2016年02月

かっちゃんの大食い珍道中 ~高松編~ の巻

どうもでっす!
かっちゃんです!

ドラマーの皆様、
いや、全てのミュージシャンの皆様!
いよいよ今夜開催ですよ!!

Kegoi Drum Workshop
kegoi氏フライヤー最終


その親しみやすいキャラクターと超絶技巧で、
ジャズ~メタルまでジャンルを問わず大活躍中のドラマー、
Kegoi氏をお招きしてのドラムワークショップです!




見ての通りの変態ドラマーさん(褒め言葉です)なので、
ワークショップの内容も難しいことばかりなんじゃ…?
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

今回は上級者の方だけでなく、
ドラムを始めて間もない初心者の方にも、
幅広く楽しんで頂けるワークショップとなっております♪

若干ですが当日券を出しますので、
迷っている方は是非!お電話くださいね!










さてさて、実は昨日は所用にて、
香川県高松に行っておりました。

そこで地元のバンドマンの人達から

“量がえげつないラーメン屋がある”

という噂を仕入れたわたくし。。。



これは行くしかない!!!と
突入して参りました!(笑)


そう、自他共に認める大食いのわたくし。

普段はセーブしているので普通ですが、

本気を出せば、
一般的な家庭用炊飯器なら、
1食で空っぽにできます。



デカ盛りと聞くと、
いてもたってもいられんのです(笑)



で、今回訪れたのは、

ダントツラーメン 岡山一番店さん。
original
※店名に岡山とありますが、高松のお店です。



そして入ってすぐの券売機。
original2

“初めての方は大サイズご遠慮下さい”の文字。


これはッ…!
危険な臭いがぷんぷんします…!


が、こんなところで怖じる私ではありません!

当然、ラーメンを、
さらに野菜3倍盛りで注文しました。


さて、鬼が出るか蛇が出るか…







待つこと数分。
出てきたのはコチラ。

1455927447703


えっと・・・

これは何かのギャグでしょうか。




















ええい!!
怖気づいてなどいられない!!




とりあえず、大量に積まれたもやしとキャベツから
駆逐していくことにしてみました。

野菜をスープに浸しながら食べると・・・


ウマーーーイ!!(゜∀゜*)


いける!これはいけるぞ!!



んで15分後。
1455927457999

野菜を8割ほど片付けました。

ここでそろそろ麺が食べたくなってきました。


もちろん麺の量も半端ではありませんw
(乾麺の状態で450gとか…)

丼の隅から隅まで、
ギッチギチに麺が詰まっていますwww


非常にコシの強い中太ちぢれ麺が
スープによく絡みます。



そしてこっちも
ウマーーーイ!!(゜∀゜*)


いける!これ食べきれる!

順調に麺を減らしていくわたくし。
1455927464473






・・・と、ここまでは順調でした。が!!



◆落とし穴その①
野菜の水気がスープに溶け出してくる


そう、野菜を食べるペースがゆっくり過ぎたのか、
野菜の水分がスープに溶け出して、
最初より少しスープが薄くなってきています・・・



うーーん(笑)
少しだけ、キツくなってきました(笑)




が、まだまだ腹6分目程度。

戦いはこれからじゃい!!

と、さらにやる気出すわたくし。








しかし、ここでさらに・・・

◆落とし穴その②
麺がどんどん胃の中で膨らむ


胃の中で麺が野菜の水分をさらに吸い、
どんどん膨れ上がっていきます。

ここから急激にキツくなり始めました・・・!

くそっ!!負けるな俺!!





食べ始めてから30分経過・・・

1455927470252


少しの麺と野菜を残したところでギブアップ。




敗因は野菜を盛りすぎたこと。


たぶん僕なら麺だけなら余裕です。


しかし、大量の野菜に出鼻をくじかれたことが、
今回の大きな計算ミスでした…orz


ちなみに、僕が頼んだのは野菜3倍盛りですが、

最大で野菜8倍盛りまで可能とのことwww


その際の総重量は、
野菜だけで軽く1kgにもなるとか(笑)



もう、笑うしかありません・・・・・・(笑)




その8倍盛りを食べたという方の口コミが、
某HPに掲載されておりましたので、
写真だけ貼っておきます。

original3
























・・・・・・はい!笑

ってことで!

もし大食いに自信があるという方がいらっしゃいましたら、
ダントツラーメンさん、是非行ってみて下さいね!




