インターネットバンキングについて

FXの基本

FXで儲けることが、初心者でもできるでしょうか?
自動売買ソフトを利用することが、最近では普通になっていますから、利益を誰でも得ることができると考えている人が多いようです。

でも、FXの基本的な仕組みも知らずに、自動売買ソフトだけに頼るのはいかがなものでしょうか。
もちろん、自動売買ソフトはよくできており、それなりの成績を残すことができますが、万能ではありません。
プロのトレーダーと比較すると成績は悪くなるでしょう。

ただ、あなたの代わりに相場を監視することができますが、FXの基本事項はしっかりと理解しておくことが大切です。


香港上海銀行(HSBC)

HSBCとは「The Hongkong and Shanghai Banking orporation Limited」の略で、日本では香港上海銀行と呼ばれる香港最大の銀行の事をいいます。HSBCグループの本社はイギリスで、世界80各国以上に展開し、9500ヶ所以上の拠点を持つ総合金融グループで、自己資本率も高く、世界第2位の銀行です。

日本初の外資系銀行でもあり、現在東京都中央区日本橋、大阪府堺筋本町に支店があります。日本支店では、銀行ではありますが、一般の銀行業務は行っておらず、投資銀行業務などが中心となっています。法人向けのサービスが主流ですが、外国為替・両替やプライベートバンキングなど個人向けの商品も取り扱っているようです。

インターネットバンキングの普及により、この銀行が最近話題となってきています。以前は、香港上海銀行では法人向けのサービスが主流でしたので、個人としては各銀行のインターネットバンキングを利用し、HSBC外貨宅配サービスを利用するといった程度でした。

しかし、2006年8月よりHSBCが香港非住者向けの口座開設サポートをはじめましたので、今までは香港の銀行窓口でしか行えなかった口座開設が郵送でできるようになりました。口座を開設した後は、インターネットバンキングを利用することによって、口座の管理や香港株式への投資、投資信託、債券などといったサービスが利用できます。

日本では、個人向けのサービスをあまり行っていないので、一般的ではありませんでした。しかし、香港上海銀行は規模のとても大きな銀行で、しかも特定の国に依存していないため、破産の心配が非常に少ない銀行であります。更に、香港がアジア最大のオフショア(軽課税地域)ということもあり、外貨預金や国際投資によって利益を出しているような方には、既に人気となっている銀行のようです。



横浜銀行

横浜銀行では「はまぎんマイダイレクト」という名称で、インターネットバンキングサービスを提供しています。横浜銀行のインターネットバンキングの主なサービス内容は、残高や入出金明細の照会、振込・振替、定期預金、外貨預金、投資信託、税金・各種料金の払込みなどとなっています。

利用時間はシステムメンテナンス時間を除いて、基本的に無休で利用することができますが、投資信託サービスにおいては、1日2時間の休止時間があります。

振込手数料は現在、
同行同一支店あて  無料
同行の本支店あて
(振込額3万円未満)105円
(振込額3万円以上)210円
他行あて
(振込額3万円未満)210円
(振込額3万円以上)420円

となっており、窓口対応の振込みより、最大で525円お得になるそうです。また、「はまぎんマイポイント」というポイントサービスも行っており、取引内容に応じてポイントが加算され、ATM手数料やインターネットバンキングの際の手数料の優遇といった形で還元されます。

また、横浜銀行では法人向けのインターネットバンキングサービスも提供しており、照会サービス、資金移動サービス、総合振込、給与・賞与振込、口座振替請求、地方税納付などといった内容になっています。セキュリティについても、28bit SSLの暗号通信方式の採用や、ソフトウェアキーボードの使用、法人向けでしたら電子認証方式の導入などと安全に利用できる配慮がされています。

また、体験版も用意されていますので、今までインターネットバンキングを利用されたことのない方やパソコンが不慣れな方でも、安心して利用することができるのではないでしょうか。



りそな銀行

りそな銀行では、りそなダイレクトというインターネットバンキングを提供しています。サービス内容は、入出金、残高・明細の照会、振込み・振り替え、定期預金、外貨預金、投資信託、個人向け国債、Pay-easy(ペイジー)の支払い、 公共料金の支払いなどがあります。

りそな銀行のインターネットバンキングにおける特徴は、手数料の安さです。りそなダイレクトの利用料無料、振り込み手数料についても、同行・りそなグループの銀行あては無料、他行あても100円となっており、他の銀行とインターネットバンキングと比較しても、かなり割安です。

また、TIMO(ティモ)という、キャッシュカードとインターネットバンキングをベースとした普通預金口座もあり、こちらはATMの時間外手数料が無料となっております。既にりそな銀行の口座があれば、ネット上でTIMOに切り替えも可能となります。

セキュリティについても、カードロックサービス、生体認証ICキャッシュカードの導入、ATM利用限度額個別設定サービス、スパイウエア対策ツールの導入など様々な取り組みがされていますが更に、りそなダイレクト安心保険というサービスもあります。万が一、りそなダイレクトID、ログインパスワードなどが盗用され、他人に不正使用された場合に発生した損害を補償してくれる保険です。この保険はりそなダイレクトを契約することによって、自動に加入できますし、保険料等もかかりません。補償限度額は300万円となっていますので、万が一の場合の備えとしては、充分なのではないでしょうか。



みずほ銀行

みずほ銀行では、みずほダイレクトというサービスにより、一つの契約でインターネットバンキング、モバイルバンキング、テレホンバンキングが利用できます。
口座維持費は無料となっています。

インターネットバンキングのサービス内容は、残高照会、振込・振替、定期預金・積立定期預、外貨預金、投資信託、Pay-easy(ペイジー)税金・料金振込みサービス、公共料金口座振替、Yahoo!ウォレット口座振替、ネット振込み決済、各種ローン、宝くじサービスなどがあげられます。

