2022年07月02日

「第16集」

 いい加減な事を書き綴って16年が過ぎた。
16歳ならば高校1年生だ。
ブログ年齢は16歳だが娑婆年齢は82歳。
伸びしろはなく賞味期限が迫ってくる。
誤魔化しながら延命を図っている今日この頃。
何とか16冊目が出来ました。
ここ2、3年、ブログもコロナに虐められました。
自粛、自粛の閉じこもり生活。
野次馬が馬房に居ては話にならない。
馬は外を走って何ぼのもん。
ネタが拾えないのです。
TV,新聞の批判ばかりじゃ立憲だと言われる。
週刊誌の受け売りじゃ迫力ゼロ。
みんなが知ってちゃ、振り向かない。
“自粛の歌”が出来ちゃった。
♪朝起きて、ション便タレて、顔洗い、
 新聞読んで、飯を喰う、
 会社に行けば、窓際で、
パソコン睨んで、日が暮れる、
 帰りの飲み屋も閉まってる、
 家で呑んでも、酌婦が悪い、
 テレビじゃ阪神負けている、
チャンネル変えても負けている、
 無駄な時間に腹を立て、
テレビ切ったら無言坂、
 ビールじゃ酔えねぇ、焼酎だ、
 これじゃ、体にいい訳ねぇよ♪
でも、コロナのお陰で読書が出来た。
“本を読め、人に会え、旅に出よ”
本は読めたが、後の二つが出来ない。
だが、朗報が届いた。
昔務めた会社のOB会旅行再開の知らせ。
NHK大河ドラマ追跡の旅。
これもコロナで3年休んだ。
今回は、備中高松城をターゲットに。
光秀謀反の時、秀吉はここら京都へ大返し。
秀吉はこれを機に天下人になってゆく。
始めて行く地で、夢が膨らむ。
            17集のネタが待つ 寅次郎
burogu161

burogu16-2

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!
ss="pict" />




torajiro0421 at 20:50|PermalinkComments(0) 独り言 

2022年06月30日

「プーチンの最後」

 人間は何と愚かな生き物か?
権力に昇りつめるとメクラになってしまう。
正邪の判断が出来なくなる。
恐ろしい生き物である。
無学文盲以下の動物に成り下がる。
己の野望に手段を択ばない獣に成り下がる。
悲しい事に権力者の周りには信奉者が居る。
彼等はマインドコントロールされている。
正常ではない。
このままにしておいても良いのか?
撃ち殺してしまうべきではないのか?
一ヶ月前、重信房子が刑期満了で出所した。
日本赤軍の元最高幹部でテロ組織のトップであった。
武力革命で多くの人を殺した。
これとて正常ではない。
20年の服役で、それが理解できたのか?
出所の日に、詫びの言葉を述べている。
でも殺された人達は帰らない。
彼女は拘束され厚生の機会を与えられた。
だが、プーチンにはそれが出来ない。
”サムソンの選択”と言うのを知った。
旧約聖書に出てくる話とか。
最強の権力者サムソンが力を失おうとした時
彼は、敵の神殿を崩壊し、全員を殺した。
そしてサムソンも、その過程で死んでゆく。
今、プーチンはこれをやろうとしているのではないか?
このままではロシアは亡びるかもしれない。
ならば世界を道連れにと核のボタンを押す!
死なばもろ共・・・地球を滅ぼす。
世界の指導者はこれを恐れているのか?
この理不尽に、国連は機能していない。
病んでいる狂人一人を始末できない。
我々は何と悲しい惑星に住んでいるのか。
指導者諸氏、もっと凛と出来ないのか!
アメリカ大統領には精神科医が付いている。
ロシアには付いていないのか?
精神科医も一緒に病んでいるのか?
ゴルゴ13の出番か?
          冗談ではない 寅次郎
purchin