ではでは!かっちゃんでした!

もう~ い~くつ寝ると~ こなそんフェス!

まいどーーーー!!
バンです!


今月 27日(土)、28日(日) に開催されるお祭り騒ぎ!

『徳島こなそんそんフェス2016』
 ~みな、おいでなしてよ!~ 

【こなそんフェス 公式HP】

ついに オープニングアクト や タイムテーブル も発表され
テンション上がりまくりな方も多いはず!!

地元徳島からオープニングアクトとして選ばれたのは
27日(土) 【白い朝に咲く】
28日(日) 【THE NINJA】

konason_OP
“こなそん公式HPから”

konason_time

バンドと芸人さんが交互で、合間には休憩時間があるので
フェス飯?徳島名産?もゆっくり楽しめるようです!!

徳島がおおいに盛り上がること間違いなし!!

この2日間は徳島の飲み屋街も
チャットファンやフェス出演者のファンの皆様でお祭り騒ぎになりそうです!!
- 僕も仕事おわりに街に行って便乗してみようかな -




そして、もう放送は終了してしまったのですが

シンガーソングライターの高橋優さんがVJを務める
毎回ゲストアーティストの故郷に訪問し、
そこでゲストと一緒に思い出の地を巡る
SPACE SHOWER TV の 「ローカリズム♪」

第2回放送 『チャットモンチー』でした。


僕はひょんな事から、ほんのちょっと登場させていただきました。

chat_loke2

恥ずかしいので自分では見ていませんが
視聴していた人からLINEで

『バン君 写ってますやんww』

とテンション高めに写真が送られてきました。
鼻水出そうになりました。

オチはありません。


ではでは、バンでした!!
あでゅーーーー!!

本日の名言
『僕はこれからも変化を続けて、そのまま墓に入るよ。
そして土の中でも循環を続けるだろうね(笑)。』
by David Bowie 2016/01/10 R.I.P.



基本に立ち返ろう!の巻

どうもでっす!
かっちゃんでございます!


今回のブログのテーマはコチラ。

『基本に立ち返りましょう!』

です!




とはいっても、
ドラムのテクニックうんぬんの話ではありません。
そういうお話が聞きたい方は、
ご来店時にでも死ぬほど喋らせて頂きます(笑)



今回お話する“基本”とは、

機材の扱い方についてです。



僕はトリゴロに入社当時は、
自身の担当楽器であるドラムのことしかわかりませんでした。
※それこそ、ギターアンプの電源の入れ方すら怪しいレベルで(笑)


でもでも、いろいろと経験を経ていくうちに、
ドラム以外の機材のことに関しても、
まあ、とりあえず初心者には教えてあげられるかな??
というレベルには、何とか到達しました。
(相変わらずドラム以外の楽器は出来ませんがw)


スタジオのお仕事をしていると当然ながら、
間違った楽器や機材の扱い方をしているお客様にも遭遇しますので、

やっぱりそういうときには、
「ああ、残念だなあ・・・」と思ってしまいます。

演奏が上手くなるためには、
ひたすら練習することももちろんですが、

何といっても、もっと大切なのは、
自身の表現を音楽として送り出してくれる
楽器や機材たちへの“愛”だと思うんですね(^^)

正しい使い方で、愛を持って接することで、
それだけ楽器や機材は応えてくれると僕は思っています!


というわけで!

知ってる人も知らなかった人も!

あらためて、基本に立ち返ってみましょう!

専門用語が飛び交うこともありますので、
わからない人は勉強だと思って
その都度調べてみてくださいねー!



①スタジオミキサーの扱い方

ボーカルの方が主に扱うスタジオミキサー

20070825


だいたい、最初にお客様がスタジオに入室された時には、
ミキサーは限りなく“フラット”な設定になってると思います。

とりあえずは、EQは全て12時
ゲインのつまみとフェーダーは
“U”または“0db(デシベル)”の位置で声を出してみましょう。

普通にスタジオ練習する分には、
これだけでも十分なはずです。

まだボーカルとしての技術や身体が出来上がっていない人で、
声量が足りずに自分の声が聴こえない!という方は、

無理にミキサーをいじろうとせず、
スタジオスタッフに頼んでみてください。
別に嫌な顔なんかされずに、
快く調整してくれるはずですよ(^^)

※もしかしたら嫌な顔をするスタジオもあるかもですが、
 少なくともトリゴロのスタッフは喜んで調整いたします!


