プレシャスデイズ わんことにゃんこと

高齢化するペットの若返り対策にも役立つドッグマッサージ教室を開いています。犬好き・猫好き・花が好きなペットマッサージセラピストの日記です。ペットマッサージの仕事や茶トラのニャンコとポメワンコとの生活を綴っています。 ホームページ http://kaichai.jimdo.com

チャイの元気が続いています(^^)

DSCN2036














私が2階のベランダに洗濯物を干しに行くとついてきます。
DSCN2035














こんなふうにコロンコするのも久しぶりなので私は落ちやし
ないかとちょっと心配します。
DSCN2034















あれ?あれ?こちらはなんだか新種の生物?
DSCN2044














・・って、カイ君でした!(^^)

ここでひとつお願いです。
実は1週間程前にお教室の申し込みをしてくださった方がいらし
て(ありがとうございます!)その方に返信をしたのですが、メー
ル配信未完了で戻ってきてしまい・・再度試したのですがやはり
戻ってきてしまいます。
お心当たりのある方はお手数ですが再度HPの申し込み欄にメッ
セージを頂けますでしょうか?よろしくお願い致します。

※ドッグマッサージ教室を開いています。
  詳しくはホームページをごらん下さいね。







カイのおやつ

DSCN2015
















カイは玄関のこの場所がなぜか大好きです。そばにいないなと
思うといつのまにかここに行っています。
ところで犬の咳ってどんなのかご存じですか?

ちょうど人間の咳払いのような感じなんですね。そして心臓が
悪くなったりするとこの咳払いから始まることが多いそうです。

カイは残念ながら気管虚脱気味でブーブーガーガーという音が
口から出ることが多いです。そのせいで時々「子豚ちゃん」なん
てからかわれてしまうことも・・(^^;

それからこの咳払いのような咳がでることもあります。
この3月で6才になるカイ、人間で言えばりっぱな中年です。
ちょっとこの咳払いには注意が必要ですね。そこでホリスティック
ケア、鶏のハツ(心臓)をおやつに与えます。
DSCN2027















良く行くお肉屋さんで見つけました!なんと鶏のハツだけで
1パックになっています。
これを茹でて・・
DSCN2029















あとは冷凍して、おやつタイムにひとつだけ解凍して薄くスライス
して与えます。毎日はあげすぎになってしまうので週に1,2度。

カイ君、おいしそうに食べますよ(^^)

※ドッグマッサージ教室を開いています。
  詳しくはホームページをごらん下さいね。

僕にもちょうだい!(^^)

カイの朝ご飯は散歩に出かけて、帰ってからあげます。
帰るとチャイもごはんを欲しがり、私はコーヒーを
飲んだり酵素やらサプリメントを飲んだりして・・
しばらくしてから朝食を取ります。

当然食いしん坊なカイ君は私のそばにやってきます。
そんな朝の一コマ・・
CIMG6337














先日ブログにも書いたように、チャイが「僕にもちょうだい」と
一緒に並ぶこともあるようになりました!

CIMG6340















細ーいささみジャーキーを1本だけあげるのですが、この日
はチャイにもおすそわけ。
CIMG6341














「クンクン・・。おいしくなそう」とばかりに結局食べないチャイ。
その後はカイ君のお口の中に入りました(笑)
でも自分のフードはよく食べてくれています。大きなあくびも
できています。ひと安心の私です。
CIMG6343















ドッグマッサージ教室を開いています。
   詳しくはホームページをごらん下さいね。



こんなキャットフードが欲しい。

DSCN2022














猫は犬よりフードの切り替えが難しいと言われています。
カリカリのドライフードから手作り食に成功する方も中には
いるようですが、うちのチャイはまず無理です。

ドライフードでさえも決まったものしか食べないし、今大人
気のチャオチュールも口内炎が発症すると食べなくなります。
食べないときには、生のお肉やお魚を茹でてすり鉢で擦って
チャオチュールのようにしても絶対食べてくれません。
フードも色々な種類を試しましたが、どれも粒が大きく痛い
部分にあたるのか口から吐き出してしまい、本当に困りまし
た。

結局ドライフードは小粒の高齢猫用個包装だけは何とか食
べていました。現在体調が良くなって食べられるようにな
ったチャイにはもう少し栄養価が高いものを食べさせたい
のですが、やはり粒が少しでも大きいと痛い記憶がよみが
えるのか食べません。それでたどり着いたのが極小小粒ロ
イカナの子猫用しかありません。で、これも一緒に食べさせ
ています。

キャットフードにも手玉ケア用、尿路下部疾患用、ライフステ
ージ別等々、それはそれはたくさんのフードがあります。
今回のチャイの病状から口内炎の猫用のフードが欲しい!
と切実に思いました(^^;
猫の口内炎はチャイのように猫エイズを持っていなくても難治
性の口内炎を患っている子が多いと聞きます。

そんな猫達のために、超小粒で、でも匂いが良く食欲をそそり
でも患部にしみないよう塩分は少なくそして少ししか食べられな
くてもカロリーが高い・・そんなフードがあったら良いのになーと
思いました。

どこかのフードメーカーさん、どうぞ作ってくださいませ。(^^)

※ ドッグマッサージ教室を開いています。
   詳しくはホームページをごらん下さいね。






チャイ、元気です!(^^)

あの、魔の13日の金曜日から2週間が過ぎてチャイは
奇跡的と言えるくらい元気になりました!
今週初めからは寒くても天気の良い日はこうして外に出
て日なたぼっこをするようにもなりました。

DSCN2013















こんなふうにカーペットにもぐってころころするいたずらもする
ようになりました!

