2017年01月20日

「新春かるた会」

 白山塾の新年会はカルタ取りに挑戦!
塾生の平均年齢は傘寿近いだろうか?
最高齢者は90歳。一番若くて50歳台かな?
車も運転する、スキーも現役、踊りの師匠、会社の現役経営者等々。
かくしゃくとした恐るべきゴールドエイジ。
新年会も単にお酒を飲んで賀詞を述べ合うだけでは能がない。
昔懐かしい“カルタ取り”をやろうと提唱したら、
“よし!やろう!と二つ返事が返ってきた。
この返事には、かなりの自信が感じられた。
会の冒頭、サミエルウルマンの“青春”と言う詩を披露。
“青春”とは人生のある時期を言うのではない。
人は歳を重ねたから老いるのではない。
理想を失った時に老いて、青春は消える。
塾生諸氏の熱き情熱に、気合を入れて“乾杯!”。
暫く、盃を交わしながら、楽しく懇談。
程よく、酒が廻ったところで、カルタ取りを開始。
“もう、60〜70年前にやったきりで・・・・”
ほとんどの人が、言い訳じみたバリアを張られる。
しかしその言葉の裏には、かなりの自信がちらつく。
昔取った杵柄を、目にもの見せて呉れよう!
寅次郎も同じ気持ちだったが・・・、
ここは一番、読み手に回った。
男女13名が札を囲んで車座に陣取る。
全員が静かに、札をにらみつけている
これはかなり心得があると睨んだ。
“忍ぶれど 色に出にけり我が恋は・・・”
“ハイー!”
下の句が出ない内に、手が動く!
60年前の記憶は衰えていない!
昨日の夕食は何だったか忘れる人達が・・・。
百人一首は約半分が恋の歌である。
味わい深い日本文化の至宝とも言える。
今、トランプは経済至上主義を更に加速させるだろう。
そんな時代だからこそ、日本の伝統文化が輝かなければと思う。
我々年寄りは、教えるという大事な事を忘れてきた。
孫達に、絶対教えないといけない!
“大江山行くのの道は遠けれど まだ踏んでみんカカの金玉!”
我が親父は、楽しく読んで聞かせてくれた。
教えないで逝く人は、罪である!
                         千早ぶるの落語の好きな 寅次郎
karuta1

karuta2

karuta3

karuta4

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 09:44|PermalinkComments(0)風習 

2017年01月18日

「議会だより」

 郡上市議会が、広報として発行している。
中身は各議員の一般質問が主体である。
各議員さんが何を考えているかが解る。
でも、毎回違ったジャンルの質問である。
広範囲に、課題を見つけて、質問されている。
視野を大きく持たれる事は大切な事だ。
反面、一つのことを深く掘り下げている姿は見られない。
18人の議員さんが、それぞれ一つずつ深く課題を持たれればと思う。
広く浅くではなく、狭く深く追求する。
政治家として、一つのライフワークを持つと言う事でしょうか。
オンリーワンの夢をもつ事でしょうか。
さすれば具体論も展開でき、夢の実現に近づけまいか?
郡上に18の夢が実現すれば素晴らしい!
毎回、話題性の多い事柄を選んで、うわべだけの質問では薄っぺらだ。
郡上の現実をつつくのも大切だが、将来を個々に研究し、追及してほしい。
それだけの能力ある方々だと思うが故である。
この議会便りの片隅に“私の健幸法”と言うコーナーがある。
ここに記事を書けと、お達しが来た。
早寝早起き、毎日運動をしている、食事に気をつけている、
コミニュケーションを大切にしている、etc。
今迄の記事は、おおよそ上記に当てはまる。
すごく真面目な事が書かれている。
議会便りという性格上からだろうか?
一応書いて出してみた。
“昨年は大怪我もなく健康でした。
ソフトボールでは60試合を戦い、練習も含めるとかなりの運動量でした。
メンタル面はブログを一日おきに10年書き綴ってきました。
飾らず書き綴る事がストレスを消してくれます。
体力はソフトボールで養い、心はブログでやすめます。
酒と女は2ごうまで、と言われますが、片方は守れております。
時々、規制は緩和されますが、
このリズムとバランスが健康法でしょうか”と書いた。
突き返された。
“酒と女は二ごうまで”が駄目だと言う。
女性差別、セクハラに当たるらしい・・・さすが議会だ!
そんな枝葉末節を議論してる暇があれば、人口問題でもガンガンやってくれ!
粋な冗談も通じない、脳硬化症の先生方じゃ、郡上の前途は楽しくない。
どうやら、議会の権威を汚すらしい。
                         恐れ入谷の鬼子母神だ! 寅次郎
sake2gou

sake3

sake2gou

onna2

gou1

2gou2

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 08:53|PermalinkComments(0)独り言 

