通に


340: 忍法帖【Lv=37,xxxPT】 (dion軍):2011/08/25(木) 13:45:39.74 ID:hlAh0hA90

http://logoon.org/
文章を入力するとどんな作家に似ているか診断してくれるらしい。
物書きさんには嬉しいサイト。

ちなみに俺は、野間清治に文章似てるってさ
お前らも何か書いてるんならやってみろよ


343:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/08/25(木) 13:47:14.77 ID:LsCXNiiVP

>>340
そしたらアタシ、宇能鴻一郎に似てるって言われちゃったんです。


349:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/08/25(木) 13:52:51.98 ID:Fbx8laZz0

>>340
3つぐらい試したら、3つとも井上ひさしと言われたわ


353:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/08/25(木) 13:56:15.04 ID:+WUK2nqt0

>>340
浅田次郎だって
嫌だし、全然似てない


359:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 13:58:58.38 ID:dmRrkTdz0

>>340
これやると大抵松たか子か麻生太郎が出てくる
俺の文章は夢枕獏、イギリス人作家、柳田理科雄で培われたはずなのに・・・


362:名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/08/25(木) 14:00:43.10 ID:O3t2g97q0

>>340
僕は江戸川乱歩たん!


367:名無しさん@涙目です。(九州・沖縄):2011/08/25(木) 14:04:17.03 ID:T4mlXM7+O

>>340
一行でも評価してくれるんだな
「恥の多い生涯を送って来ました」って書いたら森おう外が出てきた
森先生があなたの味方です。頑張ってくださいとか書いてあって吹いた


381:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 14:24:29.56 ID:EW4zDlal0

>>340

381_1

テキトーぶっこいてるとF5連打すっぞ


383:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/08/25(木) 14:26:26.06 ID:Fbx8laZz0

>>381
落ち着いて これを嫁
http://logoon.org/about.html


412:名無しさん@涙目です。(関西地方):2011/08/25(木) 15:23:42.38 ID:LCXN/vh20

何度かチャレンジしたけどどうしても中二臭くなって恥ずかしくなって止めてしまうの繰り返しだ


413:名無しさん@涙目です。(広西チワン族自治区):2011/08/25(木) 15:26:21.28 ID:reHNs18/O

RPGツクールにも言えるな


428:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/08/25(木) 19:26:05.79 ID:d6ynakC/0

小説でバトル物を書こうと思ったらえらく陳腐なバトルシーンになるよな
漫画やアニメのようにはいかない
自分が挫折した原因はそれだった。


438:名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/08/25(木) 20:39:43.20 ID:tnh21LK00

>>428
スレイヤーズでも読め


441:名無しさん@涙目です。(滋賀県):2011/08/25(木) 20:52:55.20 ID:cALb1Fgl0

文才のあるやつは
2ちゃんでコピペされるような
文章を書いてると思うんだ


442:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/08/25(木) 20:58:36.70 ID:LsCXNiiVP

>>441
2ちゃんのコピペはむしろ日本語として破綻している方が流行る


443:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/08/25(木) 21:09:35.48 ID:LB6De77W0

>>441
書いて流行ると嬉しい


444:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/08/25(木) 21:11:56.72 ID:4q92Ab3N0

個人的には書いてるときに聞くBGMが重要だと思う
普通の歌だと余計な文章が頭に入ってきちゃうから
やっぱサントラなんかが一番


445:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/08/25(木) 21:16:14.58 ID:Fbx8laZz0

>>444
クラシックとジャズ、邦楽と洋楽、アニソンとサントラ、歌の有無
聞く曲によって自分の感情とか心情は、大きく変わって来るから
BGMは、大事だろろうね。それこそ無音って言うのも有りかも。


450:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/08/25(木) 22:31:45.87 ID:bsMrt4d70

ロス・マクドナルド
「まず書き始めなさい。
そして最後まで書きなさい」
(小説の書き方のアドバイスを聞かれて)


452:名無しさん@涙目です。(石川県):2011/08/25(木) 22:36:42.48 ID:PsT5+R7Q0

もう絶版になってるみたいだけどスティーブン・キングの小説作法は面白かった
パラグラフのビートとリズムなんて意識したことも無かったわ


454:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/08/25(木) 22:53:45.44 ID:O/LRLYSv0

>>452
何度も書き直す派なんだよな
即興というか


453:名無しさん@涙目です。(広島県):2011/08/25(木) 22:53:10.78 ID:eXVoAUp30

ハリウッドの脚本は
終わりを考えて始めを考える
そのあとに物語の起点となるいくつかの事件を考え構成する
そして最後に終わりを変える


   (⌒-=+=⌒)
   // ’ ▼’ヽ
   彡  V~~Vミ
   i"'' (,,゚Д゚) 小説に限らず作品を最後まで完成させるのは難しいでござる
   |=(ノ  |)
   l==   !
   人=  ,,ノ
    U" U

http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1314232531/