にっちもさっちも


色々と先延ばしにしてきたことが、今になって大変な事態を引き起こしています。
まぁ、なんというか、なんとかしないといけないわけですが。
このままでは、路頭に迷ってホームレス一直線だ。
そんなわけで、ついにはネットも解約。
まぁ解約はしたけれど、スマホから繋げられるんですけどね。
テザリングとかいう便利な機能で。その代わり、月々の使用量が8000円を越えるという……。
まぁ、パケホーダイ定額にプラス数千円でネットも使い放題と思えば、安いのか……。
っていうか、それを言い出すと、スマホ買ってからの一年間、ずっとADSLで繋いでた俺はなんなんだ。
金をドブに捨てていたのか。
ぶっちゃけ、通信速度が対して変わらないということに気づいて、ビックリしたよ。
前のADSLでもせいぜい100kbpsとかいうクソな通信速度でしたが、スマホで繋いでも変わらないじゃないか。

まぁ、テザリングも万能ではないだろうし、使いすぎたら何かあるのだろうか。
よくわからんが……。後になって請求金額が天文学的な数字になるとか無いよな……。
ドコモは驚くほどにFucking shitな野郎なので。
落ち着いたら、ちゃんとしたネット環境を作りたいものだ。テザリングだとすぐに切れてしまう。安定性に欠ける。
あんまり意識してなかったが、ちょっと動画サイト見るだけで

 本も売りまくったり捨てまくったりしたのですが、それでもなかなか捨てられない本が残っている。
どうしたもんか……。名作ならまた買いなおせるだろうけれど、一度手放したら二度と入手できないようなのもありそうだし。
まぁそれはそれで、仕方が無いのか。
さぁどうしようかね。 

まず掃除をしなきゃいけないし。
住所変更となると、これまたあちこちに連絡しなきゃいけないし。
それが一体どれくらいの量になるのか、もうさっぱりわからない。

非常に面倒くさい。 

ななこい 8話



 携帯電話を見つめながら、奈々子はリビングの椅子に深く腰掛けた。朝の8時半。あと30分ほどで、竜児がやってくる。
 早起きして身支度を整えたので、約束の時間までまだ少しあった。
 窓の外を見ると、冬の薄い青色が限りなく広がっている。今日は絶好のお洗濯日和だと、テレビの中でお天気お姉さんが喜色をあげた。
「洗濯物も干したし、することも無くなったわね……」
 父親の衣類と自分の衣類を洗濯を一緒にすることも、父親の下着を触るのにも特に抵抗は無いので、洗濯物が窓の外で仲良く風に揺れている。
 あまり意識したことはなかったけれど、家事が出来るというのは同級生から見れば少し変わって見えるらしい。
 洗濯なんかは殆どボタンひとつだし、特別難しいことなんか無いような気もするのだけれど。
 父親は父親で家事全般が得意だから、それほど負担に思うこともない。
 それどころか、食費や諸々の雑費として多めのお金が貰えるので、喜ばしいくらいだった。

 部屋の中にいるのに、少しだけ肌寒さを感じた。リモコンでエアコンの温度を少し上げる。
 薄い肌着の上にダークブラウンのセーターを着ているだけ。セーターは、肌のラインを浮き上がらせるようなタイトなもので、胸の形もクッキリと浮かんでいた。
 竜児にとっては多分嬉しい格好なのではないかと思った。胸が好きだから。
 
 一度大きく息を吐き出してから、テレビを消す。エアコンが吐き出す、暖かな吐息の音だけが室内を満たした。
 もうすぐ竜児と会える。心臓がどくどくと高鳴った。
 椅子に深く腰掛けて、目を閉じる。浮かれているのは判っているけれど、気持ちはなかなか抑えられない。
 竜児と恋人同士になったのだ。そして、これからその関係が長続きするように、努力していかないといけない。
 あまり浮かれすぎて、失敗をしないようにしないと。そう思っても、思考回路は熱にやられて正常に働かない。
続きを読む

ねんどろ


先日、初めて山口県を訪れました。
防府天満宮を訪れたり、山口市内を歩いたり、貴重な体験でした。

ずっと歩いたり、車椅子押したりとかで、老人に混じりながらの移動だったので、あちこち観光できたわけでもないのですけど。
しかし、山口市を訪れて驚いたのが、あまりにも栄えてない県庁所在地。
びっくりした。そこらの市町村並みのしょぼさ。防府のほうがよっぽど栄えてたような……。
いや、綺麗だし良い所だと思うんですけどね。近くにはSLが走ってたりとかするみたいですし。


まぁそれはともかくとして、なんか家を追い出されるというか、家を出なきゃいけないような状況が近づいていててんやわんやです。
部屋の片付けをしようにも、物凄い汚部屋でもう何処から手をつけていいものか……。
何より漫画が多い。しょうがないのでブコフに売ろうと、PCが入ってたようなダンボールに詰め込み何度か往復とかいうハメになりました。
しかも本の多くが買い取り不可とかね……。

なんかもう、漫画を手放すってのは物凄く心苦しいのですが、やらなければしょうがない。
漫画やラノベで部屋が埋まってる
すでに600冊くらい持っていったが、それでもまだまだあるという。

あんまり手放したくはないのだが、仕方が無いのか……。
まぁ名作の類なら、またどこかで手に入れることが出来るだろうけど、そうじゃないのは厳しいところがある。
Room No.1301とかAstralみたいな微妙に売れてないんだか売れてるんだかわからないラノベも、もう手に入らないだろうな。
うしとらとか、からくりサーカスを手放すのもなんか嫌だったが仕方が無い。

割と新しい漫画とか、売るのがなんか嫌なので後回しにしてるんだけど、うーん。
っていうか、よくもまぁこんなに集めたものだと自分でビックリだよ。
しかも、整理整頓してるわけじゃないから、何処から何処まであるんだか、なんかよくわからない。
なんやねん、あれやねん、もうわやくちゃやねん。言葉も出ない。

つーかこれ、どうやって処分したらいんだよ、ってものも大量にあるので、困った困った。
15年以上前のプリンターとかスキャナー、ハードオフでも貰ってくれるのかどうか。むしろ処分代出せとか言われそうなものがあったりとか。
うーん。パソコンとかバラして燃えないゴミで出せないのかね。っていうかすでにバラバラだけど。

っていうか埃が積もりすぎてて、もはや何がなんだか。なんにも言えねぇ。

なんでこんなにモノがあるんだ……。

最近買ったような漫画とかラノベを売るのはなぁ……。うーん。


思い切ってやらねばならんのだけど。
本とか漫画の類はまだマシか。


機械類みたいに捨てるのに困るようなものは本当に困るなぁ……。
音楽系の本とかは、バンドのメンバーにちょいちょい押し付けたりとかしましたが。
 
プロフィール

なおべ~

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