2016年07月22日

「女子高生ソフト部」

 郡上北高女子ソフトボール部も部員が少ない。
思うように練習もできない状態らしい。
そこで、我がシニアソフトボールチームに白羽の矢?
一緒に練習してください。
練習試合をしてください、と懇願された?
嘘だろう?こっちからやろうと懇願したのだろう?
それはともかく、快く練習をやろうと言うことになった。
金曜日の夕方4時から6時まで。
女子高生の方は、一年生を入れてなんとか9人。
高校の対外試合も間近なので、試合形式での練習となった。
バッテリーは3年生なので、しっかりしている。
かなりの速球を投げるし、チェンジアップも混ぜる。
なめてかかる奴は、軽くひねられてしまう。
この子、上背はないが、がっしりした体躯。
ソフトボールが大好きで、ナイターの実年リーグにも入って投げている。
このチーム、残念ながら、1年生が多い。
打たれると、守れないのが最大の弱点。
それでも、健気に大きな黄色い声を出して動く。
我々よりも肩は強いし、足は速い!
その若さには圧倒される。
何せ、孫と戦っているのだから。
こちらは、馬力とズルイ試合運びで互角に戦う。
この時期は、我々の方が上だが、それも束の間だろう。
秋になると、彼女らには勝てないだろう。
それほど彼女らの成長は早い!
我々は必至で老化を防ぐだけ。
なんとか現状を維持したいと言う、情けない願望だ。
怪我でもして戦列を離れたら、元には戻らない。
よしんば回復しても、力は確実のワンランク落ちている。
その老化を知らずして、口だけは劣化しない。
むしろ冴えてくる。
これを人は“老害”と言い、若者に嫌われる。
 参議院選挙が終わった。
高校生の40%強が自民党を書いたと言うから驚きだ。
彼女達には、ずるい大人の言葉がまだ見抜けない様だ。
                        秋までにズルサを見抜け! 寅次郎
kitako1

kitako2

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 08:01|PermalinkComments(0)スポーツ 

2016年07月20日

「大胆なおばさん達」

 イギリスに二人目の女性首相が誕生。
初代が“鉄の女”マーガレット・サッチャー(Iron Lady)〜妥協を許さない。
54歳で就任して11年間勤めた。ウイスキーが好きだったようだ。
慢性的な経済不況と言われた英国病を完治させた。
今回が“氷の女王”(the Ice Queen)テリーザ・メイ(59歳)
EU離脱と言う英国分断の危機を如何に救うか?
皆と群れないし、ブレないと言う。
権威主義で、開放的ではないらしい。
インターネットを理解していない。
彼女はパソコンを使わないとも。
とすれば、かなり古風である。
イギリスの伝統を重んじるのか?
それにしては首相就任演説の姿は艶めかしい。
知性的な風貌に加えて、胸の割れ目で訴える!
それだけで好きになる人は多かろう!
そこへ行くと日本人の政治家はダメだ。
今話題の小池おばさん(65歳)は厚化粧そのモノ。
クールビズの提唱者なら、もう少し脱いだら?
その他、日本の女性政治家は色気がない。
稲田、片山、野田、山谷、小渕、福島、蓮舫 etc。
自信を持って、胸の張ってる(?)人はいない!
胸を張って強調した姿なんか見た事もない。
この辺が小粒と言われる所以だろうか。
かといって大和撫子でもなさそうだし。
女の武器も使えない様じゃ、TOPにはなれない。
そこへ行くと外国は魅力的だ。
ドイツのメルケルおばさん。62歳。
51歳で首相に就任して、現在11年目。
世界の男共を相手にしても一歩も引かない。
堂々たるボリュームで圧倒している。
今話題のヒラリー・クリントン。68歳。
亭主のビル・クリントン大統領の不倫を無視している。
大統領になるには、そげんな細んまい事に関わっては居られんたい。
なりふり構わず、暴言男・トランプと渡り合っている。
大統領になったら、執務室で亭主と同じ事をするかもな?
それでも世界が平和なら、良しとするか!
                              メイ・フアン 寅次郎
mei

merukeru

kurinton

koike

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 08:37|PermalinkComments(0)政治 

