前回を読む

11月24日

 1ヶ月間いろいろあって、久し振りに『ドラクエX』プレイ再開!
「いろいろ」の部分を分解すると……そういえばずいぶん前に『ルイージマンション2』買ったんだっけ、ということを何気なく3DSを開いたときに思い出して……。買って、そのまま忘れてたんだった。
 あと、ちょっと本を読んでいて……。オンラインゲームはとにかくも時間泥棒だから、時間を空けるために気になっている諸々をすっきり済ませておく必要があると思ったんだ。

 そういうわけで1ヶ月あいだが開いてしまったが、ようやく本格再開。『バージョン3』を購入し、プレイ利用券も購入。目標はゲームのエンディングまで。一気に進めるぞ!


 まずはバージョン3で追加された占い師に関する職業クエスト。
オルフェアの町 占いの館
オルフェアの町 占いの館
オルフェアの町 占いの館 占い師に転職して、エンゼル帽を被ってメタルの迷宮へ。1回でレベル1からレベル30に上がる。あと、占い師クエストを1つクリアする度に、「経験値の書」を4枚ももらえる。
 ……レベル上げはずいぶん楽になったもんだな……。最初期の頃はここが本当につらくて。1週間、延々レベル上げだけをしている……ということはよくあった。レベル上げがあまりにもつらくて、「レベル上げってなんのためにあるんだろう……」と考えてしまったもの。
海神の大霊洞 種族神像の間 レベルという概念は、プレイヤー自身で難易度を調整するもの。というのが基本概念で、レベルを上げれば誰でもクリアできる。「どうしてもクリアできない」という人に向けた救済措置だった。
 だったはずなのだけど、『ドラクエX』に関しては、このレベル上げで100時間200時間必要……というか、MMORPGの世界ではこれが普通。「救済措置」のはずが「苦行」になっている。おかしくないか?
 レベルを上限まで上げきっても、ボスがあまりにも強くて進行不能……ということもあったし。
 結局、運営側も「ボス強すぎ問題」を認めて、難易度選択ができるようになった。さらに、「メタルの迷宮」と「エンゼル帽」のおかげで10分でレベル40まで上げられるように。初期の頃のあの苦労はなんだったんだ……。
 と、ここで「レベル」という概念に対して疑念を抱くようになって……。「レベル」というものへの考え方を、ちょっと変える必要があるんじゃないか……と思う切っ掛けになった。
 『ドラクエX』に関して言うと、10分でレベル40まで上げられるんなら、じゃあそのプロセス、その作業、必要か? という問いかけもしなければならない。
 この辺りは、いつか自分で作るぞ……というつもりでいるオリジナルゲームに反映されればいいなと思うが。
闇蜘蛛マルギト

 まあそれはさておき、1日で占い師クエストを一気にクリア!

オルフェアの町 オルフェア地方東への道
 おまけ写真。
 レベル1になって装備品がなかったので、メイドさんにもらったセーターを着る。ブーツまで毛糸編みという凄い服。なかなか可愛い。今後、転職したらまずはじめにお世話になりそうな服だ。

港町レンドア北 宿屋
 レンドア港で寄り道。何かやっているぞ……と行ってみると、「バトエン」クエストが始まる。懐かしい「バトルえんぴつ」を使ったクエストだ。
 ちょっとやってみたんだが……おいおい、初心者じゃどうにもならないくらい強いのとマッチングしたぞ。
 サブゲーム的なクエストは、今回パスしよう。やり込んでいるとプレイ利用券を消費してしまう。次へ行こう。

11月25日

 次は「道具使い」の職業クエスト。転職しただけで、やってなかったのか……。
デルクロアの研究室
オルフェア地方西 前回プレイから2年。そろそろ色んなものを思い出し始めた頃だけど、やっぱり思い出しきれないものも一杯あって。細かい“感覚”的な物、そこから受け取られる“感性”的な物はどうしても断絶がある。
 私は昔、絵描きだった頃があった……というのは色んなところで書いてきたことなので省略するけど、絵描きをやめて、10年間一切絵を描かず、最近になってふと「そうだ漫画を描こう」と思い付いて絵描きを再開して……という経緯なのだが、10年も断絶すると「あの当時」と同じように絵が描けるわけがない。まずできなくなったのは「落書き」。「なんとなく」で思い付いたものを絵にする……ということができなくなった(10年間、落書きもしていなかった)。技術的な物は取り戻せても、肝心の絵描きとしての自意識は取り戻せないんだ。この先、永久に取り戻せないだろう。
『ドラクエX』は、せいぜい2年間だから、そこまでの断絶はないけれども、2年分くらいの断絶はある。距離感をちょっと感じている。
 ずっとあの当時の気持ちのまま……というわけにはいかない。

 それはともかく、道具使いクエスト、問題なく完了!
ガタラ原野 岳都ガタラ 入口
 この日のパーティ。右端のドワーフさんはたまたま映り込んだだけでパーティメンバーではない。