pu-chin1

sigenobu

samuson3

samuson

gorugo13

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!
ss="pict" />




torajiro0421 at 21:16|PermalinkComments(0) 政治 

2022年06月28日

「スタグフレーション」

岸田内閣“新しい資本主義”
俺にはさっぱり判らねぇ。
今迄は2%の物価上昇が目標だった。
それがどうだ、物価はうなぎのぼりだ!
玉ねぎは3倍だと言う。
3倍と言うのは300%と違うのかい?
軒並み上がっている。
何と10,000品目が上がってると言う。
黒田日銀総裁は寝ぼけてる。
“家計の値上げの許容度も高まっている”
どうゆう意味なんだ?
庶民は値上げを受け入れている、と言うのかい?
これ位は許されると言う事かい、黒ちゃん。
ふざぁけんじゃねぇよ!
アンタは買い物もしねぇってから判らねぇんだ。
岸田インフレと言われている
岸田はそれについて何にも言わねぇ。
これが新しい資本主義なのかい?
経済を成長させるには“投資”だと言う。
いま日本に投資の出来る人は何%いるの?
此奴も貧乏人の懐具合が判っちゃいねぇ。
岸田は博打打かい。
投資てのは儲かるばかりじゃあるめぇ。
損したらどうすんだよ!
国が面倒見てくれるんかい?
これが新しい資本主義なの?
そんならいいいよ!
株でも先物でもカジノでも何でもやってくれ。
金借りてでもやるよ!
こんな人の支持率が高いから不思議だ。
物価高はウクライナ・ロシアのせいにしている。
原因が解ってるなら何とかするのが政治家だろうが。
スタグフレーションですと言う、何だそりゃ?
不況の中の物価高・・・最悪じゃねぇか。
申し訳ねぇが我が家の玉ねぎは元気がいい。
盗まれないかと心配している、奥方は。
貧乏人は自給自足で健気に生きてんですよ。
株の上下なんざぁ関係ない。
肥料の高騰が心配なんよ!
       岸田君竈の煙を見やンせ! 寅次郎
kisidatousi

kuroda

kisidainfure

tamanegi2

tamanegi3

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!
ss="pict" />


torajiro0421 at 17:00|PermalinkComments(0) 政治 

2022年06月26日

「大奥の手術」

 大奥殿は昨年の5月、緊急入院している。
胆石が道を塞いで肝臓が悪化したとかで。
この時は4、5日の入院ですんだ。
今月の始め、腹痛を訴え急遽病院へ。
胆のうが肥大していると言う。
前回の胆石の影響か?
ひとまず、薬を飲んで治まった。
後日、精密検査を受けた。
胆のうを除去した方が良いとの診断。
八幡の市民病院へ入院。
荷物を持って送っていった。
受付を済ませて、そこでお別れなのだ。
コロナで病室までは行けないのだ。
俺達はコロナ経験者なのだ。
その時は二人一緒に閉じ込められたのだ。
今更警戒する必要は何処にもないのだ。
でも、兎に角ダメなのだ。
悲しく?別れて来た。
翌日の午後2時に、手術。
身内の人は午後1時半までに来て下さい、と。
手術専用の待合室で待機。
これは、手術で万が一の時に控えるのだと言う。
2時近くになっても何の音沙汰もない。
事務員に聞いた。
代わりの看護婦が説明に来た。
手術は1時から始まっていますと言う。
何! 勝手に1時間早く始めたのか!?
俺を無視して!
心の中で怒鳴った!顔で笑って・・・。
すみません!すみません!
こちらの連絡ミスです、ごめんなさい!
若い看護婦を虐める訳にはゆかない・・・。
余り攻めると相手は何をするか解らない。
なんせ、メスをもって居るから・・・。
3時近くなって、先生の説明があります、と来た。
無事終わりました、石が沢山ありました。
この石が、時折、悪さをしていたようです。
1週間すれば退院できます。
         石を記念に貰ってきた 寅次郎
sijyutu1