2016年07月18日

「Hなスマホ」

 我がスマホは購入後すぐに女性が現れた。
画面の下半身とも言うべき所に無毛のシンボルが。
画面の下の方にあるdokomo文字の上。
彼女は、何が言いたいのだろう・・・?
俺に何か用なのか?
その位置には、鍵と言うか、錠前の絵がある。
これを指でプッシュしないと、スマホは動かない。
必ず、押す事になる・・・毎回、毎回。
押すたびに邪念が起きる。
それに気をとられていると、やることを忘れてしまう?
誰に電話するんだったっけ?
Netで何か検索するんだったっけ?
写真を撮るんだったっけ?
画像を探すんだったっけ?
Lineするんだったっけ?
思い出そうと、彼女を見ていたら、スーッと消えていった。
又、押さなくてはいけない。
またを押すのではない。
彼女を鍵の上から押すのである。
彼女は何も言わないで開く・・・。
そうだ、今夜の事を電話するんだった!
今夜の事って?
まごまごしてると、又消えちゃうから・・・。
消えた・・・。
暗くなった画面を見ていると・・・
その内に、へそが現れ、上の方にはオッパイも出てくるかも・・・。
 ところでLineは便利だ。
喋らなくて良いから。
人に聞かれる心配がない。
その代わり、証拠が残る。
時々、変なおじさんが出て来て“何か用ですか?”とくる。
郡上弁でなく、きちんと喋ると、探しに行く。
偉いもんだ!
うちのカカより、よっぽどましだ。
このアイコンが、粋な女性ならどんどん喋るんだけど。
変なおじさんじゃなぁ・・・。
                             スマホおじさん 寅次郎
dokomo1

dokomo2

dokomo3

goyo

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 08:48|PermalinkComments(0)独り言 

2016年07月15日

「長良川の鮎」

 昨年の暮れ、長良川中流域は世界農業遺産に認定された。
その中心が“長良川の鮎”である。
世界文化遺産は、過去の遺産を保護するのが主体。
世界農業遺産は、未来へ継承してゆくモノが主体。
従って鮎を始めそこに住む生物を、未来永劫、守り育てなければならない。
 だがよ、最近、ここの鮎がおかしいんだよ。
鮎ばかりでなく、同居する他の小魚(雑漁)までおかしいのよ。
鮎は、ここ十数年前から総じて不魚である。
小魚もその姿を、以前ほど見ない。
そして、取れないと友人は言う。
2,009年に岐阜大学の関係者が長良川エコカフェを開いた。
長良川の自然と文化について、地域の人達の話を聞きたい、として。
我が喫茶店“茶々”でも開催した。
その時、郡上青年会議所の若者が長年取り組んで来た事を話してくれた。
それは“川ゲラウオッチングから見えるモノ”と題してであった。
長良川上流は極めて綺麗である、とランク付けされている。
しかし、近年、鮎の生態がおかしい。
鮎は冷水病が多発し、育たない、釣れない、何故か?
本当に綺麗なのか? と疑問を呈した。
原因の究明はなかなか出来ないと言う。
問題が他岐に渡り、大きすぎると語った。
その時主催者は、別組織で是非取り組むべき問題だと結んだ。
しかし、その後、誰かが取り組んだと言う事は聞かない。
問題が解決しないまま、世界遺産になってしまった。
逆説的に言えば、危機的状態だから、遺産として保護育成せよと言うのか?
地元の川辺で朝夕、川を眺める者としては、今一複雑である。
かつての名声を取り戻そうと言う事なら良いが・・・。
現実を見ずして、世界遺産だと浮かれる時ではない気がする。
浮かれる前に、世界遺産の名のもとに大きな組織で研究すべきだ。
他所から来られる釣り人も、何が世界遺産なの?と笑っていないか?
いや、ここはもうダメだ、と来なくなった人が多いのでは?
地元を含め、釣り人は、かつての半分の、更に半分以下だ。
こんな事を書くと、更に人は来なくなると叱られそうだ。
だが、今、何かをしないと、やがて死の川になりかねない。
近年、徐々にそうなって来ている。
ウサギ追いし彼の山、こぶな釣りし彼の川は消える。
己が消える前に、かつての賑わいが見たい!
                                元釣り師 寅次郎
ayuisan

ayuisan1

ayuturi

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 08:50|PermalinkComments(0)自然 