2017年01月16日

「一里塚の年賀」

 波乱の正月が明けた。
二日に本家の従兄危篤、三日に身罷った。
正月は、冥土の旅の一里塚、目出度くもあり、目出度くもないスタート。
それには関係なく、今年も全国各地から、心温まる賀詞を戴きました。
琴線に触れた賀詞の一部を勝手ながらご披露仕る。
「歳には勝てぬと言いながら、何とか頑張るぞ!」〜米寿の小学校恩師〜お祝いせねば
「佐渡で絶滅危惧種のトキに出会い感動!」〜高らかにバッハを歌う京洛の傘寿合掌団員
「初滑りは尾瀬岩鞍を攻めると古稀スキーヤー!」〜多摩の不死身ペースメーカーマン
「膝に時限爆弾を抱えつつ、草スキー大会荒らし!」〜地元の古稀ポンコツレーサー
「ゴルフは精神じゃなく、清心と説く」〜小松市のゴルフ場社長(ゴルフはスコアじゃないの?)
「80代が近づき、80台のゴルフが遠のくと嘆く」〜岐阜市の同級生ゴルファー
「長寿大学を卒業、生涯大学入学しました」〜我孫子の年寄大学マニアの同級生
「これから、なにがいくつ出来るか?・・・夜の話?」〜讃岐うどん越谷支店長代理
「8年連続で里山からフクロウを巣立ちさせました」〜宇都宮の鳥インフルエンザ除染男
「気仙沼より愛を込めて」〜気仙沼第二笑口会議処会頭・酒屋の親父
「歳重ね 色とりどりに 学ばされ」〜宮城県のボランティア女性詩人
「ソフト、ゴルフに限界を感じグランドゴルフに転進」〜地元の欲張り浮気シルバー
「昔取った杵柄で還暦野球全国大会(秋田行き)を目指す」〜原発推進敦賀のハイシニア
「上りも下りも楽しみたい!」〜坂の好きな地元のポジティブ前期高齢者
「辰巳会の為に死ぬまで頑張れ!」〜同級生の死にショックを受けたか?知多のウイドー
「NHK会長退任を迫る!」〜元NHK会長候補者
「酉年に不苦労(フクロウ)を願う」八幡町の苦労人・元官僚幹部
「阪神フアンなら、おんな城主・直虎に注目せよ!」〜地元遠州磐田の元監督
「金婚式を控え、少し控えめになった」〜地元のおしどり夫婦
「郡上カルタを宣伝、街興しを目論む」〜八幡町の官僚ナンバー3
「よろこべば喜びが悦び集めて慶びに来る!」もう一つ歓びの地元ヨロコビマン
「トランプがジョーカーになる可能性、95%!」〜千葉、柏の寅次郎
「1800年の老木欅にあやかりたい」〜トレーニングジム症候群の元気シルバー
「遂に運転免許証を返上しました」〜八幡町の92歳の元校長先生健在、これからは歩く!
「ゴルフと酒と女なくば、娑婆に出た価値なしと人生を説く」〜六甲の小林旭を歌うゴルフ場社長
「安倍はトランプと仲良くなれるかと心配する」〜地元の愛妻家・傘寿先輩
「週一、瀬木宅のコーヒータイムで今年も世相を切りまくろう!」〜近所の女傑、女トランプ
「鶏鳴狗吠は平和の情景ですと達観!」〜数度の手術で頑張る不死身のガンダム
「同級生逝去時の弔辞・送別の歌に感動の涙」〜富加・初恋の人
「医院を息子に任せ、小世話を焼かない好々爺を目指します」〜地元の老医師、卒寿健在!
安倍の得意技・強行採決猫だましに今年も翻弄されるのでしょうか?
トランプに花札、サイコロ、ルーレット、カジノ法案成立で、博打打ち養成所建立。
ジャパンドリーム、一攫千金、額に汗などしてられねぇ!
酉年日本よ、何処さ行く?
           本年も何卒お手柔らかにご指導の程お願い申し上げます 寅次郎
nenga

nenga1

nenga2

nenga3

nenga4

nenga5

nenga6

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 10:05|PermalinkComments(0)風習 