振込手数料は現在、
同行同一支店あて  無料
同行の本支店あて
(振込額3万円未満)105円
(振込額3万円以上)210円
他行あて
(振込額3万円未満)210円
(振込額3万円以上)420円
となっております。

他行と同様、様々なサービスのあるみずほ銀行ですが、一番大きな違いは、ネット上で宝くじが買えるということではないでしょうか。ジャンボ宝くじをはじめとする、全国自治宝くじなどを1口10枚単位で1日100枚まで購入することができます。くじの確認は銀行で行ってくれ、当せん金は全て振り込みとなります。手元で確認したいという人ならともかく、忙しくてなかなか売り場にはいけないという人なら、便利かつ楽しめるサービスであると思います。

また、みずほダイレクト保険といって、第三者がお客さま番号・第1暗証番号・第2暗証番号・ログインパスワードを盗用して契約者になりすまし、みずほダイレクトを不正使用したことにより契約者が被る損害を対象とする保険にも自動加入できます。本人の重大な過失など、対象とならない場合もいくつかあるようですが、インターネットバンキング、モバイルバンキング、テレホンバンキングと合算で最大50万円までの保障となっているようです。



セブン銀行

セブン銀行はセブン&アイ・ホールディングスのグループのネットバンクです。振込、残高照会、お取引明細照会、定期預金取引、ネット決済など基本的なインターネットバンキングサービスを受けることができます。

入出金はセブンイレブンやイトーヨーカドーにあるATMを利用して行うことができます。手数料については、預入や残高照会については無料ですが、引出や振込の場合には、7:00〜19:00以外にATMを利用すると、105円の手数料がかかります。

インターネットバンキングの利点の一つである、振込手数料の安さについては、セブン銀行あてが52円、他行あてが210円と、充分に格安な料金に設定されています。しかし、セブン銀行の魅力はなんと言ってもATMの利用価値の高さではないでしょうか

セブン銀行のATMは全国に12,000台以上も設置されています。現在は一部未設置の地域もあるようですが、2007年夏以降に、そういった地域への設置も予定されています。ATMの設置場所については、セブン銀行のホームページにて地図を検索することもできますので、旅行などで始めていった場所でも探し出すことができます。

ATMの多くはセブンイレブンの店舗に設置されていますので、深夜から早朝まで年中無休で利用できます。提携先も非常に多いので、他の銀行のインターネットバンキングを利用して、セブン銀行のATMで入出金を行うという使い方をしている人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。



スルガ銀行

スルガ銀行は静岡県沼津市に本店を置く地方銀行です。スルガ銀行の特徴はインターネットバンキングに力を入れているということです。インターネット支店も数多くあり、様々な企業と提携することによって、いろいろな特色を出すことができます。提携企業はANA、ソネット、ドコモ、ソフマップ、ALSOKなど、業種も多様です。

インターネットバンキングの振込手数料については現在、
同行あて           無料
他行あて
(振込額1万円未満)     210円
(振込額1万円以上3万円未満)315円
(振込額3万円以上)     420円
となっています。

インターネットバンキングに力を入れている銀行ですので、一般的に必要とされるサービスはどこの支店でも同じですが、提携先の企業によって、その特色は異なります。例えばANA支店であれば、給与振込や引落し、外貨預金や定期預金、住宅ローンなどの銀行取引でマイレージが貯まっていきます。
 
ALSOK CLUBでは「みまもりサービス」といい、ALSOKホームセキュリティの侵入警報を受けた場合、預金口座を自動的にロックするサービスがあります。また、SE向けのサービスを提供するSEバンク支店といって、資格取得の際にローンを組んだり、転職の多いSEの住宅ローンをサポートするサービスもあります。

他にも、女性向けのサービスが充実しているソネット支店、ドコモポイントがたまるネットバンク支店など多岐にわたります。種類が実に多様なため、自分にあったインターネットバンキングサービスを受けることができるのがスルガ銀行の特徴といえます。



しんきん(信用金庫)

しんきんは信用金庫法によって設立された金融機関で、日本全国にあります。
特に都市部を除くと、金融機関が郵便局としんきんしかないという地域も多くありますので、そういった地域で非常になじみの深い金融機関ではないでしょうか。

信用金庫は銀行とは異なった組織ではありますが、業務内容には大きな違いがありません。預金業務、融資業務、為替業務、各種ローンや生命保険など、一般の銀行と同じような業務を行っています。インターネットバンキングについても同様で、他の銀行と変わらずにサービスを提供しているしんきんはたくさんあります。

ただし、各しんきんによって組織は異なりますので、インターネット業務におけるサービス内容や各手数料などは異なります。インターネットバンキングを行っているしんきんでは、残高照会、入出金照会、振込・振替など基本的なサービスは提供されているようです。中には、定期預金業務、税金や公共料金の払い込み、ポイントによる手数料や各サービスの優遇といったサービスを行っている信金もありますし、体験版を用意しているところもあります。

また、法人向けのインターネットバンキングサービスを提供しているしんきんもあります。各しんきんの取り組み方によって、サービス内容が様々になっております。各しんきんのホームページにはインターネットバンキングのサービス内容が詳しく説明されていますので、ご利用されているしんきんのホームページを参考にされるとよいと思います。



ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行は実店舗を持たないネットバンクです。三井住友銀行のグループ会社でもあるジャパンネット銀行は、ネットバンクの中でも大手となります。サービス内容は、普通預金、定期預金、外国為替保障取引、個人年金保険、各種ローン、公共料金の引き落としなど、実店舗型インターネットバンキングサービスと同様のものに加え、ネット決済、Yahoo!ネットバンキング決済連携サービスやJNB楽天SHOPPINGといったネットショッピングが手軽になるものなど実に多様です。