2016年07月13日

「孫の武士道」

 孫が中学に進み、剣道部に入った。
幼稚園の頃はバーバに日本舞踊西川流を踊らされた。
同時に、親からピアノを押し付けられた。
小学校の中学年から水泳教室に通った。
そのせいか、身長が急激に伸び始めた。
現在は1m70cm、足は27cm。
両方ともジージを超えてしまった。
ジージの希望は野球だったが、剣道を選んだ。
ジージの親(正三)は相撲と剣道が強かった。
突きが得意で、相手に体当たりをして姿勢を崩して打ち込む!
相撲の出足を生かした“神道正三流”?の極意か。
ジージもその血を受け継いで、小学校高学年の時、竹刀を握った。
中学に進み、竹刀はバットに持ち替える。
良い仲間に恵まれて、野球部の黄金時代を築いた。
それがこの歳になっても、バットが捨てきれないでいる。
母親が、対外試合があると、見に来てくれた。
当時は、親が試合を見に来るなんざぁ珍しかった。
親が見に来ると、集中できなくて迷惑だった。
 今回、孫が試合に出ると言う。
剣道部に入って3カ月も経っていないのに?
聞けば昨今部員が少ないらしい。
だから、すぐにレギュラーになり、試合に出られるとの事。
まだ、子供のチャンバラごっこの域を出まいと思いつつ見に行った。
緊張を与えてはいけないと思い、隠れて観戦した。
案の定、一回戦は負けた。
敗者戦があるらしい。
それも一本取られて負けた。
更に敗者戦があるらしい。
これは延長戦で、メンを決めて勝った!
剣道を始めて三か月にしては、様になっていた。
試合中は板の間に正座して観戦している。
その姿に、何とも頼もしいモノを感じた。
家では、寝ころんで漫画に熱中しているのに。
その姿の落差に、涙腺が緩む・・・。
良き部活を選んだ!
                               日本人だ! 寅次郎
ken7101

ken7102

ken7103

ken7104

BlogPaint

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 09:42|PermalinkComments(0) 

2016年07月11日

「阿 吽」

 感動のサウンドに魂を揺さぶられた。
アンサンブル・リベルタと和太鼓・TOKARAのジョイントコンサート。
昨年初めて聞いて、今年も是非聞きたいと向かった。
場所は美並町日本まん真ん中センター。
昨年のテーマは“倭の風”だったが、今年は“阿吽”
阿吽の阿は口を開いて最初に出す音、
吽は口を閉じて出す最後の音で、宇宙の始まりと終わりを表すとか。
又、“阿吽の呼吸”と言うのがある。
これは二人以上が一つの事をする時の絶妙なタイミングを言う。
即興的に見える演奏が、阿吽の呼吸でやられている。
圧倒される!
 昨年のオープニングは真っ暗な会場に虚無僧と尺八だった。
今年は、琴と尺八の名曲“春の海”で始まった。
日本の音に、のっけから感動!
猟奇的な殺人事件や、嘘臭い参議院選挙など、すっかり忘れさせてくれる。
途中で、1m以上ある楽器を取りだした。
これは福島原発で苦しむ、楢葉町で戴いて来たと紹介。
ガードレールだと紹介されたが、厳密にはガードパイプに支柱だ。
先端が折れ曲がっている。
津波によって変形したと言う。
それを尺八に仕上げて演奏した。
曲名は“祈り”。
低音でモノ悲しげに訴える様な静かな曲だった。
インターバル後の後半はTOKARAとのコラボレーション。
出だしは日本の童謡と民謡のメドレー!
トップは、あんたがたどこさ、肥後さ肥後どこさ 熊本さ熊本どこさ・・・
大地震で今なお苦しむ熊本の名曲に、ホッとする。
それとなく熊本にスポットを当てる、心優しき配慮!
続く馬子歌は、高音から低音への小節に情景が浮かぶ・・・。
上州に移り、八木節はTOKARAの太鼓が入り、軽快!
栃木に居た頃、八木節の太鼓を習った事がある。
思わず、足が調子を取りだす!
2時間を超えた、フィナーレはコーヒールンバとお祭りマンボ。
“そーれ、それそれ、お祭りだー!”と全員で合唱!
会場を出てくると奏者全員が玄関でお見送りご挨拶。
何とも飾らない人達だと、大好きになった!
                              時々文化人の 寅次郎
ribe1

