2005年02月03日

特許裁判の行方は

見かけ上2日連続の更新ですが、実際には2月3日に同時執筆して更新しております。今気づいたのですが、今日は節分の日ですね。節分の日と言えば我が家は恒例の巻き寿司だったりするのですが、今年はお金がないということで細巻の束食いになりそうな気がします。束で食べるのは多分自分だけでしょうが。

それはさておき、徳島県にあるジャストシステムが松下と争ってる特許がらみの裁判、一審判決は松下の主張をほぼ全面的に受け入れて当該ソフトウェアの差し止めならびに「廃棄」まで命じるという異様な判決が下されました。販売差し止めというのは仮処分でもなされていたでしょうし、そこまで珍しくない範囲だとは思いますが、仮処分の段階で「知的財産権の保護を優先してそのソフトウェアを廃棄しろ」というのは初めて聞きました。青色LEDの裁判発端となった日亜も徳島県ですし、徳島は何か特許絡みの大きな係争が多いですね。

特許を含む知的財産権は、基本的に技術の発展に寄与するという背景の下様々な方が制定されていたはずです。運送業界などにおける規制緩和の弊害と同列には扱うことはできませんが、それに似た雰囲気を私は感じざるを得ません。特許についてここまで時間のかかる係争が続いてしまうなら、これは特許が逆に技術の進歩を停滞させてしまう要因を孕んでるとしか思えません。勿論特許には非常に良い点はありますし、むしろ物事に悪い点がないというわけでは決してないのですが、日本を代表するメーカー同士がタイミング悪くこのような特許裁判をずるずる引きずってしまうと、一抹の不安を感じてしまいます。

Posted by toranoo0812 at 00:00│TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/toranoo0812/13563517