さらに口座を持つだけで、インターネット上から競艇・競輪・競馬の投票ができるようなサービスもあります。口座維持費は月189円ですが、預金が10万円以上、ローンを契約するなど、いくつかの条件のうちから一つでも満たせば、口座維持費は無料となります。

入出金については三井住友銀行、@BANK、イーネット、セブン銀行、郵便局で行うことができ、手数料は各条件によって異なります。振込みについては、ジャパンネット銀行あては一律52円、他の金融機関は3万円未満で168円、3万円以上で262円になります。振り込み予約は、最大32日後まで指定できます。

また、ジャパンネット銀行のキャッシュカードにて、三井住友銀行など提携先のATMから振込みを行うこともできますが、提携ATM引出手数料に加え、三井住友銀行所定の振込手数料が必要となります。セキュリティについては、三井住友銀行と同様、ワンタイムパスワードを導入していますので、より安心して利用することができます。

法人向けのサービスも行っており、法人の場合は法人名義、個人事業主には屋号付個人名義の普通預金口座を作ることができ、一括振込みや複数口座の開などのサービスが個人向けサービスにプラスされています。



イーバンク銀行

イーバンク銀行はジャパンネット銀行と並ぶ大手ネットバンクです。イーバンク銀行のサービスは、通常のインターネットバンキングサービスに加え、ネットショップでの決済にも強いといったネットバンクならではの得点もあります。また、競馬・競艇・競輪といった、公営競技やtotoなどの購入もできます。

イーバンク銀行のメリットはなんと言っても手数料の安さです。イーバンク銀行同士の取引ですと完全無料で、しかもリアルタイム送金となります。他行あての送金も、一律160円と他のインターネットバンキングと比較しても割安です。入出金はセブン銀行、郵便局で行うことができ、入金は無料となります。出金についても、セブン銀行なら無料。郵便局は条件によって異なります。

更に、イーバンク銀行の外貨預金は、為替手数料が10〜30銭とかなりお得になります。セキュリティに関しても、信頼がおけ、万が一の事態に備えて、最高1000万円まで、口座の不正使用による損害を補償する「セキュリティ保険」を無償で提供、キャッシュカード盗難による損害も最高300万円まで補償となっております。

ただ、キャッシュカードについては、申請しなければ作ることができません。また、作る場合もクレジットカード機能つきのカードでしたら無料ですが、キャッシュカード機能のみのカードですと1050円の手数料がかかります。しかし、なんといっても振り込み手数料が安いのがイーバンク銀行の魅力です。他の銀行のインターネットバンキングと組合すことによって、キャッシュカード無しでも充分にしかも手数料などは格安で利用できる内容となっています。



JAバンク

JAネットバンクはJAバンクのインターネットバンキングの名称です。JAネットバンクでは残高照会、入出金明細照会、振込・振替、税金・各種料金の払込み などが利用できます。

JAネットバンクは既にJAの口座を持っている場合にしか利用することができません。口座がない場合は、先にJA窓口にて口座を開設する必要があります。手数料などについては、各地域のJAによって変わってき、各地域のJAバンクのホームページにて調べることができます。

セキュリティについては、SSL128bitの高度な暗号化技術を採用していますし、本人確認も複数のパスワードを利用することによって、不正利用を防止しています。しかし、インターネットバンキングはメンテナンス時間などを除いて24時間利用できるところがほとんどですが、JAネットバンクでは、
平日: 00:40〜23:40
土曜: 00:40〜23:40
日曜: 06:30〜23:40
祝日: 00:40〜23:40
年末日: 00:40〜23:40
と利用時間が決められていますので、注意が必要となります。

一般的な銀行によるインターネットバンキングと比べると、サービスの種類が少なかったり、各地域のJAによって手数料が異なったりと見劣りしてしまう点があります。ただ、農業を営むなど、普段からJAバンクをメインバンクにしているような人でしたら、入出金明細をダウンロードし、資産管理ソフトに取り込むといったこともできるようですので、利用する価値はあるのではないでしょうか。



三菱東京UFJ銀行(旧東京三菱銀行)

三菱東京UFJ銀行では、三菱東京UFJダイレクトという名でインターネットバンキングを行っています。口座維持費は無料です。
2006年に合併してできた銀行で、旧東京三菱銀行、旧UFJ銀行のどちらを利用しているかによって、インターネットバンキングを利用する際のサービス内容や手続き内容、ログイン方法が異なりますので注意が必要です。

旧東京三菱銀行の場合、旧東京三菱ダイレクトを契約していたか、または契約者番号が8桁の人が対象となります。

サービス内容は、預金残高照会、取引明細照会、振り込み・振り替え、定期預金取引、各種料金払い込み、外貨預金の取引、投資信託の取引、各種ローンの受付、eペイメント、Edyチャージなどが行えます。

振込手数料は現在、
同行同一支店あて  無料
同行の本支店あて
(振込額3万円未満)無料
(振込額3万円以上)無料
他行あて
(振込額3万円未満)210円
(振込額3万円以上)315円
となっています。
また、事前にご登録しておいた同行本支店のご家族名義の口座(本人名義の口座も含む)あての振込みも無料となります。

eペイメントサービスは、インターネット上でオンラインショッピングの代金決済ができるサービスです。代金支払方法として「三菱東京UFJダイレクト eペイメント」がある場合ですと、通常のインターネットバンキングと同じ方法でログインすることによって、簡単に、しかも振り込み手数料が無料で支払うことができます。多数の提携先があるので、ネットショッピングを良く利用するという方ですと、手数料もかからずに、手軽の決済できるので良いのではないでしょうか。

三菱東京UFJ銀行(旧UFJ銀行)