ribe2

ribe3

riberuta3

riberuta8

riberuta7

riberuta6

riberuta5

riberuta2

riberuta

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 10:55|PermalinkComments(0)芸能 

2016年07月10日

「初夏の恋」

 女房が畑の隅に立ち葵を植えた。
見事に育って、ピンクの花を沢山つけた。
人に教えられて、初めて立ち葵と知った。
葵と言えばすぐに徳川の三つ葉葵が連想される。
三つ葉葵と言う植物は実在しないらしい。
家康が狸と言われるのも何となくうなずける。
沢山の花が勢いよく咲く。
花の多さと重さで、全体が倒れそうになる。
この花が咲くと初夏だと言う。
アオイの名から静岡市と会津若松市が市花にしている
その花を接写しようとカメラを向けたら、恋人が居た。
恋をしていた・・・。
真昼間から、恋の真っ最中である。
花を忘れて、その恋をカメラで追った。
茎を歩きながら恋をしている。
時々、止まる。
上に居るオスが激しく左右に動く!
これがテントウムシのサンバか!
激しく動いても離なれない!
暫くしたら、動かなくなった・・・一休みか?
俺が見ているからだろうか?
くっついたまま少し動いて、茎の陰に行った。
隠れてやろうと言うのか?
チェリッシュが歌う“テントウムシのサンバ”は結婚式の歌だ。
そうか、結婚式だったのか・・・。
調べて解った事だが、一回の結婚式に2時間位かけるらしい。
それを一日に何度も繰り返して踊るとか?
テントウムシの好きな食べ物は“アブラムシ”とか。
アブラムシを食べてくれるから、テントウムシは益虫とか。
俺も明日から、アブラムシを食べてみようか?
元気は出るし、益虫となり、人の為に尽くせそうだから。
テントウムシには面白い性質があるらしい。
強い奴に襲われると、死んだふりをするらしい。
そして異臭と苦味のある液体を振りまくらしい。
最近の俺も、死んだふりする事がある・・・。
鮮やかな衣装は、敵への警戒色らしい。
きれいな花(虫)には毒がある?
                    “我が妻に 毒なし恋の 立ち葵” 寅次郎
yachiaoi1

tachiaoi2

ten4

ten1

ten2

ten3

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 08:48|PermalinkComments(0)動物 

2016年07月08日

「昔のナビ」

 祖父の遺品と言うか形見と言うか?
携帯用の磁石を大事に持っている。
一見、何の変哲もない磁石である。
祖父はある新興宗教の祖である。
戦後、それを名古屋の人と立ち上げた。
一時はかなりの隆盛を見た。
その修行の一環に托鉢があった。
近郷各地を歩いて回り、布施を戴く。
これは、民の所得欲を消し、功徳を積む事らしい。
加えて、布教と宗教の維持が目的とされる。
やや難しいが、そうらしい。
その托鉢で各地を廻る時に磁石を用いた。
全く見知らぬ土地に行き、修行してくるのである。
地図上でおおよその見当をつけてスタートしたらしい。
自家用車等もないから、電車やバスを乗り継いでの事。
この磁石がナビゲーションである。
磁石以外にも、こんな事で方角を模索したらしい。
市街地では家の建て方を見てもおおよそ解る。
日当たりの良い方に居間やベランダが多くあれば南だ。
庭木なども、葉が良く繁る方が南である。
山で迷った時に、方角を知るには。
木の切り株があれば、その年輪を見る。
年輪の粗い方が南である。
天気が良ければ、太陽の影を見ても解る。
午前中であれば影の方向が西、午後は東。
祖父は、こんな事をいろいろと話してくれた。
最近では衛星放送のアンテナはおおよそ南を向いている。
腕時計(アナログ)でも方角は解ります・
 時計の12時が左に来るように持ち
 短針を太陽にむけると
 12時と短針の真ん中が南です。
生きる上での生活の知恵そのものである。
カーナビ頼りの現代人は、そんな知恵はいらないと言うか?
過日、北海道で小2が置き去りにされた。
彼は偶然のラッキーが重なって生還したが・・・。
軟な成人では、青木ヶ原の樹海であろう。
遺品の磁石がいろんな事を示唆してくれた。
                        夜、帰り道が解らなくなる 寅次郎
jisyaku