11月26日

 この日は「踊り子」の職業クエスト。
 そうか、「踊り子」はバージョン3からだったのか。「前からあるもの」と思い込んでいた。
獅子門 獅子門の集落

グレン領西 グレン城下町入口
 この日のパーティ。みんなポーズを決めて立っていたので、ちょっと真似してみる。

ガートラント城下町 上層中央路
 ガートランド城。踊ってる人がいたので、横で一緒に並んで踊る。
 ……うん? この人に話すことがクエストの目的だったのか。

殺意の怨霊
 戦闘中のいち場面。格好いい瞬間が撮れた。

ラーディス王島
 月夜を背景に、新しく手に入れたダンスを踊る。
 明るい場面で撮影したかったけど……まあ夜というのも乙。

オルフェア住宅村 職業クエストの最中に手に入れた衣装。
 ……これはどうしたものか。取っておきたいけど、装備品袋を圧迫してしまう。預かり所も自宅の倉庫も一杯だ。
 仕方ない。一度袖を通して、記念撮影をした上で売っちゃおう。オルフェア住宅村どの衣装も可愛いから、持っておきたいけど、そういうわけにはいかない。1ユーザーの持ち物に限界があるのも、オンラインゲームの問題点だ。

 一度装着すると……売値10ゴールドって、そんなに落ちるのか。こんな可愛い子が着た服だよ? なんだったら汗を染み込ませてパックするよ?

オルフェア住宅村 もう1つ気になるのは、モンスターを倒して時々手に入る銀色宝箱。★3つ付いた武器が手に入る。そこそこに強力だが……いらない。それより強い武器持ってるもの。バザーで売ることもできない。そこそこに強力だから、転職したときに必要になるかも……という気がして取っておいてはいるのだが、装備品袋を圧迫するし……。

11月27日

グランゼドーラ王国 美容院 昨夜も、もりもり攻略。

 自分の冒険日誌を見ながら……
「幸運を呼ぶサロン/色を好まぬ色男」
「幸運を呼ぶサロン/美容師たちの祭典」
「オトナのコスメティック★」
「魂がつまびく音色/明日へのコーダ」
ショコラフォンテヌ城「失われた時を探して/月の輝くとき」
「失われた時を探して/災禍の光」
「失われた時を探して/時を紡ぐ声」
「流星の追憶」
 以上を完了。

 「オトナのコスメティック★」を完了させると、体ショコラフォンテヌ城型を子供/大人へと変更可能になる。
 ので、大人体型になってみる。大人体型のほうがモーションが格好いいから、しばらく大人でいよう。
 ただ……可愛くない。衣装の感じも、子供だから似合ってた感じがあったのだが、大人体型になるとなんとなくイマイチというか……。
 髪型もポニーテイルがサイドポニーになっていて、ショコラフォンテヌ城 城内ちょっとダサくなっている。ポニーテイルに代わる髪型……ショートボブかなぁ……と思ったけど、何とも言えないまりも感。もうちょっと毛量が少なければよかったのだが。もっさり感が出てくるので、思い切って髪色をシルバーに。
 大人のほうがモーションは格好いい。子供はどうもコミカル寄りで、可憐さが出てこない。でも一枚絵とメギストリスの都 美容院して見たとき、子供のほうが可愛い……。
 うーん、もうちょっとスタイルやモーションに執念を持った人が関わって欲しかった。子供体型時の動きにしても、あまりこだわりを感じないというか、「可愛くしてやるぅぅぅぅ!」という執着感が薄い。

グランゼドーラ領
 ショートボブ。……可愛いといえば可愛いけども、フォルムがもっさりしていて、後ろからみると「まりも」。最近のゲームは、「キャラクターの背中」を最も見ることになるので、背面のフォルムは気になる。
セレドの町 施療院
 黒だと重さが出るので、思い切ってシルバーに。もうちょっと毛量をコントロールできなかったのだろうか……。

リンジャの塔 4階「魂がつまびく音色」「失われた時を探して」 の2本は、おそらくボスが強かったために途中放棄したクエスト(当時は難易度選択がなかった)
「魂がつまびく音色」は……いったいどういう経緯でアルゴングレートと戦うことになったんだったかな。ロリゼッタちゃんの姿は憶えているけど、ハクみたいなのはぜんぜん憶えがない。
 うーん、台詞回しがよくある作劇の使い回し。同じプロットでも、もうちょっと気を遣うだけでもっと良いシーンになったはずなのにな……。ちゃんと指導する人がいないんだろうな。
セレドの町 施療院
オルフェア住宅村「失われた時を探して」はうすらぼんやり憶えてるけど……ヒストリカってこんな愉快な子だったかな。塔にいるボスをざっと倒したらクエスト完了かな……と思ったら意外にキャラクターを掘り下げる。結果的に、なかなか面白いストーリーになっていた。
 えっと最終的に主人公の出生秘話になっていた? 話が見えなくて、混乱気味なんだが……。
リンジャの塔 4階

五行の塔 黒き濁流の塔
 とあるボス戦での一コマ。自動撮影によるもの。
 自動撮影が入るので、「そろそろ終わりかな?」と思ったらカメラを寄せて、ちょっとロー気味にして、狙えるなら大技でとどめを狙う。これはものすごく上手く行った瞬間の写真。