三菱東京UFJ銀行では、三菱東京UFJダイレクトという名でインターネットバンキングを行っています。口座維持費は無料です。

2006年に合併してできた銀行で、旧東京三菱銀行、旧UFJ銀行のどちらを利用しているかによって、インターネットバンキングを利用する際のサービス内容や手続き内容、ログイン方法が異なりますので注意が必要です。

旧UFJ銀行の場合、旧UFJダイレクトを契約していたか、または契約者番号が10桁の人が対象となります。サービス内容は、各種照会、振り込み・振り替え、定期預金取引、外貨預金取引、投資信託、インターネット証券仲介、決済サービス、各種ローン、公共料金の自動支払いなどが行えます。

振込手数料は現在、
同行同一支店あて  無料
同行の本支店あて
(振込額3万円未満)無料
(振込額3万円以上)無料
他行あて
(振込額3万円未満)210円
(振込額3万円以上)315円
となっています。
また、事前にご登録しておいた同行本支店のご家族名義の口座(本人名義の口座も含む)あての振込みも無料となります。

旧UFJ銀行ではオールワンというサービスがあります。
ATM時間外手数料の優遇、当行あて振込手数料の優遇、他行ATM利用手数料の優遇、ローン金利の優遇などが受けられます。
月315円の手数料がかかりますが、残高が10万円以上、各種カードの引き落とし、カードローンの借り入れ、住宅ローンの借り入れなど、いずれかの条件により、この手数料は無料となります。
同じ条件で、インターネットバンキングに特化した、オールワンeもありますので、ネットにて口座を開きたいという場合でしたら、参考にしてみるのも良いと思います。


三井住友銀行

三井住友銀行では「One'sダイレクトサービス」という名前でインターネットバンキングを口座手数料無料にて提供しています。
三井住友銀行の主なサービス内容は、残高や入出金明細の照会、振込み、定期預金や積積立の利用、外貨預金、投資信託、個人向け国債、証券総合口座開設など、実に多様です。
One'sダイレクトでは、実店舗やATMを利用するより、振込みの際の手数料が割安になります。

振込手数料は現在、
同行同一支店あて  無料
同行の本支店あて
(振込額3万円未満)105円
(振込額3万円以上)210円
他行あて
(振込額3万円未満)105円
(振込額3万円以上)420円
となっています。
また、10営業日先までの振込み予約機能もあります。

セキュリティについては、ワンタイムパスワードの導入、ATMオートロックサービス、メールによる取引の報告、10桁の契約者番号によるお客さまの特定、3つの暗証番号による厳重な本人認証システム、128bit SSLの暗号通信方式、インターネット専用の暗証番号の設定など様々な形で取り組まれています。

ワンタイムパスワードとは、パスワード生成機と呼ばれる小型の装置によって、1分後とに更新されるパスワードを銀行取引ご利用時に入力し、本人確認を行うサービスです。一度使ったパスワードは無効なので、万が一パスワードを盗まれても、不正な取引を行うことは非常に困難になります。

ATMサービスは、普段キャッシュカードを利用しない時は、ATMなどでの出金を完全に防御し、キャッシュカードの利用回数を指定することによって、必要な時に必要な回数だけ出金できるサービスです。

三井住友銀行のインターネットバンキングのホームページは、体験版サイトに加え、便利な使い方ガイドなどを用意しているので、インターネットバンキング未経験の人かなり参考になるのではないでしょうか。

住友信託銀行

住友信託銀行は住友グループの信託銀行です。信託銀行は一般の銀行業務に加え、信託業務を取り扱う金融機関ですから、住友信託銀行のインターネットバンキングである住友信託ダイレクトでも、資産運用をメインとしたインターネットバンキングとなります。

口座維持手数料は無料、振り込み手数料は現在、
同行あて      無料
他行・郵貯あて
(振込額3万円未満)210円
(振込額3万円以上)420円
インターネット取引がメインとなる無通帳口座においては、
同行・他行あて   月5回まで無料
郵貯あて
(振込額3万円未満)210円
(振込額3万円以上)420円
6回目以降の振込が郵貯と同額となっており、格安な設定となっています。

住友信託銀行のインターネットバンキングの最大の売りは、「外貨革命」というが以下定期預金です。5種類の外国通貨と1ヶ月〜5年まで7種類の預け入れ期間から運用スタンスに合った組み合わせを選べる外貨定期預金となっています。為替手数料も安く、金利も高めなので、資産運用の原則にかなった外貨預金となっています。

セキュリティについても128bitSSL暗号化プロトコルを使用し、本人確認は7桁の会員番号、パスワードや暗証番号、10桁確認番号を組み合わせて何重にも確認をとる方法となっています。

また、信託取引を希望する年代は、インターネットバンキングを普段から活用する年代より、若干高めであるかとも思います。その辺りについても、専門のオペレータを用意し、電話でインターネットバンキングサービスのサポートも行っているようです。

更に、信託銀行だけあって、各資産に対する相談も24時間受け付けていますので、自分にあった運用方法が見つかるのではないでしょうか。

東京都民銀行

東京都民銀行のインターネットバンキングでは残高や入出金明細の照会、振込・振替、定期預金、Pay−easy(ペイジー)払い込みサービスなどが利用できます。

振込手数料は現在、
同行同一支店あて  無料
同行の本支店あて
(振込額3万円未満)105円
(振込額3万円以上)210円
他行あて
(振込額3万円未満)315円
(振込額3万円以上)525円
となっており、店頭での受付よりも最大で210円お得になります。

東京都民銀行ではwebブラウザを利用していますので、特に専用のソフトをインストールするといった手間がありません。

また、体験版も用意されていますので、はじめてインターネットバンキングを利用される場合でも、安心して利用することができるのではないでしょうか。

セキュリティについては、SSL128bit暗号化方式の採用や、ログインIDとパスワードによるセキュリティ保護を行っています。

法人についても、利用時間は限られてはいますが、インターネットバンキングを利用することができ、残高や利用明細の照会、振込・振替、Pay−easy(ペイジー)払い込みサービス、総合振込、給与・賞与振込、地方税納付などのサービスがあります。