2017年01月14日

「伊勢参り・愚痴論」

 折角の伊勢参りが楽しくなくなった。
原因は種々ある。
その1
バス7台で約250人が団体行動する。
行く先々のトイレは大混乱!
食堂も然り。
全員が揃うまで動かない、ボケーとした時間が多い。
貴重な旅行がロスタイムのオンパレード。
その2
バスの中が不自由だ。
走行中はシートベルトで縛られて、身動きできない。
以前は、自由に動き、酒の注ぎ合い、話し合いができた。
シートベルトで縛られて缶ビールを黙って飲んで、どこが楽しいのか?
旅は道ずれ世は情け、袖摺りあうも他生の縁、
つまずく石も縁のはしくれてんだ。
旅は道中が楽しいんだよ!
その3
がんじがらめにしておいて、程度の低いガイドの独演会では何をか言わんや!
旅行仲間には、必ずガイド以上のエンターテナーがいる!
その人達が、旅を楽しく演出することをガイドは知る事だ。
主役は乗客であり、ガイドはその引き立て役ですぞ!
その4
必要以上に土産物屋に寄り、無駄な時間を作っている。
土産物屋からバス会社にバックマージンがあるらしいが、
その為に、お客の大切な時間を犠牲にするな。
多くのお客は、土産の買い出しに、大枚はたいて行くのではない。
まずい団体旅行の飯を食いに行くのではない。
今回もメインの二条城見学は何と50分だ。
土産物屋に居た合計時間の方がはるかに長い!
ふざけるな!と言いたい。
その5
旅館はすし詰状態で、6人がくっ付いて寝るのだ。
風呂も大混乱、トイレもゆっくり出来ない。
その他にも、まだまだある、ある、ある!
幹部曰く、この旅行は、あと100人が必要だとおっしゃる。
寝言を言う前に、計画の再検討じゃないですか?
俺は今回で連続5回参加したが、年々面白くなくなってゆく。
近い将来、このままじゃ、間違いなく半分に減るよ。
いやなら、行かなきゃいいのに!
                              解りました! 寅次郎
ise299

todaya2

ise292

taiseihoukan

ise293

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 09:25|PermalinkComments(0) 

2017年01月12日

「伊勢参り・2017」

 5年連続で伊勢参りを済ませてきた。
白鳥神社の総代長と言う役目柄、いやとは言えない。
でも行く度に、新しい発見があり楽しい。
初日は伊勢神宮の外宮と内宮を参拝する。
今年は初めて両方とも御垣内参拝が出来た。
大きめの玉砂利を踏みしめ、二礼二拍一礼!
岐阜神社庁郡上支部250余名が、一斉に柏手!
柏手が伊勢の森に響き渡る!
これが終わると、おかげ横丁の露店の屋台に座る。
海の幸を焼いて、熱燗が胃に沁みる。
今年も元気に伊勢参りが出来た!と思う瞬間である。
今年は長女一家が松阪に居て、会いに来てくれた。
僅かな時間だったが、孫も元気に喜んでいた。
宿は鳥羽の戸田屋が定宿。
300余人が入れる大広間での大宴会は壮大!
この旅は、二日目が楽しみの一つである。
毎年、行く場所が変わる。
2013年は芸能の神様と言われる椿大社と近江八幡宮。
椿大社は、天岩戸でストリップをやった天鈿女命が祀られている。
近江神宮は百人一首の大会が開かれるところ。
2014年は北の天満宮と伏見稲荷
北の天満宮は学問の神様・菅原道真公の、こち吹かば・・・で有名。
伏見稲荷は、商売繁盛の神様。朱塗りがまぶしい。
2015年は平安神宮と多賀大社。
平安神宮は京都に遷都された時の中心建物(明治中頃に再建)
多賀大社はイザナギ、イザナミは祀られていて、伊勢の親神と言われる。
2016年は平等院。10円硬貨のデザイン。
阿字池に鳳凰堂が浮かぶ姿は、極楽の再現と言われる。
そして今年は二条城。
明治維新、大政奉還がなされた歴史の舞台。
始めての所なので、期待して行った。
聞きしに勝る、豪華絢爛、そして広い。
徳川家康が関が原で勝利をおさめ、諸国大名をここに集めた。
そこで、俺が日本の総大将であるぞよ!と宣言をした所。
そして15代、260余年続いた徳川幕府がここで終止符を打った。
徳川時代の初めと、終わりの舞台であるのも意味深だ。
時間切れで、つぶさに見られなかった事が心残り。
                              歴史に触れた 寅次郎
ise297

ise298

ise295

ise291

ise296
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!