yottparai1

minami

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 08:30|PermalinkComments(0)雑学 

2016年07月06日

「誰が、何の為に?」

 今迄、白鳥神社は封印されていた。
それを昨年暮れ、ある霊能者が訪れて、その結界を解いた。
この度、その霊能者とお話出来る機会があった。
数々の質問をぶつけてみた。
 まず、何故に白鳥神社は封印されなければならなかったのか?
曰く、白鳥神社の氏子達は、金属を扱う集団であった。
この時代、金属を扱う集団は、強大な力を持っていた。
この集団が栄える事は、時の朝廷(天皇家)が困る事であった。
故に、朝廷が陰陽師をこの地に派遣して、神社を封印した。
全国にあるヤマトタケルと白鳥伝説には金属が絡んでいる。
金属集団を率いる棟梁がヤマトタケルだと言う事。
よって、ヤマトタケルを祀る白鳥神社は封じ込められてしまった。
 ヤマトタケルと白鳥(ハクチョウ)との繋がりは、
ヤマトタケルは常に戦争で最前線を戦わされた神であった。
戦争には金属は必需品。
ヤマトタケルは金属(隕石)を探すのに白鳥を使った。
白鳥は隕石を見つけると、特徴的な飛び方をする由。
白鳥神社は五重に封印されていたと言う。
それ程にこの地を畏れた証拠であると。
白鳥が金属集団であった事の証拠には、
この地に“立多羅”(タッタラ)と言う地名が現存する。
これは紛れもなく“タタラの民”は住んだところである。
“タタラの民”とは、金属を扱う集団である。
タタラの別名はフイゴである。
フイゴは金属を熱する時に使う空気送風機である。
 されば白鳥に隕石(金属)はあるのか?
これは現在、地中深く埋もれている?とか。
これは、やや曖昧模糊とした答えである。
だが白鳥では、ソブ水と言われ、多くの鉄分を含んだ地下水が出る。
この水は、錆びた茶褐色をしていて飲料には適さない。
白鳥神社→ヤマトタケル→白鳥→金属集団→立多羅→ソブ水。
この繋がりが、強大な集団になると朝廷が困る。
故に栄えないように封印をした、となる。
その封印が昨年の暮れに解かれた。
白鳥が再起動をし、これから栄える!
それは氏子次第だ!と霊能者は言う。
                          タタラミクスが面白い 寅次郎
kari1

kari2

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 08:28|PermalinkComments(0)宗教 