11月28日

不思議な魔塔 旅立ちの間
不思議な魔塔 1階 この日は忙しく、プレイする時間もなかった……と思ったけど真夜中、眠れないので、ちょっとだけ進行。夜中の3時とか、そんな時間。

 向かったのは『不思議な魔塔』。ずっと「あれ何だろう?」と思っていた謎塔へ、ついに行くことになる。
 ここで「札装備」を入手。装備画面の謎だったアイテムをやっと手に入れることができた。ちょっと時間がかかるようだけど、進めてみるか。

11月29日

不思議な魔塔 階・酒場
不思議な魔塔 8階 不思議な魔塔に入ってみる。
 10階を越えたところで急に難易度が上がる。15階まで来たところで限界。リタイア。10階を越えたところでモンスターの強さが「今は手を出さないほうがいい」と出るレベル。かなりきつい。
不思議な魔塔 階・休息の間 15階まで進めて、やっと札装備に+1を付けることができた。これは何度も繰り返して、ちょっとずつ+2、+3としていくものらしいけど、とんでもなく手間がかかるな……。最大でどれくらいまでいくものなのだろう。
 なんにしても、急ぎのゲーム進行なので、繰り返しプレイするタイプのクエストは諦めよう。
不思議な魔塔 14階争覇の間
 とりあえずボスに尻を振っておいた。

港町レンドア それ以外のクエストもぽつぽつと攻略していく。
「ベジセルク・サーガ/ベジセルクの奏演」
「いにしえの遺志を継ぐ者/四術師ガミルゴの祈り」
「シール少年マツタケ」
黄昏の詩人の舞台

 残りの「お役立ちクエスト」は攻略後も何度もプレイ可能で、何かしらのアイテムや経験値が得られるタイプのものが多い印象だった。
 どれも時間がかかりすぎるタイプのクエストなので、諦めよう。
 これで「お役立ちクエスト」は終わり……おっと1つ残っていた。こちらは明日にしよう。
風の町アズラン 大浴場・女湯
 お風呂では当然、装備を外す……面倒くさかったので、武器、小手、ブーツは付けたまま。やっぱり全部脱いだ方がよかったな。
風の町アズラン 大浴場・女湯
 風呂場にいた謎バブルスライム。これがシールだそうだ。
風の町アズラン タケ家
 マツタケ少年。

11月30日

ランガーオ村
 ついに日替わりギフト、すべて終了。いろいろくれた妖精さんにおじぎをしてお別れ。
 最後に手に入れたのは、シルフプリズム。ドルボードの形態を変更するアイテムだ。
 ……おお! これくれるんだ。
 ……あっ、変更可能な形態は1つだけなのね。自由に選べるかと思った。変更できるのは妖精タイプ。最近よく見かけると思ったら、ああなるほど。コレだったのか。
 まあ雰囲気は悪くない。これでいこう。
グランゼドーラ領
アラハギーロ地方
アラハギーロ地方
 種族がエルフなら、もっと似合っていただろう。

グランゼドーラ王国 公園
オルフェア住宅村 最後のお役立ちクエストは「闘争する芸術の夜明け」。
 髭のオジサンから「まどろみ姿を見せろ」と言うが……そんな仕草持ってない。
 結局、バザーで仕草「寝る」の書を買うことに(高かった)。これ、どこで手に入れるのが公式ルートだったんだ?
 ついでに「ほほえむ」と「もじもじ」の仕草も買う。「もじもじ」は可愛い、使いどころありそうだ。問題は「ほほえむ」。イラッと来る。
オルフェア住宅村
 イラッと来るほほえみ。

「悪夢より来たるもの」を進行。
 ……させようと思ったが、「ソーラリア峡谷」がどこなのかわからず、断念。まだ行ってないところだと? そんな場所、知らない。


ダンダダ団のアジト
 カンダダクエストを進行。
 これは2年前、「続きは後日」でそれきりになっていたクエストだ。
 このゲームが始まってかなり初期の頃だと記憶していたから、簡単にクリアできるでしょう……。
 と思ったが舞台は月。わりと敵が強い。まさかの新フィールドに新キャラクター。そんな展開あり得る? なかなか面白いことになった。
月世界の都
月世界の都
月世界の都 教会 ただ、月人たちの衣装バリエーションがもっと欲しかった。これ、地上での通俗的なバニーガールの衣装だ。異世界感と、意外性に欠ける。
 もう1つは宇宙人。なんかすごい文明らしいイメージ。何かと数字を出して、機械論理的なところを表現しているけど、こっちもありきたりな宇宙人イメージで面白くない。カンダタにあっさり負けてしまう辺月世界の都り、作戦に穴がありすぎる。こういうところで、読者側に納得感が出ないし、「手強い」と思わせることに失敗している。「この発想はなかった」「やられた!」感がほしい。


 今月は……ここまで。
 えー! まだ11月は数日あるものだと思ってた。仕方ない、ここまででまとめよう。
風車の丘
 道の端に置かれているカンダタご先祖のお墓。こんなの、今まであったかな……?

続きを読む