ここで例えばゲインやフェーダーを上げすぎたり、
むやみやたらにEQをいじったりすると、
ハウリングを起こしてしまったり、
最悪スピーカーが壊れたりといった事態に発展します。。

その他、
例えばフェーダーを上げたまま、
つまり音の出る状態のままケーブルを抜き差ししたり、

マイクをスピーカーに向けたり(ハウリングする)、

こういったことも絶対に厳禁です。

自分でいろいろ出来るようになってみたい、
もっと色々詳しく知りたい、という方は、
解説してくれているHPがたくさんあるので、
ぜひ見てみてくださいね♪

ミキサーの扱い方 参考HP



②アンプ類の扱い方

まずは、アンプの電源の入れ方。

JC-120などのトランジスタアンプだと、
電源はスイッチ1発で入るので簡単ですが、

マーシャル・JCMシリーズなどの真空管アンプだと
パワースタンバイという2つのスイッチがあり、

初心者の方などは
どっちをどうしたらいいの!?!?
ってなると思います。
IMG_0537
↑赤いのがパワー、その隣の黒いのがスタンバイです。

まず最初に赤いほう、
つまりパワーのスイッチをONにしてあげます。

これによって真空管が温まりますので、
数分待ってからスタンバイのスイッチをONにしましょう。

これで、真空管アンプは音の出る状態になります。


電源を切る時はその逆で、
スタンバイスイッチをOFFにし、
また少し待ってから
パワースイッチをOFFにします。

よくスタンバイスイッチを先に切らずに、
パワースイッチだけで電源を落としている方がいますが、
これば間違った扱い方です。

基本中の基本ですので、
電源の入れ方・切り方は必ず守りましょう!

※補足
ライブハウスなどで対バン形式のライブの場合、
転換のときにシールドを抜き差しするだけであれば
ボリュームを落とす→スタンバイをOFF→シールドを抜く
これだけでも大丈夫です!
後のバンドのギターさんが、そのまま真空管が
温まった状態のアンプを使用することが出来ますので、
転換の効率が上がります!(^^) 



また、アンプのボリュームを落とさずにいきなり電源を切って
「バツン!!」と音をさせている方も結構いますが、

これはアンプが故障する原因になりますので、
電源を切る時は必ずボリュームを落としてから!
これも基本中の基本です!

というか、どんなアンプだろうがミキサーだろうが、
電源OFFするときはボリュームを0にしましょうね!(笑)



また、
ヘッドアンプとキャビネットを繋ぐ時の、
Ω(オーム)値の関係にも注意しましょう。
自身のヘッドアンプをお持ちの方でも、
意外と気にしてない方が多いみたいです。

DSC_3079
↑マーシャルキャビネットの裏。4Ωとか8Ωと16Ωとか色々書かれていますね。


あまり難しく考えずに、基本的には、
ロー出し・ハイ受けと覚えてください。

つまり、スピーカーケーブルが
ヘッドアンプに繋がっている所に書かれているΩ値より、
キャビネットに繋がっている所に書かれているΩ値の方を大きく
しておいてやれば大丈夫です。

よく、持ち込みヘッドアンプを使用されたお客様のあと、
スタジオの片付けや機材チェックに入ると、

このロー出し・ハイ受けのルールが守られておらず、
ヘッドとキャビネットが適当に繋げられていることが多々あります…。

例えば【ヘッド16Ω】→【キャビネット4Ω】
のような繋ぎ方ですね。

このままで使い続けると・・・?


なんで??
ハイ出しロー受けはダメなの??


はいそうです。
誰がなんと言おうとダメです(笑)


理由が知りたい方はコチラから…

ちょっと頭痛くなるかもしれませんが、
頑張って読んでみてくださいね(笑)


③ドラムの扱い方

ドラムに関しては、僕の過去のブログでも
たくさん書かせていただいているので、

ここではあらためて、
最低限知っておいて頂きたいことの
復習だけにしておきますね(^^)

・ネジ類の過度な締めすぎは厳禁!