torajiro0421 at 13:18|PermalinkComments(0)風習 

2017年01月08日

「従兄への挽歌」

 年頭早々から不祝儀な話になってしまう。
4歳年上の従兄が逝った。
頑丈な体の持ち主であったのに・・・。
大きな百姓家の跡取り息子。
幼少の頃から、常に父親のそばに侍らされた。
そして、大百姓のいろは、大家族、大親戚のまとめ方を教えられた。
スポーツは万能であった。
野球、陸上短距離、柔道、相撲は近辺で敵なし!
相撲は国体まで戦った。
しかし、この恵まれた才能は伸ばせなかった。
大百姓を継がねばならぬ運命であったが為に。
進学して環境が変われば、トップアスリートの可能性は十分だった。
その意味では、跡取りである事を恨んでいた。
俺がUターンしてゴルフ場の造成をした時、彼は発注者側に居た。
ゴルフ場完成後、ゴルフの腕を上げてきた。
我々は常にハンデを貰い、戦いを挑んだが跳ね返された。
しかし、ここ数年前からゴルフのスコアは落ちてきた。
ハンデキャップはイーブンとなった。
そして2年程前には、こちらからハンデをやるようになった。
俺達が強くなったのではなく、彼が弱くなってきたのだ。
加えて、酒量までもが減ってきた。
100が如何しても切れなくなってきた。
しかし、外見は何処も悪いようには見えなかった。
元来、医者が大嫌いで、怖いとまで言う。
薬を貰ってきても、満足に飲まないらしかった。
裏返せば、頑健な体に自信があり、それらを避けた節がある。
ゴルフが下降線を辿っても、自分の健康を疑わなかった?
でもゴルフはそんなに甘いものじゃなかった。
100が切れなくなる頃から、体は蝕まれ始めていたのだ。
前立腺肥大で小便の出が悪くなりだした。
それでも病院を嫌った。
そして昨年の11月、自宅で倒れた。
大晦日に一時帰宅出来るまでに回復した。
しかし、再度、自宅で倒れて救急車。
正月3日、帰らぬ人となった。
本家の兄貴として、随分とお世話になった。
まだまだこの先もと、頼ったいたのに・・・。
最後にゴルフをやったのは昨年の10月だった。
ゴルフでは追いつけ、追い越せと、常に目標にしてきた。
今迄、授業料として握りを随分と払ってきた。
これから取り返す時だったのに・・・。
逃げられた・・・。
                          こいつは追わないぞ! 寅次郎
yosimi1

yosimi3

yosimi2

yosimi5

yosimi6

taikouyama

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 16:32|PermalinkComments(0)人物 

2017年01月06日

「書初め・2017」

 昨年は“いい加減”と書いたら、その通りだった。
ちゃらんぽらんではなく、良い加減であったとポジティブに解釈。
書いた通りになるならば、欲を出して書いて見たくなる。
欲が出ると、その通りにならないのが世の常。
76年も生きてくりゃ、そげん事ぐらいはお見通しだ。
正月早々欲張ってはみっともない!
うがい手水に身を清め、墨を磨った。
この世に生まれて76年。
恥をかきかき、図々しく生き延びてきた。
5歳の時、岐阜空襲。
逃げ遅れていたら、今はない、この身。
両親の故郷に戻り、義務教育を終えた。
再び岐阜に出て、工業高校を卒業。
青雲の志を抱いて上京。
東京を皮切りに、関東の空気を17年間吸ってきた。
女房と子供3人を土産に、故郷に舞い戻った。
親の面倒を見るためのUターン。
凱旋とはほど遠いものだった。
55歳にして会社を起こし、老体に鞭打つ。
63歳にして初孫と対面、ジージの称号を得る。
69歳で頸動脈が詰まり、脳梗塞寸前で命拾い。
それ以後も、ソフトボールの現役は続く。
73歳の時、96歳の母を見送る。
昨年、竹馬の友を失い、弔辞に自ら泣いた。
そして今年4月に喜寿を迎える。
何とか持ち応えている。
残りの人生を思うと、じっとしていられない。
この心が自分をせきたて、やる事を増やしてゆく。
あれもやりたい、これもやりたい・・・欲の塊。
根が貧乏性なのだろう・・・。
悠々自適のゴルフ三昧など、夢のまた夢。
志もないのに、志半ばで逝きたくはない!?
取りあえず此処まで生きてこられた事に感謝して書いた。
素直に“喜寿”と書けばいいものを“奈奈十七寿”と。
へそ曲がり寅次郎、今年は7−7のぞろ目で勝負!
血圧の下値=77、ゴルフ=77、ウエスト=77・・・。
血のにじむ努力が必要のようだ。
無理かなー・・ 寅次郎
kijyu

kijyu10

77

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 12:52|PermalinkComments(0)風習 

2017年01月04日

「波乱の幕開き」

 あけましておめでとうございます。
愚生、今年は喜寿を迎えます。
長らえば恥多しとか。
今日まで、恥ずかしき事の数々。
今はただひたすら反省の日々を送っております。
これではまるっきりフーテンの寅さんです。
反省して、これからどうすんの?
問われて名乗るもおこがましいが・・・。
何も考えておりやせん!
唯ひたすら、冥土行き鈍行列車に日々揺られているに過ぎません。
今年は酉年である。
今、鳥インフルエンザが猛威をふるっている。
よりもよって、酉年が危うい!
鳥が全滅すると、親子丼は消えるのか?
卵焼きはどうなるのか?
ネギマはなくなるのか?
焼き鳥にコップ酒は庶民の定番。
この定番も高嶺の花となるのか?
焼き鳥の為にも、インフルエンザを退治しないと!
 家族で菩提寺へ年始に行った。
気になるのは神社仏閣への奉献酒が極端に少ない。
それ程に不景気なのだろうか?
はたまた、神社仏閣に関心が薄れてきたのか?
このお寺の住職がショッキングな話。
昨晩、参拝に来られたTさんが、今朝亡くなったと言う。
Tさんは、我がソフトボールのOBであり、79歳だった。
無常と言うには、あまりにはかない。
今朝、女房は踊り仲間の旦那の葬式に出かけた。
ここまで書いたら、正午に、本家の兄貴が危篤だ!と言う電話が鳴る。
駆けつけた、意識は朦朧とし、息が荒い。
一時小康状態だったが午後5時、逝ってしまった。
・・・あっけない!
何だ、今年は!
気温は高く、穏やかな正月だと言うのに!
明るい話題はないのかっ!
“門松は 冥土の旅の 一里塚 芽出度くも有り、芽出度くもなし”
                              うーん・・・ 寅次郎
niwato

