2015年12月29日

「気仙沼の心」

 先日ブログで、美味い酒には、旨い肴不要と書いた。
旨い肴は酒を殺すとまで言っちゃった。
殺される酒には大変気の毒な事を言ってしまった。
いや、旨い肴に無礼な事を言ったのか?
東日本の震災地から、旨い肴が来ちゃった!
美味い酒にお詫びをしなきゃならねぇ。
貧乏人は、酒と肴を一緒にほうばるからダメなんだ。
酒は舐める様に、美人のお酌でゆっくりと味わう。
美味いからとガバガバ飲むんじゃねぇ!
肴は、これも別嬪さんに少しずつ・・・。
ガツガツとガっつくんじゃねぇ!
ガバガバ、ガツガツじゃ、酒と肴に失礼だ!
美味い酒と旨い肴が遊びに来た時は、貧乏人は呼ばない。
当然、お金持ちも呼ばない。
貧乏人の俺と美人だけでチビリ、チビリ・・・。
美人の居ない時は、ネコか、パソコン相手に呑む。
それにしても、気仙沼の味は心に沁みる。
舌に沁み、頭に沁み、胃袋に沁みる。
かけた情けは水に流し、
受けた恩は石に刻め!とある。
気仙沼へは何回行った等とうそぶいて来た事が恥ずかしい。
大した事もしてこなかったのに、こんな美味しいモノを戴いて。
郡上の人間は丸い!と昔から言われてきた。
人が良いと言う時に使われて来た。
郡上が丸いなら、気仙沼の人はマン丸の二重丸だ!
大震災は人の何たるかを教えてくれた。
気仙沼には銘酒“男山”がある。
そのお供に小野万の塩辛がある。
共に大震災の犠牲からカムバックして来たモノだ。
そして今日、気仙沼有志から多大なる故郷納税を戴いたと聞いた。
逆ではないか!
何時の日か、五十鈴神社に植えた荘川桜の花の下で・・・。
                             有難う気仙沼! 寅次郎
kesennumakokoro

kesennuma1223

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ
にほんブログ村
上をクリックして
寅のランキングUPに
ご協力ください!


torajiro0421 at 11:33│Comments(0)ボランテア 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