sijyutu2

sijyutu4

sijyutu3

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!
ss="pict" />




torajiro0421 at 17:34|PermalinkComments(0) 健康 

2022年06月24日

「沖縄慰霊の日」

 明仁上皇が自分の子供達に言われたそうだ。
日本が忘れてはいけない四つの日がある。
 6月23日〜沖縄戦終結の日。
 8月6日 〜広島原爆投下の日。
 8月9日 〜長崎原爆投下の日。
 8月15日〜終戦の日。
これを忘れると平和は遠ざかる、と。
今年の沖縄慰霊の日は印象的だった。
小学校2年生の女の子の詩の朗読。
“こわいをしって、へいわがわかった”
 お母さんが77年前の絵を見せてくれた。
 たくさんの人が死んでいた
 小さな赤ちゃんや、おかあさんも
 へいわってなに?
 きゅうにこわくなって、おかあさんにくっついた
 あたたかくて ほっとした
 これがへいわなのか
 おねえちゃんとけんかした
 おかあさんは二人の話を聞いてくれた
 そして仲直りした
 これがへいわなのかな
 わすれないようにしよう
 こわいをしって、へいわがわかった
 (自分なりに要約しました)
我が家にも同じ2年生の女の子が居る。
この詩を読んで貰った。
怖い絵がないのか、今一解らない様だった。
愚生も5歳の時に岐阜で空襲にあい、逃げた。
総てが焼けて、黒焦げの死体も見た。
断片的に恐怖の記憶は残っている。
今、ウクライナの映像を見ても重なるものがある。
他人事とは思えない。
戦争を知らない世代が大半となった。
前記の四つの日も風化の兆しだ。
アメリカは本当に日本を守ってくれるのか?
核廃絶の会議に日本は出席しない。
防衛力の増強を政府は謳う。
77年が過ぎて、何かキナ臭いものを感じる。
        歴史は繰り返されるのか? 寅次郎
okinawa

okinawa

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!
ss="pict" />




torajiro0421 at 21:47|PermalinkComments(0) 政治 

2022年06月22日

「二宮金次郎症候群」

 何年振りかで東京に行った。
流石だ、相変わらず人様が多い。
今回は親友の葬儀参列が目的。
日帰りである。
その為、持ち物は数珠と香典だけ。
それらはポケットにある。
カバンなど持つ必要はない。
ところがお江戸の人達は違う。
大半が背中にリックを背負っている。
中には前に抱えている人もいる。
何を入れてんだろう?
昔の様にハンドバック姿はいない。
男も女も。
手にはスマホを必ず持ってみている。
リュックを背負ってスマホを見ている。
現代版、二宮金次郎さんだ。
この日、拙者はスマホを家に忘れてきた。
勿論、リュックなど背負っていない。
何だか、俺一人が宇宙人みたいだった。
何か違う国に来たみたいで・・・。
でもその代わり、人様をじっくり観察できた。
昔の電車の中は新聞が良く読まれていた。
隣の人を気にしながら広げたもんだ。
時には隣の新聞も見えた。
今、新聞はゼロである。
100%スマホを睨んでいる。
一心にスライドしている。
何を見ているかは知らないが・・・・。
自分の世界に集中している。
どれも皆、勤勉に見えた。
金次郎さんに見えた。
人様には我関せずの姿。
何か淋しいものも感じた。
これが都会の姿か?
手持無沙汰の拙者は新聞でもと思ったが、
売店に新聞が見当たらない。
“三日前の古新聞、読む気があった買っとくれ”
遠い大昔の歌が頭をよぎった。
       俺もリュックを買おう! 寅次郎
sumah1

sumaho3

sumaho7

rittku2

kinjirou

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!
ss="pict" />




torajiro0421 at 17:00|PermalinkComments(0) 独り言 

2022年06月20日

「清め払いのつづき」

 情報化社会でなかった我々の頃。
所長会議などで、よく聞かされたことは、
親戚縁者知人にどんな小さな情報でもあれば知らせてくれ。
これが営業部長、支店長の口癖だった。
これ等を突破口にするのも営業の一戦術だった。
今、OB会のホームページは止まっている。
情報過多の今、そんなものは不要と言っている様だ。
数多いるOBなんぞの御託なんぞは邪魔だと言わんばかりに。
大した自信じゃ有りませんか?
 話は大きく変わるが、
イギリスの歴史学者アーノルド・トインビーは言っている。
「12・13歳までに神話を学ばなかった民族は必ず滅びる!」と。
これは歴史が証明している様だ。
日本の戦後教育に赤信号が点滅している。
日本神話、古事記を教えていない。
これを身近に例えれば、
先祖は神話につながる。
神話を学ばないのは、先祖を学ばない事だと読み替えられる。
その家は遠からず滅びる、となる。
会社に置き換えれば、OBは先祖である。
OBに学ばず、粗末にする会社も遠からずとなる。
OBに学び、繋がるべきではないか。
現役の社長さんからの生花は傍目には有難く映っただろう。
だが、出しておけばそれで済むだろう的な雰囲気だ。
内野弁護士の情のこもった弔辞に比較して・・・。
どちらに愛着が湧くかは明白だ。
折角飾られた生花にケチは付けたくないが、もう一歩踏み込むべきだ。
さすれば事は大きく違ってくる。
答えは何倍にもなって帰ってくるだろう。
コンピューターが会社を大きくするのではない。
そこに絡む、多くの人の気持ちが力なのだ。
今日の故人小菅さんは情の人であった。
内野弁護士は、それにうたれ、応えたのだろう。
 清め払いは酒も効いて忌憚のない話に・・・。
何故、OB会のHPは止まっているのかとしつこく聴いた。
引き継いだ路線の違いです、と聞いた。
呆れた!
情けないコップの中の嵐に右往左往している。
              いい弔問だった 寅次郎
kichijyoji