 最近のドラムハードウェアは
 非常に高性能な作りとなっています。

 ので、めいっぱいネジを締めこまなくても、
 常識的な力の範疇軽くキュッと締めれば
 十分なくらい固定されるんです。

 それで止まらないようであれば、
 それはそのスタジオやライブハウスの
 管理不足・メンテナンス不足ということになりますので、
 文句言ってくださってOKです!(笑)

 これを無視して力の限り締め込んだり、
 スティックやペンチなどで無理に締め込みますと、
 ネジ山を潰してしまう原因になってしまう他、

 後で利用するドラマーさんが
 ネジが緩められずにセッティングが出来ない
 といった事態に発展してしまいます。

 セッティングは思いやりを持って行いましょう!


・極端なチューニングは厳禁!

ご自分のスネアやドラムでする分には良いですが、
スタジオやライブハウスなどの共用のドラムセットの場合、

過度なハイピッチやローピッチ
チューニングボルトを抜くなどの特殊なチューニング
ある特定のジャンルにしか合わないチューニング
にされますと、
他のドラマーさんに多大な迷惑がかかってしまいます。

素早くチューニングを直せるレベルのドラマーさんならまだしも、
初心者さんチューニングが不得意なドラマーさんなどだと
どうしていいのかわからなくなってしまいます。

ライブの現場で、
例えばよっぽどアタックの効いた音が欲しいとか、
ローを強調した音作りにしたいとか、
サスティーンを無くしてデッドな感じにしたいとか、

そういった要望がある場合は、
ハコのスタッフさんに許可を取ってからチューニングするか、
PAさんにそういう音を作って貰うよう頼みましょう!







ではでは、今日はこんなところで(^^)

かっちゃんでしたー!

スネアレンタル開始しました!

どうもでっす!
かっちゃんです!


先日ブログでもご紹介したのですが、
ギターハウスRabさんから
スネアドラム5台をサンプルとしてお預かりし、
様々なドラマーさんのご協力も得ながら、
入念に入念に、試打を繰り返しておりました。

前回ブログはコチラから!



そしてそして!!

なんとその5台の中から2台が、
レコーディング&レンタル用スネアとして
正式導入されました!!

さらに!!
通なドラマーさんなら必ず知っているであろう、

“あの”ヴィンテージスネア
新たに登場いたします!!



さてさて・・・

はたしてどの子が導入されたのか・・・?






まずは1つ目!!


★SONOR  PL12-1405SDWD
1453473502873

ドイツのドラムメーカー、SONORの上位モデルであり、
ジョジョ・メイヤーやギャヴィン・ハリスンなど、
世界の名だたるトップドラマーも愛用している『PROLITE』シリーズ。

トリゴロでご用意させて頂いたこちらのモデルは、
深さ5インチのヴィンテージ・メイプル・シェルと
ダイキャスト・フープを装備したモデルとなっております。

抜群の音の立ち上がりを誇り、
エッジの効いたサウンドとパワー、繊細さが
見事なバランスで共存しているスネアドラムです。

(定価 ¥163,000+TAX)



おお!!きました!!ソナー!!

いちばん最初に紹介しておいて何ですが、
今回導入された中でも、
僕のいちばんお気に入りがこの子です(笑)

特にレスポンス面が素晴らしく、
スティックが打面をヒットしてから
シェルが鳴り切るまでのタイムラグが
ほとんど無いような感覚さえ覚えてしまいます。

本当に非の打ち所のない、
完璧なスネアだと思います。









さてさて、
気になる2つ目は・・・・???



★DW  SM1455 SD/SO
1453473496314

DW Collector’s Wood シリーズのスネアドラムです。

“SUPER SOLID Maple”の名を冠するこちらは、
1枚の分厚いメイプル(楓)の板を特殊な方法で加工して作った
“単板シェル”を持つスネアドラムです。

よくある合板シェルとの違いは、叩いてみれば一目瞭然。
かつ、バランスの取れたサウンドで
ハードショット~繊細なタッチまで幅広く対応します。

また、煩わしいスナッピー調整をバット側に装備されたレバー1本で
弱め⇔普通⇔強めと瞬時に切り替えることも可能。
並のスネアとは一線を隔すハイグレードモデルです。

(定価 ¥208,000+TAX)



なんと!お次はDWです!!

ドラムペダルで有名なメーカーで
ペダルは持ってるよ!という方はたくさんいますが、
DWのスネアを持っている方はあまりお見かけしませんね。

ですがですが!!
DWはスネアももちろん物凄いんです!!

