2017年05月22日

「toragorou88の生活」総集編(静岡3)

総集編の続きです。 詳しい記事はリンクサイトをクリックしてご覧下さい。 諸事情により売りを検討していたトラ五郎小屋のある土地をイトーピア湖畔別荘地と関係深い(株)白橋工務店さんに売却依頼しました。



思い出の画像D3s

思い出の画像D4s

思い出の画像D5s


毎年夏、トラ五郎小屋のある敷地では大量のミョウガが発生します。2012年には8/19にサクラさんと出かけ(プチホテル ノースイン泊)収穫しました。今年は少し遅くなりましたが8/27 に行き(アンダ別邸泊)収穫しました。 11:03 小田原港を跨ぐ橋を渡り料金所を通過。網代のスーパーで買い物をし12:37 サンハトヤ前を走りました。 13:04 トラ五郎小屋に到着。暖炉で火を焚き昼食後、除草とミョウガの収穫をしました。 ミョウガは白い花を咲かせているため発見は容易です。 花があると傷みやすいため収穫する時花を取り除きます。 写真は帰宅後よく洗い金網のボールで水切りをしたものです。トラ五郎小屋での作業を早めに終え、15:47 宿泊の予約をしていたアンダ別邸に到着しました。場所は一昨年長男家族・娘家族と一泊した花Bergeのすぐ近くでした。白いタイル貼りの建物の入口近くには貸し自転車(無料)が並んでいました。バリ島の旅行気分が味わえるようにバリ直輸入の置物や家具・調度品があちこちに置かれていました。 そしてチェックイン時に館内着として好みのサイズ・色の作務衣を選びました。 夕食は17:30〜と19:00〜があり、早いコースを選択。部屋に到着するとまず大浴場に行き汗を流しました。17:30 レストラン「プルシル」で夕食をいただきました。 平日にかかわらずほぼ満席、若い人のカップルが沢山いました。 飲み物やパンはおかわり自由。席の間を回っている若いスタッフがドリンクやパンのおかわりを聞いてくれるので、気楽に頼むことができました。料理はSummer Selection 2013 ということでした。翌日は部屋のバス(幅が広い2人用でテレビ付)に入浴、備え付けのマッサージ機で身体を揉みほぐし朝食は8:30〜 の遅いコースにしました。
フロントやレストランのある建物と宿泊棟には小さな橋があり、あちこちにバリ島では縁起がよいものといわれるカエルの彫刻が置かれていました。夜間に雨が降り椰子や植栽の木々も緑が綺麗でした。ゆったり寛いだ後11:00 ホテルをチェックアウト。途中で買い物をし15:00には無事帰宅しました。


思い出の画像D6s


1985年に国際科学技術博覧会(科学万博−つくば'85)が開催されました。この年、我が家は車で2週間の北海道旅行(仙台〜苫小牧はフェリーを利用)を決行。帰りにつくば万博を見学しました。そしてこの時利用したカローラバンは途中でラジエーターの水漏れなどがあったりして大変でしたが無事帰宅しました。この車はトラ五郎小屋で廃車にし、物置代わりにブルーシートを被せ置いておきました。2014/3/26 この車の処分と敷地内の植木の剪定のため伊豆に出かけました。車は低木で覆われた状態でこれらを取り除き中の物も全部出して整理。一緒に来た孫も切った枝を運んでくれました。息子と娘は今回買ったチェーンソーで大きくなった植木を大量に間引いたり枝落としをしました。4時に作業を終え前に泊まって気に入ったアンダ別邸に行きました。到着すると作務衣に着替え食堂で夕食をいただきました。この日も夕食の途中で消灯し誕生日の人を祝うセレモニーがあり、食後はカラオケを楽しみました。翌日朝食はバイキングでサラダをたっぷりいただきました。館内にはバリ島の雰囲気を出す調度品があちこちに置かれていました。 食後トラ五郎小屋に移動。10時 息子がインターネットで予約してくれた廃車回収業者の車が到着しました。 思い出深いカローラバンをクレーンでつり上げ敷地内からを荷台に移動。処分場に運んで行ってもらいました。