kokudo1

kokudo2

kokudo3

kojiki

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!
ss="pict" />




torajiro0421 at 19:50|PermalinkComments(0) 独り言 

2022年06月19日

「弔問外交・清め払い」

 外交などと言う大げさなものではない。
適当な言葉が見当たらないので付けただけ。
葬儀に出て、久々の人達と話が出来た事である。
葬儀中は話が出来ない。
終わってから、清め払いをやろうと合意。
吉祥寺のとある炉端焼き風の店に腰をおろした。
故人の小菅さんには共に世話になった3人である。
忌憚のない話が出来た。
そのあらましを記してみた。
 今日の故人小菅氏はJDCのOBである。
愚生の1年先輩であらゆる面での師匠でもあった。
式場に入り、奥様、妹さん達に長の無沙汰を詫びた。
葬儀は家族葬的雰囲気で静かであった。
正面に在りし日の故人が微笑んでいる。
法名は“釋慈眼”と位牌に刻されていた。
慈しみの眼差し・・・
まさに故人の生き様が如実に表されている。
正面右側に日本国土開発蠶倉社長の生花。
左端には弁護士・内野経一郎の生花が。
故人は国土を定年後、この弁護士事務所に勤めた様だ。
この内野弁護士から弔辞が届いて読み上げられた。
“ある時、仕事で暴力団と対峙する場面があった。
故人は何臆することなく、堂々と渡り合い説き伏せた。
私以上の度胸には驚愕すら覚えた。
日常は物静かな人なのに・・・”
その他にも心温まる言葉で弔辞は続いた。
さもありなんと聞き入った。
方や長年つくした日本国土開発からは電報もなかった。
この差は何なのだろうと考えた。
今日も参列者は俺達OB3名のみ。
聞けば、OB会が機能していない様だ。
そう言えばホームページも2年前から止まっている。
OB会の情報がSTOPしているのだ。
この情報化の社会に、情報不要と言うのか?
情報は営業の武器ではないか!
そして潤滑油ではないか!
訃報一つ流せない会社に、愛着など湧かないだろう。
何と愚かしい会社かと悲しくも、腹立たしい。
                     つづく 寅次郎
kosuge3

kosuge5

kosuge4

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!
ss="pict" />




torajiro0421 at 20:00|PermalinkComments(0) 独り言 

2022年06月18日

「小菅おじさんのつづき」

 翌日、小菅のおじさんが身元引受人で来てくれた。
現場に帰って、ソメクマ、シゲ六にこっぴどく絞られた。
これだけの罪で、何の罰もなしで警察は許しくれた。
今にして思うと不思議だ。
何とも良き時代だったのかと思う。
二度と酒は飲みません!と上司に誓った。
喉元を熱さが通り過ぎた頃、また飲みだした。
小菅のおじさんはオンナの事も詳しかった。
色々と話して聞かせてくれた。
何せ、俺達が社会に出た年に赤線が消えたのだ。
市川房枝と言う参議院議員のバーさんがやった仕事だ。
多くの若者は怒り、市川ばばぁを恨んだものだ。
次は落選させよ!と息巻いた。
それで不自由になり、値が上がったとおじさんは説明した。
社会人の何たるかをおじさんは教えてくれた。
右も左も上も下も解らない我々チンピラを指導してくれた。
半人前の俺を、大人の領域に押し上げてくれた人だ。
1歳しか違わないのに、東京の人はすげぇやーと思った。
現場を離れてからも出会って、よく飲んだ。
飲んで人生論を戦わせたこともあった。
人生劇場なんか、好きでよく語り、謳った。
椎名町の小菅家にも時々お邪魔した。
ビールをご馳走になり親御さんと麻雀もやった。
この時代、家族でマージャンをされる事に驚いた。
何と和やかなご家族かと。
お母さんは三味線も引かれるとも聞いた。
美人の妹さんも二人おられた。
葬儀の今日お会いできて話が出来た。
お母さんは“江戸っ子でした”と笑って話された。
成る程、小菅のおじさんも、その血を引いていたのか・・・。
 ここ数年、体調がすぐれないと聞いていた。
でも一度、懐かしの八王子CCでプレーがしたいと話した。
その気で段取りをされたようだったが・・・。
元気な内に、是非とも逢っておかねばならない人だった。
モノ言わぬ人となっての再会が悲しくも、悔しい。
我が人生の中で忘れえぬ人であった。
昔を語れる人が、又一人、旅立たれた。
今日、岐阜から線香を上げに来ました。
               淋しい・・・ 寅次郎
kosuge1

