2017年07月30日

「toragorou88の生活」総集編(静岡4)

総集編の続きです。 詳しい記事はリンクサイトをクリックしてご覧下さい。 諸事情により売りを検討していたトラ五郎小屋のある土地をイトーピア湖畔別荘地と関係深い(株)白橋工務店さんに売却依頼しました。


思い出の画像E0s

思い出の画像E1s

思い出の画像E2s


2011 5/25〜26伊豆熱川を旅行した記録です。 私は昨年運転免許証を更新しましたが、暗くなると視力が著しく衰えます。今回は全行程サクラさんの運転で実施しました。9:30 自宅を出発、途中網代のスーパーで昼食用の買い物をし11:30 トラ五郎小屋に到着、久しぶりに暖炉の火入れをしました。道路を隔てて住んでおられる方にお会いし話をしたところ私の畑に猪が入りこんだ形跡があり、近くで鹿や蛇も見かけたとの事でした。昨年秋に苗を買って植えたタマネギとキャベツは全滅状態でニンニクは小粒のものが採れ、大きく育ったフキを大量に収穫しました。昼食後は道路側の植木を中心に鋸を使い、大幅に剪定しました。15:30 小屋を後にし、16:15「熱川プリンスホテル」に到着しました。このホテルは西武グループのプリンスホテルとは全く別の会社ですがたくさんの特典付きのうえに、期間限定特別料金で宿泊できるという情報をサクラさんがインターネットで知り、予約しました。入浴後レストランで夕食、生き造り盛り合わせと季節のコラーゲン鍋金目鯛と明日葉・野菜の熱川源泉酒蒸し、そして写真以外にポークステーキ、まご茶漬け・鰺のなめろう、旬菜、椀物、香の物、野菜の煮物、水菓子をいただきました。食後はチェックイン時に申し込んだ特典の貸し切り露天風呂に入り、卓球とカラオケも無料で楽しませてもらいました。 翌日は早朝に屋上男性露天風呂『薫風』に出かけたところ誰も入っておらず、カメラをとりに部屋に戻りこの写真を撮りました。30分程入浴しながら展望を楽しみ、男性用大浴場に移動しました。屋内の檜風呂、ジャグジーや打たせ湯のある健浴の湯、屋外にある檜の展望露天風呂は掛け流しで眺めも良く途中にある山吹の湯は高温の湯の出る所に太い竹が置かれていました。朝食時間が近づくにつれ誰もいなくなり、写真を撮らせていただきました。 朝食は昨夜と同じレストランで、ゆったりとした席でいただきました。料理は時間に合わせて食卓にきれいに準備されており、サラダと飲み物は好みで自由にとる形の朝食です。器が綺麗でこのようなハーフバイキングはいいなと思いました。 朝食後ロビーラウンジでのコーヒーもサービスしていただきました。そしてラウンジの壁面には野田三千代さんの海藻押し葉と東伊豆町奈良本在住、平賀慶成氏のイマージュ書が掲げられていました。 ホテルを出て再びトラ五郎小屋に寄り建材等を積み込み出発、帰りに大磯港にある「めしや」に寄り昼食をとりました。サクラさんがタウンニュースで見かけたという食堂です。私はカマスの塩焼き定食をサクラさんは日替わり定食をいただきました。カマスは新鮮でしたが、私は少し干したものの方が美味しいと思いました。食後鰺の干物と鯖の味醂干しを買い港を散策後、帰途につきました。

思い出の画像E3s

思い出の画像E4s

思い出の画像E5s


早咲き桜として有名な伊豆の河津桜祭りが2011年は 2.5〜3.10 に開催され2.22〜23 稲取の旅館を予約し、サクラさんと行ってきました。10:40 伊豆急河津駅に降り立ち、歩行者天国の道を歩きました。やがて河津川に懸かる館橋近くに到着、平日ですが人で溢れていました。桜は5分咲き、袂には黄色の菜の花や白の水仙が開花していました。河津桜は1955年飯田勝美氏が発見した新種の早咲桜を1975年頃から現在の地に植栽し、現在は8000本あるそうです。 11:20 河津川沿いの桜並木を浜橋まで歩いて行くとやがて海に出ました。この日は波が防波堤に激しくぶつかっていました。 再び河津川沿いに今度は上流を目指して歩いて行くと猿まわしが始まるというので20分程これを見学しました。NHKの朝いちに登場する有働さん似の女性とお猿さんが演技しました。 沿道には食べ物屋さんや農産物を売る店が建ち並び塩焼き鮎、牛タンの串焼き、焼きそばをいただき、甘夏を購入しました。さらに歩いて豊泉橋を渡ると足湯処があり、しばし足を湯に漬けました。14:14 峰温泉大噴湯公園が近くにある事を知り、これを訪れました。一日7回100℃の源泉が30m吹き上げるそうで、これを見学しました。帰りは川に下りたり橋の上から綺麗な写真を撮ることができました。15:22 河津駅より可愛いらしい伊豆急の列車に乗車、稲取で下車しました。伊豆急は黒船号をはじめいろいろな形の車両が走っているようです。16:30 お口の故郷がうたい文句の「やまだ荘」に到着しました。屋上にある貸し切り露天風呂で入浴後、部屋で夕食をいただきました。翌日の港風景写真を見ながら今回のブログ記事を書いていると一瞬、東北の港であった津波の光景が思い出され、身震いしました。鰺の干物と刺身の付いた朝食をいただき 9:10 旅館をチェックアウトロビーには京雛が飾られ、つるし飾りを見学する場所を訪ねると伊豆稲取雛の館まで旅館の車で送って下さいました。 9:21 雛の館に到着、豪華な雛壇と雛のつるし飾りを見学しました。雛の和裁細工の下げ物の風習は九州柳川地区では「さげもん」、山形酒田地区では「傘福」、伊豆稲取地区では「雛のつるし飾り」と呼ばれ、江戸時代の後期からこの風習が続いているそうです。見学後は稲取駅まで歩き伊豆急に乗車、帰途につきました。





ブログの廃止とトラ五郎小屋の売却について。

現在投稿している「toragorou88の生活」は私をとりまく諸般の事情により、現在投稿中の総集編終了をもちまして、幕を閉じたいと思います。 そしてテレビドラマ「北の国から」に登場する五郎さんの石小屋に魅了され、情熱を傾けて建設した、トラ五郎小屋のある伊豆の土地も手放すことを決意しこの度(株)白橋工務店さんのHPに売却記事をUPしました。  その他詳細は「toragorou88の生活」をご覧下さい。


思い出の画像01s

toragorou88 at 22:54|PermalinkComments(0)総集編