ゆゆ式 3話 (18)
『ゆゆ式 第3話』
夏休みでプールといえば、アニメでは登場頻度のやけに高いこの滑り台。他のアニメでも(主に京都アニメ)そうだが、滑り台のシーンの多くは全面作画。ゆゆ式の場合、滑り台だけではなく奥に見える背景も動画。大変だったろうに。
ちゃんとある一点にカメラを固定した風に作画され、キャラクターの動きと一緒にカメラが動くいている様子が作画されている。
大変だっただろうに、それでも滑り台を作画したい、というある種の情熱というか、使命感のようなものを感じてしまう。使命を全うしたアニメーターたちには敬礼を送りたい。

ゆゆ式 3話 (71)
『ゆゆ式』のいいところは動画が丁寧なところ。例えばこの場面。片足で立っているゆかりがふらっとバランスを崩す。何気ない数コマの動きだが、それらしさが出ていて非常にいい感じ。こだわりを感じる。


ゆゆ式 3話 (47)
ゆゆ式第3話でクリティカルヒットだったのはこの場面。あまりにもいい動画だったので、5度繰り返し見てしまった。本当によく描けている。動画が、という以上にこの場の空気が素晴らしい。意味のある場面かと問えば意味はない。しかし何とも言いがたいこの少女達のこの瞬間にしかない情熱や輝きが現れている。青春の一コマ、という言葉で要約されてしまう場面だろうか。
……ただ、持っているのはコーラなんだよね。
後半に同じカメラポジションのシーンが挿入される。このときはゆずこ一人。一人の時と二人でいる時、その差異を見せている。

ゆゆ式 3話 (88)
『ゆゆ式』は私のお気に入りだけど、あまり流行っていない感じらしい。ニコニコ動画のランキングではいつも下の方。絵柄でみんな敬遠しちゃったのだろうか。
だとするとそれは由々しき話。いい作品だし、流行るようにツイッターで繰り返し取り上げるよう

次 第4話の感想

モノクロのアニメ『ゆゆ式』作品解説

banner(1)