2016年07月04日

「白鳥神社の謎」

 町内在住のある方のブログに引き込まれた。
この人は、数年前、故あって名古屋を引き払い白鳥に越された。
都会の生活に限界を感じられたようだ。
町郊外の丘陵地に親子4人で住み、喫茶店を営んで見える。
田舎暮らしを求めて来られた様だ。
その証拠は営む喫茶店にあった。
その名は“オーガニックカフェ―嘉利”である。
オーガニックとは、無農薬野菜、自然食品の代名詞。
嘉利は沖縄の方言で、目出度いとか良き事多かれの意らしい。
全体として“自然の恵みに感謝”の気持ちらしい。
このマスターがブログに“白鳥神社の秘密”を著した。
総代長の寅次郎としては、捨ておけない。
店に出向き、オーガニックな食事を戴きながら話を伺った。
マスターの友達に超能力者が居られる。
昨年暮れ、その方と白鳥神社に行き、異変を感じた由。
神社は今、強い結界の中に閉じ込められていると言う。
誰かが、強いエネルギーを発して封鎖したらしい。
封鎖しないと何か都合の悪い事があったようだが・・・。
それは解らない?
そしてその時、同行された超能力者が結界を解いた。
それは数百年間の封印が解かれ、神社が再起動した瞬間だったと言う。
ひょっとすると、これから白鳥は賑わうかもしれない・・・と。
今の所、さしたる変化は感じられないが・・・。
白鳥神社の祭神はイザナミノミコトとヤマトタケルである。
全国にあるヤマトタケルと白鳥伝説には金属精錬文化が付いて廻る。
金属集団はタタラの民と呼ばれる。
タタラとは金属を精錬する時に使うフイゴの事である。
白鳥神社の北東に“立多羅”(タッタラ)と言う所がある。
そして神社の東側に“かじや”と言う屋号の家がある。
立多羅とかじや、白鳥伝説、ヤマトタケルにと繋がってゆく。
時代のズレは有るモノの、素通りできない事実である。
“かじや”は、寅次郎の本家である。
解明する事が、総代長としてのミッション?とは大袈裟か。
                         タタラミクスが面白い! 寅次郎
sirotorijinnjya

kari

tatttara

kajiya

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 08:26|PermalinkComments(0)宗教 

2016年07月02日

「鞘 堂」

 白鳥稲荷神社本殿は野外にむき出しである。
一昨年、本殿背後の巨木・榎が突然倒れた。
本殿と、石灯篭の間、僅か一間ばかりの隙間に。
本殿に当たっていれば、間違いなく、潰れていただろう。
これは奇跡に近い出来事だ。
この頃、長年続いた奉賛会に解散話が浮上していた。
毎年、新調する幟旗も旧いままの状況だった。
これにお稲荷さんが、怒ったに違いない。
これは、崇りの前兆じゃ!
お静まり下されー!
鞘堂を建てますから!
と、今年に入り、先ず、幟旗を新しくした。
この神事の時に、強い突風が一瞬吹いた!
御幣も、神饌も飛ばされた。
お稲荷様の降臨か!?
本殿近くの、大欅も枯れ始めた。
これも崇りか?
様々な現象を見て、鞘堂建立を考えた。
鞘堂とは、重要な文化財、史跡を保護する簡易な建物とある。
最も有名なのは、中尊寺金色堂の鞘堂。
貧乏神社には資金がない!
昔は御寄附と言う手段が通用したが、昨今は流行らない。
これも信仰心が希薄して来た現れだろうか?
でも、何とかそれらしきモノを作ろうと苦慮中。
白鳥神社境内には、欅と杉が混在している。
“欅の杜”が白鳥神社のシンボルである。
杉には悪いけれど、欅の成長を阻害しているものを間引きさせてもらおう。
その間引き材で、鞘堂を建立させてもらう寸法。
これなら、杉も怒るまい。
所がこの森は、県の天然記念物に指定されている。
簡単には切れない。
伐採の嘆願書を提出中。
一昨日、岐大名誉教授、京大農学博士の診断を現地で仰いだ。
杉の間伐は理にかなっている!とのお言葉。
天然記念物と言えども、手を入れる必要はある、とも。
イナリミクス様、どうぞ貧者にお力を!
                                他力本願 寅次郎
sindan

sugikeyaki

enoki1

enoki

inari

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 08:52|PermalinkComments(0)植物 