kosuge2

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!
ss="pict" />




torajiro0421 at 19:33|PermalinkComments(0) 人物 

2022年06月17日

「小菅のおじさん」

 小生、東京に出て最初の現場が八王子。
八王子CCの造成工事だった。
その時の現場編成は、
所長が染谷隈三、通称ソメクマ。
工務主任はアメリカ帰りの鴫原六郎、通称シゲ六。
土木社員はシゲ六、谷野憲、酒井昭のポン大トリオ。
それに新入社員の俺達二人。
一人は山形米沢工高の那須登喜雄は相撲部出身。
それに俺、名前が難しいので通称シゲと呼ばれた。
そこの事務全般を仕切ったのが小菅立彦さん。
小菅さんは東京小石川高校の秀才。
おっとりしていて“おじさん”と名付けられた。
この通称の名付け親は、シゲ六さん。
アメリアでは日頃、通称で呼ぶのが習わしとかで。
この他の陣容は重機のオペが14人。
労務下請けは山本組が30人程。
 ここで酒を覚えた。
師匠は小菅のおじさん。
新入社員の那須と俺は、酒は強かった。
師匠の小菅おじさんも強かった。
現場では時折、社員の慰労会が行われた。
場所は八王子市内の料亭“中安”が定宿。
ここは東北から住み込みの仲居さんが沢山いた。
盛り上がってくると民謡が飛び出す。
カラオケなどはない時代、アカペラで手拍子。
山形真室川音頭、栃木の八木節、俺の郡上節等々。
小菅のおじさんは何故か九州を歌った。
♪雨は降る降る、陣馬濡れる、越すに越されぬ田原坂
悲惨な西南戦争を朗々と歌った。
上手くはなかったが、哀調を帯びた歌が今も耳に残る。
おじさんは自分専用にホンダのスーパーカブを買ってきた。
ある晩、俺と那須はそれに乗って飲みに出かけた。
那須を後ろに載せて八王子の飲み屋街へ。
しこたま飲んで、帰り道、お巡りさんに捕まった。
無免許、酔っ払い、二人乗り、無灯火、未成年の罪。
一晩、八王子の警察署にお泊り。
お巡りさんに、これでもかと言う程絞られた。
こちとら半分酔っぱらっているから、響かねぇ。
                    つづく 寅次郎
abura0003