yosimi

jigoku1

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 16:18|PermalinkComments(0)独り言 

2017年01月02日

「謹賀新年」

 白鳥神社の徹夜明けで、鳥居の横に初日を拝みました。
明けましておめでとうございます。
年末の糸魚川における大火を思いますと、一口に賀詞を述べるのも憚られます。
お見舞いを申し上げ、一日も早い復興をお祈りいたします。
昨年は社会的に何かと賑やかな年に感じられました。
申騒ぐ年だったのでしょうか。
来年は戌年です。
戌と申が並んでは、犬猿の仲で都合がよろしくない。
と言う事で、中に酉を入れたと、干支作りが申しております。
従って今年は喧嘩の仲裁役の年かと存じます。
無事に納めるのも審判。
エキサイティングに演出するのもレフリー次第。
レフリーは絶対であります。
相撲の立行司は脇差を帯びております。
もし間違えば、その場で腹を切る!
なんともスリリングではありませんか。
だが最近は、相撲に限らず、多くのスポーツにビデオ判定が出てきました。
スポーツは激しく動く中での判定を下すもの。
そこには“勢い”と言う要素が大きく作用します。
ところがビデオはどちらかと言うと静止させながらの判定になる。
勢いは、いきおい無視されがち?となる。
明らかな誤審は別にして、微妙な判定は行司、審判、レフリーの権限がいい。
機械が判定するなら行司、審判、レフリーは要らない。
裁判所も最近は政府寄りだと聞く。
沖縄が怒っている!
これも器械でやってみたら・・・。
将棋や、囲碁も器械が肉薄してきた。
近い将来、器械にやられそうだ。
器械が義理・人情を覚えてきたら、器械を愛してやる!
器械が恋愛感情を抱くようになれば・・・いや、これは愛せない。
女の器械が酒を飲んで、酔うようであれば、愛してもいい。
そこまで発達しても、子供は産めないだろう。
世の中、電気やガソリンが全てではない。
俺の生きている間は、そうあってほしい。
・・・屠蘇が廻ってきた・・・マトマラナーイ。
カカがグリスの切れた器械に見えてきた・・・。
何の話だったっけー?
そうだ酉の話だったのだ。
インフルエンザに気をつけよう!
鳥が全滅すると、親子丼や焼き鳥が高くなりそうだ、うなぎ並みに。 
「居酒屋で ねぎまなめなめ コップ酒」
庶民の夢が、又一つ消えるやも知れぬ。
                           頑張れ!ニワトリ! 寅次郎       
hatuhi

sarutoriinu

yakitori

yottparai

niwatori

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 17:16|PermalinkComments(0)独り言 