2016年06月30日

「クレストール」

 最近、週刊誌がうるさい。
この薬を飲んではいけない!
あの手術を受けてはいけない!と書きたてる。
国民の多くが服用しているらしい薬がターゲット。
小心者は、気にならない方がおかしい。
この種の週刊誌は、オッサン世代の心を揺さぶる。
死ぬまでSEXだと、寝た子を起こしにかかる。
袋とじで、覗きの心理をくすぐる。
オッサンの弱点を巧みに突いてくる。
まさにオッサン御用達週刊誌だ。
騙されたと思いつつ、次号も買ってしまう。
商売上手な編集長!
ブログ書きとしても、あやかりたい心理。
とは言っても、記事が気になる。
先日、かかりつけの病院の先生に聞いて見た。
死ぬまでSEXは聞けないので、他の薬の事を。
寅は現在、クレストールを常薬にしている。
週刊誌によると、この薬は筋肉を溶かす作用があると言う。
こりゃ大変だ! 先生どうなんだい?
間違いありません!溶かす作用があります!と。
ホントかよ! だから最近、筋肉に元気が無くなったのかなぁ?
先生は念を押した。
それは1000人に一人の割合です、と。
0. 1%の確率です、それがいやなら止めますか?
筋肉が気になるなら、ドーピング薬を出しますか?
ほしいけど、下さいとは言えない・・・小心者
週刊誌を信じたら、薬なんか飲めませんよ!ピシャリと言われた。
週刊誌は、責任を取ってくれますか?とも先生は言った。
今、二ヶ月に一回、通院している。
その時先生は“どこか異常ありませんか”と最初に聞いてくる。
手足がしびれるとか、筋肉痛が起きるとか、
だるさを感じるとか、斑点が出るとか、etcを。
これ等は、副作用が無いかのチェックだと解った。
 最近、ゴルフもソフトも距離が落ちて来た。
寅のやる、ゴルフやソフトにはドーピング検査はない。
恥を忍んで、お願いしてみようか、先生に・・・。
                           ソ連が羨ましい・・・寅次郎
kuresutorru

syarapowa

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 08:17|PermalinkComments(0)健康 

2016年06月28日

「EU離婚」

 この所、接戦が大流行りだ。
ペルーの大統領選も激しく競り合った。
アメリカ大統領予備選で、クリントン;サンダースが競った。
そしてイギリスが真っ二つに割れた。
イギリスがEUから離脱すると言う。
良く解らない。
投票したイギリス人達も、出た結果に戸惑っている様だ。
何が正しいのか良く解らないままに結果が出てしまった。
TVの女性キャスターが解り易く言っていた。
“離脱”と言わないで“離婚”といえば解り易いと。
お互いの言い分を、十分に協議しないまま国民投票した。
中には、事の重大さに“しまった!”と思っていないか?
そんなに悪い女でもなかったのに・・・。
思ったほど、ぐうたらな男でもなかったのに・・・。
でも、何となくいい加減な家庭になってしまった。
浮気とまでは行かないが、よその人と仲良くなりすぎた。
その結果、我が家の、らしさがなくなってきた。
よその人の言いなりと言うか・・・。
あなたはもっとイギリスらしい人かと思った・・・のに。
れっきとしたレディース&ジェントルマンでなくなった。
いやいや、片意地張らずに、よそ様と仲良くする事が今時大事です。
少しの見栄や不都合には目をつぶっても・・・。
かつての大英帝国の夢を追い続けるのは時代遅れだよ、とも。
これでは我儘の言い相っこだ。
いま、二人は本当に大変なのか?
 この前も、独立する、しないで大騒ぎをした国だ。
大騒ぎをしたけれど、その後は、何事もなかったように収まっている。
大騒ぎの好きな国なんだろうか?
これじゃ落語の出てくる、厩火事だ。
ぐうたら亭主と、髪結い焼餅かかあと大差ない。
話を聞かされる仲人は、大きなお世話だ!となる。
こんなものは、打っちゃってけばいいのに・・・。
でもEUのごたごたは世界経済に影響するってえから始末に悪い。
この際、日本もアメリカから離脱したらどお?
沖縄もスッキリするぜ!
                         隣の芝生が綺麗に見える 寅次郎
eu1

eu

eu2

umaya

umaya1

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 08:50|PermalinkComments(0)政治 