インターネットバンキングのサービスはごく一般的なもののみの取り扱いとなっていますが、「東京都民銀行セレクトショップ」といって、楽天株式会社が運営する楽天市場と提携したショッピングサイトの運営を行っていたり、東京ヤクルトスワローズ順位連動型定期預金があるなど、個性的なサービスも行っているようです。

新生銀行

新生銀行インターネットバンキングの最大の特徴は、振込手数料が月3回まで無料になるということです
インターネットバンキングで最も使われる機能が振込ではないでしょうか。その為、どこの銀行もインターネットバンキングによる振込は基本的に実店舗よりも安く設定しています。しかし、なかなか他行あてに対しても無料となることはありません。たとえ月3回と限られた回数であれ、無料となるのは強みです。振り込み金額についても関係ありませんので、多額の振込みの際にはかなりお得になるのではないでしょうか。ただし、3回を超えた分については、他行への振込みのみ1回につき300円の振込手数料が発生し、他の銀行より高めの手数料となりますので、注意が必要です。

また、ATMによる引き出しも、新生銀行ATM、セブン銀行にて終日無料で引き出すことができ、郵便局や提携先の金融機関のATMを利用しても手数料がキャッシュバックされるので、実質無料となります。
実店舗のある銀行であるにもかかわらず、ネットバンクと同等の手数料サービスを新生銀行では行っています。

また、金融商品を多く取り扱っているのも新生銀行の特徴です。円預金に加え8通貨に及ぶ外貨預金は定期積立にも対応しています。他にも、投資信託取引や証券仲介による自行サイトからの株式取引、変額個人年金保険など他行にない多彩な商品が扱われています。

また、新生銀行は住宅ローンにおいても、保証料や繰り上げ手数料が無料、金利が長期でも固定と言った、他の銀行に比べ、お得なサービスが提供されています。

八十二銀行

八十二銀行のインターネットバンキングでは、残高・入出金明細の照会、振込・振替サービス、Pay−easy(ペイジー)払い込みサービス、定期預金・財形預、外貨預金、投資信託、各種ローンなどが利用できます。
八十二銀行ではインターネットバンキングを利用すると、振込手数料が安くなったり、定期預金や投資信託、外貨預金などでも店頭扱いより優遇されるといったサービスが受けられます。

振込手数料は現在、
同行あて  無料
他行あて
(振込額3万円未満)210円
(振込額3万円以上)420円
となっていますが、メリットクラブというサービスシステムによっては、他行あての振り込み手数料も更に安くなる場合があります。

このメリットクラブは、毎月、月末時点の八十二銀行での取引の応じて、手数料や金利の優遇など、ポイントに応じたサービスを、翌々月の1ヶ月間受けることができます。加算されるポイントは各サービスによって異なります。
また、たまったポイントによって受けられるサービスもATMの手数料が無料となったり、定期の金利優遇されたりと内容が違ってきますので、確認してみると良いと思います。

セキュリティについては、128bit SSL暗号化方式を採用、複数のパスワード、ソフトウェアキーボードの導入など対策が充分にとられています。
法人向けのインターネットバンキングサービスも行っています。サービス内容は、各種照会や振込、一括伝送など一般的なサービスが受けられます。
また、口座数の違いなどに応じて口座維持手数料が2段階ありますので、会社の規模などに応じて選ぶことができます。


郵便貯金

郵貯でもインターネットバンキングが利用できます。

主なサービス内容は、電信振替(口座間振替)、税金・各種料金の振込み、残高照会、受入照会、取扱内容照会、Pay−easyサービスの支払い、web連動振替決済サービスなどです。
電信振替(口座間振替)では、郵便貯金口座ぱるるか郵便振替口座へ送金が出来ます。
ぱるるの場合ですと、送金内容を受取人へ郵便で通知し、通知手数料が100円かかります。郵便振替口座への送金は、受入明細送付の選択や、通信文の有無にかかわらず、受取人へ送金内容を通知します。この場合は通知手数料無料です。

また、居宅送金といって、ぱるる口座または郵便振替口座から、受取人の自宅へ現金を送るサービスも行っているようです。

インターネットバンキングの大きな利点の一つに、振り込み手数料の安さがあると思います。しかし、郵貯インターネットホームサービスでは他の銀行等への振込みができないため、インターネットバンキングとして、サービス内容が充実しているとはいいにくい点があります。

しかし、郵貯のATMはATMの稼動時間内であれば、時間外手数料がかからない、他の銀行と多く提携してるなどの利点があります。また、都市部以外では主となる金融機関が郵便局となってしまうところもあります。手間はかかりますが、他のインターネットバンキングを利用することによって、割安でお金を引き出すこともできますので、目的に合わせて利用すると良いと思います。

労働金庫

労働金庫は労働金庫法に基づいた、営利を目的としない金融機関でありますが、業務内容は他の金融機関と変わりません。全国に13の組織がありますが、インターネットバンキングのサービス内容については、どの組織であってもほぼ同じもののようです。主なサービス内容は、残高・入出金照会、振込・振替、公共料金の自動引き落とし手続き、Pay-easy(ペイジー)の払い込みなどです
利用時間は基本的に24時間受け付けておりますが、Pay-easyなど、一部利用時間が限られているサービスもありますので、お急ぎの場合などは注意してください。

振込み等の手数料については各労働金庫で異なります。インターネットバンキングを利用する上での手数料を必要とする労働金庫もありますし、無料のところもあります。振り込み手数料についても、各労働金庫によって違いがありますので、ご自分の口座のある労働金庫ごとに確認をする必要があります。