2016年12月31日

「28年のおさらい」

今年のカレンダーに気になる一言があった。
“努力する者は未来を語る、怠けるものは過去を語る”と。
過去の栄光を威張って語る積もりはない。
そんな栄光はある筈もなく、あくまで謙虚な反省でござんす。
加えて、言っておかなきゃ、気のすまねぇ事もござんす。
忘れちゃならねぇ事もござんす。
引かれ者の小唄とでも思い、聞いてくんねぇな。
1月 軽井沢でバス転落14名死亡〜運転手過酷な勤務、誰が悪いのか?
   甘利大臣、辞任〜名前が悪い! いや、ぴったりだ!
   台湾総統に女親分〜彼女の父は一夫多妻(4人)の豪商とか。トランプ好みだ!
   琴奨菊が日本人10年ぶりに優勝も九州場所は5勝10敗、菊は二度と咲くまい。
2月 清原逮捕〜シャラポワと友達?
   シャープが中国に身売り〜シャープペンシル無くなるの?
3月 民進党が156人で旗揚げ〜156(いちころ)ではなー・・・。
   シャラポワ、ドービングでアウト〜清原と親戚?
   江戸屋猫八逝去〜“梅散りて 親の元へと ホーホケキョ”
4月 熊本地震発生〜加藤清正も参った! 優秀な土木技術者だったとか・・・大先輩だ。
   三菱自動車、燃費で大嘘〜あの我が大奥も騙されていた。女を騙すな!
   北島康介引退、野口みずきも引退。
   なーも言えねぇ・康介。酒量が増えました・みずき。
5月 笑点司会者に春風亭昇太〜円楽は歌丸をいじめたからだ!
   オバマ広島訪問〜あんたは偉い!安倍は真似してハワイへ、マネしいは偉くない!
   伊勢志摩サミット〜円卓はメイドイン高山でした! あとはナーモ残らず?
   春の天皇賞キタサンブラック優勝〜函館の人(馬)大ヒット有馬記念首差に泣く。
   安保法案強行採決〜おら戦争に行くだー!
6月 舛添知事辞職〜湯河原の別荘はまだ売ってねー、嘘つきは別荘の始まり!
   モハメドアリ、鳩山邦夫逝去〜蝶のように、ハトのように
7月 ポケモンgo旋風〜おらもやってみたけど、こんなの面白いの?切ないねー・・・。
   小池姉さん都知事に圧勝〜ふうてんの寅のマドンナになれる?
   さしずめインテリは嫌ぇだ!
   永六輔。大橋巨泉、中村紘子、九重親方死去。
   いずれ一癖あったがいいオトナ達だった!
8月 天皇陛下隠居宣言〜おらもそろそろ・・・
   築地、豊洲移転に待った!〜ここは新鮮さが命だぜ!
   サッと決めなきゃ!厚化粧の姉さん!
   リオ五輪〜祖父はおら村の同級生、池江璃花子頑張れ!
   豊田泰光、ベラ・チャスラフスカ逝去〜豪快と名花、いい男といい女だった。
9月 蓮舫が民進党代表に〜女はふっくらがいい・・・俺としては。
   広島25年ぶり優勝〜阪神を首になった男がMVPだと。
   豪栄道カド番で全勝優勝〜11月場所は9勝6敗、元に戻るの早い!
   伊調馨に国民栄誉賞〜着物は似合わない、裸がいい!
   浜の番長三浦引退〜来年からリーゼントで桜木町闊歩!
   アーノルドパーマー、加藤紘一死去。
   ちょっとした見栄がゲームを台無しにするんだよ。
10月 大隅さんにノーベル医学賞〜私の基本は覗きです!・・・顕微鏡を。
    パククネ姉さんピンチに〜慰安婦にもなれない。
    平尾誠二、平幹次郎死去〜二人とも平にあらず。
11月 博多駅前道路陥没〜スピード復旧で名を売った大成建設、事故でカブを上げた?
    米次期大統領にトランプ〜アメリカは何処へ行く?
    ジョーカーは誰だ?近平?金?安倍?
    TPP法案&年金カット法案強行採決〜甘利で始まり年寄りいじめで終わる。
    おら達に何の益なし!
    カストロ死去〜キューバに神社を建てろ!神主はイチローだ!
    イチロー日米で4308安打〜寅は郡上だけで1730安打、名球会はまだ遠い。
12月 カジノ法案強行成立〜少年よ!博打打を目指せ!
    世相漢字一字は「金」〜ほしいけど嫌いな字だ。
    流行語は「神ってる」〜今日も朝からカカがガミッテル!
    パールハーバーじゃ安倍は反省と謝罪はせず、詩人だった。
    ・・・耳を澄ますと、風と波と兵士の声が聞こえてくる・・・
    おらの声も聞いてくれ!
悲喜こもごも、何とも騒動しい一年でした。
寅次郎も、何だかんだと言われてきたが、言われる内が華かもと・・・。
ポジティブに、ポジティブに、気にしない、気にしない!・・・気になっても!
今年の書初めは“いい加減”だった。
その通りだった! 
                               良いお年を 寅次郎
2611

syota

obama1

hit

kinnoji

iikagen1

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 14:34|PermalinkComments(0)独り言 

2016年12月29日

「雪が来ない」

 恐ろしい暖冬である。
正月まで、初雪らしきモノが降らない。
今迄に経験がない。
今年は秋にカメムシが多いから大雪だ!と長老が吠える。
そいじゃと11月初めにスノータイヤに変えた。
家の周りの消雪設備も整えた。
神社では門松も作り、迎春準備完了!
さあ来い!と構えたが、来たのは暖冬。
冬将軍は遥か北方で足踏み。
ソフトボールの練習でも始めようか・・・。
過去には正月に雪のない事もあった。
それでも、初雪は早々に来ていた。
スキー場関係は年末年始が勝負だ!と言う。
シーズンの半分は、年末年始に稼ぐと言うから。
人様が遊ぶ時に、懸命に稼ぐのである。
その雪と言う幸福の使者が、今年は来ないのだ。
休む、と言う。西高東低にならないのだ。
雪乞い祭りも功を奏さない。
人身御供でもしないと神様はウンと言わないのか?
札幌は大雪で、飛行機が飛ばず渋滞とか。
チャイナ野郎が暴れてる。
経済大国か知らねぇが、みっともない国民だ。
吹雪の中を飛行機に乗せて帰しちまえ!
そして、途中で落っこちろ!
それにしても、こちとら雪がほしい!
雪がないと、おらの村は死者が出る!
スキー場が動かないと死者が出る!
スキー客が来ないと食品業界から死者が出る!
スキー場で働くパートタイマーから死者が出る!
スキーヤーが来ないとコンビニから死者が出る!
スキー場でけが人が出ないと病院から死者が出る!
車が走らないと燃料屋から死者が出る!
除雪仕事がないと土建屋から死者が出る!
除雪機械が動かないと、これ又、燃料屋から死者が出る!
冬物衣料屋から死者が出る!
長靴屋から死者が出る!
弔いばかりじゃ不景気だ!
年の瀬に、弔い話は 似合わない。
                          お年玉もストップだ! 寅次郎
taiya