2016年06月26日

「生きる・切腹」

 乙川優三郎の時代小説。
2002年の直木賞受賞作品。
藩主が死に、追腹を切り殉死するのが美徳の時代。
それが忠義とされた時代。
それを禁止する動きもあった。
あたら有能な若い人材が追腹を切れば藩の損失になる。
生きて藩に忠誠を尽くすのも忠義と言う考え方。
追腹禁止令に背いて切腹すれば、罪人となり石高を減らされる。
家族は困窮を強いられる。
主人公は家老の出した禁止令に従って生きた。
だが、世間の目は、不忠者呼ばわりして孤独になる。
家族の者も、不忠の一族と世間からのけ者にされる。
どちらを選んでも、家族が窮地になるのだ。
ぎりぎりの所まで追い込まれても生きるしかない。
そこに又、権力争いが絡んでくる。
何とも、侍とはつらい生き者だ。
 これを読み終えた時、TVを見た。
“最後の忠臣蔵”生き残った二人の生きざま。
瀬尾孫左衛門と寺坂吉右衛門。
瀬尾は大石の忘れ形見、可音を育ててくれと頼まれる。
そして、討ち入り前夜に逐電する。
幼子を預かり、密かに育て、無事嫁入りまでこぎつける。
その間の苦悩は半端でない。
一方、寺坂は討ち入り後、これも大石に頼まれて逐電。
討ち入りの詳細を浅野家に報告する事と、
討ち入り義士家族の面倒を見てくれ、と金子を渡されて。
これ又、大変な苦労の大仕事だ。
そして、瀬尾に出会う。
二人して、大石の娘・可音の祝言を無事終える。
祝言の夜、瀬尾は切腹をする。
“お役目、無事果たしました、只今よりそちらに参ります”と。
大石の位牌の前で腹かき切る。
何とも壮絶な武士道だ。
前にも映画で見たが、又しても泣いてしまった。
外人には解るまい!
                           何がグローバルだ! 寅次郎

ikiru

magoza

saigono

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 08:05|PermalinkComments(0)読書 

2016年06月24日

「龍の瞳」

 ソフトボールチームの中に百姓が居る。
彼は元、郡上市役所職員。
教育委員会関連の役職を最後に定年退職。
何を感じたか、セカンドライフに百姓を選んだ。
唯の百姓で無く、一流の百姓を目指した。
それは新しい品種の“米”を育てる事だった。
米の名を“龍の瞳”
この米は2000年に岐阜県下呂市でコシヒカリの中から発見された。
コシヒカリの1.5倍の程の大粒である。
粘り、香り、甘味、歯ごたえ、栄養面に優れている。
冷めても美味しく、弁当やおにぎりにも最適とか。
衫兇瞭靴鳩戚鵑靴診晴箸里澆栽培できる。
米は水が命、それを司る“龍”と大粒が瞳を思わせる処から命名。
有機質肥料のみで栽培される。
一日の寒暖の差が大きく、きれいな水の所が適しているとか。
値段は新潟こしひかりの2倍。
通常の米の4倍位かと思われる。
通販で買うと、2kgで2500円位でしょうか。
彼はこの米の栽培契約者になった。
世の中、とかくTPPなんぞと騒がしい。
日本の農業の危機だとも囁かれる。
今迄と同じ事をやっていると潰される。
一歩前に進む事を彼は考えたのだろう。
他国に追従を許さないモノで勝負に出た。
高い安全性に高品質ならば、他国に負けない!
流石、市役所職員幹部さん!
スーツから作業服にスイッチして、田んぼに入った。
毎日がアウトドアーで太陽がいっぱい!
真っ黒に日焼け!前後ろが分からない!
笑うと白い歯で前が分かる程。
田んぼの合間にソフトに来てくれる。
名三塁手!打球に横っ跳び!でアウトにする!
昨年はMVPに輝いた。
その彼から、龍の瞳を戴いた。
女房が焚き方を教わり、慎重に焚いた。
光っている!
                           おかずが要らない! 寅次郎
ryuhitomi

ryu

ryu1

mizumukai

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 09:36|PermalinkComments(0)植物