クルマについて

アルファードは人気でかっこいい

 トヨタの最高級のミニバンアルファードは人気でかっこいいです。


トヨタアルファードは、装備、サンルーフ、エアロ付きなど、豊富なバリエーションとなっております。

アルファードは2003/7に初代モデルがデビューし、その後上級ミニバン市場での首位の座をエルグランドから奪取しました。

トヨタ自動車の車の品質はとても高いと評判ですね。


例えばアメリカにおいてアメリカ生産の自動車が売れなくなる位、トヨタ自動車が売れてしまったと言う現象も起こった程だそうです。これは凄い事です。

 アルファードはトヨタ自動車でも人気が有る車種ですので、中古車市場には多くのアルファードが流通しています。
人気車種である為かなかなか値段が下がらない、と言う現状もあるようです。



この先、車の買い替えを予定しており、次の車も気に入っている新しいアルファードにしたく、アルファードの買取査定で価格相場を把握、確認をしておくことにしています。
中古車を選ぶには、グレードが良いタイプのアルファードを購入することにしたいですね。
新車では手が届かなかったタイプが、中古車であれば手が出せるかもしれないですものね。




中古車選びに気をつけること

車を購入しようとするなかで、中古車にする人も結構多いです。

我が家でも、今度セカンドカーの買い替えをする時期が近づいており、H20年式ムーヴの買取査定をして、つぎの購入もやはり中古車にすることを予定しています。

中古車の問題点は、車の外見だけではわからないことで、気をつけることは、信頼できる中古車販売店が必要だからです。
新車であれば、性能をメーカー保証してくれます。

中古車は経歴がわからず、事故車のケースもあります。
車体のキズやタイヤの状態なら、見ればわかりますが、エンジンの調子などは短時間乗っただけではわかりません。
購入後では、しまったと思っても後の祭りです。

ポイントは中古車販売店で、ユーザーのことを考えているならば、できるだけいいものを提供してくれるはずです。
また、問題がある車なら、正直にそのことを説明してくれるはずなのです。

中古車選びに気をつけることは、信頼できる販売店を、しっかり選ぶようにしようと思っています。

カーナビのおすすめ

現在、日本の自動車保有率はやや減少傾向にあるものの、それでも2人に1人は車を持っている計算になります。

つまり、ほとんどの家庭に最低一台、あるいは多くの家庭で複数の自動車を保持しているという事になるのです。
車社会と言われて久しい日本ですが、その傾向が衰えることは、おそらく今後ないでしょう。


特に田舎に関してはあまり電車などの公共の乗り物がないこともあり、自動車保有率は非常に高くなってきています。
そんな中、カーナビに関しては近年保有率は確実にが伸びました。



カーナビは、単に地図を表示するだけのものではありません。
様々な場所に関しての情報が表示されるので、ドライブの際にどこに行くかという事を決める指標にもできます。
その為、ドライブが趣味の人はカーナビの取り付けが必須でしょう。 



今後伸びていく余地は、まだあるそうです。


そこで友人なんですがティーダに乗っており、カーナビだけの買い替えはもったいないし、少し乗り換えは早いものの、車の買い替えをしようと考え、 早速、ティーダの査定相場を把握したいと言っていました。

軽中古車ワゴンRの品質チェックポイント

知人が軽自動車、ワゴンRに乗っているんですが、次回はスポーティセダン レガシィb4の中古車にするつもりでいると言っています。

まずは、H20年式ワゴンRの買取査定に出していきますが、そこで、中古車購入時の、品質チェックポイントを次のように教えてもらってきたそうですので、その内容をお話しします。

・外装
購入前には慎重にチェックが大切で、特に、塗装のムラやガラスの小さな傷、タイヤの状態などを確認する。

・内装
灰皿の中、天井のシミ、シートの穴や汚れなど。

・装備・機能
オーディオ、スペアタイヤ、工具、ジャッキなどの装備の確認。
エアコン、パワーウィンド、オーディオ、ライト類、ワイパーなどは、了承を得てから、実際に作動させてみる。

・試乗
不具合や気になる点が少しでもあったら、購入を考え直したほうが良い。
専門的知識がない限り、試乗をしないで購入するのは、大きなリスクがありますね。



中古車情報と軽自動車

全国の軽自動車販売店の情報には、Goonetがあります。
中古車情報は、10万台以上あります。

インターネットで自分が希望する中古車の情報を集めることができ、車種を絞り込んだり、価格帯で表示させたりすることができます。

中古車を探しているなら、Goonetなどポータルサイトが便利でしょう。
実際にそのサイトで購入する必要はなく、多くの情報から市場の相場を確認するために利用するのです。

軽自動車の中古車市場が拡大しているのはGoonetの登録台数からもわかりますが、軽自動車が特段に多いからです。
現実的な選択をする人が増えているのでしょう、Goonetでどのような車が人気か調べてみましょう。










自動車の燃費基準と省エネルギー法

省エネルギーを推し進めるための法律が省エネルギー法です。
酸性雨の問題や地球温暖化防止の視点からも、化石燃料の使用を抑える必要に迫られています。

環境を守るため、そして限りある石油などの資源を守るための、この法律に基づき、目標基準としてトップランナー基準が用いられています。

日本は過去二度の石油危機に直面して、エネルギー政策に大きな影響を受けました。
そのため、エネルギーの安定供給の確保が重要となりました。
さらに、石油などの化石燃料に限りがあり、石油だけでないエネルギーの多様化を進めることも必要となっています。

省エネルギー法は、基準設定時に一番エネルギー効率が良い商品を基準にして、それを上回るエネルギー効率を目指します。
家電などエネルギーを多く消費する商品に対して、トップランナー基準が23品目を対象として設けられています。


自動車の燃費に関してもこの法律により、達成すべき目標基準値として燃費基準が設けられています。
車種や重量などによって燃費基準が決められています。
この燃費基準を達成した自動車には、緑のステッカーを貼ることができます。
燃費基準を何%達成したかによって、エコカー減税の対象となるかどうかの1つの基準となっています。


購入前には必ず対象車かどうかを確認しましょう。
ステッカーがあるからすべてエコカー減税されるわけではないので、気をつけてください。
エコカー減税だけでなく、家電エコポイントや住宅エコポイントなど環境に関する施策が行われています。
このような制度を利用して上手に節約するだけでなく、環境を考える良い機会としたいものです。