abura0001

hachiouji

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!
ss="pict" />




torajiro0421 at 17:36|PermalinkComments(0) 人物 

2022年06月15日

「忘れたっ!」

 朝5時に車で自宅を飛び出した。
東京の友人の葬儀に参列する為に。
岐阜羽島から新幹線である。
切符を買う時に気が付いた。
何だか今日は服が軽い?
しまった! 携帯がない!
家に連絡しなきゃ・・・。
携帯、ケイタイ、けいたい・・・。
無い、ない、ナイ・・・無いのだ。
どうしようもない。
東京で出会う人に連絡しなきゃ・・・。
ア・・・・ダメだ!
取りに戻る時間はない。
あれこれ考えたが・・・諦めた。
昨夜、充電に繋いでそのままだ。
ケイタイの野郎、今日はゆっくりと休みだ。
しっかりと充電しながら・・・。
思えば携帯は日頃、酷使されている。
LINE、Mail、FB、写真、検索、等々。
電池寿命は大体二日である。
夜に充電され、朝からこき使われる。
文句も言わず働いてくれる。
時々電波の届かない所に行くとホッとするかな?
休めるから・・・。
 駅の待合室を見るとみんなスマホとニラメッコ。
今日の俺はそれを眺めているだけ。
何か村八分にされた感じ・・・。
今日の俺は廃人同様だ。
片腕をもぎ取られた感じ。
折角東京差行くのに写真も撮れねぇ。
愚痴ばかりが出てくる。
今の俺は一人ぼっちだ。
電波の届かない世界なんだ。
もしかしたらあの世かもしれない。
この世の奴等とは話が出来ないのだ。
ならば、あの世をじっくり見て来るか・・・。
ぐずぐず考えていたら眠くなってきた。
・・・次は東京、トウキョー・・・。
携帯に邪魔されずグッスリ眠れた。
        今日は一人で行くぞっ! 寅次郎
jyuden

sumahor

sumaho

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!
ss="pict" />




torajiro0421 at 17:00|PermalinkComments(0) 独り言 

2022年06月13日

「トリスを飲んで桜を観よう」

 1961年、俺が成人し、酒が飲めるようになった頃。
トリスを飲んでハワイに行こう!が出た。
トリスを買うと抽選券がついてきた。
当選するとハワイに行ける!
俺の給料が\10,000弱の頃だ。
これに騙されて酒を覚えた?
バーなどではストレートでWが定番。
湯割り水割り等はなかった時代。
その分、酔いは早く回って来た。
酔えば、ハワイへ行くぞー!だった。
この頃はハワイなど夢のまた夢。
高額で自由に行けない時代だった。
当時のツアー代金を見ると。
ハワイ9日間で360,4000。
今の金に換算すると約400万円。
庶民がおいそれと出かけられない金額。
トリスは夢を売ったのだ!
 話変わって晋三のサクラを見る会。
サントリーから沢山の酒を貢がせていた。
次々とボロの出るサクラを観る会。
サントリーに言わせれば、
多くの人に商品を知ってほしかった、と。
これをホテル側はサービスとした。
持ち込み料は無料!
そうか、ニューオータニでは持ち込み料はタダなんだ。
お江戸はいいねー!
オラッチの田舎では、\1,000/1本、以上は取られるぞ。
オラ東京さ、いぐだー・・・。
キレイなねぇーちゃんはいるし・・・。
何処までふざけてんだ!晋三は!
いや、まあそんなに怒んな・・・。
山口の皆さんに江戸の桜を安く観てもらう為なんだ。
我慢してつかーさい。
呆れて屁もでなぇ!
野党さんも、もう追求は止めたんですか?
国民も維新も自民にすり寄って・・・。
提案型に変身の立憲は批判を封印。
トリスを飲んでクダでも撒くか・・・。
               おもしろくねぇ! 寅次郎
torisu

mochikomi

torisu2

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!
ss="pict" />




torajiro0421 at 17:00|PermalinkComments(0) 政治 

2022年06月11日

「老人祝賀コンペ」

 還暦女二人、古稀、米寿を祝うコンペ。
併せて278歳!おめでとう!
最近大きなコンペが少ない。
コロナのせいなのか、不況なのか?
このコンペに100人近く集まった。
老人コンペだから老人が多いのかな?
違った!
若者から70台まで多士済々。
女性も多かった。
80過ぎのくたばりぞこないは俺くらい。
年齢に応じて豪華賞品。
60位、70位、88位、は大型テレビ。
優勝者には電動自転車。
これはお年寄り向けである。
だが皮肉にも勝ったのは40台の若者。
おめぇには要らねだろう?
いや、オジイにやると言う、感心、感心。
今時、こうゆうコンペを企画した奴は偉いと思った。
昨今、群れるのを嫌う傾向にある。
コロナ自粛のせいばかりではない。
個人主義と言うか利己主義と言うか・・・。
自己中で人に気を使いたくないらしい。
麻雀すらメンバーが揃わないと言う。
我々のソフトボールも四苦八苦である。
もう5年もすると消滅する気配だ。
何故だろう?
ゴルフは個人スポーツだ。
でも一人じゃ面白くない。
4人居て、自分との戦いである。
スコアが悪いのは相手のせいではない。
・・・いや、今日は相手のせいだった。
ゴルフは上手いがよく喋る女性と回った。
人がアドレスに入ってもペチャクチャペチャクチャ。
我慢できずに、打つと入らない!
スリーパット!OB!ダフリ!・・・。
かくして今日も100だった!
人のせいだ! 完全に! くそっ!
82歳老人のプレーを黙って見てろっ!
          メンタルに弱い 寅次郎
siniaco