syosetu

syosetu1

yukikakoi

omiya

omiya1

omiya3

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 17:46|PermalinkComments(0)自然 

2016年12月27日

「風呂が沈んだ!」

 築23年のログハウスの別荘。
時々メンテナンスを仰せつかる。
この度は、風呂がおかしい?と電話が来た。
見て驚いた!
浴槽が1cm程、沈んでいる。
コーキングが剥がれて隙間が出来ている。
信じられない現象である。
試しに浴槽に水を張ってみた。
隙間が段々大きくなる。
5cmほどまでに開いた。
何とかしてほしいと言われたが・・・困った。
浴槽を取り出さないと、何も解らない。
狭い浴室の中、簡単な仕事ではない。
家主さんに説明して、浴槽を何とか取り出した。
更に驚きは増した。
何とも杜撰な仕事ぶりである。
基礎砕石の上に暑さ2cm程のモルタルがあった。
その上に浴槽はのっかっていた。
致命傷は排水系統に不備があった事だ。
排水がスムーズに出来ず、周囲に漏れていた。
その水が埋め戻した砕石や土に浸透し沈下が起きた。
排水した水は一気に吐けず、浴槽は浮いていたと思われる。
これが何年も繰り返され、基礎の沈下が進んだ。
浴槽を取り除いて調べたら、何と20cm程、沈下していた。
砕石の上に、薄いモルタルと木片で浴槽は据えられていたのだ。
信じられない、ド素人の仕事である。
建設業の端くれとして許せない仕事だ。
このまま使っていれば、20cm一気に沈む事もあったろう。
十辺舎一九の東海道中膝栗毛が思い出された。
宿屋の風呂に入り、その底が抜ける話である。
弥次さん喜多さん、裸で大慌て・・・。
思い出して、あらぬ想像をしてしまった。
                             とんだ喜劇だ! 寅次郎
furo3

furo4

furo5

nasifuro

furo1

furo6

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 11:57|PermalinkComments(0)事件 

2016年12月25日

「加賀の井・全焼」

 12月22日 午前10時半頃、糸魚川駅前で大火発生。
南からの強い風にあおられ150棟余を消失。
寅次郎は過去に3度、大火を経験している。
最初は太平洋戦争岐阜空襲で全てを焼かれた。
2度目は(昭和22年4月深夜)故郷に帰り白鳥の大火。
この時は、10件が全焼し、隣まで燃えたが助かった。
3年前に我が家の南方70m程で倉庫が全焼した。
木工工場で激しく燃え、近辺は住宅密集地も近かった。
風向き如何では、危ない!と緊張が走った。
幸い風が弱く、類焼はなかった。
 糸魚川の火事は、何か引っかかるものがあった。
それは6年前に此処を訪れている事だった。
もしや、そこが火中に含まれて居ないか?
心配は的中だった。
加賀の井酒造が全焼した。
1650年創業と言うから366年前である。
徳川3代将軍・家光の時代。
加賀藩二代目藩主・利常に献上した酒が気に入られた。
越後の国なのに、加賀の名を利常に許され、加賀の井とした。
酒どころ新潟で最も古いとされる。
6年前、店を訪れ、その沿革を聞きながら見学した。
糸魚川は加賀藩参勤交代の宿場町だったらしい。
その時、前田家拝領の品々が入り口正面のウインドーにあった。
その裏手にある土蔵が出荷蔵として、今も使われていた。
土蔵の大きな扉が今も脳裏にある。
あの分厚い扉の土蔵も、今回の猛火には勝てなかったのか。
貴重な品々が灰と化したのだろうか?
その時、試飲に舌鼓をうち、加賀の井を買い、旅の途中で味わった。
前田の殿様でなくとも、我々下々が飲んでも旨い!
これを思い出し、飲みたくなり探したが全て売り切れ。
飲みたくなったではなく、飲まなくてはならないとの思い・・・。
NETも全て在庫なしの表示。
遠くにいて、さしあたり出来る事は、この位のことである。
東日本大震災、気仙沼の銘酒“男山”を思いだした。
復興後、200本程買い込んだ事を。
            お見舞い申し上げますと共に、早期の復興を念じます 寅次郎
itoigawa

kaganoi10

kaganoi9

gangi

kaganoi

kaganoi4

kagani5

kaganoi6

kaganoi7

kaganoi8

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 11:23|PermalinkComments(0)事件 

