月曜日は休日です。なので、5月第3週までに描いたイラストの紹介をします。

新規イラスト

千反田える
 千反田える3枚目。
 投稿する直前、「……頭大きいなぁ」とか思ったけど、まあ大丈夫でしょう。全体的に、ちょっとバランス悪く見えるところが惜しい。


 続いて、千反田える4枚目!
 18禁イラストなので、ここでは掲載できません!
千反田える
 見せられるのはここまで。どうしても全身見たい人は、pixivへ。

千反田える
 本日投稿、千反田える5枚目。
 顔が千反田えるさんに見えない……。変なところに反省を残してしまった。

 千反田えるを描くのは、次で最後! ……という予定だったが、急遽変更。千反田えるが好きだから(京アニヒロインの中で一番好き)、もうあと何枚か描きたい。ということで、千反田えるイラストはもう少し増えます。

 pixivでの反応は……
pixivでの評価
 18禁千反田えるが圧倒的人気! 投稿してまた2日しか経過していないのだけど、早くもいいね100点越え。1枚目『千反田犬2』を軽く飛び越えてしまった。
 エロの力は凄かった。でも千反田エロを描くのはこれで最後よ。いい構図、思い付かないんで(思い付けば描くかも知れません)


ProjectMOE2 収録画

 続いて『ProjectMOE2』収録画の紹介です。
天子ミコ
天子ミコ
天子サキ
 今週も『ProjectMOE2』に収録されている作品から3枚掲載。
 pixivでの評価は……
pixivでの評価
 低いけど、今までよりかはだいぶいい。久し振りにオリジナルキャラクターでいいね30点以上を獲得。やっぱりミコちゃん、人気キャラだったんだ。肌色多めイラストより、体操着のほうが人気……というのは不思議な気がしたけれども。



まとめ

 ProjectMOE第2巻の発売が4月7日。そういえば、発売から1ヶ月が過ぎていた。売り上げはどうなっただろうか? ちょっと見てみよう。
プロジェクト萌AmazonKindle売り上げ
 4月22日以降1冊も売れず。
 BOOTHのほうでは5月8日に第1巻、第2巻が1冊ずつ売れている。

 ……かなりしんどい。
 AmazonKindleのほうでは、Kindle Unlimitedで少し読まれているので、それで小銭程度にプラスが入ってくるようだ。
 『ProjectMOE 2』のAmazonKindle版は600ページ。Kindle Unlimitedで読めば1ページに付き(初見時に)0、5円入ってくるはずだから、Kindle Unlimitedで全ページ読んだら300円私のところに入ってくるはず。『ProjectMOE 2』は600ページもあるのに700円というアホな価格設定をしているので、Kindle Unlimitedで全ページ読んでも私のところに入ってくるお金はさほど変わらない。
 この際だからKindle Unlimitedでもぜんぜん構わないと思っているのだが……グラフの読み方がよくわからない。「KOL」ってなんだろう? いやそこじゃなく、やっぱりぽつぽつとくらいしかない。数日おきに50ページくらいの閲覧があった……くらいしかない(要するに50ページほど読んで、断念している)。埋もれてしまっている。せめてKindle Unlimitedでがつがつ読まれてくれたら、私のところに入ってくるお金も増えるのだが。
 pixivをメインに、色んなところで作品の宣伝をしているのだけど、売り上げはまったく伸びず。もうこれ以上頑張っても無駄なんじゃないか……という気がしているのだが、とりあえず、続けていこう。惰性のような気もするが。


 今週は……いつ頃だったかな。作業が終わって、ぼんやりと自分が最近描いたイラストを閲覧していたのだけど……クソだな、と思った。何の面白味もない。時間を掛けて服の皺を一つ一つ丁寧に描いたつもりだったが、改めて見ると言うほどの実在感もない。
 いま描いている絵は自分にとっての最後の課題絵……というつもりで描いているのだけど、その一方で、「販促用」という意図を持たせている。しかし肝心の本はさっぱり売れず。絵もはっきり詰まらない。
 今も毎日イラスト制作を続け、2日に1枚新規イラストを発表、間の一日は純粋に告知用として『ProjectMOE2』に収録しているイラストを掲載している。キャラ絵を2日で1枚……楽勝、と思いきや意外にきつい。朝8時に描き始め、夜10時頃までかかることもある。終わる頃にはぐったり来ているし、翌日も疲れが残っている。それでも止めるわけにはいかないから、作業を続ける。
 そういうわけで、あまりにもしんどいから1日休みを取ることにした。休日を作り、こんなふうに「週のまとめ」を作ることにした。……ニートなのに休みってどういうことだよ、という感じだが。漫画制作時は2年間休日はなかった。収入もなかった。
 時々、消耗しすぎて「今日はもういいんじゃないか」「この課題絵、もう終わっていいんじゃないか」……そう思う瞬間がある。続けている意味がわからない。最近は千反田えるイラストがなかなかの高評価だが、9割くらい、千反田えるというキャラクターの知名度が叩き出した数字だ。私の成果ではない(千反田えるタグが付いてなければ、いいね10点で止まっていただろう)。しかも特に本の販促には繋がっていない。
 何やっているんだろう……。実際、こんな絵を描いている意味がない。ただ、自分の内面にある怨念を払いたいだけだ。終わらせるための儀式、通過儀礼のようなものだ。終わらせないと、“次”もない。

 ああ……私は“次”があると思っているんだ。笑えるね。もう終わってるのに。

 化けて出てきても、きっと誰も気付いてもらえないのだろう。それも笑える。影が薄すぎて、悪霊にもなれないんだ。そういう物語、面白いかも知れない。今度考えてみよう。
 作品発表やブログやツイッターがある日止まっても、誰にも気付かれない。完璧なステルス性能。

 そういうわけで、また来週。折れてなかったら、また書くよ。

banner(1)