syaberu

hon

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!
ss="pict" />





torajiro0421 at 17:10|PermalinkComments(0) スポーツ 

2022年06月09日

「初香魚」

 天気は良いが肌寒い。
昨晩から両岸に車が停まっている。
場所取りである。
河原で前夜祭バーベキュー組も居た。
この段階からが楽しい様だ。
このところ雨が降らず水位は低い。
石に付く苔は汚れている。
汚れた苔を鮎は食べない。
こんな時、鮎は瀬に入るのだろう。
釣り人は瀬に集中している。
流石である。
散歩しながら観察したが釣れない・・・。
地元のベテラン釣師は入らない。
この条件の悪さを知っている。
加えて、鮎はまだ小さいと言う。
鮎との格闘はまだ先だと言う。
友釣りの醍醐味はまだ味わえない。
何故、漁業組合は解禁を急ぐのだろう?
期間を長くすれば入場が増え、収入が増えるから?
自分達の懐勘定優先なのか?
醍醐味などはどうでもいいのか?
とすれば何ともロマンのない組合だ。
こんな事をしていると人は来なくなるぞー!
昔の解禁は6月下旬だったと記憶する。
充分に育ち、沢山釣れた。
我々下手糞でも釣れたのだ。
隣の人と竿がぶつかるほど賑やかだった。
今朝の解禁は往時の1/3である。
 今日は鷺達も休みである。
自分達の漁場に人が居るから。
川向こうの杉林の上で川を見下ろしている。
彼等は釣れない事を願っているだろう。
夕方、娘の婿殿が初物を届けてくれた。
思いより大きいのにビックリ。
釣場所を聞いたら、かなり下流だと言う。
そこまで下がれば条件は違った様だ。
“解禁の 夕餉に届く 初香魚”
カカ殿と塩焼きで美味しくいただいた。
           自然の恵みに感謝 寅次郎
ayu1

ayu2

ayu3

ayu4

sagi3

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!
ss="pict" />




torajiro0421 at 22:17|PermalinkComments(0) イベント 

2022年06月07日

「酔っ払い」

 久々に酒癖の悪いのに出会った。
俺も昔はよい方ではなかった。
飲んで不愉快だとすぐ喧嘩になった。
翌日、酔いが醒め、さんざん上司に絞られた。
その都度、若気の至りと許されてきた?
気分がいいと前後不覚まで飲む。
翌日、二日酔いで反省、反省、反省、自己嫌悪。
それでも飲んだ!
歳を経るに従い、俺の酒は陽気になった。
そして飲み続けた。
だが、酒量は年齢に比例して落ちてきた。
古希を過ぎてようやく己の酒量が分った。
前後不覚までは飲まなくなった。
 昨日はソフトの古稀戦で2連勝した。
珍しく全員ミスがなく、気持ちよく勝った。
反省会はミスが酒の肴になるのが我がチーム。
今日はノーミスで魚がない!
今日の肴は褒める事であった。
こんな事は珍しい事である。
全員、気分よく飲んで食べて語った。
だが、和気藹々は終わりまで続かなかった。
気分よく飲み過ぎた奴がいた。
事もあろうに監督である。
試合以外で喧嘩を売り出した。
若手が一生懸命やっているのに食いついてきた。
お前は、俺を君(くん)呼ばわりしている。
何故、さんと呼ばないんだ!
俺を舐めてんのか!
俺を無視してメンバーを組んでいる!
俺を使え、4番に据えろ!
・・・支離滅裂である。
今迄も再三あった。
監督がやらないから若手がやっているんだ。
酒癖のメカニズムは解らない。
82歳になっても酒癖は治らないのか?
この歳で喧嘩を吹っかけている元気印?
酔いが醒めたらどうなるのか?
これではチームが崩壊する。
            大きな酒の肴だ 寅次郎
06051

06052

06053

06054

06056

06055

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!
ss="pict" />




torajiro0421 at 19:53|PermalinkComments(0) 人物