2016年12月23日

「旨い肴が来たぞー!」

 仙台の別嬪さんが送ってくれた。
今年の5月、仙台で初対面。
その夜、すし屋で飲んで語った。
翌日、陸前高田、気仙沼、女川を見て歩いた。
彼女は仙台人なのに、奇跡の一本松は始めての様だった。
そしてこの秋、彼女は、長野に現れた。
まずは善光寺を参拝し、軽井沢に投宿。
翌日、軽井沢にてゴルフ。
その夜は、別所温泉にて佐久の銘酒“寒竹”に酔う。
三日目、北向観音に参り、愛染かつら前で記念撮影。
戦争に若き命を散らした“無言館”にて絵画鑑賞。
その後、大河ドラマ真田丸の上田城界隈を歴史散策。
真田一族をじっくりと検証。
最後は名物“さすけそば”を吟味し、東西に別れた。
天気も良く、信州の空気は爽やかだった。
そして師走に入り、宅急便が届いた。
仙台の彼女からである。
熨斗には“お礼”の二文字がある。
何も、それらしい事をした覚えがないのに・・・。
写真を送ったからかな・・・?
開けてみれば“高政のかまぼこ”だ!
確か、この秋、信州上田でも頂いた。
“高政のかまぼこ”は、女川の名産だ。
笹かまぼこ吉次、あげかま、チーズかまぼこ、しそかまぼこ。
ありがたく頂戴することにした。
“貧乏人集まれ!”
旨い肴が来たぞ! 東北から・・・。
気仙沼銘酒“男山”お供に、美味しく頂いた。
“男山”は気仙沼で復活を果たしている。
“高政”は社長宅が流されたと聞いた。
今、万石浦に新工場を建てて、復興の狼煙を上げているとか。
頑張ってください!
我々にできる事は、それらを美味しく頂くだけです。
貧乏人達には、送り主の彼女の事は細かく言わなかった。
でもみんな“ありがたいですねー!”と味わっていた。
ありがとさん! 仙台美人!
                            貧乏人キャプテン 寅次郎
sasakama

kamaboko1

kamaboko2

bosai

ittponmatu

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!

torajiro0421 at 09:04|PermalinkComments(0) 

2016年12月21日

「3回忌&37回忌」

 お袋の3回忌と親父の37回忌を勤めた。
親父、お袋の親戚、俺の兄弟、子供、孫達。
総勢36人が集まり、久々に賑やかだった。
飲んで語ってくれた。
この先、これ程の集まりはあるだろうか?
長男が結婚でもすれば、もっと賑やかな事にもなろうが・・・。
何年先か解らないが、次は俺の葬式ぐらいだろうか?
淋しい話である。
昭和55年、66歳の若さで逝ってしまった親父。
今生きていれば102歳となる。
お袋は2年前に96歳で逝ったから、98歳だ。
何年経っても4歳の差は縮じまらない?
思えばお袋は30年間、後家さんを通してきたのだ。
親父と別れたのは62歳の時だ。
再婚も可能な歳に思える。
そんなことは夢にも思わなかったのか?
離れの一軒家で悠然と30年間を過ごしたのだ。
和裁の現役でも有り、人にも教えていた。
宗教の仲間達、多くの人が出入りしていた。
大正琴の先生でもあり、これも教えていた。
再婚など、面倒だったのかも知れない。
一人の男に縛られるのは・・・・?
 坊様は説教の中で語った。
大晦日の除夜の鐘は、何故撞くのか?
人間には108の煩悩があり、それを消す為にと。
だが人間には108どころか200も300も煩悩はあるとも言う。
正信偈の中に不断煩悩得涅槃(ふだんぼんのうとくねはん)とある。
親鸞聖人曰く、人は凡夫であり、煩悩は死ぬまで消えない、と。
そこで阿弥陀は煩悩を抱えたまま、救ってくれるのだ、と。
鐘を撞いた位で、煩悩は消えるもんじゃない。
弥陀を信じて念仏しなさいと言う事らしい。
坊様の話が聞ける歳になった、と言う事だろうか?
はたまた、煩悩が減りつつあるのか?
今朝の朝刊を見てびっくり!
昨日の坊様のお説教がそっくり載っている。
                       まだお迎えは来ないでくれ! 寅次郎
hoji1

hoji2

hoji3

hoji4

hoji5

hoji6

hoji10

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!

torajiro0421 at 08:46|PermalinkComments(0)風習