叩くと確実に欲しくなっちゃうので、
気をつけて下さいね?(笑)







そして!!最後はこいつです!!


★Slingerland '58s Radio King

1453473488944

スリンガーランド社は、イリノイ州シカゴで誕生しました。

ラジオキングは1930年代に生産が開始され、
当時スリンガーランド社の看板エンドーサーであった
ジーン・クルーパをはじめとした超大物ドラマー達の
愛器として人気を博したシリーズです。

トリゴロでご用意したこちらのラジオキングは、
“Super Krupa”の名を持つ1958年製のモデルです。

最新型のスネアももちろん素晴らしいですが、
ヴィンテージスネアでしか出せない、
枯れた味と深みのあるサウンドもぜひ楽しんでみてはいかがでしょう。


(定価 ¥??????)




ヴィンテージドラム好きなら、
うおおおお!!!!
となるであろうこのスネア。

スリンガーランド
ラジオキングです!!

ヴィンテージスネアでしか出せない
唯一無二ともいえるサウンドで、
レコーディングでも猛威を振るっております!笑

ぜひ試してみて下さい!!







というわけで!!!

これら3台のスネアは、
1時間200円でレンタルが可能です!!

もちろん、レコーディングでご利用のお客様は
無料で使用していただけます!!


ただし、当面の間は
Aスタジオをご利用のお客様限定
でのレンタルとなりますので、

あらかじめご了承ください。。。






ではでは!
皆様のご利用お待ちしております!


かっちゃんでしたー!

寿司と芸者に恋するポラリス

まいどーーーー!!
バンです!

先日トリゴロに NEW CD が届きました。
紹介させていただきます。

DSC_0109

両バンドともMVがあったので、同時にご紹介させていただきます。

THE NINJA 『寿司と芸者』


bandneon 『恋するポラリス』



トリゴロ店頭にて数量限定で販売しておりますので

「興味があるけどなかなかLIVEにいけない!」
「徳島の頑張っているバンドを知りたい!」

という方はゼヒご購入ください!
音楽やってないんでスタジオ行きにくい、、、って方でも、
購入だけに来店されてもOKです!
他にもイロイロなバンド様のCDも置いてあるので同時にチェックしてみてください。

でも可能ならば

直接LIVEに行って物販コーナーでご本人様から購入してあげてください!
本人達もめっちゃテンションあがります。



そして、今月20日(土)に開催される

Kegoi Drum Workshop

@Studio TORIGORO

kegoi氏フライヤー最終

詳しくは過去blog参照 ↓コチラをクリック↓
【Kegoiドラムワークショップ 開催のお知らせ】


現在トリゴロカウンター前にて、Kegoi氏の教則DVDが絶賛上映中です。

DSC_0111

もう少し入場枠がありますので
ソワソワしている方は早くご予約お願いします!
御予約はトリゴロで受け付けておりますのでお気軽にお申し付けください!
電話でも店頭でもOKです!

【お問い合わせ】
スタジオトリゴロ 088-636-3005


ではでは、バンでした!
あでゅーーーーー!!

本日の名言
『コンピューター1台あれば作曲も録音もできる環境になった今だからこそ
インスピレーショナルな空間が必要になる』
by 坂本龍一




スタジオTORIGORO
阿波徳島の老舗音楽スタジオ
トリゴロのスタッフブログです。
最高級の機材を備えたアットホームなスタジオです。
学生の方から社会人のかたまでお気軽にお越しください。
また、スタジオライブやレコーディングなども対応可能です。
詳しくは↓よりHPをご覧ください。
プロフィール

スタジオトリゴロ

ギャラリー
  • 【12月も】個人練習2hパックキャンペーン!【やっちゃいます】
  • 【12月も】個人練習2hパックキャンペーン!【やっちゃいます】
  • 【12月も】個人練習2hパックキャンペーン!【やっちゃいます】
  • 【12月も】個人練習2hパックキャンペーン!【やっちゃいます】
  • 【12月も】個人練習2hパックキャンペーン!【やっちゃいます】
  • 成功?失敗?アクリルタムを磨いてピカピカにしてみた!!
  • 成功?失敗?アクリルタムを磨いてピカピカにしてみた!!
  • 成功?失敗?アクリルタムを磨いてピカピカにしてみた!!
  • 成功?失敗?アクリルタムを磨いてピカピカにしてみた!!
  • ライブドアブログ