2004年07月14日

『読書力』 齊藤孝 岩波新書


読書力

普段はこの手の本は読まないけど、タイトルに惹かれて読んでみた。なかなか面白い。

以前に齊藤氏をTVで拝見したがその時、感動した言葉や自分にとって大事な必要な箇所は線を引いたり、書き込みを入れたりとしたほうが自分の中にちゃんと入る・と、言っていたのを思い出す。
要約を言えることが読んだという…、これは耳が痛い。

本を読むのに理由は必要はないと思うが、何故こんなに読むのだろう、何故好きなんだろう。。と思ったとき、自分が何が欲しいのか何を知りたがってるのか…が分かって面白い。ただ読みたいだけ…ではないみたい。

読書力・・あればあるほど、本が楽しめるんだろう。
線を引いて読みたくなる本だった。

この記事へのトラックバックURL