シマシマしっぽ

活字中毒な猫バカ。日々の読書の感想を残しています。最近は映画日記化ともなっていますが、楽しみがあるのはいいことです。今日一日、楽しいことを考えて,何とか日々を乗り越えたいです。This is my Lifelog.

葬式組曲1

「葬式組曲」 天祢涼 双葉文庫

 老舗酒造の杜氏である父親と衝突して、実家を飛び出した次男。七年後、父親の訃報にやむなく戻ると、「喪主はお前に」と不可解な遺言が残されていた。なぜ父親は、跡を継ぐ長男を差し置いて、次男に式を任せたのか?(「父の葬式」)葬儀を省く「直葬」が主流になった国で、死者をめぐる「謎」に戸惑う遺族たち。―女社長・紫苑が率いる北条葬儀社の面々は、式を滞りなく進められるのか。気鋭の放つ傑作連作ミステリー。 (「BOOK」データベースより)

 「葬式」がテーマの短編集は少ないので、B級感は覚悟の上読んでみた。
 いやいや、もうとんでもないB級の文章と物語の展開で。それでも、葬式に関する知識が増えればいいかと我慢して最後まで読んだら、それまでも☆二つだった内容が、最終章で☆一つどころか半分にしたい位酷かった。これは止めて欲しかったなー。
 物語の舞台は近い未来の日本で、人が死ねば「直葬」が当り前で、「葬式」をするのはS県だけになっている。このS県ってのが、本州から離れてるって設定なんだけど、どこを想定したんだろう。「葬式」=「ぼったくり」で(ここに異論はない)、他の県からは葬式自体があやしげな儀式のように嫌われているという。
 こんな進んだ合理的な考えの時代が設定なのに、27歳の美人社長は、「まだ嫁にいけなくて」とか、「お見合い」とか、今どきなんじゃそりゃという言葉が出てくる。葬式よりもミステリがメインなのだけど、もうそれが最終章でとんでもない展開に。久しぶりにゴミ箱に叩き込みたくなった本だけど、知り合いから借りたものなのでそれは出来なかった。残念!
 
葬式組曲 (双葉文庫)
天祢 涼
双葉社
2015-01-15

カタツムリ大発生!

 今週に入ってから、夜な夜な懐中電灯とコーヒーの空き瓶を持って、花畑をウロウロしている。5ミリ以下の小さなカツツムリに、花の葉っぱをレース状に近い程に食い尽くされていて、無残。カタツムリ・ナメクジ用の薬を撒いたけれど、あまり効果はない。仕方なく、夜行性のヤツラを駆除すべく、毎夜コーヒーの空き瓶にお湯と洗剤を入れて、カタツムリを見つけたらつまんでそこに放り込んでゆく。

 ナメクジに似ているのに、殻があるだけでイメージは随分違う。でも、猛烈な勢いで葉っぱや花びらを食い散らす!それも家族単位かなんか知らんが、結構かたまって何匹もいる。梅雨入りしてから雨が降らなくて困っていたけれど、それでも一晩で200匹位駆除していた。昨日は久しぶりのまとまった雨。覚悟はしていたけれど、予想を上回るカタツムリの大群!おまけに大きいのも多い。コーヒーの瓶一つでは足らず、二つ目も満タン。400匹近くとって回った為、一時間以上かかった。花たちを守るため、今夜もハンターになる・・・。次からは予防を大切にせねば。
 

s-003

寿命図鑑4

「寿命図鑑」 やまぐちかおり いろは出版

 みんな、いつか、死んでしまう。ということを知って、一生懸命生きていってほしい。そんな想いを込めて、動物、人、建築物、機械、天体…この世のすべてを13カテゴリーにわけて324個の寿命とそれにまつわるエピソードをあつめた図鑑をつくりました。大人も子どもも学べて楽しい!絵本のような図鑑。 (「BOOK」データベースより)

 毎朝聞いているラジオ番組でこの本の紹介があり、ぜひ読んでみたいと思って、すぐに図書館の資料検索をしたら・・・あったー!!しかもすぐ借りれる状態。やったー!と、勇んで借りてきた。

 鉛筆一本が50劼盻颪韻襪覆鵑特里辰討拭力士のまわし、一年も洗わない(おえっ!)なんて知ってた?!、人間や動物の血を吸うのはメスの蚊だけだって!!、等々、大人でも楽しめる内容と可愛らしいイラスト。
 何にでも寿命がある。本来二十年も生きる牛を、人間の食用として2年位で私たちは命をいただいている。子供に教えたいこと、大人でも初めて知ることがいっぱい。買って手元に置いておきたいけれど、税別2,700円は高すぎる。それと、「図鑑」というには種類が少なすぎる。あくまで「絵本」だなー。でも、小さい子供には無理。対象は小学生以上だと思う。古本で安くなったら、絶対買う!

s-003


s-002




OL進化論の38巻はいつ出るのだろう・・・

 ・・・また発売延期なのだろうか。「OL進化論」の38巻の発売を待って、随分延期がくりかえされている。確か最初は昨年の10月ごろ発売予定だったような記憶があるのだけれど。
 書店には行かないので、本はいつもアマゾンで買っている。「発売が延期されました」と数回メールが入り、ついには予約不可能の通知が来てガックリ。やっと今回5月31日に発売予定が決まり、予約をしていたのにまだ届かないどころか延期の知らせもない。
 秋月りすさんは体調が悪いのだろうか。掲載誌のモーニングを読んでいないので、詳細はわからない。前の巻も絵が荒れていたし、心配。一番楽しみにしているコミックなので、講談社さんは何らかのお知らせをして欲しい。

十年に一度の神が降臨!

