ファームバンキングとは

ファームバンキングとは、金融機関のコンピュータと顧客のコンピュータや端末を通信回線で結び、入出金や残高照会、複数銀行への総合振込や給与振込、個人住民税納付、外国為替送金などの機能を提供する法人向けのサービスのことを言います。

ファームバンキングはインターネットが普及される前より取り入れられていました。しかし、インターネットの普及により、専用の端末を必要とするファームバンキングよりも、パソコンに専用のソフトを組み込んだり、webブラウザでそのままパソコン通信のような形態で利用できるインターネットバンキングのほうが、導入が容易であるため、最近では、インターネットバンキングへの乗換えが進んできているようです。

個人向けへのインターネットバンキングと同様、法人向けのインターネットバンキングも直接金融機関へで向かう機会が減ることにより事務効率が上がる、各手数料が窓口よりも安くすむなどといったメリットがあります。

インターネットバンキングでは、それまで電話回線と専用の端末を利用していたファームバンキングに比べ、セキュリティ面での不安もありました。しかし、インターネットバンキングにおいても、法人の場合は通常のセキュリティ管理に加えて、電子認証システムを取り入れるなど、より安心できるような対策がとられています。

ただ、この電子認証については、各銀行によって認証方法が異なる場合が多く、いくつもの銀行と取引を行う顧客側としては、費用や手間の面での負担が出てくるので、改善を要求するなどといったことも出てきているようです。