2016年06月

image

1689年6月25日、松尾芭蕉は松島を訪ねています。そして訪れた歌枕の地「雄島」。芭蕉はこの松島と、反対の日本海側にある象潟を訪ねるのがとても楽しみだったと言っています。

松島湾の遊覧船に乗り場からそう離れていないところにあるこの無人島に、芭蕉がやってきた同じ日に上陸し、同じ空気を吸い、同じ温度と湿度を体感しています。芭蕉好きにはたまらない、何とも感慨深い旅となりました。

image

東京四ッ谷で行われた社団法人日本山岳ガイド協会主催の登山ガイド筆記試験を四人で受けて来ました。
朝10:00〜16:30まで4つのカテゴリーと800字の論文で締めくくる試験は自己を見つめ直し、現在私たちが取り組んでいることのブラッシュアップにも最適なチャレンジだったと感じています。
この試験に無事合格した者は9月に行われる実技試験に進みます。
全員で9月の試験に行けることを願っております。

image

ぱっと見致知出版の回し者のような写真ですが、、
先月出場した社内木鶏全国大会で受賞した感動賞の楯が届いた日だったので、木鶏会終了後に本日の参加者と記念写真を一枚。

皆んなとってもいい顔をしています。何より、誰もが現在の社内の雰囲気が抜群にいいことを自覚しているのが素晴らしい。
これは会社を経営する誰もが目指すことなのだが、実はとっても難しいことでもあるのです。

先月出場した全国大会の副産物は正にこれだったのだと今日しみじみ感じたのです。いただいた楯は感動大賞ではなかったけれど、それを上回るご褒美を私はいただけたと思っています。

今回で6回目だった致知出版社主宰の全国社内木鶏会。過去30社しか出場を果たしていないこの全国大会に、旅行業として初めて発表出来たことは、私たちに大きな自信とプライドを植え付けてくれました。

これからのトラマスにどうぞご期待あれ‼️

image

キラキラのサクランボがたった今届きました。添乗員一年生の優菜さんが「サクランボウィークですね!」とと言っていますが、正に今がサクランボの美味しい盛り。
それにしても一年が経つのがなんと早いことか・・ほんのこの前食べたような気がしてしょうがないのです。
いずれにしても、プレゼントしてくださった紺野果樹園の奥様、そしていつもお世話になっているお客様の板谷様、本当にありがとうございます。

image

紅葉で名高い安達太良山に花の季節に登って来ました。
勢至平からレンゲツツジ越しに望む安達太良山頂は中々の景観でした。
安達太良山に限らず、東北の山は押し並べて高山植物の宝庫。
今年も大自然の美しさを一人でも多くの方々に伝えて行きたいものです。

↑このページのトップヘ