2005年01月06日

パンヤのサービス

少し執筆日付と日記に掲載される日付が一致しておりませんがご容赦の程を。基本的にPangYaは時間が少しだけ余っている時なんかにプレイしているのですが、このゲームは非常にアップデートが多く、初心者にも、また上級者にもほぼ平等にサービスが展開されています。Lineageのようなアップデートに比べれば(といってもネットゲームとMMORPGを比べる事自体何か間違っていますが)かなり良質のアップデートが繰り返されていると思っています。

ただそのアップデートの割に、イマイチ接続ユーザ数が頭打ちなのは気のせいでしょうか。例えば夜10時にもなると、以前でしたら12鯖あるうちの5つ6つはかなりの占有率を持っていたと思うのですが、例えば今日接続してみると、上3つほどしか50%以上の占有率をキープできていません。あくまで私感なのですが、どうもプレイ人口が緩やかに減少しているような、そんな気がします。良質なアップデートがあるにも関わらず減少するって事は、単にネットゲームだからなのでしょうか。MMORPGの場合、単に数字やクリック回数だけでは競えない別の要素が介在したりするのですが、こういうネットゲームの場合はどちらかというと純粋な数字/クリック回数で決定されてしまう分、飽きがどうしても早いのかな?と思ってしまいます。

Posted by toranoo0812 at 00:00│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/toranoo0812/12171033