しかし、このインターネットバンキングサービスは労働金庫に既に口座を持っている場合にしか利用することができません。また、オンラインのみでの申し込みもできないので、新しく口座を開いてインターネットバンキングを利用したいという人のためよりも、既に労働金庫に口座を持っている人のためのサービスといえるようです。

セキュリティについては、128 bit SSL方式を採用、ソフトウェアキーボードの導入、複数のパスワードを使用するなど、充分なセキュリティ対策がとられているようです。

ネットバンキングの危険性

インターネットバンキングといえばセキュリティ面で危険がないのか、気になる人も多いと思います。
最近のインターネットバンキングは、このセキュリティの面で力を入れているところがほとんどだと思われます。人様のお金を預かる銀行ですから、当然といえばそれまでですが、ファイヤーウォールを導入したり、SSL128bit暗号化通信を採用したりと、通信面での強化はもちろん、口座番号とログインIDを別にしたり、暗証番号を2重、3重としたり、ワンタイムパスワードを採用したりと、利用者側からもわかりやすい対策がたくさんとられています。

しかし、危険がたくさん潜んでいるのも事実です。スパイウェアといって、ネットやメールを介して、知らないうちにパソコンに進入し、パソコンの情報や個人データを盗み出してしまうプログラム。フィッシングといって、企業や金融機関などからの発信を装ったメールを送り、本物のサイトに酷似した偽サイトに誘導してIDやパスワードを入力させて騙し取る詐欺方法などが有名ですが、他にも様々な手口が使われているようです。

また、どこからでもインターネットさえつながれば利用できるというのが、インターネットバンキングの強みですが、ネットカフェなどでの利用はかなりの危険を伴います。ネットカフェでは不特定多数の人が利用できますので、いつ、スパイウエアが仕組まれたり、ウイルスに感染したりしているか、わかりません。

インターネット上で取引するという特性上、どうしてもネットバンキングのセキュリティは、ネット犯罪者とのイタチごっこになってしまいます。普段からあやしいファイルはクリックしないなど、スパイウエアに侵入されないよう、充分に注意を払いましょう。


ネットバンキングのメリット

インターネットバンキングのメリットは様々あります。

1つは手間や労力が省けることです。インターネットバンキングを利用しない場合は、必ず銀行やATMに足を運ばなければなりません。特に給料日が集中する25日ごろの銀行やATMの混雑ぶりは、想像するだけでうんざりする人も多いのではないでしょか。他の口座への送金、引き落とされた金額の照会、ローンの返済など、インターネットバンキングであれば、時間のあるときにいつでも、待つことなく行えます。

また、振り込む際の手数料もインターネットバンキングのほうが安くすみます。
各銀行の手数料の欄を見てもらえれば、一目でわかりますが、同行でも他行でも窓口に出向いて振り込む場合に比べると、半額近い金額になっていることがほとんどです。

さらに、預金金利についてもメリットがあります。
実は、実店舗のある銀行でもネットバンキングのほうが、利率が良い場合が多いです。更に、実店舗を持たないネットバンクですと、店舗の維持費や人件費などの経費が、実店舗のある銀行に比べると安くすむので、その分金利に上乗せできます。

昔のような高金利の商品はさすがにありませんが、少しでも利率の良いものを利用したいというのであれば、ネットバンクも含め、いろいろと比較してみると良いでしょう。

インターネットバンキングのメリットは様々ありますが、セキュリティ面での不安がないとも言い切れません。自分の資産ですので、自分で調べ、納得のいく銀行を利用していきたいものです。

自分でできるセキュリティ管理

インターネットバンキングはインターネットを利用しますので、店舗のみの取引より、セキュリティの問題などが気になります。

だからこそ、最近のインターネットバンキングでは、このセキュリティの面で力を入れているところがほとんどだと思われます。ファイヤーウォールを導入したり、SSL128bit暗号化通信を採用したりと、通信面での強化はもちろん、口座番号とログインIDを別にしたり、暗証番号を2重、3重としたり、ワンタイムパスワードを採用したりと、利用者側からもわかりやすい対策がたくさんとられています。

ネットの通信面への対策は、銀行側に任せるしかありませんし、セキュリティの穴などにより損失が起きた場合は、銀行側で保証するよう、口座開設時に自動で保険に加入してる場合も多くあります。

ですので、ネットバンキングで危険から身を守るために最も必要なのは自分自身の管理となります。

自分の口座を守るために一番重要なことはまず、IDやパスワードの管理を厳重に行うということです。特にパスワードについては、誕生日や電話番号など第三者に予想されやすいものは使わない、メモなどに残さない、定期的に変更するという基本的なことが大切になります。

また、インターネットバンキングは、ネットを介しますので、自身のパソコンのセキュリティも重要になります。いくら、銀行側が気をつけていたといっても、自分が普段使っているPCのウイルス対策ソフトがPC購入時のままだったなどといっては、無意味になってしまいます。ウイルス対策ソフトは常に更新するようにしておきましょう。

他にも、フィッシング詐欺などから身を守るために、怪しいメールは絶対に開かない、リンクがはってあっても安易に飛ばない、SSLが使用されていないページでは、個人情報を入力しない、ソフトのダウンロードやインストール時は内容をよく確認するなど、ウイルス等への対策を充分に練るようにしてください。

一つ一つはそれほど大変なことではありません。ちょっとしたことで安心してインターネットバンキングを利用できるようになるのですから、普段から心がけておきたいものです。


ファームバンキングとは

ファームバンキングとは、金融機関のコンピュータと顧客のコンピュータや端末を通信回線で結び、入出金や残高照会、複数銀行への総合振込や給与振込、個人住民税納付、外国為替送金などの機能を提供する法人向けのサービスのことを言います。