DSCN2018















私がペットマッサージを習おうと思ったきっかけは何度かブログ
にも書いていますが、先代犬ナナの闘病中何もできなかった
自分をふり返ってのものでした。

マッサージの良い点の中に、動物に取って良い点、リラックス効
果や老化防止、血行促進、コリや疲れが取れるなどたくさんあり
ます。そして飼い主にとっては動物の体調に敏感になる、良いコ
ミュニケーションが図れるなどやはりたくさんありますが、そのひ
とつに「動物の治療に参加できる」という良い点があります。

病気や疾患をかかえている動物を飼い主の手で癒し、愛する動
物に「何かしてあげたい」という飼い主の気持ちを少しでも満たす
ことができ、ペットロス時の後悔や深い悲しみの軽減にもつながる
のです。

動けなくてただ横になっていたチャイのそばでずっとたくさんこと
ばをかけながら体に触れていました。
ここにはこんなツボがある、この場所にはこんな効果があるなど
と考えながら少しでも良くなるように触れ続けました。
今回のチャイの病状に際して、私はこのことをまさに深く感じまし
た。そしてマッサージを勉強してきてよかったなと心から思う事が
できました。

もしかしたら単にステロイド注射が効いてるだけかもしれない・・
でもやっぱりこうして自分ができたことで今のチャイがあるのかも
しれないと思えるだけで本当にうれしいのです(^^)
チャイは何だか以前にも増して甘えん坊になりました。カイが私か
らおやつをもらっていると、僕にもちょうだいとばかりに横に並ぶよ
うにもなりました。おいでというと私の横に並んで座るようになりま
した。心の絆が深まったような気がしています(^^)

カイもお利口でした。チャイが吐いてばかりいて私がつききりでい
た時普段ならやきもちを妬いて、おもちゃをくわえて私の所にくる
のに今回はおとなしく自分の居場所で過ごしていました。
カイは少し大人になったようです(^^)
もちろん大好きなお散歩はかかしません。寒くても元気いっぱいな
カイ君です!

CIMG6325















CIMG6330














このおだやかな日々が長く長く続くように祈らずにはいられない
私です。

※ ドッグマッサージ教室を開いています。
   詳しくはホームページをごらん下さいね。

チャイ、持ち直しています!

前回の記事を書いた翌日の日曜日、ステロイド注射が
効いたのか吐くことはなくなりました。でも呼吸が荒く
ていつ急変してもおかしくないなと思っていましたが、
夜になってもぐったりはしているものの持ちこたえてい
るので私と主人の間に連れてきました。この頃から
少しずつ頭を上げる時間も増えてきていました。
DSC_0544











とにかく暖かくしてそばにいてあげること、それがいちばん
です。


そうして主人もカイも眠りにつき私とチャイだけ、ソファーに座り
今夜はずっとこうして・・朝までかなと思っていた私。
2時間近く、撫で続けていたでしょうか・・耳の所には内臓に良い
ツボ、背骨に沿ってはいくつものツボ、腰の辺りには生命エネル
ギーのツボ、そんなことを思いながら撫でる&時々指圧をしてい
ました。

すると自分からソファーを降りて水のある器の方へ・・飲むことは
しませんでしたが、その場で眠り始めたので私も床につくことに。

その翌朝つまり16日の朝には荒かった呼吸音も治まり、自ら
お水を飲むようになりました!
写真 (1)















嫌がりはしますが、こうして流動食的なフードも食べさせました。

そうして今日まで少しずつ少しずつ、上向いているような感じで
あります。

よかった・・です(^^)まだ先はわかりまんが、とにかくよかった
です!