 最近、片付けの神が降りてきている。しかも十年に一度のデカイやつだ。普段気にならなかったホコリが気になる。物がごちゃごちゃしていると整理せずにはいられない。要らない物を捨てないとイライラする。
 家中片付けているので、1日でゴミ袋3つ位の不要品が出る。リフォームシートまで買って、模様変え。映画も本もしばらくお休みだ。この機会にやっておかねば、また「ホコリで死なないもーん」という怠惰な生活に戻る。頑張るぞ〜!!

三鬼 三島屋変調百物語四之続5

「三鬼 三島屋変調百物語四之続」 宮部みゆき 日本経済新聞出版社

 江戸の洒落者たちに人気の袋物屋、神田の三島屋は“お嬢さん”のおちかが一度に一人の語り手を招き入れての変わり百物語も評判だ。訪れる客は、村でただ一人お化けを見たという百姓の娘に、夏場はそっくり休業する絶品の弁当屋、山陰の小藩の元江戸家老、心の時を十四歳で止めた老婆。亡者、憑き神、家の守り神、とあの世やあやかしの者を通して、せつない話、こわい話、悲しい話を語り出す。「もう、胸を塞ぐものはない」それぞれの身の処し方に感じ入る、聞き手のおちかの身にもやがて、心ゆれる出来事が…。(「BOOK」データベースより)

 三島屋百物語の四巻目。今回も心に沁みる、極上の短編ばかり。
 一番出来がいいのは、表題作にもなっている「三鬼」だ。よそとは隔離された山奥の寒村の壮絶な鬼の話。悲惨な話だが、昔なら実際にあったであろうと想像してしまうので、鬼の正体の悲しさがなんとも怖ろしい。
 黒白の間の、お客を迎えるための季節のしつらえなど、今までは気に留めなかったのだけど、今回は自分が花に興味が出てきたので、参考になる。おちかの身辺にも少し変化が出てきて、このシリーズはぜひ長く続けて欲しい。

三鬼 三島屋変調百物語四之続
宮部 みゆき
日本経済新聞出版社
2016-12-10

大奥5

「大奥」 よしながふみ 白泉社

 年に一回しか出ないので、今までの話を忘れがち。今回は、篤姫をそういうキャラクターにするかぁ。絵にクセがあるので、よしながふみさんを苦手な人も多いと思う。でも、本の帯にもある通り、江戸時代の勉強に必読!男女は入れ替わってるけどね。


バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生2

「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」(原題:BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE)2016米

 超人的な力で地球を救ってきた《スーパーマン》。しかしその代償として街に甚大な被害を出してしまい、いつしか“正義の味方”から“人類の脅威”へと変わっていく。そんな中、闇夜で正義を果たしてきた《バットマン》が、人類の希望を背負い戦いの表舞台へ立ち、スーパーマンに立ち向かう…。(「Oricon」データベースより)

 出演: ベン・アフレック、 ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ

 こんなアホらしい内容に二時間半もかけて・・・。泣けてくるわ。バットマンの補佐役にジェレミー・アイアンズが出て素敵だったので最後まで見たけど。なんでこんな大ゲンカに街の人々はつきあわねばならんのか。彼女を助ける為なら何でも破壊しちゃったらだめだろう、スーパーマン!
 大物女性戦士もご登場。こうなったら、アイアンマンとかもついでに出して欲しかった。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 [Blu-ray]
ベン・アフレック
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-12-16

スノーホワイト/氷の王国2

「スノーホワイト/氷の王国」(原題:THE HUNTSMAN WINTER'S WAR)2016英米

 かつて、その美貌と邪悪な力で世界を闇に包んだラヴェンナ女王は、白雪姫<スノーホワイト>とハンターのエリックの手によって滅ぼされ、世界に平和が訪れたはずだった――。だが、人々は知らなかった。邪悪な女王には、さらに強力な魔力を持つ“氷の女王"という妹がいた事を。そして本当の戦いは、これから始まるのだった…。(アマゾンあらすじより)

 出演: シャーリーズ・セロン、エミリー・ブラント、 クリス・ヘムズワース、 ジェシカ・チャステイン、ニック・フロスト

 なんとも退屈な作品であった・・・。女王二人の美貌だけが救いで、「愛は勝つ」というしょーもない台詞ばかりで、クリス・ヘムズワースの魅力も活かしきれておらず。なんでこんな続編作ったのかなー。どうでもよくて観るのに3日程かかったわ。
 
スノーホワイト-氷の王国- ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
シャーリーズ・セロン
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2016-10-05

ドリームガールズ3

「ドリームガールズ」(原題:DREAMGIRLS)2006米

 大ヒットを記録したブロードウェイミュージカルを、ビヨンセ・ノウルズほか豪華キャスト共演で映画化したサクセスストーリー。音楽での成功を夢見るドリーメッツの3人は、地元の人気シンガー、ジェームズ・アーリーのバックコーラスに抜擢されるが…。 (「キネマ旬報社」データベースより)

 出演: ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィ、 ダニー・グローバー、ジェニファー・ハドソン

 ダイアナ・ロスがいたシュープリームスの実話だそうで。ミュージカルが苦手な私には、「この台詞も歌うんかい・・・」というシーンが多々。黒人音楽も苦手だし。エディ・マーフィの歌は楽しかった。ビヨンセは綺麗だったなー。 黒人と白人が完全に分かれていた時代背景は興味深かったけれど、やっぱりいくら歌がうまくても、ミュージカルは苦手・・・。

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
ジェイミー・フォックス
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2013-08-23

livedoor プロフィール
マウキー
Categories
Archives
記事検索
translation