ファームバンキングはインターネットが普及される前より取り入れられていました。しかし、インターネットの普及により、専用の端末を必要とするファームバンキングよりも、パソコンに専用のソフトを組み込んだり、webブラウザでそのままパソコン通信のような形態で利用できるインターネットバンキングのほうが、導入が容易であるため、最近では、インターネットバンキングへの乗換えが進んできているようです。

個人向けへのインターネットバンキングと同様、法人向けのインターネットバンキングも直接金融機関へで向かう機会が減ることにより事務効率が上がる、各手数料が窓口よりも安くすむなどといったメリットがあります。

インターネットバンキングでは、それまで電話回線と専用の端末を利用していたファームバンキングに比べ、セキュリティ面での不安もありました。しかし、インターネットバンキングにおいても、法人の場合は通常のセキュリティ管理に加えて、電子認証システムを取り入れるなど、より安心できるような対策がとられています。

ただ、この電子認証については、各銀行によって認証方法が異なる場合が多く、いくつもの銀行と取引を行う顧客側としては、費用や手間の面での負担が出てくるので、改善を要求するなどといったことも出てきているようです。

メインバンクの選び方

メインバンクとは、給料の振込みや公共料金の引き落とし、クレジットカードの決済など、日々お財布代わりとして、お金の出し入れが多い口座のある銀行のことを言います。

このメインバンクの選び方のポイントは手数料と便利さです。

普段銀行で口座を作るときに気になる金利については、メインバンクではあまり気にしなくても良いと思います。定期預金など、多額の預金を一定期間預けるというのであれば金利が一番重要となります。しかし、出し入れの多いメインバンクにおいては、わずかな金利差があったとしても、低金利の現状では、振り込み手数料やATMの手数料が高ければ、あっという間に優位さが逆転してしまうからです。

また、現在はインターネットバンキングが広まっていますので、以前に比べ銀行の窓口に行く必要性は低くなりました。その為、インターネットバンキングを利用できるのでしたら、より安く、より多くのATMが使え、公共料金などの引き落としができる銀行であれば、たとえ近所になくてもメインバンクとして適当であるということとなります。

こういった銀行の情報については、個々の銀行のサイトを見ても良いですが、ランキングサイトや比較サイトなどを利用すると、他行との違いがわかりやすいかと思います。

インターネットバンキングがこれだけ広まってきていますので、ネット上にも銀行に関する情報があふれています。ランキングサイトや比較サイトでは、各銀行の利点などについてまとめられているものも多く、また、利用者の意見も知ることができます。ただ、ランキングサイトなどについては、情報が古いということもありますので、参考程度にし、詳しい内容について、更に調べる必要はあります。

利用する機会の多いメインバンクだからこそ、きちんと調べ、より良い銀行を選びたいものです。


銀行手数料をより安く

銀行を利用する際には何かと手数料がかかるものです。振込・振替はもちろん、預けたお金を引き出す際にも営業時間外であれば、手数料が必要となる場合が多くあります。この手数料を少しでも安く済ませる方法が、インターネットバンキングです。

インターネットバンキングでは、実店舗やATMに出向いて振込みなどを行うよりも、インターネット上で振込操作を行ったほうが手数料が安く済むどころか、場合によっては無料となる銀行もあります。

また、ATMでお金を引き出すということに関しても、インターネットバンキングに登録しているというだけで、時間外の取引が無料となったり、自行以外の提携先のATMが安く済んだり無料になるなどといったこともあります。

最近では、インターネットバンキングサービスを提供している銀行がほとんどですので、普段利用している銀行についても調べて見てはいかがでしょうか。

また、これから口座を新たに開設しようとする場合でしたら、是非、いろいろと比較してみることをおススメします。

インターネットバンキングの普及により、近所にその銀行の店舗がなくても、口座つくり、サービスを受けられる場合が多くなっています。ネット専業銀行以外でも、インターネット上で口座を作ることができる銀行が増えていますので、より手数料が安く、金利が高いといった銀行を、誰でも利用することができるようになりました。

せっかくこういったサービスが提供されているのですから、利用しないでいるのはもったいないですからね。


法人向けネットバンキング

パソコンを使って、残高・出入金照会、口座振込、振替などが手軽にできるインターネットバンキングは今まで個人向けがほとんどでしたが、最近ではSOHOや個人事業主、また一般企業向けになど、法人向けのサービスも各種提供されてきています。

法人向けのインターネットバンキングは個人向けのサービスに加え、総合振込などのデータ転送、複数の口座を一括管理、外国為替取引、給料の振込・管理など業務が合理化できたり、経営・営業面へのサポートをする、資金を調達するなど、企業向けのサービスが増えます。

しかし、インターネットバンキングサービスが増えている一方で、フィッシングやスパイウェアといった不正ソフトも増えています。法人向けのサービスに対しても、IDやパスワードを取得し、不正利用する方法ばかりでなく、顧客を装ってスパイウェアソフトを送るなど、手口が巧妙化しているそうです。

その為、法人へのサービスにおいては、個人向けのセキュリティ管理方法に加え、電子証明書を用いた本人承認方法などが用いられるようになってきています。
電子証明書を用いる方法は、万が一、IDやパスワードが漏洩しても、電子証明書が格納されたパソコンを使用しない限りサービスが利用できません。パソコンさえあれば、どこからでも利用できるというのがインターネットバンキングの利点でもありますが、よりセキュリティ面での強化を望むのであれば、こういったサービスを導入している銀行を選ぶのも良いでしょう。

個人事業主であっても、個人に比べ、法人格となるとどうしても扱う金額が多大なものとなります。多少の維持費等はかかるようですが、より安心してインターネットバンキングを利用するために、法人向けのサービスを利用するのも良いかと思います。

