2015年10月

image

三菱ふそうの巨大バス製造工場が富山市にあります。
昨日は11月に納車されるマイクロバスの検収(最終チェックのようなもの)に行って来ました。
今回の発注にあたってのテーマは居住性、居住スペース、そして収納スペースの確保でした。
様々な注文に真摯に応えようとする職員の皆さんに毎回のことですがちょっぴり感動しながら検収も終了。
更なる収納スペースの増設も快く受けていただき富山工場を後にすることができました。
今バスメーカー各社が膨大なバス発注を受け、てんてこ舞いしているところです。
そんな中、トラマス発注のマイクロバス一台にも丁寧に対応してくれたことを感謝します。
あとはこのバスで大切なお客様にとことん楽しんでもらうだけ。会員の皆様、どうぞ楽しみに‼️

image

京都の鞍馬に来ています。誰もが一度は観てみたいという奇祭鞍馬の火祭りに来ています。写真はちょうどクライマックスに差し掛かったところ。
この祭り、すでに1000年以上も続けられているもので、京都で一番見学至難の祭り。今回で5度目のチャレンジだったが、とりあえずこのクライマックスを観れてホッとしているところ。
鞍馬までのアクセスや現地での見学の仕方を考えると旅行各社だんだんしなくなる流れだと思う。しかし、だからなおのこと観たくなるのも人情か。そんな方がいる限りこれからもチャレンジしていくつもりです。
「添乗は社長で!」社員の声が聞こえそうです。

image

この巨大な金目の半身を久しぶりにいただいて来ました。同行させていただいた御一行様も全員が大満足‼️(ひたすら黙々と食べていたので多分そうだと)この金目、深海魚なんで旬の時期というのはないらしいのですが・・どうやらここのところ不漁のようで、この大きさを揃えるのが難しいらしい。
温暖化のせいなのか、ただたんに乱獲が原因なのか・・。せめて一年に一度この金目か食べられること心から願っています。

image

昔ラグビーをかじった目線で少しお話を。
「歴史を創って来る!」出発前こんなふうに宣言して出掛けたラグビージャパンだったけど、Facebookなどでは当初「こんなスポーツがあるから相撲が弱くなるんだ。強化するスポーツを絞ってはどうか・・」などというコメントが大半だった。
特に今まで成し遂げたれなかった3勝あげてBest8進出という途方もない目標は関係者からも嘲笑されていた。
しかし、結果はあのとおりで日本中がラグビーというスポーツに熱狂した。世界中から惜しみない賞賛の声も上がった。
エディ・ジョーンズ監督は「レガシーを創った」とインタビューに答えていたが、この無から有を創り上げる作業は並大抵ではなかっただろう。
特に日本という国では前例のないものにはいたって懐疑的。それもこれも全て乗り越えかけがえのない遺産を残したラグビージャパンに最大級の賛辞を送りたい。勇気をいただき本当にありがとう‼️

image

今を遡る400年前、日本画のルネサンスといわれる時代をスタートさせた二人の天才画家います。
1人は狩野派が生み出した天才狩野永徳。そしてもう1人が能登七尾から33歳で上洛し、徒手空拳の中から日本一の絵師と呼ばれるようになった長谷川等伯。
このライバル同士が切磋琢磨し築き上げた日本画壇の潮流はやがて琳派を生み出し、その影響は現代まで脈々と受け継がれています。
天才が天才を生む好循環が日本文化に鮮やかな彩りを重ねていく・・。
木渓の水墨画から始まる日本画の隠れたヒストリーを旅する濃密な三日間、今日がその仕上げとなる最終日です。

↑このページのトップヘ