2014/4/8 トラ五郎小屋に出かけました。熱海より伊東線に乗り換えると列車は運良くリゾート21「黒船電車」でした。 この車両は一部が海側に向けて座席が配置され、窓から海上に初島がよく見えました。8:45 伊東駅着。駅前には前に行ったことのある赤沢日帰り温泉館の大きな看板が目に留まりました。10:05小屋に到着。前回剪定した木や小屋の中の整理をして帰途につきました。16:16 別荘地内の桜並木のある所に到着し一碧湖に向け下り坂の桜の並木道をウォーキング。途中で素敵なカップルと出会い通り過ぎた後写真を撮らせていただきました。16:36 一碧湖畔に到着。ボート乗り場のあるところまで湖の縁を歩きました。 白鳥や亀の形をした足漕ぎボートや普通の手漕ぎボートが並んでいました。 湖の向かいには30年以上前、子供が小学生の時サクラさんの友達家族と泊まったことのあるリゾートマンションが見えました。 バスで伊東駅に着くと丁度東京駅直通の列車に乗車できました。


思い出の画像D7s


2009年11月、今回は車の使用はやめ、列車を利用して伊東に出かけました。熱海からはオーシャンビューの黒船号に乗ることができました。座席の一部は海側を向いており、窓から初島、宇佐見海岸、サンハトヤを見ているうちに伊東駅に到着しました。
伊東駅からはバスを利用しました。10時前に小屋に到着、夏の間に生い茂った雑草を刈り、前回来た時植えた里芋と冬瓜を収穫しました。そしてその後にジャガイモとニンニクを植え付けスナックエンドウと蕪の種をまき添え木を立て、暖炉の灰を表面に撒きました。早めに作業を終え伊東駅に到着後、宿泊予約をした所に詳しい道順を尋ねますと、坂を上がるのは大変だと言って車で迎えに来てくれました。宿泊地はサクラさんが口コミ情報が大変よく、空いていて宿泊日に申し込んだ場合は4.5割引きで利用できるということで、深夜12時を過ぎ宿泊当日になるのを待ち、申し込みました。4時過ぎに伊東の温泉街を一望する高台に建つ東栄ホテルに到着しました。名前はホテルですが建物は日本風で、案内された部屋は10畳に4畳の控えの間が付いていました。ホテルの目の前に湯量の豊富な源泉があり、24時間掛け流しでした。
夕食は部屋だしの食事で舟盛りまであり、この値段でこの料理にはすっかり満足しました。翌日も早朝に入浴、朝食を済ませチェックアウト後は伊東駅まで車で送ってくれました。ここならトラ五郎小屋にチビ孫軍団が来た後引き連れて来てもいいな… と思いました。
もう一つは定年前の職場の有志で構成された親睦会の旅行で、今回私は幹事の一員でした。今まで年1回泊まりの会をしていましたが、現在では会員の殆どが退職者です。幹事で相談したところ、こうした情勢の中で会費はできるだけ抑えたプランを練りました。いろいろ検討した結果、徹底した合理化で安く泊まれ、湯けむり号という格安の送迎バス(往復300円)を藤沢から運行する「おおるりグループ」の熱川シーサイドホテルが目にとまり、予約開始日の6ヶ月前に宿泊者12名で申し込みました。口コミ情報によると設備は良いが… ということで不安もありましたが、結果的には12名の参加があり、一人あたり9000円の会費でほぼ満足の会を終えることができました。宿泊には7階の3室が割り当てられ、その内の1室は和室が付いた広いベッドルームが用意されていました。こちらに一同が集まり、順番に近況を報告しあい、歓談することができました。写真にあるホテルロビー上の半円形部分が露天風呂です。ホテルの目の前の広場には湯元の櫓があり、足湯のできる所や近くに太田道灌の碑もありました。朝ホテルロビーでは朝市が開かれました。各地から到着するバスを待ちながら近くを散策し、11時過ぎにホテルを出発、帰途に着きました。
一番下の柿と蜜柑の絵は父が小学校以来の竹馬の友という「かんちゃん6688」さんが描かれたものです。