インターネットバンキングの体験版を利用

個人でも、法人でも、インターネットバンキングをはじめて導入しようとした場合、セキュリティや操作方法など、不安に思うことがいくつもあると思います。

セキュリティについては、自分でパスワードの管理などをしっかりしていれば、銀行側で保証してくれるところも増えていますので、そういった銀行であれば安心できます。

しかし、操作方法については、自分でどうにかしなければならない問題ですので、パソコンに不慣れな人でしたら、特に気になるところだと思います。

最近ではこの操作方法について、体験版という形で一度ためさせてくれる銀行が増えています。

インターネットバンキングにおいて、通常良く使うであろう、残高照会や振込、パスワードの変更といった項目だけでなく、定期預金や、外貨預金など資産運用取引に関しても、申し込み方法を試すことができるところもあります。扱う金額の大きい資産運用取引などは、一度練習してから実際に注文するなどとすると、安心して使うことができるのではないでしょうか。

操作が個人向けに比べ、より複雑になりそうな法人向けのインターネットバンキングも、体験版を用意してくれている銀行がありますので、何人かで試してみてから、導入を検討するといったことができると思います。

個人、法人かかわらず、インターネットバンキングを利用すると手間や手数料といった面でメリットが出てきます。導入が不安な場合は、体験版などのサービスを利用することによって、使いこなせるかも判断できると思いますので、一度試してみると良いと思います。

ネットバンキングの種類

インターネットバンキングサービスは様々な銀行により提供されていますが、大きく分けて3つに分類することができます。

一つ目は実店舗のある銀行のインターネットサービスです。
メガバンクや地方銀行、郵便局などかなりの数の銀行や金融機関がインターネットバンキングサービスを提供しています。実店舗型の銀行のメリットは、実店舗の口座を持っている人が、オプションとしてインターネットバンキングを利用することができるので、口座を新しく開設するといった手間が省けます。
既にメインバンクとして利用している銀行であっても、インターネットバンキングを利用するだけで手数料が安くなったり、振込みが楽になるなど、利点が多くなります。

二つ目は実店舗を持つ銀行のインターネット支店です。
これはあまり普及している方法ではありませんが、同じ銀行内であっても、インターネット支店のほうが金利が良いといった場合が多いようです。みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、みなと銀行、スルガ銀行などで取り入れられています。

最後にインターネット専業銀行です。
実店舗を持たないので、手数料や金利が実店舗型の銀行よりも優遇される場合が多いです。しかし、反面、店舗がないので入出金は提携した銀行やコンビニのATMを利用しなければならず、手数料がかかってしまう場合もあります。

どのインターネットバンキングサービスも一長一短ではあります。実際に利用する際には各特色にあわせ、目的に合わせて口座を変えるといった、柔軟性を持つと良いのかもしれません。


ネットバンクと実店舗型銀行の違い

ネットバンクと実店舗型の銀行。

インターネットバンキングを利用しようとする際、どちらがお得になるのか、やはり比較してしまいますよね。

ネットバンクの利点はインターネットバンキングが専門であるため、実店舗が必要なく、経費が抑えられるので、その分金利や手数料という形で顧客に還元できるということです。

実店舗型の銀行でインターネットバンキングを利用する際の利点は、既に口座を持っている銀行での利用がほとんどでしょうから、新たに口座を開く必要もなく、残高によって会員優遇サービスなども受けることができます。

一般的に銀行を利用する際、一番気になるのが手数料だと思います。せっかくお金を預けているのに、振り込んだり、引き出したりと、お金を移動するだけで手数料を取られるというのは仕方ないとはいえ、できるだけ減らしたいものです。以前は手数料を比較しても、ネットバンクと実店舗型の銀行に大きな差がありました。しかし、インターネットバンキングの利用者が増えた今、その差はあまりありません。実店舗型の銀行でも、振込手数料やATM利用手数料の無料化という流れが出てきています。

金利についても同様で、以前は普通預金の金利が、ネットバンクと実店舗型の銀行では何十倍という差がついていました。しかし、2006年ごろから大手銀行を中心に金利が上昇し始め、現在ではそれほど大きな差はなくなりました。

このように金利や手数料といった点を比較すると大差がなくなってきたからこそ、ネット銀行だとか、実店舗だとかにこだわる必要、なくなり、自分のライフスタイルにあった銀行を選ぶことができるようになったのではないでしょうか。


インターネットバンキングとは

インターネットを経由し、銀行などの金融機関のサービスを利用することをインターネットバンキング、もしくはオンラインバンキングといいます。
言葉が似ているので、インターネットバンキングとネットバンクは混同されがちですが、インターネットバンキングはネット上で各種取引ができる銀行サービスのことでネットバンクは実店舗をもたずに、全てインターネット上で取引を行う銀行のことです
また、最近では携帯電話のインターネット接続機能を使ってネットバンキングが利用できるモバイルバンキングサービスもひろまりつつあるようです。各銀行によって、インターネットバンキングのサービス内容は様々ですが、基本として、預金の残高照会、入出金照会、口座振込み、振り替えなど、ATMで対応しているサービスが利用できます。

インターネットバンキングの利用はWebブラウザを使うものと、専用のソフトウェアを使うものの2種類があります。 専用のソフトを使った方がセキュリティを高めやすく、操作性も向上させることができます。 しかし、ソフトウェアを新たに導入するのを負担に感じてしまうことが多いため、現在はWebブラウザを使って利用できるサービスが主流になりつつあるようです。

インターネットバンキングの利点は、窓口やATMに対し、在宅で利用ができる、土日祝日や深夜早朝などでも利用できる、実店舗利用に比べ手数料が割安である、などがあります。 サービスも多様化しており、この他の利点も多くあるインターネットバンキングですが、フィッシング詐欺など、万が一金融犯罪にあってしまった場合の保証が、各銀行によってばらつきがあるようです。 預金者保護の観点から、金融庁もこの件に関して検討しているとのことですが、口座を開設する際には、きちんとチェックしておいたほうがよさそうです。