チャイの近況

昨年のクリスマスに抜歯をして無事元気にお正月を
迎えたチャイですが、10日前ほど前から少し食欲が
落ちたかな?と思っていたら、急激に食欲が失せ・・
口内炎の再発で食べられない、そして全く飲めない
状況になってしまいました。

病院で点滴をしてもう一度ステロイド注射を打ちまし
たが全く変化なしで、胃液や胆汁を吐く日々です。

ただ吐くときだけは辛そうですが、あとは1日寝ていま
す。

暖かくしてあげてそばで見守っている私です。
優しくそっとマッサージもしています。

辛いですね・・。




明けましておめでとうございます。

新年を迎えた横浜は小春日和のおだやかな1日でした。
今年は元旦のお客様はないのでのんびりカイと散歩を
して過ごしました(^^)

昨年1年間我が家の愛猫チャイは猫エイズの症状の一
つである口内炎に苦しみました。
病院で月に1度のステロイド注射の治療から始まり絶対
に病院には行かないもんと態度を硬化させ、仕方がない
ので薬投与の生活に・・それも昨年後半からは薬を砕い
てフードに混ぜるため乳鉢で擦っている音を聞くだけで逃
げ出すようになってしまいました。

12月の始めからは薬の入ったフードはがんとして食べなく
なり、それでも自己回復力で数日食べないと少しだけ食べる
という状態になりました。
フードを食べている様子を見ていると右下の歯、あるいは
歯茎に強い痛みがあるらしくそこにフードが当たるとギャオ
と鳴く状態です。そばで見ている私もハラハラものです。

このまま弱っていくのを見ているだけなのか、嫌がる病院
に連れて行くのが良いのか・・悩みました。

そしてクリスマスの日、かかりつけの先生にお願いして全身
麻酔で様子を診てもらい抜ける歯は抜き、血液検査で内臓
の状態も検査してもらうことにしました。
痛いところがわかっているのだから良くなる道もあるのでは
という結論に達したのです。
病院へ連れて行くまでが一苦労、家のキャリーでは見ただ
けで逃げ出すので友人から借りたバスケット型のキャリーに
だましだまし押し込んで・・それでも病院に行くまでは鳴きっぱ
なしのチャイでした。

朝預けて夕方お迎えでしたが、血液検査の結果は肝臓も腎
臓もほか全て正常、そして抜ける歯は全部抜いて頂くことが
できました。下はチャイの抜歯された歯です。
DSCN1942















当日は出血やよだれがあるかもとのことでしたがそれもなく
翌日からは少しづつ食べられるようになってきました。

そして口の痛みもひいたのか、フードも食べ大きなあくびも
できるようになりました!

DSCN1928















チャイは高齢なので全身麻酔のリスクなどもあったので心配
でしたが本当に思いきって抜歯という手段を選んで良かった
と思っています。

今年はカイもチャイも元気で楽しい1年を過ごしたいと思って
います!
DSCN1931














ちょっと痩せてしまいましたが、久しぶりにリラックスして
箱座りのチャイです(^^)

※ ドッグマッサージ教室を開いています。
   詳しくはホームページをごらん下さいね。

わんこの骨のお話

骨と骨のつなぎ目にあたる関節をおおっているのが
「軟骨」という骨です。この軟骨がすり減って関節に炎
症や変形を引き起こして発症する病気が関節炎です。
これは人の場合も同じですよね。
激しい痛みを伴ったり水がたまることもありますね。

脱臼やじん帯・半月板の損傷など外傷が原因で関節炎
を引き起こすこともあれば先天的な関節疾患からの発
症もあります。

日頃から愛犬の様子をよく観察していたいものです。

・歩き方がいつもと違う
・歩きたがらなくなった
・走ったり飛び跳ねたりしなくなった
・起き上がるときが辛そう
・元気がない
・関節の腫れ、変形が見られる
・触られるのを嫌がる

などの症状が見られたらかかりつけの獣医さんに診て
もらうことをおすすめします。

私達が普段から気をつけることで関節炎の発症を予防
したり進行を遅らせることもできます。

フローリングの床はすべらない工夫をしたり肉球の周りの
被毛はカットしておくなど、またお散歩時にもコンクリートの
道より土や草の上の方が関節への負担が軽くなります。
可能であればお散歩コースの変更も良いですね。

また痛みがあると運動をしなくなりがちですが、動かずにい
ると血流が悪くなりリンパの流れも悪くなって体内の不純物
も流せなくなってしまいます。適度な運動は必要です。

マッサージやサプリメントなども有効な手段ですね。

DSCN1910















実は先日の事、カイはいつも私が出かける時に玄関で
「お母さん行かないでよ-」とワン、ワワンとくるくる回ります。
上の写真の場所が玄関なのですがこの玄関のたたきとの
段差で回っているときに足を踏み外したらしく後ろ足を痛め
てしまいました。

DSCN1905















数日間痛みがあったので、リビングのソファーに登ることも
嫌がってリビングにもあまり来ませんでした。
話がそれますが、ソファーに登らせる事はしつけ的には良く
ないそうです。犬と人間が同等であるということがいけないと
いう理由だそうですが・・。
おとなしくているのかいないのかわからないくらいで私もとて
もさびしい思いをしました。

今はすっかり元気になりましたが、さてこの段差をどうしたも
のやら思案中です。

マッサージやサプリメントなどのご紹介は「シニア犬のデイリ
ーケア教室」でお話しさせて頂いております。
お気軽におこしください(^^)

 ※詳しくはホームページをごらん下さいね。

※参考文献  (社)日本アニマルウェルネス協会
          ホリスティックケア・カウンセラー通信


livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