思い出の画像D8s

思い出の画像D9s


2009年9月、入りサクラさんと「トラ五郎小屋」の茗荷収穫に行ってきました。西湘バイパスと早川港を橋でまたぐ有料道路が無料実験となりました。湯河原バイパスを通り135号線で熱海へ、熱海城も久しぶり遠望しました。網代を抜けスーパー「ヤオハン」で休憩、弁当・飲物を購入、さらに南下し長いトンネルを抜けカーブの多い坂を下ると伊東市に入りサンハトヤ横を通ると、やがて大室山の頭の部分を見ることができました。伊東市の海岸沿いの道を南下しトンネルを潜って暫く行くと「ケイヨーD2」というDIY品を売るスーパーがあり、立ち寄りました。白菜とキャベツの10ボット入りの苗が目に留まり、これらと種苗用の豆タマネギ、種苗用ニンニク、剪定用ノコギリを購入しました。11時頃「トラ五郎小屋」に到着、夏草が生い茂っていました。4月に植えたカボチャは元気よく育っていました。途中で買った弁当で昼食を済ませ、着替えて除草から取り掛かりました。ピンクの花の「シュウカイドウ」が咲く傍ら、よく太った茗荷を収穫、除草後は白菜、キャベツ、タマネギ、ニンニクを植え付けました。道路側に伸びた植木も短めに剪定、15:30に作業を終了しました。
16:30、135号線の「伊豆高原ビール」醸造所近くにあるプチホテル「花いかだ」に到着しました。こちらは直前にインターネットでサクラさんが調べ申し込みました。プチホテル名の「花いかだ」は高さ2〜3mで雌雄異株の落葉樹で一枚の葉に雄花は多数、雌花は一花付き、夏に雌花は黒っぽい実となります。インターネットで調べると「えっ、何これ?」という感じの植物でした。一方「花筏」はサクラの花が散って水面に漂う花びらの連なりを言います。到着後掛け流しの温泉に入浴、木製の湯船は柔らか味がありました。この日は平日で夕食は赤ちゃん連れのカップルと食堂でいただきました。写真は料理の一部ですが鰹とトビウオの刺身、鰺のたたきと海老の刺身はとても新鮮でプリプリ、日本酒で美味しくいただきました。浴室に置かれた亀の蚊取り線香、玄関横のトウモロコシ、カエルのぬいぐるみ、鶴やピエロの置物… 掛け物… を見るのも楽しく4月に泊まった大きなホテル「伊東小涌園」とは違った良さを感じました。
翌朝私は5:30 起床、「花いかだ」の周辺から伊豆急冨戸駅まで散策しました。6:30 帰着後入浴、そして食堂で朝食をいただきました。新鮮なジュース、おかゆ、カボチャ入りのトースト、…この他にサラダと炒め物をいただきました。9時過ぎに「花いかだ」をチェックアウト、城ヶ崎海岸に移動灯台に付設の展望台に登り、城ヶ崎海岸と遠笠山を眺め吊り橋を渡り、一部岩の中の道を散策し、帰路につきました。途中湯河原のホテルで昼食、こちらは厚生年金で建てられた施設で食堂が大変広く、写真の日替わりランチは900円でした。帰りも前まで有料だった道路がただで走れ、得をした気分でした。




ブログの廃止とトラ五郎小屋の売却について。

現在投稿している「toragorou88の生活」は私をとりまく諸般の事情により、現在投稿中の総集編終了をもちまして、幕を閉じたいと思います。 そしてテレビドラマ「北の国から」に登場する五郎さんの石小屋に魅了され、情熱を傾けて建設した、トラ五郎小屋のある伊豆の土地も手放すことを決意しこの度(株)白橋工務店さんのHPに売却記事をUPしました。  その他詳細は「toragorou88の生活」をご覧下さい。


思い出の画像01s

toragorou88 at 15:59|PermalinkComments(0)総集編